クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

プライオリティパスを無料発行できるクレジットカード(2019年版)!海外旅行時には海外空港にあるビジネスラウンジを無料で使おう。

f:id:cardmics:20170519214013j:plain

今回はプライオリティパスを無料で発行してもらうことが出来る、おすすめのクレジットカードをまとめてみました。

海外旅行や海外出張が多いという方は是非、お得にプライオリティパスを入手できるこれらのカードを作成してみてください。

プライオリティパスの基礎知識:

プライオリティパスとはどんなサービス?

早速、『プライオリティパスって何?』という方のための基本的な解説からはじめてさせてもらえればと思います(すでによくご存知だ…という方は、少々下にある「プライオリティパスの無料発行ができるカード」の欄まで読み飛ばしてしまってください)。

まず、プライオリティパスを持つと出来ることは1つだけ。海外主要空港にある、1,300箇所以上の空港ラウンジが利用可能になるというのみです。

世界に広がるラウンジネットワーク

世界に広がり続けるラウンジネットワーク。世界148か国、600を超える都市の1300か所以上の空港エクスペリエンス。

メンバーシップのメリットを最大限にご活用いただけるよう、この数は毎月増加しています。

空港ラウンジとは離陸前のくつろぎの空間:

では、空港ラウンジとはどのような場所なのか…というと、これは『飛行機が離陸時間までくつろぐことが出来るスペース』のこと。

すべての空港ラウンジに同様のサービスが用意されているわけではありませんが、主に下記のようなものやサービスが提供されているスペース=空港ラウンジと思ってもらえれば間違いないと思います。

  1. ゆったりと座れるソファーや椅子
  2. パソコン作業しやすいテーブル
  3. お茶やオレンジジュースなどのソフトドリンク
  4. ビールやウイスキーなどのお酒
  5. 麺類やご飯物などの食事
  6. お酒のおつまみ
  7. 新聞や雑誌など
  8. シャワールームや仮眠室などがある場合も

このように、とにかくゆったりと時間を過ごせる場所が空港ラウンジ。

当然ながら通常の搭乗ゲート手前にあるような待合席ではこんな豪勢なサービスは受けられないことを考えると、『是非、利用してみたい!』と思う方は多いのではないでしょうか?

もちろん食事代やお酒代を含めてプライオリティパス保有者であれば無料*1。特に海外にある空港ラウンジではほぼ食べ放題、飲み放題なので、離陸前までに満腹&酔っ払ってしまう方も多いことでしょう。

プライオリティパスは普通なら有料:

そんな海外でくつろぎの空間を提供してくれるプライオリティパスという会員権ですが、さすがに無料で入手できるわけもなく、通常であれば年間429ドル、日本円にして5万円弱の費用がかかる有料サービスとなっています*2

そのため、いくら空港ラウンジが利用したい場合でも年額5万円を出してまで使おうとするのは、海外を頻繁に飛び回っているようなエリートビジネスマンくらいのもの。

  • 海外で空港ラウンジを使いたくても、正規に加入すると年会費が高すぎる

少なくとも年に1~2回くらいしか海外に行かない方にとっては、プライオリティパスは高嶺の花に当たるサービスになると思います。

日本の空港ラウンジとは比較にならない海外ラウンジ:

空港ラウンジっていったって、ちょっと座り心地のいいソファーがあって無料ドリンクや新聞が読める程度でしょ?と思われている方、実は全然違います。

日本人がイメージする空港ラウンジ=クレジットカード会員が利用できるビジネスラウンジなことが多いのですが、そのイメージでいると海外の空港ラウンジには度肝を抜かれることになりますね。

美味しい食事、並べられたビールやワインなどのアルコール類などなど、もう飛行機に乗らなくていいんじゃない?と思えるほどの寛ぎを味わうことが出来ます。

  • 国内のカードラウンジ:最低限のサービスのみ
  • 海外の空港ラウンジ:富裕層向けのサービスが豊富

もちろんそういったサービスがあるかどうかは空港ラウンジの種類や場所によりけり。

しかし、航空会社が用意している高級ビジネスラウンジを使える場合には期待してOKだと思いますので、プライオリティパスを持つことが出来た時は渡航先空港でどんなラウンジを使えるのかをチェックしてみてください。

国際空港によっては3種類、4種類の空港ラウンジから好きなところを選ぶことも出来ますよ。

プライオリティパスを無料発行できるカード:

f:id:cardmics:20171006222805j:plain

そんなプライオリティパスを無料で入手する方法がある…というのが今回のこの記事。

実はクレジットカードの中にはサービスの一貫として、プライオリティパスを無料で発行してくれるカードが存在するんです*3

その代表格が年会費1万円(税別)の「楽天プレミアムカード」。

このカードではなんと、年会費負担が1万円+税のみなのに関わらず、保有者全員に年会費429ドル(日本円で約5万円)のプライオリティパスを無料発行してくれるサービスがあるため、差し引き4万円程度がお得になるんです。

プライオリティパスは特定カードで発行したほうがお得

プライオリティパスは特定カードで発行したほうがお得

このように、海外旅行や海外出張に行くことが多い…という方は、直接プライオリティパスを申し込むのではなく、特定クレジットカードを入手した上でプライオリティパスを取得するのがおすすめ。

仮に1度もクレジットカードとしての機能を使わなかったとしてもプライオリティパス利用だけで年会費の元が取れてしまうため、わざわざ高いお金を払って、正規の会員になる必要性はありません。

以下、プライオリティパスが無料発行可能なおすすめクレジットカードを紹介しますので、興味があるカードがあったらこの機会に作成をどうぞ。

楽天プレミアムカード:

プライオリティパスを一番安く入手することが出来るクレジットカードが、楽天プレミアムカードです。

前述のように年会費はわずか1万円(税別)のみ

この費用負担でプライオリティパスのプレステージ会員(年会費429ドル)になることが出来るので、楽天プレミアムカードさえ持てれば何度でも空港ラウンジを活用することができます。

  • 楽天プレミアムカードの年会費:1万円+税別
  • プライオリティパスの発行:日本円にして5万円弱(楽天プレミアムカード保有者なら無料発行可能)

しかも楽天プレミアムカードの場合、入会+利用で1万円相当の楽天ポイントが貰えるキャンペーンが実施されているので、1年目に関しては実質無料。

つまり年会費負担ゼロでプライオリティパスを1年間使うことが出来てしまうので、そういった意味でも超お得です。

海外で支払いに使いやすいのもメリット:

また、楽天プレミアムカードには補償内容の手厚い海外旅行傷害保険やショッピング保険も備わっているため、海外旅行や海外出張のお供に最適という面も。

更にVISAやMasterCardブランド付きの楽天プレミアムカードを作ってもらえればホテルやレストラン、ショッピングセンターといった様々な場所で支払いに利用可能…と、決済手段用のカードとしても役立ちますよ。

当然、海外利用分についても楽天ポイントの獲得が可能です。

楽天カード: 楽天プレミアムカード楽天カード: 楽天プレミアムカード

セゾン プラチナビジネスアメックス:

クレジットカードで買い物をする金額が多いという方は、セゾンカードが発行しているプラチナカードもおすすめ(個人事業主や法人経営者の方向け)。

こちらは年間利用額に応じて年会費が割引される優待制度があるので、頻繁にカードを利用すれば楽天プレミアムカード同様に1万円+税のみでプライオリティパスを無料入手できます(年間200万円以上の利用があった場合)。

年間200万円以上のショッピングのご利用で、次年度本会員年会費を10,000円(税抜)に優遇いたします。

デメリットはアメックスである点:

但しアメックスブランドゆえ、海外での支払いには使いにくいケースもある…という点はデメリット。

すでにVISAカードやMasterCardを持っている方や、どうしても楽天ブランドのクレジットカードを持ちたくない方向けといった感じですね。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード (セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス|SAISON PLATINUM BUSINESS AMEX)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード プラチナアメックス:

大手クレジットカード会社のMUFGカードが発行しているプラチナカードも、プライオリティパス無料入手が可能なカードです。

こちらのおすすめポイントは、家族カード保有者にもプライオリティパスを発行可能という点。

つまり家族で2枚のプライオリティパスを入手することができるため、夫婦で海外旅行をする際や、夫と妻、それぞれ別の旅行に出かける際などに便利です。

カード比較 対象
楽天プレミアムカード カード保有者本人のみプライオリティパス利用可能
セゾン・プラチナアメックス カード保有者本人のみプライオリティパス利用可能
MUFGカード プラチナアメックス カード保有者本人だけでなく、家族カード保有者も1名まで利用可能

前述の楽天プレミアムカードやセゾンのプラチナアメックスでは、こうはいきません(追加料金を払うことで同伴者も一緒に空港ラウンジを利用することはできる)。

航空機遅延保険がついているのも魅力:

また、MUFGカード プラチナアメックスには飛行機が遅れてしまった時の補償をしてくれる、航空機遅延保険がついている点も見逃せません。

そのため、普段から大手航空会社ではなくLCCが(格安航空会社)を利用する機会が多いという方は、航空機の遅延時や欠航時に保険が損害を補償してくれるこのクレジットカードを持っておくとなにかと効果的。

そうすれば飛行機が遅延した時でもプライオリティパスで優雅にラウンジ利用…なんてことも可能ですよ。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード プラチナカードなら三菱UFJニコスMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード

よくある質問とその答え:

f:id:cardmics:20170517142114p:plain

ここでプライオリティパスに関する理解を深めてもらうために、よくある質問とその答え形式のQ&Aを作っておきます。まだまだ疑問があるぞ…という方はこちらで解消ください。

Q.なぜ無料でプライオリティパスが発行できるの?

なぜクレジットカード会社では年会費不要でプライオリティパスを発行可能なのか…というと、これはカード会社の中の人でなければ答えはわかりません。

しかし、推測するにプライオリティパス社とクレジットカード会社の間ではなんらかの契約が結ばれ、「空港ラウンジの利用回数に応じてお金を払う契約」が組まれているのではないかと推測されますね。

要するにカード会員が海外で空港ラウンジを使った分だけ、カード会社はプライオリティパス社に対してお金を払っている…ということです。

会員費を負担してたら元が取れるはずもない:

反面、429ドルという高額のプライオリティパス会員費をカード会社が負担している可能性はゼロ。これをやっていたら年会費1万円+税の楽天プレミアムカードは破綻しちゃいます。

また、会員カード発行ごとに1枚あたり5,000円といった費用をプライオリティパス社に払っている可能性もありますが、年会費429ドルのカードをそこまで安く発行するとは考えにくいのでこちらもたぶん無し。

となると従来のカード会員専用ラウンジのように、ラウンジ利用回数に応じてその費用をカード会社が負担していると考えるのが正しいと思います(あくまで私の推測です)。

Q.何度でも空港ラウンジは無料で使えるの?

クレジットカード経由でプライオリティパスを入手した場合、海外ビジネスラウンジの利用回数制限みたいなものはないのかどうか…ですが、これは無制限。今回紹介したカードに関しては一切ありません。

しかし、このページで紹介していないクレジットカード、たとえばアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード等だと、プライオリティパスのスタンダード会員にしかなれないので、年に2回しか無料利用できないなどの制約がある場合も多いです。

  • この記事で紹介したカード:
    プレステージランクのプライオリティパス入手が可能なので、回数制限なく空港ラウンジの利用が可能
  • 他のクレジットカード:
    スタンダードランクのプライオリティパスしか入手できず、都度、ラウンジ利用料を払わなくてはいけないことも

空港VIPラウンジ年会費が無料<プライオリティ・パス>

国内外1,300ヶ所以上の空港VIPラウンジをご利用いただける「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、基本カード会員様と家族カード会員様は年会費無料(通常99米ドル)でご登録いただけます。

さらに、1回32米ドルの利用料が年間2回まで無料になります。

くれぐれもご注意ください。

Q.プライオリティパスの会員プランを教えて:

プライオリティパスの会員プランについては現状、下記の通り。

  • スタンダード会員:年会費99ドル、ラウンジ利用には32ドル必要
  • スタンダードプラス会員:年会費299ドル、10回までラウンジ利用無料
  • プレステージ会員:年会費429ドル、ラウンジは無制限で無料利用可

プライオリティパスの会員ランク

プライオリティパスの会員ランク

あまり海外出張に行かないというのならスタンダードプランで充分でしょうし、頻繁に行くという方ならプレステージ会員にならないと年間の負担費用が高くついてしまうこともあるかもしれません。

この記事で紹介したカードなら無料利用可能:

尚、繰り返しになりますが、この記事内で紹介しているクレジットカードであれば年会費429ドルの最高ランクである「プレステージ会員」になることが出来るので心配無用。

年に1回しか利用しなくても、10回使っても100回使っても、空港ラウンジ利用で代金の請求が来ることはありません。

プライオリティパスを入手しよう:

f:id:cardmics:20170525225356j:plain

ここまでプライオリティパスとは何かという基礎知識から、お得にプライオリティパスを入手する方法までを紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

記事中でも書いたようにプライオリティパスは直接申込をするよりも、楽天プレミアムカード等のクレジットカードを通して無料発行するほうがお得なので、是非、プライオリティパス利用に興味がある方はこの機会に対象クレジットカード作成を検討してもらえればな…と思います。

以上、プライオリティパスを無料発行できるクレジットカード(2019年版)!海外旅行時には海外空港にあるビジネスラウンジを無料で使おう…という話題でした。

参考リンク:

海外旅行時のホテル代や飛行機代を少しでも安くしたい…という方は下記記事もあわせてどうぞ。宿泊費や航空チケット料金を節約するための方法を紹介していますよ。

news.cardmics.com

*1:実際にはプライオリティパスにはランクが存在し、そのランクによっては無料利用できない場合がありますが、説明を簡素化させていただくために無料と記載させていただいております。当ページ内で紹介した入手法であれば無料と思って問題ありません。

*2:無制限で空港ラウンジが利用可能なプレステージ会員の場合。回数制限のあるプランを利用すればもう少し安く契約&利用することは可能ですが、頻繁に海外に行く方なら最上位のプレステージ会員のほうがおすすめです。

*3:それらのカードを作成すればクレジットカードそのものの年会費負担は必要になりますが、年間5万円程度かかるプライオリティパスの費用を圧倒的に安くすることが出来るというメリットがあるということ

PAGE TOP