クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

なぜ楽天カードはこれほどまでに評判や口コミが悪いのか?確かにデメリットはありますが、顧客満足度1位でもおかしくないカードです。

f:id:cardmics:20180408181113j:plain

先日、楽天カードが5年連続で顧客満足度1位になったという記事を書いた私。

すると、ある程度は予想していましたが、楽天嫌いな方々からこの顧客満足度調査の内容は間違っているとか、楽天カードに有利なようになってる、恣意的だ!という指摘をいただきました。

要するに楽天がなんらかの裏工作をした結果、顧客満足度調査1位に違いない…そう言わんばかりのコメントが多数あった状況です。

ただ、さすがに楽天憎し…と言えども、公的な調査結果までをも否定するのは無理があるような気がするので、今回は参考までに、なぜ楽天カードのそこまで評判が悪いのかという内容について雑談がてらに記事を書いてみたいと思います。

これから楽天カードを作ろうと思うんだけど、ネット上の評判が悪くて不安…という方は、是非、読んでみてくださいね(楽天カードの公式サイトはこちら)。

楽天カードの口コミ調査に関するアレコレ:

顧客満足度が5年連続1位ってマグレでは無理:

まず、調査の取り方うんぬんは抜きにいても、5年連続で顧客満足度調査1位って凄くないですか?

しかもこの日本版顧客満足度指数調査が実施されたのは過去5回のみ。つまりその全てで楽天カードは1位だということです。

  • 2009年の顧客満足度調査:1位
  • 2010年の顧客満足度調査:1位
  • 2011年の顧客満足度調査:1位
  • 2012年の顧客満足度調査:1位
  • 2013年の顧客満足度調査:1位

これは疑いようのない結果であり、且つ、安定して5年間も1位で居続けることなんてそうそう出来ることではありません。

楽天カードが長く、多くの利用者に満足して使ってもらっているからこその結果だと思います。

比較対象がこれなら当然1位?

…という内容を書いたら、こういうコメントを頂きました。

還元率の高い信販系、AMEXなどのプレミアム系が無く、流通でもEPOSやTポイント系がない中、時代遅れの銀行系や提携を除いたプロパーカードと比べての1位に意味あるの?恣意的過ぎでしょ。

他にもこんなコメントも。

『今回比較されたカード一覧:イオンカード、ANAカード、OMCカード、JCBカード、JALカード、セゾンカード、DCカード、NICOSカード、Viewカード、三井住友VISAカード、楽天カード』それなら一位だろうとしか。 

なるほど、比較するカードブランドがダメなところばかりだから、これなら楽天カードが顧客満足度で1位になるのも当然だ…という話ですね(1つ目のコメントを寄せてくれた方、業界の方っぽい?)。

ブランド調査&比較相手は大手ばかり:

確かに信販系でカード保有者から人気のあるジャックスや、20~30代に支持されてる流通系のエポスカード、Tポイントが貯まるメリットのあるTカードプラス等を発行しているアプラスがないのはわかりますが、これらのカードブランドを除いたとしても1位って凄くないですか?

  • 充分に凄い:エポスカードやジャックス、アプラスを除いて1位

なにせ相手はJALカード、三井住友カード、JCBカード、NICOSカード、イオンカードなどの、知名度もブランド力も高く、保有者数も多いカードばかり。

この中で顧客満足度1位を取るというのは並大抵のことではありませんし、充分に誇っていい結果であると私は思います。

全てが調査対象になっても上位は間違い無い:

それにたとえ前述の除かれてしまったジャックスやエポスカードを含めたとしても、楽天カードが1位になる可能性は高いと思う私。

仮にそれらのカード会社に顧客満足度を抜かれ、楽天カードのの順位が2位や3位になってしまったとしても、充分すぎるほどに顧客満足度が高く評判のクレジットカードであると言えるはずですよね。

  • 顧客満足度調査1位:文句なしに凄い
  • 顧客満足度調査2位や3位:称賛に値する価値あり

もし2位や3位でダメ出しされてしまったら、楽天カード以下だったカードブランドの立場がありません。

発行枚数が少ないブランドは調査対象外でもおかしくない:

また、それらのエポスカードやアプラス、ジャックスなどは楽天カードと比べて発行枚数が少ないために、顧客満足度調査の比較対象から除外されてしまっていても不思議ではない感じ。

事実、今回の調査対象ブランドだけで日本発行で発行されている90%くらいのクレジットカードが含まれるはずなので、調査が恣意的だというのは楽天カード憎しといえども、少し苦しい意見かなと思います。

  • 楽天カードは日本国内で発行されている90%程度のカードブランドの中で顧客満足度調査1位(公式サイト

日本版顧客満足度指数調査では、ホテル業や保険などの他のジャンルでもピックアップされたブランドのみでランク付けされています。

わざわざ楽天カードを1位にする理由がない:

次に、そもそもの話、顧客満足度調査を担当するJCSIがわざわざ不正をし、楽天カードを1位にする理由ってどこにあるんでしょうか?(JCSIの概要は下記引用にて)。

JCSIは、サービス産業に開かれた日本最大級の顧客満足度調査です。

JCSIでは、商品・サービスを購入・利用するときに共通する心の動きをモデル化し、利用前から利用後までの各ステップ全体を調査・分析します。

こうしたアプローチによって、お客様の利用行動の因果関係と満足度を、同業種内での比較だけでなく、業種横断的に比較・分析が可能な「顧客満足度指数」として提供します。

たとえば、調査時に楽天側からお金を貰ったんじゃないかとか、楽天に気を使って1位にしたんじゃないか…などの「陰謀」はいくらでも想像しうるんですが、そういった賄賂が通じるのであれば、もっとお金持ち企業である三井住友カードやイオンカードが1位になる可能性のほうが高いはず。

  • 賄賂が通じる場合:お金持ち企業が1位を買える
  • 忖度がある場合:2位や3位の企業にも忖度がありえる

敢えて楽天カードをナンバー1にしつづける必要性がJCSI側にはありません(お金で順位が変わるなら他のカード会社も時には1位になるということ)。

この後も1位を獲得した楽天カード:

加えてこの記事を書いた後にも顧客満足度調査が5回ほど実施されましたが、そのすべてで楽天カードは1位を獲得(10年連続1位)。

  • 2014年の顧客満足度調査:1位
  • 2015年の顧客満足度調査:1位
  • 2016年の顧客満足度調査:1位
  • 2017年の顧客満足度調査:1位
  • 2018年の顧客満足度調査:1位

さすがにここまで来ると偽りなく、「楽天カード=顧客満足度1位のクレジットカード」ということが出来ると思いますね。

もはや不動の1位です(2018年の統計結果は下記記事参照)。

news.cardmics.com

ネットの声を見ると調査結果はおかしい?:

f:id:cardmics:20170525225414j:plain

ここまでは表向きな話で、正直いうと私も、この調査結果には少し疑問に思う部分がありました。

理由は単純で、これだけインターネット上に多数の悪い口コミがある中で、楽天カードが顧客満足度調査1位はさすがに無理があるだろう…と。

最初に調査結果を聞いた時、そんな印象を持ったのも事実です。

間違っているのは調査結果ではない:

しかし、たぶん間違っているのは調査結果ではなく、私の周りのネット世界のほう。

なぜながらインターネットにどっぷりと浸かってしまうと、ついついこのネット世界における価値観を一般常識と同じように扱ってしまいがちになりますが、この感覚自体がたぶん間違いなんだと思います。

例をあげるなら「みんなもうテレビなんて見ていない!」という意見はネット上に多く、賛同を受けられることが多いんですが、一般的にはまだまだテレビを見ている人のほうが多い。

そんな感じです(ネット世界と現実のギャップ)*1

  • 間違い:楽天カードが嫌いな人が多い
  • 正解:一部な人達のみ、楽天カードが嫌い

そして、圧倒的多数の楽天カード保有者から支持された結果が、この調査結果になったのではないでしょうか。そう考えると合点がいきます。

楽天が嫌いな人の声は大きい:

ではなぜ楽天カードの口コミや評判は悪いのかというと、世の中には『楽天大嫌い、Amazon大好き』というアンチ楽天な方が一定数いることが影響しているんじゃないかな…と推測。

彼らは楽天と名の付くサービスすべてを批判する立場にあるため、楽天カードについても問答無用で批判する傾向にあります。

ロゴすらも嫌悪の対象:

事実、悪質な方ともなると楽天のロゴマークはダサいから、楽天カードなんて持ったら恥ずかしい…という理論を展開する方もいるくらい(他、楽天カードが嫌われている理由は下記記事にて)。

でもこれってたとえるなら、自民党への批判が目立つけど実際に選挙が行われると自民党が圧勝する、あの感じに近いように思います。

批判の声をあげない人達が楽天カードを支持している、そんな感じでしょうか。いわゆるサイレントマジョリティーです(引用はこちら)。

サイレントマジョリティー【silent majority】

公の場で意思表示をすることのない大衆の多数派。1969年にアメリカ大統領ニクソンが、声高に政府批判をする者は少数派であるとする意をこめて言った語。物言わぬ大衆。

楽天カード保有者は1,000万人以上:

そんなネット上の声だけでいうと嫌われているはずの楽天市場には、2017年2月現在で1億1,489万人、ログイン歴のあるユーザー数でも8,747万人という膨大な数の会員がいます。

そして楽天カードについても2017年現在で1,400万人以上の保有者がいる日本を代表するクレジットカードになっていることを考えると、ネット上の批判が正しいのか、それとも顧客満足度調査が正しいのかは火を見るより明らか

  • 間違い:嫌われているので利用者が少ない
  • 正解:楽天カード利用者は1,400万人以上いる

そんなにも嫌われているなら、カード利用者がこんなにも増えるはずがありません。

Twitter統計でも不満は少ない:

加えて2019年にTwitterアカウントを利用して取得した統計結果でも、59.5%の楽天カード保有者がサービス内容に満足しているという回答結果あり(1,922名の方を対象に調査)。

楽天カードをお持ちの方に質問です。

実際に楽天カードを使ってみて、このクレジットカードに満足していますか?教えてください(満足度が高いかどうかの質問)。

楽天カード保有者のうち、不満に思っている人は5.8%のみ

楽天カード保有者のうち、不満に思っている人は5.8%のみ

逆に楽天カードに不満を感じている方は保有者のわずか5.4%のみ…と、こういった結果からも、楽天カードがいかに顧客満足度の高いクレジットカードであるかがわかります(楽天カードを批判している人は楽天カードを持っていない可能性が高い)。

楽天カードは日本で一番使われているカード:

『楽天カードなんて、所詮は楽天市場が発行しているクレジットカードだろ?』なんて思われる方は多いかも…ですが、2018年に楽天カードは「日本で一番ショッピングで使われているクレジットカード」に成長。

これは楽天市場のみに限らず、コンビニやスーパーマーケット、百貨店や薬局等での利用すべてを含めた全体的なクレジットカード決済額で比較した話なので、楽天カードは今や、三井住友VISAカードやJCBカードよりも利用されている国民的クレジットカードになったといっても過言ではありません。

そして現時点でもその発行枚数や利用額は右肩あがりで急成長中。

この先、どこまで記録を伸ばしていくかはわかりませんが、そのくらい多くの方に保有&愛用されているクレジットカードなので、作成に不安がある方も安心して申込をしてもらえればな…と思います(申し込みはこちらから可能)。

楽天カードを持つのを躊躇しなくてOK:

f:id:cardmics:20170410092537j:plain

ということで結論です。

一部に批判や悪い口コミがあることは確かですが、全体的には楽天カードが満足度の高いクレジットカードであることに間違いなし。

それゆえ、みなさんがもし『楽天カードを作ってみようかな…』と思っているなら、申込を躊躇する必要性はまったくありません。

年会費無料なので不満なら解約すればOK:

また、楽天カードはご存知のように年会費無料&作成費無料のクレジットカードなので、仮にネットの口コミ通りに使い勝手やサービス内容に不満があれば、入手後に解約してしまえばOK。

作ること自体にはなんら落とし穴など存在しないため、ほんとに使い勝手が悪いクレジットカードどうかを確認してみたい方は、まずはお試し感覚で作成してみてください。

今なら入会&利用で、5,000円分以上の楽天ポイントが貰えますよ。

以上、なぜ楽天カードはこれほどまでに評判や口コミが悪いのか?確かにデメリットはありますが、顧客満足度1位でもおかしくない万能カードです…という話題でした*2

参考リンク:

楽天カードについてもっと知りたいという方は、下記の記事などもチェックしてみてください。楽天カードのお得な入会ポイントを、効率よく余さず獲得する方法を説明しています。

news.cardmics.com

*1:他にもフジテレビは見ない…という意見はネット上に多いですが、フジテレビを見ている人って世の中的には多いですよね(日テレやテレビ朝日と比べると少ないかもですが、大差はない)。こんな感じでネット上の情報=世論と捉えるのは無理がある場合も多いので、楽天カードの口コミの悪さも似たような構図があるのかもしれません。

*2:一般的に肯定的な声は小さく、否定的な声は大きいもの。ついつい声が大きい人の意見が中央値のように思えてしまうものですが、そうならないように視野は広く持っていきたいですね。引き続き、楽天カードの評判や口コミについては頭の中をニュートラルな状態にしつつ、収集していきたいなと思います。

PAGE TOP