クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

専門家がクレジットカードの解約方法をわかりやすく解説!カード退会時に気をつけたい注意点など、解約の知識&疑問はここで解決しよう。

f:id:cardmics:20170619154843j:plain

『クレジットカードって一旦、加入したら、なかなか解約させてくれないんじゃないの?』

そんな感じの心配を申し込み前にしてしまう方が多いようなので、今回はクレジットカード解約の実情とその注意点について詳しく解説をしてみたいと思います。

クレジットカードを作ってみたいけど解約が心配だ…とか、保有カードを解約したいけど手続き方法がわからない…という方は是非、お読みください。

クレジットカードの解約方法について:

カード解約は非常に簡単:

まず、クレジットカードの解約方法は至ってシンプル。

カード裏面に書かれている電話番号に連絡をし、電話オペレーターに対して『クレジットカードを解約したいのですが…』と伝えるだけで問題ありません。

これで95%程度のクレジットカードは即、解約可能。

かかる時間は電話が繋がるまでの待ち時間を除くと3分程度しかかからないので、仕事の合間でも、駅で電車を待っている間でも、カンタンに解約できてしまいます。

解約理由はほぼ聞かれない:

ついでにいうと、クレジットカードの解約に関して電話オペレーターから理由を聞かれることもほとんどなし。

ただ『カードを解約したいのですが…』と伝えるだけで不要になったクレジットカードはいつでも即、解約することができます(理由を聞かれた場合でも下記のような理由を答えればOK)。

  • 使わなくなった
  • 他に魅力的なカードがあった
  • 年会費が高い
  • 財布の中を整理したい
  • むしゃくしゃしてるから

これらの安易な理由であっても解約させてもらえるのでご安心ください。

解約できないカードは慰留される:

では、解約できない場合はどんな風になるのか?

これは決して脅されるとかそういう話ではなく、あくまでカード会社からの慰留がその主体。

よくあるお決まりの説得文句は下記の通りです。

  • 年会費を払ったばかりだから、あと半年使ってみては?と慰留される。
  • ポイントがたまっているので使った後に解約しては?と提案される。
  • 分割払いやリボ払いの未払い残金があるから、解約すると一括で請求がいって大変になりますよ?と確認される。
  • 年会費を無料にするから…など、魅力的な条件をぶら下げて解約しないでくれ!と慰留される。

どれも基本的には消費者側、つまり私達に解約するかどうかの選択権があるので、どうしても解約したいのであればそんな話をすべて無視して『解約お願いします』と伝えてください。

それでも尚、カード会社が解約を受け入れてくれないようなら、もう金融庁にでもなんでも報告しちゃえば問題なし。

私達には自由にクレジットカードを解約する権利があります。

解約手数料も99%で無料:

あと、気になるクレジットカードの解約費用についてですが、こちらは基本0円、つまり無料です。

稀に解約手数料が必要なクレジットカードが存在しますが、それらは全体の0.1%程度。

唯一、解約手数料がかかるクレジットカードを発行しているのはJCBなので、みなさんが今から解約しようとしているクレジットカードがVISAやマスターカードブランド付きのカードであれば、私が知る限り解約手数料は0円で間違いないでしょう。

  • VISAカード:解約手数料は0円
  • マスターカード:解約手数料は0円
  • JCBカード:稀に解約手数料が必要なカードも
JCBカードでも脱退費用がかかるのは稀:

また、JCBカードであってもほとんどのカードで解約手数料は0円。

それに手数料がかかる場合には必ず、解約の電話をした際にJCB側よりきちんとした説明があるのでオペレーターの指示にしたがって貰えればと思います(かかっても数千円以内なのでその点もご安心を)。

要するに過度に怖がる必要性はないのです。

カード解約時に気をつけたい点まとめ:

f:id:cardmics:20191113224629j:plain

続いてクレジットカードを解約する際に注意したい点もまとめておきます。解約前にこれらの項目をチェックし、問題がないようなら解約申請の電話をどうぞ。

1.リボ払い残高やキャッシング残高に気をつける:

カード解約をしてしまうと、解約時に残っている残債(支払いがまだ済んでいないお金)の返済を求められるのが普通。

そのため、手元に充分なお金がない場合には、リボ払いやキャッシングの返済が済んでから解約をしたほうが無難です。

  1. リボ払い
  2. 分割払い
  3. ボーナス払い
  4. キャッシング(借入)

それでも尚、解約をしたい…というなら、これら4つの残高を確認の上で解約するようにしてください。手元にお金もないのに解約をしてしまうと一気にフトコロ事情が悪化します。

手元にお金がないときはどうする?

では手元にお金がないときにはどうすれば良いのかといえば、これは年会費がかかろうが転職しようが解約自体を先延ばししてしまえばOK。

クレジットカードそのものを解約しなければ一括返済を求められることもないので、返済できるだけのお金が貯まるまではそのクレジットカードを使い続けてもらえればと思います(完済した後に解約すれば良いということ)。

2.カード加入直後の解約は避ける:

クレジットカードを入手してから半年以内の解約については、出来る限り避けたほうが無難。これはなぜなら、クレジットカード会社からの心象を著しく悪化させてしまう可能性があるためです。

特に入会特典の商品券やポイントなどを目当てに発行し、特典をもらったからと即解約してしまったときの印象は最悪そのもの。

  • 特典を貰って即解約:カード会社からの印象が悪い
  • 特典を貰って半年後に解約:カード会社からの印象はそこまで悪くない

下手するとそのクレジットカード会社が発行しているその他のカードを二度と作れなくなってしまう可能性もあると思います。

カード発行はタダじゃない:

ではなぜ、クレジットカードを即解約するとカード会社からの心象が良くないのかというとそれは単純。

みなさんにとってカード入手はタダであったとしても、カード会社にとってカード発行には多額のお金がかかるものだから。

カードの発行費や郵送代、顧客情報の登録&管理やキャンペーン費用などに1万円以上のお金がかかってるんです。

それにもかかわらず、入会特典をもらった直後の解約は心象が悪いのも当たり前。

だからこそ、せめて半年はクレジットカードを利用してあげるようにするか、解約するにしてもそれなりに買い物等で使ってあげてから解約するようにしてください。

年会費無料のカードであってもカード発行にはお金がかかっている

年会費無料のカードであってもカード発行にはお金がかかっている

それだけでカード会社の心象はだいぶ良くなるはずですよ(即解約さえしなければ、使わずとも保有しておくだけで大丈夫)。

3.解約前には溜まったポイントを使う:

クレジットカードを解約すると、カード利用で溜まったポイントも無価値になるのは当たり前の話。

これが100円未満の少ないポイントであれば問題ありませんが、1,000円以上のポイントがしっかり溜まっているという場合には、溜まったポイントを全て使ってしまった上で解約をするようにしてください。

  • ポイントを使い切る前に解約:ポイントが失効してしまうので損
  • ポイントを使い切ってから解約:失効するポイントがないので得

これならポイントを無効にされることなく有効活用できるためです。

この際、カード会社によっては解約と同時にポイント交換の申請が無効になる場合もあるので、念のため、ポイントで交換した商品アイテムが届いてから解約をするのがおすすめ。

そうしないとせっかく貯めたポイントを、すべてドブに捨てることになってしまいますよ。

楽天ポイント等は消滅しない:

あと、クレジットカード利用で貯まるポイントがカード会社固有のポイント制度ではなく、楽天ポイントやTポイントといった共通ポイントの場合には、クレジットカード解約でもポイントが失効しないことがあります。

そのため、クレジットカード解約でポイントを失効したくない…という方は、最初から楽天ポイントが貯まる楽天カードやdポイントが貯まるdカード等を作るのも一案。

そうすればクレジットカード解約の際に悩むことがなくなります。

4.家族カードやETCカードが使えなくなる:

親となるクレジットカードを解約してしまえば、当然ですがそこにぶらさがっているETCカードや家族カードも同時に利用不可に。

  • 家族カード:カードを解約すれば無効に
  • ETCカード:カードを解約すれば無効に

中でも高速道路の運転でETCカードを利用している方の場合には、うっかりそのままETCゲートを破壊してしまう可能性だってありえるので、解約を希望するクレジットカードでETCカードを発行していないかどうかは確実に確かめください。

電子マネーも自動解約となる:

加えてiDやQUICPayなどのクレジットカードに連動しているポストペイタイプの電子マネーも、カード解約と同時に使えなくなります。

  • iDやQUICPay:カードを解約すれば利用不可に
  • アップルペイ:カードを解約すれば利用不可に

おサイフケータイやApple Pay等で電子マネーを使っている方は要注意ですね(Suicaや楽天Edyなどの電子マネーは、残高を使い切るまで利用可能)。

5.公共料金などの引き落とし注意:

公共料金や電話料金などの引き落としを解約希望カードで行っていた場合には、予め違うクレジットカードに変更しておくことも必須です。

電気代、ガス代はもちろんですが、割賦販売の都合で最近は携帯電話料金の支払いを延滞してしまうのが一番痛いので、絶対に携帯電話の支払い方法だけは変更を忘れないようにしてください。

これを忘れてしまうとあなたの信用情報にキズがついてしまうことにも繋がるので、ほんと注意してもらえればと思います(詳しくは下記記事参照)。

news.cardmics.com

6.年会費の返金は期待できない:

クレジットカードの年会費は、たとえ1ヶ月しか利用していなかったとしても返金されることがない費用です。

そのため、ついこの前、年会費を払ってしまったばかりだ…という方は、年会費が有効なギリギリの期限まで活用をするなどしないと、年会費分だけまるまると損をしてしまう可能性あり(詳しくは下記記事を参照)。

極力、次の年会費が発生する日まで長く持ち続けたほうがお得でしょう。

年会費の高いゴールドカード以上では要注意:

また、年会費有料のゴールドカードやプラチナカードには、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険といった保険が付いていたり、空港ラウンジが無料で使えるなどの保有メリットも多いので、たとえクレジットカードを支払いに使わなくても有効期限一杯まで活用するのがおすすめ。

せっかく払った年会費なのですから、最後の最後まで有効活用してもらえればなと思います。

7.信用情報が傷ついたままで解約しない:

クレジットカードを解約したら、クレジットカードの利用履歴についても一瞬で抹消されると思っている方は多いのですが、カード利用歴は解約から5年ほど、個人信用情報機関という場所に保存されます。

この際、あなたが保有していたクレジットカードの利用履歴が良かったり、返済日までにきちんとお金を払っていたという場合であれば問題ありませんが、仮に支払いを遅延させてしまっていたことがある方は要注意。

  • 利用履歴が良かった人:解約のデメリットなし
  • 返済遅延を度々起こしてた人:デメリットがあるかも?
  • カードを使ってなかった人:デメリットなし

それらの悪い利用履歴が最長で5年間、個人信用情報機関に保存されてしまうことになるので、解約後のクレジットカード入手や住宅ローン締結に不利になってしまうデメリットがあります。

複数回、支払い遅延があるとまずい:

特に直近3年以内に複数回、クレジットカードの支払日までにお金が用意できなかったことがある…という場合には、クレジットカード解約は踏みとどまったほうが無難かも。

そのまま解約するとCICという個人信用情報機関に悪い状態のまま保存されてしまうので、最後に支払い遅延を起こしてから3年が経過するまではクレジットカードを解約しないほうがいい場合もありますよ。

詳しくは下記記事を参考にどうぞ(そもそも支払い遅延が個人信用情報機関に登録されていないことも多いので、心配なら取り寄せてみることが大事です)。

news.cardmics.com

長く持ち付けることが信用力に繋がることも:

クレジットカードを発行する側であるカード会社からすると、クレジットカードをすぐに解約し、別のカードを申し込みするような顧客はあまり有り難いものではありません。

そういった事情があるために、人によっては一番古くから持ち続けているクレジットカードを解約せずに、大切に保有し続ける…なんて方もいるくらい。

そうすればクレジットカード会社や銀行から見た時に、『この人はクレジットカードを長く使ってくれる優良顧客だ!』となるので、審査上で有利になるんじゃないかという思惑です。

まぁ実際の効果はクレジットカード会社のみぞ知るものですが、少しでも審査を有利にしたいという方は、解約をしない信用情報の育て方を実践しても面白いと思いますよ。

クレジットカード解約Q&A:

f:id:cardmics:20170517142114p:plain

ここで念のため、クレジットカード解約に関するよくある質問とその答えをQ&A形式で作っておきます。解約に際してまだまだ不安がある方はご覧ください。

Q.VISAカードやマスターカードの解約方法は?

『私が探しているのはクレジットカードの解約方法じゃなくて、VISAカードやマスターカードの解約方法なんだけど?』という方も、解約する方法は一緒。

そもそもの話、VISAカードもマスターカードもクレジットカードの一種なので、解約方法としてはクレジットカードの方法を取ればOKとなります。

  • VISAカード解約:電話でOK
  • マスターカード解約:電話でOK
  • JCBカード解約:電話でOK
  • アメックス解約:電話でOK
  • ダイナースクラブ解約:電話でOK
楽天カードやイオンカードの解約も一緒:

また、楽天カードやイオンカード、エポスカードといったクレジットカードの解約方法についてもまったく一緒。

クレジットカード裏面に印字されているカード会社のコールセンターに電話をして、解約の意思を伝えるだけで即解約が可能です。

ご安心ください。

Q.電話で解約したくないんだけど?

『クレジットカードの解約はカンタンってことはわかったけど、それでもなんか電話で解約をするのって気がすすまないんだよね。インターネット等の会員ページにログインして解約は出来ないの?』と思われるかもしれませんが、電話以外での解約はまず無理。

実際、楽天カードの公式サイトを見てみても、下記のような記述があるくらいなので、電話以外での退会については無理だと思ったほうが無難です(引用はこちら)。

ご解約の手続きについて

誠に残念ではございますが、カードのご解約は楽天カードコンタクトセンターにて承っております。 カードをお手元にご準備のうえ、ご本人様より楽天カードコンタクトセンターへご連絡ください。

カードセンターで解約できるカードもある:

但し、エポスカードのように実店舗のカードセンターを保有しているクレジットカードの場合には、受付カウンターを通してクレジットカードを退会することは可能(引用はこちら)。

退会をご希望の場合は、お手元にカードをご用意のうえ、カード名義ご本人さまよりエポスカスタマーセンターまでお電話ください。Eメールやインターネットではお手続きできません。

お手続きはエポスカードセンターでも承ります。

まぁ対面でクレジットカードの解約手続きをするともっと解約しにくいかと思いますが、解約に際して不安だという方などにはおすすめかもしれませんね。

Q.解約した後、どのくらい個人信用情報が保存される?

ちょっと難しい話になります。

あなたのクレジットカード利用歴である個人信用情報は、カード解約からどのくらいの期間保存されるのかというと、これはCICJICCともに最長5年間です。

契約期間中および契約終了後5年以内

この際、あなたが利用していたクレジットカードの利用履歴が良く、返済が1度も遅れたことがない…という場合であればなにも問題はありませんが、逆に利用履歴が悪く、長期延滞を何度か起こしていた場合にはやや注意。

解約後5年間はしっかりとその利用履歴が残ってしまうことになるので、使い方が悪かったクレジットカードについては解約をせず、利用履歴を綺麗にしてから解約をするほうがいいとも言えます(JICCでは1年で消えるが、CICに残るので意味なし)。

支払い遅延の情報はいつ消える?

では、クレジットカードの支払日までに入金を忘れてしまったというウッカリ遅延についてはどうかというと、こちらは2年程度で綺麗サッパリ消えます。

しかし、クレジットカードを解約してしまうとその返済遅延が5年間は保存されることになってしまうので気をつけたいところ。

  • 継続して利用している場合:2年で遅延は消える
  • 解約してしまった場合:5年間、保存されてしまう

さすがに他カードの審査に大きな影響を与えるとは思いませんが、将来的にプラチナカードやブラックカードを作りたいと思っている方は気をつけてもらえればなと思います。

Q.再入会する時には審査があるの?

クレジットカードを解約後、気が変わって再入会する時には入会審査があるのかどうか…というと、これはもちろんYES。

カード退会中にあなたの信用力がどう変わったのか、カード発行会社側はそれを確認しないとクレジットカード発行などできないので、審査されるのは自然の流れだと言えます。

  • 新規申込:通常審査
  • 再入会:再入会でも通常審査

仮に退会中に消費者金融を利用しはじめたり、他のカードの支払いを延滞した場合には、いくら過去に保有していたクレジットカードであっても審査に通る可能性は低いことでしょう。

解約する前の使い方が重視される:

また、解約する前にそのクレジットカードを使っていたかどうかも重要視されます。

これはカード会社にとって、クレジットカードを使わないお客さんは発行費用や管理費用ばかりがかかってしまう、いわば「ダメなお客さん」だから。

たとえ年会費無料クレジットカードであってもカード会社の負担費用は0円ではないので、再発行を希望しているそのクレジットカードを過去にあまり利用してこなかった場合には、『どうせ発行してもまた使ってもらえないんじゃないか?』と思われてしまう可能性もあります。

  • 当該カードをよく使っていた利用者:
    またクレジットカードを使ってもらえるという期待があるので再発行されやすい
  • 当該カードを使っていなかった利用者:
    再入会させてもまた使ってもらえないだろうと判断し、審査落ちしやすい
  • 当該カードを入会後、即解約した利用者:
    どうせ発行しても即解約されるだけと判断し、再入会できる可能性は低い

予め理解の上、申込に挑戦してください。

アメックスなどは早めの再入会に厳しい:

その他、クレジットカードの再発行はすぐにしない…という方針をとっているカード会社も存在。

例をあげるとアメリカン・エキスプレス・カードは解約から1年間は再発行しない方針をとっている…という話を聞きます。

こういったカードの場合にはいくら信用力が高い人が再入会を希望しても審査落ちになってしまう可能性が高いので、再入会したい時は解約から1年程度の期間をあけて申し込むのが無難そうです。

楽天カードや自動音声で解約可能だった:

楽天カードは昔、自動音声による電話対応のみで解約可能なクレジットカードだったんですが、2016年ごろにその方針を転換。現在では電話オペレーターによる解約しか受付してもらえなくなっています。

これはやはり、カード会社として少しでも退会者を減らしたいという思惑があるから。

自動音声でサクサクと解約させてしまってはせっかく増やした会員数がどんどん減ってしまうことにも繋がるので、敢えて人件費をかけてでも通話型に変更したのでしょう。

不要なクレジットカードは解約しよう!

f:id:cardmics:20180617211208j:plain

ここまでクレジットカードの解約方法から注意点までをまとめさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

不要なクレジットカードは不正被害にあってしまうなど百害あって一利なしなので、これらの注意点をしっかり理解したうえで、面倒臭がらずに早めに解約をするようにしてください。

前述のように解約自体はものの3分程度で終わる作業ですよ。

以上、専門家がクレジットカードの解約方法をわかりやすく解説!カード退会時に気をつけたい注意点など、解約の知識&疑問はここで解決しよう…という話題でした。

参考リンク:

新しくクレジットカードを作る予定があるなら、この機会にポイントが貯まりやすいクレジットカードを作成してみてはいかがでしょうか?

下記記事で紹介しているカードなら、どこでどんな風に利用してもどんどんポイントが貯まるのでお得です。

news.cardmics.com

PAGE TOP