クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

最高峰のゴールドカードである、アメックスゴールドの完全ガイド(2018年版)!その保有メリットやデメリットを徹底解説します。

f:id:cardmics:20180715140858j:plain

最高峰のゴールドカードとして人気のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(通称:アメックスゴールド)。

このゴールドカードにはどのような保有メリットやデメリットがあるのかについて、今回は詳しく記事にまとめてみたいと思います。

『いつかはアメックスゴールドを持ちたい!』と思ってる方は是非、この記事を隅々まで読んでみてくださいね。今のアメックスゴールドがわかりますよ。

アメックスゴールドの基礎知識:

最高峰のゴールドカード:

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード最大の特徴といえばそのステータス性の高さ。

日本国内にはJCBゴールドカードや三井住友VISAゴールドカードなどの他のゴールドカードが多数存在しますが、その中でもアメックスゴールドのステータス性は非常に高いものがあると言えます。

  • 他のゴールドカード:ステータスは高いが普通
  • アメックスゴールド:ステータスが非常に高い
バブル世代からすると別格のステータス性:

実際、40代、50代、60代といったバブル当時を知っている世代からすると、アメックスゴールドに対する印象は別格みたいですね。

アメックスゴールドを持てる人は超がつくほどのお金持ち…といったイメージが強く残っている方も多いのではないでしょうか?

  • 他のゴールドカード:普通の社会人でも持てる
  • アメックスゴールド:お金持ちではないと持てない

これぞまさに最高峰のゴールドカードであると言えます。

女性からの印象も良いカード:

また、アメックスゴールドを保有すれば、女性からモテモテになるという副産物も。

まぁそれってカード保有者に対してではなく、女性をお金で惹きつけてるだけなのでは…という考え方もできますが、アメックスゴールドを持てば女性に対してステータスの高さをアピール出来るメリットは確実にありますね。

少なくとも楽天カードやエポスカードといった年会費無料カードをデートの時に使うよりは、デート相手に良い印象を与えられる可能性は高いと言えます(詳しくは下記記事を参考に)。

news.cardmics.com

保有するのにかかる費用について:

では、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを保有するためには、どのようなお金がかかるのでしょうか?わかりやすくまとめてみました。

手数料費用 費用 解説
入会金 無料 入会に必要な費用は不要。
発行費 無料 カード発行にお金はかかりません。
事務手続き 無料 事務手続きなどの手数料も不要です。
年会費 29,000円+税 1年間、保有するためには29,000円+税の費用が必要です。
解約手数料 無料 カード解約にお金はかかりません。

ご覧のようにアメックスゴールドを保有するためには、29,000円+税もの年会費負担が必要です。

これはごくごく一般的なゴールドカードの年会費が1万円前後であることを考えると、負担額としては3倍程度。

  • 一般的なゴールドカード:年会費は1万円前後
  • アメックスゴールド:年会費は約3万円

この金額負担だけで『うーん、私にはちょっとアメックスゴールドは持てないかも?』と思われてしまう方も多いと思います。

月額負担で考えるとそこまで高くない:

ただこの年会費も考え方次第。年額を12ヶ月で割り算してみると1ヶ月に必要になるお金は税込でも2,600円程度です。

  • 1ヶ月の負担額:約2,600円(税込)

これを高いと考えるか安いと考えるかはみなさん次第ですが、このくらいの月額負担であれば払えないこともないなぁ…と思えた方もきっと多いはず。

また、後述するようにアメックスゴールドには豊富なサービスや優待が備わっているので、年会費が高くなるか安くなるかはそれらの特典をどれだけ使うか次第ですね。

うまく使えばこの程度の年会費負担は安く感じられることでしょう。

一括払いを使えば金利もかからない:

あと、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、一括払いという支払い方法を利用すると金利手数料等がかかることもありません(下記図を参照)。

1回払いを使う限りは手数料はかからない

1回払いを使う限りは手数料はかからない

つまり金利等の手数料を払いたくない…という方なら、常に一括払いを利用することで手数料発生を0円にすることが可能。これなら100万円使っても、1,000万円使っても大丈夫です。

一括払い
締め日までのカードご利用代金を、所定のお支払い日に一括でお支払いいただくお支払い方法です。手数料はかかりません。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、2回払いは利用不可&ボーナス払いや分割払いを使うためには別途審査が必要になります。

アメックスゴールドの審査基準:

そんな最高峰のゴールドカードとして名高いアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、どのような年収や年代の方であれば作ることが出来るのかというと、実は2018年現在だとその基準は大幅に引き下げられてきています。

たとえばバブル当時は年収1,500万円以上で持ち家を保有しているエリート外資系サラリーマンじゃないとアメックスゴールドは作れない…なんて時代もありましたが、現在ではごくごく一般的な正社員の方であれば作成は問題ありません。

  • バブル当時:エリートサラリーマンのみが作れたカード
  • 現在:ごくごく平均的な正社員でも作れるカード
年収も300万円あれば充分かも:

気になる年収についても300万円あれば入手できる可能性大。

年収300万円ということは、手取りの月収にして20万円以上ある方ならアメックスゴールドを作れる資格があることを意味するので、このゴールドカードが欲しいという方は作成に挑戦してみてください。

  • 年収300万円:作れる可能性あり
  • 年収400万円:作れる可能性が高い
  • 年収500万円以上:審査上での不安なし

たぶん、驚くほどすんなりと作れてしまうものと思います。

年齢は20歳以上なら問題なし:

同様に年齢についても審査基準は緩和されていて、現在だと20歳以上の成人であれば作れる可能性大。

  • 20歳未満:作れません
  • 20歳以上:作れる可能性

つまり20歳以上で正社員として働いている方なら、審査上での心配をせずに申し込みをしてしまってOKです。そのくらい現時点での審査基準はバブル当時と比べて変わってきていますよ。

職業別の審査難易度まとめ:

参考までにアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの審査難易度を、職業別にまとめてみました。

あくまで当サイト『クレジットカードの読みもの』による予測となりますが、自分に審査が通るのかどうか心配な方は参考にしてみてください。

対象者 発行可否 対象者 発行可否
大企業経営者 会社役員
中小企業経営者 公務員
正社員 団体職員
士業 自由業
個人事業主 大学生 ×
派遣社員 大学院生 ×
期間工 アルバイト ×
年金生活者 パート ×
専業主婦 家事手伝い ×
高校生 × 無職 ×

他、アメックスゴールドの審査に関しては下記記事にて徹底解説中。

これ以上の情報についてはそちらを参考にしてもらえればなと思います(個人事業主や年金生活者でも作れるのかどうかについても解説)。

news.cardmics.com

安心の盗難補償付き:

アメックスゴールドの基礎知識、最後は盗難&紛失時の補償について。

下記引用部分のように、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは原則、不正利用された時の損害を補償してくれる制度が整っているため、仮に落としてしまったり盗まれてしまったとしても安心です(引用はこちら)。

不正使用による損害を補償

(中略)不正使用と判明したカード取引については、原則として損害が補償されます。カード会員様に重大な過失があると判断された場合を除き、ご利用金額を負担いただくことはありません。

世界中どこからでも、安心してカードをご利用ください。

ネット通販等の情報漏えいも問題なし:

加えてアメックスゴールドにはオンライン・プロテクションといって、Amazonや楽天市場といったネット通販サイト利用時にカード情報が悪用されたり、情報漏えい等で不正利用されてしまった場合の補償も存在。

インターネットでのお買物も安心

オンライン・ショッピングで「カード番号を入力するのは少し不安」という方も、アメリカン・エキスプレスのカードなら心配はご無用です。

万一、第三者によるインターネット上での不正使用と判明したカード取引については、原則としてご利用金額を負担いただくことはありません。安心してオンライン・ショッピングをお楽しみいただけます。

これならアメリカン・エキスプレス・カードを誰かに不正利用されてしまったとしても安心なので、不正利用を心配することなく通販サイトが利用できるメリットがありますよ(まとめると下記図のようになる)。

アメックスゴールドには不正利用に対する補償が完備されている

アメックスゴールドには不正利用に対する補償が完備されている
アメックスは強気に交渉してくれる:

ついでにいうと、アメリカン・エキスプレス・カードは他のクレジットカード会社よりも、不正利用に対して強気に交渉してくれるカード会社だといわれています。

要するに他社だと『この不正利用についてはカード保有者にも落ち度があるんだから、自己負担してよ?』とされてしまう利用についても、アメックスならカード保有者を守ってくれる傾向にあるってこと。

まぁこれについては、そういう傾向がある…ってだけの話となりますが、こういったカード保有者の保護に積極的なところが、アメックスがステータスカードたる所以(ゆえん)なのかもしれませんね。

クレジットカード利用で不安になりたくない…という方に向いていると言えそうです。

節約に繋がるアメリカン・エキスプレス・コネクト:

アメリカン・エキスプレス・カードを保有していると地味に役立つのが、アメリカン・エキスプレス・コネクトという優待サービスが使えること。

こちらのサイトを利用すると海外ホテル等の予約ができるExpedia(エクスペディア)が最大8%引きで利用できたり、セブンイレブンやローソンといったコンビニで20%分のキャッシュバックを受けられたりと節約効果は抜群なので、アメックスゴールドを保有できたら是非、活用してみてください。

今日現在だとニトリや東急ハンズで適用される1,000円キャッシュバックの優待などもありますよ。

アメックスゴールドのメリット:

f:id:cardmics:20180715133428j:plain

次に、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを保有するとどのようなメリットがあるのか…という点についてまとめていきます。

ステータス性が高いのが最大の特徴:

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード最大の保有メリットは、やはりそのステータス性の高さ。

持っているだけで周りに自慢できるそのステータス性に価値を感じるのであれば、それだけで持つ価値のあるゴールドカードであると言えます。

ゴールドカードは自分の魅力を高める:

実際、国際ブランドのVISAが飲食店で実施したゴールドカードに関する調査では、部下が上司の支払い手段をチラリと確認(詳しくは下記記事を参照)。

その際に楽天カード等の年会費無料クレジットカードを使うのか、それともアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでビシッと支払いをするのかでは与える印象が大違いなので、部下から信頼してもらえる上司になりたいと思うのであればステータス性の高いゴールドカードは必要不可欠かもしれません。

女性からゴールドカードはモテる:

同じくクレディセゾンというクレジットカード会社が実施したゴールドカードに関する印象調査では、64%もの女性がゴールドカードを持ってる男性を魅力的であると回答。

たかがクレジットカードかもしれませんが、最高峰のゴールドカードであるアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードが1枚あれば様々な場面であなたの信頼性や魅力度がアップするはずですよ。

  • 年会費無料カードで支払い:信頼度や魅力度がダウンすることも
  • アメックスゴールドで支払い:信頼度や魅力度がアップする

いわばアメックスゴールドを作るということは、ビシッと決まったスーツを一着、新調するみたいなものとなります(清潔で格好いいスーツを来ていると信頼性がアップするのと同じ)。

news.cardmics.com

空港ラウンジが無料で使える:

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの魅力はハイステータスというだけではありません。

アメックスは旅行関連のサービスや優待に強いクレジットカードなため、仕事の出張で飛行機を使う機会が多い方や、海外出張によく出かける方にとっても使えるクレジットカードだと言えます。

空港ラウンジが同伴者まで無料:

代表的なトラベルサービスが、国内主要空港で使えるカードラウンジが無料になるという点(カードラウンジの解説はこちら)。

これだけだとほとんどのゴールドカードに備わっているサービスになるんですが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの場合にはカード保有者本人だけでなく、同伴者1名まで無料利用になります。

  • 他のカード:カード保有者のみが無料
  • アメックスゴールド:同伴者1名も無料

ご同伴の1名様もご一緒に<空港ラウンジ>

お手持ちのアメリカン・エキスプレスのカードと、ご利用当日の搭乗券をご呈示いただくと、国内28空港・海外2空港の空港ラウンジを、カード会員様ご本人はもちろんご同伴の方1名様も無料でご利用いただけます。

そのため、たとえば恋人と2人で旅行に出かける時や、部下同伴の出張の際などにスッとゴールドカードを出し、『よかったら空港ラウンジ、寄ってく?』と提案すればあなたの評価がグンと高まる可能性大。

旅慣れしている格好いい印象をもたせることが出来ることでしょう。

海外の空港ラウンジも年2回無料:

アメックスゴールドで使えるラウンジは国内だけではありません。

海外の主要国際空港内にある空港ラウンジも、プライオリティパスというサービスを経由させることで年2回まで無料利用可能(プライオリティパスの解説はこちら)。

空港VIPラウンジ年会費が無料<プライオリティ・パス>

国内外1,000ヶ所以上の空港VIPラウンジをご利用いただける「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、基本カード会員様と家族カード会員様は年会費無料(通常99米ドル)でご登録いただけます。

さらに、1回32米ドルの利用料が年間2回まで無料になります。

残念ながら2回という限度はありますが、羽田空港や関西国際空港といった空港ではカードラウンジを使えることを考えると、年2回程度の海外旅行や出張で、海外の空港ラウンジが無料利用できることになりますよ。

  • 国内の国際空港:アメックスゴールド提示でラウンジ利用
  • 海外の国際空港:プライオリティパス提示でラウンジ利用(年2回まで)

よほど頻繁に海外出張をしている方でもなければ、これで充分です。

海外旅行時の手荷物配送が無料:

アメックスゴールドの保有メリット、3つ目は海外旅行&出張時の手荷物配送が無料でできる点。

ざっくりいうと自宅から空港、そして帰国時に空港から自宅宛に手荷物を1個、無料で配送してくれるというサービスなので、重たいスーツケースを持って空港に向かいたくない…という方などには使えるものになると思います。

  • 自宅から空港に荷物を送る:無料
  • 空港から自宅に荷物を送る:無料

スーツケース1個を無料で配送<手荷物無料宅配サービス>

海外旅行の際、ご出発・ご帰国時(自宅ー空港間)に、カード会員1名様につきスーツケース1個を無料で配送いたします。

※羽田空港(国際線利用のみ)、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港

混雑する時間帯に空港に向かう場合などに:

それでは、どういった場合に手荷物無料宅配サービスを使うと効果的なのかというと、車で空港に向かうのではなく、電車やバス等で空港に向かう予定の方。

  • 車で移動:荷物が重くてもストレスは少ない
  • バスで移動:バス停まで歩くのが大変など
  • 電車で移動:混雑時には大きなストレスになる

特に朝の混雑時間帯や帰宅ラッシュの時間帯に空港に向かわざるを得ない場合には、大きな手荷物が1つあるのとないのとでは移動時のストレスが段違いなので、手荷物無料宅配サービスを使って荷物を空港まで送りつけてしまうに限ります。

また、帰国した直後に重たい荷物を持って移動したくない…という方にもこのサービスは最適ですね。重たい荷物はそのまま宅配業者に丸投げして、後日、自宅宛に届けてもらいましょう。

1枚目の家族カードが無料:

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの保有メリット、4つ目は家族カードが年会費無料で利用できるという点(1枚目のみ、2枚目からは有料)。

前述の通り、このゴールドカードの年会費は約3万円と高額ですが、既婚者の方であれば妻や夫に家族カードを発行することで、下記図の通り、実質年会費を半分として考えることも可能となります。

家族カードを発行すれば年会費を実質半分にできる

家族カードを発行すれば年会費を実質半分にできる
家族カードでも空港ラウンジが使える:

更に家族カードを作るメリットはこれだけではありません。

たとえばすでに子供が1~2人いる家庭持ちの方が、家族3~4人で旅行をするという場合、さすがのアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでも家族全員で空港ラウンジの利用は不可。

同伴者1枚までしかラウンジ利用ができないので、追加で料金を払うなどしなければ3~4人でラウンジ利用をすることはできません。

しかし、妻や夫などの配偶者に家族カードを発行すれば、それぞれのアメックスゴールドで空港ラウンジに入場が可能に。

  • 本カードのみ:同伴者1名まで利用可(最大2名無料)
  • 本カード+家族カード:同伴者2名まで利用可(最大4名利用)

結果、夫+子供、妻+子供で合計4名まで空港ラウンジが無料利用できるようになるので、子供がいる方は家族カードを発行しておくとなにかとメリットが大きいと言えます。

海外旅行保険にも加入できる:

もうひとつ、家族カードを配偶者に発行しておくと、海外で万が一の事故や病気になってしまった場合にも安心。

ツアー代金等の支払いをしないといけないなどの条件付きではありますが、家族カード保有者に対する海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険の補償内容が強化されるのでおすすめですよ。

家族がいるならとにかく1枚は家族カード発行です(家族カードの活用方法は下記記事も参考に)。

news.cardmics.com

高級レストランが最大半額になる:

アメックスゴールドのメリット、5つ目は高級レストランや料亭が最大半額で堪能できる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」というサービスが使える点。

このサービスを利用すれば下記のように2名分のコース料金のうち1名分が無料になるために、お酒等を一切飲まなければ…という前提は必要になりますが、コース料理を実質半額で楽しむことができるようになります(お酒等の割引はないので、お酒を飲んだ場合には追加料金が必要になる)。

ゴールド・ダイニング by 招待日和

国内外約200店のレストランにて、所定のコースメニューを2名様以上でご予約いただきますと1名様分のコース料理代が無料でご利用いただけるサービスです。

大切な方との記念日のお食事、ご家族とのお食事などにご活用いただけます。

掲載店は高級なレストランばかり:

しかも「ゴールド・ダイニング by 招待日和」に掲載されているお店は、フレンチレストランや料亭、高級寿司店などコース料金だけで1人あたり1万円以上するお店ばかり。

つまり月1回以上は高級レストランで食事をしている…という方だと、このサービスを介してレストランを利用するだけで年間12万円以上の節約に。

お店によっては3万円のコースが1人分無料になる…なんてこともあるので、使い方次第だと20万円分、30万円分もの節約につなげることもできますよ。

  • 1万5,000円コースを2人で利用:1万5,000円の割引
  • 3万円コースを2人で利用:3万円の割引

こうなるとアメックスゴールドの年会費なんて、気にならなくなるくらいの安さです。

アメックスプラチナが狙える:

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、6つ目のメリットは、ゴールドカードよりも上のランクである、プラチナカードやブラックカードを入手できる可能性がある点です。

アメックスゴールドの上にはプラチナカードとブラックカードがある

アメックスゴールドの上にはプラチナカードとブラックカードがある

というのも実はアメリカン・エキスプレス社では、アメックスゴールドよりもステータス性の高い下記クレジットカードを発行中。

  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

年会費負担はアメックスゴールドの5倍以上の15万円以上…と、1990年頃でいうところのアメックスゴールドの位置付けにあたるカードが、それらのクレジットカードとなっている形です。

プラチナカード以上は招待制:

こう書くと、『おっ、それなら私はアメックスゴールドを申し込みせずに、アメックスプラチナやセンチュリオンカードが欲しいな!』と思う富裕層の方もいるかも…ですが、残念ながらプラチナカードやセンチュリオンカードは招待制のクレジットカード。

下記図のようにアメリカン・エキスプレス社から招待されないと作ることができないので、それらのカードが欲しいならまずはアメックスゴールドを作成して使う必要性があります。

プラチナカードやブラックカードは自分から申込できない

プラチナカードやブラックカードは自分から申込できない

詳しくは下記記事にまとめてあるので、そんなクレジットカードがあるなら狙ってみたい…という方は参考にどうぞ。プラチナカードであれば比較的カンタンに入手できるようにはなってきていますよ。

news.cardmics.com

家族カードは戸籍上の家族以外にも発行できる:

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで発行可能な家族カードは、戸籍上の配偶者や両親、子供といった家族以外にも発行可能。

それゆえ、結婚して名字を変えたくない事実婚をしている方や、日本ではまだ難しい同性婚でも家族カードが発行ができるのは大きな魅力ですね(詳しくは下記記事を参照)。

他にもこれから結婚を予定している婚約者に対して、『俺の家族になってよ!』とアメックスの家族カードとともにプロポーズをする…なんていうのもおしゃれですよ。婚約指輪とともにどうぞ。

アメックスゴールドのデメリット:

f:id:cardmics:20180916115030j:plain

一通りアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの保有メリットについて解説したところで、今度はその反対であるデメリットについてもまとめていこうと思います。

申込前にデメリットもしっかり把握しておきたい…という方はどうぞ。

ちゃんと使わないと年会費が高い:

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード最大のデメリットは、年会費が高めであるということ。

まぁフィットネスクラブや他の習い事よりかは安い負担ではありますが、クレジットカードというのはただ保有していても年会費がかかるもの。せっかくアメックスゴールドを作っても使う予定がそこまで無いという方なら、作るのはあまりおすすめしません。

  • 使う予定あり:作ってもOK
  • 使う予定があまりない:作ると損かも

それに最近では年会費2,000円程度の激安ゴールドカードもあるにはあるので、そっちを作るほうがコスパは高いと思います(MUFGカード ゴールドなど)。

活用すれば年会費はむしろ安め:

反面、海外旅行に年1回以上は行く予定がある方や、国内を飛行機で移動することが多いビジネスパーソンの方にはアメックスゴールドはかなりおすすめ。

これらに加え、1回の食事で1万円以上するような高級レストランを利用することが多いグルメな方であれば、もはや持たない理由はないクレジットカードになるので保有を検討してみてください。

利用の仕方次第では、年会費負担なんて安く思えてしまうはずですよ(他のゴールドカードを比較したい方は下記記事を参照)。

news.cardmics.com

お金に詳しい男性には評価が低いことも:

アメックスゴールドの2つ目のデメリットは、お金に詳しい方による評価があまり高くないという点。

これはもう単純な話ですね。この記事で解説させていただいたように、今やアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは正社員の方であれば比較的にカンタンに作れてしまうゴールドカード。

そのため、見る人が見るとそこまでステータス性が高いクレジットカードとして扱われない可能性があるんです。

  • 一部の詳しい人:アメックスゴールドへの評価が低め
  • 大多数の一般人:アメックスゴールドへの評価が高い
評価が低いのは一部のカードマニアくらい:

ただそんな風にアメックスゴールドのことを見るのは一部のクレジットカードマニアくらい。

その他の99%の方はアメックスゴールドに対して高いステータス性を感じてくれるはずなので、それほど神経質に気にする内容でもありません。

また、アメックスゴールドよりも階級ランクが上のカードにアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードがありますが、こちらは券面色がシルバー&一般的な知名度が低すぎるゆえか、年会費無料クレジットカードのような扱いを受けることも多いです(苦笑)。

  • ゴールド:カードマニアの評価は低いが大衆受けが良い
  • プラチナ:カードマニアの評価は高いが大衆受けが悪い

むしろ年会費が安いアメックスゴールドのほうが大衆受けは圧倒的に良いので、自分のステータス性をアピールしたい方にとってはゴールドカードを持ったほうが効果的だと言えますよ(優待やサービスを使いたいならプラチナカードのほうがおすすめ)。

頻繁に海外に行くなら物足りない:

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデメリット3つ目は、海外旅行や出張に頻繁に行く方にとってはやや物足りないサービス内容になってしまっている点です。

たとえばアメックスゴールド保有者であれば使えるプライオリティパスも年2回までという制限付きですし、家族以外の恋人と海外旅行に行く場合には有料ではないと使えないなどの弊害あり。

だったらもっと年会費の高い、他のプラチナカードのほうが頻繁に日本と海外を行き来している方には良いかもしれません(詳しくは下記記事を参照)。

アメックスプラチナを狙うのも手:

尚、アメックスゴールドの上位カードであるアメックスプラチナでは、プライオリティパスに利用制限は一切なし。

それに加えて同伴者1名まで無料利用できるので、海外での滞在が長い方にとってはこちらのプラチナカード保有を目指してもらえればなと思います。家族カードを利用すれば家族4人で海外ラウンジを利用…なんてこともできますよ。

比較項目 アメックスゴールド アメックスプラチナ
プライオリティパス 年2回まで無料利用可 回数制限なしに利用可
同伴者 プライオリティパスで使える空港ラウンジの場合、同伴者は有料 プライオリティパスで使えるラウンジの場合でも同伴者1名まで無料

プライオリティパスの活用方法は下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

ポイント制度は使い方次第:

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデメリット、最後はポイント制度が飛行機のマイルを貯めているマイラー寄りになっている点。

要するに航空会社のマイルに交換する分にはお得になんですが、それ以外のTポイントや楽天ポイントに交換したり、商品券やギフト券の類と交換すると交換効率があまりお得ではありません。

  • マイルへのポイント交換:お得
  • マイル以外へのポイント交換:ちょっと損

『ポイントを貯めるために私はクレジットカードを作りたいんだ!』って方には不向きなゴールドカードであると言えますね。

ポイント還元率は平均的:

とはいえ、それじゃアメックスゴールドがまったく損なクレジットカードかといえばそんなことはありません。

仮にアメックスのポイントを航空マイルと交換しなくても、100円あたり1円分の価値いなるような使い方はやろうと思えば出来るのでこの辺はもう使い方次第。

幸い、ポイントで交換可能なアイテムや商品券は多数取り揃えられているので、ポイント還元率についてはそれほど大きなデメリットにはなりえないように思いますよ(それでもポイント重視な方は下記記事を参照)。

news.cardmics.com

ネット通販等ではやや使いにくいことも:

一般的なクレジットカードのカード番号はどれも16桁。

それゆえに多くの通販サイトやネット申込フォームには4桁のマスが4つ用意され、合計16個の数字を入力するようにできていることが多いのですが、アメリカン・エキスプレス・カードの番号は15桁。よく説明を読まないと入力しにくいことも多いですね。

しかしながら最近ではネット業界も進化をし、カード入力時にアメリカン・エキスプレス・カードだとわかると15桁の入力フォームを用意してくれることも。

こんな感じでカード番号入力時に困るケースは減少傾向にあるので、それほど心配しなくても良いデメリットなのかもしれません。

よくある質問とその答え:

f:id:cardmics:20170517142114p:plain

ここで『まだまだアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに関する不明点があるんだけど?』という方向けに、Q&A形式でよくある質問とその答えを作っておきます。

使い勝手や海外利用などに関する疑問はこちらで解消ください。

Q.審査基準はどうして緩和されたの?

『アメックスゴールドといえば年収1,000万円以上の富裕層向けゴールドカードだったのに、なぜ最近では普通の社会人なら作れるようになっちゃったの?』と疑問をお持ちの方も多いかもしれませんが、これは単純に、アメックスゴールドよりも上のランクのクレジットカードができただけの話。

現在では最高峰のクレジットカードと言われているアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードが、バブル当時のアメックスゴールドの役目を果たしているので、『男ならいつかはアメックス!』と思っていた方はセンチュリオンカード保有を目指してみてください。

  • 過去:アメックスゴールドが最高峰だった
  • 現在:センチュリオンカードが最高峰になった

ただその入手難易度はバブル当時のアメックスゴールドとは比にならないくらい難しい&年会費も40万円近くと高額なので、生半可な小金持ちが狙っても入手は無理ですよ。

news.cardmics.com

Q.日本国内で使えるお店は多いの?

『アメックスを作りたいなと思ってるんだけど、そもそも支払いに使えるお店やレストランって多いの?』

そんな風にアメックスの使い勝手について心配されている方は多いですが、現在では過去と比べてもだいぶ使いやすいクレジットカードに変化。

日本国内のクレジットカードが使えるお店でいえば、その90%くらいで使えると思って間違いないのではないでしょうか?

JCBと提携して使えるお店が増えた:

ではなぜアメリカン・エキスプレス・カードが使えるお店が一気に増えたのかというと、これは国内ブランドJCBとアメリカン・エキスプレス社が提携をし、JCBが使えるお店でもアメックスが使えるようになったため。

これによってアメックスが使えないお店は劇的に減少したので、『どうせ使えるお店が少ないんじゃないの?』と心配している方も安心して申し込みをしてもらえればなと思います。

Q.海外でアメックスって使えるの?

日本国内では使いやすくなったアメリカン・エキスプレス・カードですが、海外では使いやすくなっているのかというとこちらについては残念ながら渡航先の国や地域次第。

アメックス発祥の地であるアメリカ合衆国やカナダといった地域では利用しやすいものの、他のアジア&アフリカ各国だと使いにくい国があるのも事実なので、海外旅行や出張に行く際にはアメリカン・エキスプレス・カードだけでなく、VISAブランドのクレジットカードとともに渡航するのがおすすめです。

  • おすすめしない:アメックス1枚持って海外へ
  • おすすめ:アメックスに加え、VISAカードを持って海外へ

これなら仮にアメックスが使えない場合でも安心ですよ(おすすめのVISAカードは下記記事を参考に)。

news.cardmics.com

Q.セゾンのアメックスとはどう違う?

『アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードといえば、セゾンカードでも同様のカードを発行しているんだけど中身はどう違うの?』と疑問に思われてる方もいるかもですが、これは下記図のように発行会社の違いによるもの。

アメックスは自社発行と提携会社発行の種類がある

アメックスは自社発行と提携会社発行の種類がある

あくまでセゾンカードが発行しているゴールドカードは、アメリカン・エキスプレスとセゾンカードが提携して発行している「提携アメックス」と呼ばれる種類のクレジットカードなので、純粋にはアメックスゴールドではありません。

バブル当時のあの、ステータス性の高さを手に入れたいなら本家アメックス一択です。

セゾンゴールドアメックスにも魅力あり:

ただそれじゃセゾン発行のアメックスゴールドにはなんの魅力もないのか…といえばそんなこともなし。

むしろコストパフォーマンスだけを考えるのであれば、セゾン発行のアメックスゴールドのほうが年会費が安い分だけお得なゴールドカードということも出来るので、『別に本家発行のアメックスゴールドじゃなくてもいいや』と思う方はそちらも検討いただければなと思います。

  • 本家アメックス:高いステータス性と手厚い旅行サービスが魅力
  • セゾン提携:年会費が安い割にサービスが豊富

本家アメックスほどではありませんが、高いステータス性を周りにアピール出来るはずですよ(2種類の比較は下記記事を参照)。

news.cardmics.com

Q.アメックスグリーンとはどっちが良い?

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(通称:アメックスゴールド)と、アメリカン・エキスプレス・カード(通称:アメックスグリーン)では、どちらのクレジットカードを持つべきなのか?

これについてはもうみなさんの考え方次第。

私は男性なので持つならアメックスグリーンよりもアメックスゴールドのほうが見栄えが良いですし、サービス面でも充実しているなぁと思いますが、20代の男性や女性の方だと『ギラギラとしたゴールドカードはちょっと持ちにくい…』と思うところもあるはずなので、最終的にはみなさん自身で決めるしかないのかなと思います。

家族持ちや海外に行く方なら:

但し、海外旅行や出張に行く機会があるという方や、すでに結婚をして家庭を持っている方であればアメックスゴールド一択。

アメックスグリーンは海外で空港ラウンジが有料でしか使えないなどのデメリットがあるので、多少年会費が高くてもアメックスゴールドを作ったほうが良いでしょう。

家族カードが無料発行できる点も大きな強みですよ。

海外でアメックスを使うメリットは別にあり:

海外でクレジットカードを利用すると、利用したお店の名前が英語で利用明細書に掲載されてしまうのですが、アメリカン・エキスプレス・カードの場合には英語での店名に加え、その業種についても印字されるメリットがあり。

  • 他のカード:海外の店名のみ
  • アメックス:店名+業種名

この何がメリットなのかというと、仕事で海外に行った場合などでも経費の詳細がわかりやすいという点。

『ああ、ここはレストランだったな』と後日、明細書をチェックするだけで経費区分がわかるので、アメックスがあれば会社への経費申請がラクになりますよ(詳しくはこちらの記事を参照)。

さぁアメックスゴールドを作ろう:

f:id:cardmics:20180920193214j:plain

最後にみなさんに朗報がひとつ。

ここまで長々と解説してきたアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは現在、初年度年会費無料キャンペーンといって、1年目の年会費が0円になるキャンペーンを実施中(詳細は下記公式サイトにて)。

この特典を利用すれば1年目に必要になる約3万円もの年会費が0円になるので、『アメックスゴールドを持ってみたいけれども、年会費を払ってまで作るべきか悩む…』という方でもお試し感覚でアメックスゴールドを作ることができるメリットがあります。

無料で1年使ってみて必要かを考えよう:

そして実際に1年間アメックスゴールドを使ってみて、自分には不要だなぁ…と思えば解約すればOK。

当然、1年以内の解約であれば年会費が発生することはないので、前述のように使うか使わないかで迷うくらいなら、とりあえずアメックスを作ってみた上で考えてもらえればな…と思います。

初年度年会費無料はお試し利用のチャンス!

初年度年会費無料はお試し利用のチャンス!

もちろん初年度年会費無料のキャンペーン中でも、年会費を払った時と同様のサービスや優待が受けられますよ。

以上、最高峰のゴールドカードである、アメックスゴールドの完全ガイド(2018年版)!その保有メリットやデメリットを徹底解説します…という話題でした。

参考リンク:

アメックスゴールドのほかにも、ステータス性が高いクレジットカードをもっと知りたい…という方は下記記事も参考に。ダイナースクラブカード以外にも、最近ではラグジュアリーカードというクレジットカードも存在しますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP