クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

残高が残ってるVプリカやLINE Payカード等を、手数料無料で使い切る方法!Amazonギフト券を使えば1円単位での使い切りが可能です。

f:id:cardmics:20180408180135j:plain

インターネット通販でも使えるプリペイドカードとして人気の、VプリカやLINE Payカード。

これらのプリペイドカードって継続的に使う分には問題はないのですが、もうこれ以上使う予定がない…という時に困ってしまうのがその残高。

大抵、548円とか932円といった、非常に使いにくい中途半端なお金が残ってしまっているものと思います。

そこで今回はVプリカやLINE Payカードといったプリペイドカードを残高0円にできる方法を紹介。これを利用すれば手数料無料で残高を使い切ることができるので楽ちんですよ。

プリペイドカードの残高を使い切る方法:

Amazonギフト券に交換してしまう:

LINE PayカードやVプリカの残高を0円にする方法は非常にカンタン。大手通販モールのAmazonで使えるAmazonギフト券に交換してしまえばOKというものです。

このAmazonギフト券はVISAプリペイドカードだろうがau WALLETカードだろうがVプリカだろうが、Amazonで使えるプリペイドカードであれば手数料無料で購入できるギフト券。

そのため、これらのプリペイドカードをAmazonに登録した上でその残高分だけAmazonギフト券を購入すれば、プリペイドカードに余ったポイントをそのままAmazonで利用可能なポイントに変更することが出来ます。

LINE Payカードで実際に購入してみた:

論より証拠、試しにLINE Payカードを使ってAmazonギフト券を購入してみた履歴が下記の通り。

Amazonギフト券5万円分をLINE Payカードで購入した履歴

Amazonギフト券5万円分をLINE Payカードで購入した履歴

Amazonギフト券購入後に2~3時間ほど入金されるまでに時間はかかりましたが、問題なく5万円分のチャージが出来たことがわかります(LINE PayはJCBブランド)。

Amazonギフト券の購入方法:

次に、Amazonギフト券の購入方法ですが、自分向けにギフト券を購入する際に選択するのは「チャージタイプ」です。

自分向けにAmazonギフト券を買うならチャージタイプ

自分向けにAmazonギフト券を買うならチャージタイプ

こちらならそのまま自分のAmazonアカウントにAmazonギフト券残高がチャージされるので手間いらず。

チャージ後は普段どおりAmazonで買い物をするだけでギフト券を消費できます(ギフト券を使うか使わないかはその都度、選択可能)。

プリペイドカード登録はカードを追加から:

ちなみに、Amazonの決済手段にプリペイドカードを登録する方法は、下記の「カードを追加する」から行ってOK。

一見、プリペイドカードはクレジットカードじゃないからここで登録してはいけないんじゃ…と不安になる方も多いかもですが、Vプリカやソフトバンクカード等はVISAやMastercardのマークが付いたブランドプリペイドカードと呼ばれるものなので、クレジットカード同様に登録してしまって問題ありません。

クレジットカード登録画面からプリペイドカードを登録

クレジットカード登録画面からプリペイドカードを登録

また、プリペイドカードの中には名義が自分名義ではなく、「LINE MEMBER」といったものになってるものがありますが、これらの名義であってもそのまま入力して大丈夫。

逆に自分名義にして登録しないようにしてくださいね。

残高をギフト券に交換する注意点:

では、Vプリカやau WALLETカード等の残高でAmazonギフト券にチャージする際の注意点にはどのようなものがあるでしょうか。あまり大きな問題点ではありませんが、3つほどあるのでまとめておきます。

1.そもそもAmazonを使ってるかどうか:

一番大きな問題点といえば、やはりAmazonで普段から買い物をしているかどうかですね。

過去に1度もAmazonを使ったことがない方だと、Amazonの会員登録をしたり、使い方を覚えたりするだけでも疲れてしまうので、いくら手数料無料でAmazonギフト券にできるといっても価値はないかもしれません。

多少の残高が余っても、コンビニでうまく使い切るほうが楽ちんでしょう。

2.チャージは15円以上から:

2つ目はAmazonギフト券にチャージ可能な金額は15円からとなっている点。

  • 残高15円以上:Amazonギフト券を購入可能
  • 残高15円未満:Amazonギフト券の購入は無理

つまりVプリカやWebMoneyカード等に残ってる残高が15円未満の場合には使えないので、『あと10円だけ使いたいのに…』という際には不向き。

一度1,000円程度をチャージした上でギフト券を買うなどしないと使えません。

3.オートチャージ機能をオフにしてから:

3つ目はプリペイドカードのオートチャージ機能をオフにしてから行うという点。

LINE Payカードにしろソフトバンクカードにしろ、多くのプリペイドカードには残高が一定以下になると自動的にオートチャージされる機能が備わっているので、それらの機能をオフにした上でAmazonギフト券を購入するようにしてください。

さもないと再度、同じことを繰り返さないといけなくなりますよ。

おさいふPontaやココカラクラブカード、mijicaでも行ける:

Amazonギフト券を使ったプリペイドカード残高を0円にする方法ですが、他にもおさいふPontaやココカラクラブカード、mijica(ゆうちょ銀行のプリペイドカード)でも問題なく残高を使い切ることができます。

基本的にはVISA、Mastercard、JCBのマークが入ったプリペイドカードなら理論上はどれでも可能だと思うので、余ったプリペイドカードがあったらこの方法が使えないかどうかを試してみてくださいね。

Amazonギフト券は併用できるのが強み:

f:id:cardmics:20180408180644j:plain

最後に、余ったプリペイドカード残高をAmazonギフト券にする最大のメリットは、Amazonギフト券がクレジットカード等と併用して使える支払い方法だから。

つまり残高の金額がいくらであるかにかかわらず、普段どおり、Amazonで買い物をすれば勝手にギフト券残高を消費することができるので、プリペイドカードのままで使うよりも数倍、使い勝手がいいメリットがあります。

  • プリペイドカードのまま使う:残高分だけしか使えない
  • Amazonギフト券に交換:残高を気にせず使える

こういったメリットがある以上、使わなくなったプリペイドカードはどんどんAmazonギフト券にしてしまうのがおすすめ。下手に残高が残ったままのプリペイドカードを貯め込むと、サービス停止等で使えなくなってしまう場合も考えられますよ。

以上、残高が残ってるVプリカやLINE Payカード等を、手数料無料で使い切る方法!Amazonギフト券を使えば1円単位での使い切りが可能です…という話題でした。

Amazonの参考リンク:

Amazonで1円でもお得に買い物をしたい…という方は下記記事も参考に。Amazonでの支払いでポイントが溜まりやすいおすすめクレジットカードを徹底解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP