クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

専門家おすすめのアメックスはこれだ(2019年版)!どのアメリカン・エキスプレス・カードがお得かをわかりやすく解説します。

f:id:cardmics:20180715140846j:plain

ステータスの高いクレジットカードとして、絶大な人気を誇るアメリカン・エキスプレス・カード(通称:アメックス)。

しかし、ひとことにアメックスといっても、日本国内には本家アメックスが発行している王道とも呼べるクレジットカードもあれば、楽天カードや出光カードがアメックスと提携して発行しているカードも存在するため、正直、どのアメックスを選ぶのが一番お得なのかわからない…という方は多いのではないでしょうか?

そこで今回はクレジットカードの専門家である私が、おすすめのアメックスを徹底解説。

これを読めばあなたにぴったりのカードが見つかるはずなので、是非、希望にあわせて1枚、選んでみてください。晴れて入会審査を通過することができれば、あなたも憧れのアメックス保有者の仲間入りですよ。

専門家おすすめのアメックス:

早速、当サイト『クレジットカードの読みもの』がおすすめするアメリカン・エキスプレス・カードを紹介していこうと思います。

アメックスゴールド:

現時点でアメックスを1枚も保有していない方におすすめな1枚が、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(通称:アメックスゴールド)。

このアメックスゴールドの何がそんなにおすすめなのか…というと、それは単純で、現在実施中の下記キャンペーンによって1年目の年会費が無料になっているから。

つまりお試し感覚でアメックスゴールドを作成&利用することが出来るので、アメックスを作ろうか迷っている方に最適な1枚になるのです。

1年間使ってみて判断すればいい:

こう書くと『いやいや、1年間年会費が無料になるなんて大したことないでしょ?』と思われる方もいるかもですが、1年無料ってみなさんが思っているよりもすごいこと。

たとえば私がこの場を使ってアメックスゴールドの魅力を隅から隅までひととおり説明したところで、申込をする際に1年目から2万9,000円+税の年会費が必要といわれたらどうでしょうか?

たぶん、ほとんどの方が申込するか迷いますよね(苦笑)

その点、アメックスゴールドが現在実施している初年度年会費無料キャンペーンを利用すれば、1年間まるごと無料でアメックスを利用できるメリット有り。

  • キャンペーンなし:1年目から年会費負担が必要
  • キャンペーンあり:1年目は無料で利用できる

仮にサービス内容に満足したのであれば2年目以降は年会費を払って使い続ければOKですし、逆に思っていたようなステータス性を得られなかった場合には年会費がかかる前までに解約してしまえば負担0円となります。

実際にアメックスを保有してみて使うかどうかの判断ができる

実際にアメックスを保有してみて使うかどうかの判断ができる

だったらとりあえず1年、試しに使ってみるか…。そんなふうに思える方は多いのではないでしょうか(キャンペーン詳細はこちら)。

無料期間であってもサービスは同じ:

もちろん、無料期間中でもアメックスゴールドのサービスはすべて利用可能。

下記表で紹介しているサービスは一般会員同様に利用することができるので、こういったサービスを実際に利用してみた上で、アメックスとはどのようなクレジットカードなのかを体感してみてください。

サービス内容 解説
家族カード1枚の年会費無料 初年度年会費無料の期間中であっても家族カード1枚を無料で発行可能。夫婦や親子でアメックスゴールドのサービスを利用できます(18歳以上に対して発行可能)。
空港ラウンジ 国内主要空港のラウンジが無料になるのはもちろん、海外主要空港のエアポートラウンジ等もプライオリティパスを利用して年に2回まで無料利用可能。家族カードでも利用できます。
高級レストランが最大半額 「ゴールド・ダイニング by 招待日和」を利用すれば、高級レストランのコース料金を1名分無料に出来るので、2人で食事をする場合には実質半額にすることも可能。
手厚い海外旅行傷害保険 アメックスゴールドを保有しているだけで最高5,000万円、旅行代金を支払った場合には最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯。海外旅行前に発行しておくと安心です。
アメックス独自の優待&割引 アメリカン・エキスプレス・コネクトという、アメックス会員であれば利用できる優待&割引サービスも利用可能。コンビニやホームセンター等で定期的に割引が受けられるメリット有りです。

外食をするのが好きな方や、海外旅行に行く予定がある方などであれば、数万円~10万円程度の出費節約に繋がる可能性大です。 

せっかくならアメックスゴールドを:

ちなみに、同様のキャンペーンはひとつ下のグレードであるアメリカン・エキスプレス・カード(通称:アメックスグリーン)でも実施されていますが、せっかく1年目が無料になるのであればグレードが上なアメックスゴールドを無料にしたほうがお得。

  • グリーン:1年目の年会費1万2,000円+税が無料
  • ゴールド:1年目の年会費2万9,000円+税が無料

どうしても年会費が心配なら、とりあえずアメックスゴールドを作った上で切り替えを検討してもらえればと思います。

ゴールドカード|アメリカン・エキスプレスゴールドカード | アメリカン・エキスプレス 

SPGアメックス:

スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(通称:SPGアメックス)は、クレジットカードマニアの間で一番お得なアメックスとして人気の1枚。

特に旅行好きの方や出張が多い方などには、最高ランクにお得なクレジットカードに化けるとしてちょっとした話題です。

マイルが溜まりやすくホテル宿泊にも強い:

そんなSPGアメックス最大の魅力は、シェラトンやウェスティンといった高級シティホテルでの滞在に強みがある点…なんですが、それ以外にも日本航空や全日空のマイルを貯めている方にもメリット有り。

下記のようにSGPアメックスを使ってためたポイントは、40を超える航空会社のマイレージプログラムと交換可能なため、下手するとJALカードやANAカードといった航空会社のクレジットカードよりもお得になる場合もあるんです(最高還元率は100円利用あたり1.25マイル)。

ポイントをマイルに移行<マイレージプログラム>

主要提携航空会社のマイレージプログラムにMarriott Bonvoyポイントをマイルとして移行することができます。1回の手続きで60,000Marriott Bonvoyポイント毎に、15,000ボーナスポイントが付与され、その合計がマイルに移行されます。

継続利用すれば年1回、無料で宿泊できる:

また、SPGアメックスは継続利用すると年1回、マリオットやシェラトンといった1泊4~5万するようなホテルに無料宿泊が可能…と、年会費以上の恩恵が受けられる点も非常に魅力的。

世界各地のホテルで無料の滞在が楽しめる<ご継続ボーナス:無料宿泊特典>

カードをご継続いただく度に、世界各地のMarriott Bonvoy参加ホテル(交換レート1泊50,000Marriott Bonvoyポイントまで)でご利用いただける一泊一室(2名様まで)の無料宿泊特典をプレゼントします。

祝日や大規模なイベント開催期間中でも、スタンダードルームに空室がある限り、「無料宿泊特典」をご利用いただけます。

とにかく旅行や出張で国内外を旅している方であればアメックスゴールド以上にお得な1枚になることでしょう。世界中の高級ホテルをご堪能ください。

スターウッドプリファード カード|アメリカン・エキスプレススターウッドプリファード カード | アメリカン・エキスプレス 

セゾンプラチナ・ビジネスアメックス:

『アメリカン・エキスプレス・カードは欲しいけれども、できれば年会費を安く抑えたい…』という方に最適なのが、アメックスとセゾンカードが提携して発行しているセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(通称:セゾンプラチナ・ビジネスアメックス)です。

こちらはアメックスゴールドやSPGアメックスよりも上の、プラチナカードに値するクレジットカードにも関わらず、年会費はわずか2万円+税のみ。

プラチナカードはゴールドカードよりも上のグレード

プラチナカードはゴールドカードよりも上のグレード

さらに年間200万円以上の利用で翌年の年会費が割引になるため、クレジットカードをしっかり使う予定がある方であれば年1万円+税でアメックスプラチナの保有者になれるメリットがあります。

  • 年200万未満の利用:翌年の年会費2万円+税
  • 年200万円以上の利用:翌年の年会費1万円+税

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでショッピングを年間200万円以上ご利用いただくと、次年度年会費を10,000円(税抜)に優遇いたします。

ステータスはやや下がる:

但し、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは悪くいうと、所詮、セゾンカード発行のアメックス。

アメリカン・エキスプレスの本家が発行しているプラチナカードではないので、ステータス性の高さを目当てにアメックスが欲しいという方にとっては、やや物足りな存在になってしまうかもしれません。

作成時にはこの点をご理解の上、申込していただければと思います。

【公式】セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード【公式】セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 

MUFGカード プラチナアメックス:

アメックスのステータス性とサービス性、そして年会費負担のバランスがちょうどいいなぁ…と個人的に思うのが三菱UFJニコスが発行しているMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(通称:MUFGカード プラチナアメックス)です。

こちらはセゾン発行のアメックスプラチナと違ってカード利用による年会費の割引制度がありませんが、あなたの代わりにあれこれ手配をしてくれる秘書サービス「プラチナ・コンシェルジュデスク」が使えたり、高級レストランの食事代が半額になる「プラチナ・グルメセレクション」など、年会費以上に活用できるサービスが豊富。

プラチナ・コンシェルジュサービス

国内・海外でのレストランのご予約、海外のミュージカル等のチケット手配、さらに海外でのトラブルや急な病気などの緊急時のご支援まで、専任のスタッフが24時間365日、プラチナ会員様のご相談やご要望にお応えするコンシェルジュ・サービスをご用意しております。

まるでブラックカードかと思えるようなカードデザインも、そのステータス性を押し上げているように思います。

家族カードが活用できるのが嬉しい:

あと、MUFGカード プラチナアメックスは1枚まで無料で家族カードが発行できるのですが、その家族カードでもプライオリティパスが発行可能なのも嬉しい点(プライオリティパスの解説はこちら)。

  • カード保有者本人:プライオリティパス発行可
  • 家族カード保有者:プライオリティパス発行可

アメックスゴールドと違ってプライオリティパスに利用回数制限もないので、夫婦揃って世界中を旅行して周りたい…という方などに最適な1枚になるものと思われます。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

楽天カード(アメックス):

2018年より楽天カードではアメックスと提携をしたクレジットカードを発行中。

こちらであれば年会費無料でアメックスを入手可能なだけでなく、支払いで使うと楽天ポイントが貯まるメリットがあるのですが、正直、そんなアメックスのロゴが入っただけの楽天カードにステータス性があるかどうかは微妙なところ(苦笑)

アメックスのロゴが入った楽天カード

アメックスのロゴが入った楽天カード

作っても保有者の自己満足になってしまう可能性大です。

優待サービスが使えるのがメリット:

そんなアメックス提携の楽天カードに唯一存在するメリットは、アメリカン・エキスプレス・コネクトと呼ばれる、アメックス保有者が利用可能な優待サービスを使える点。

たとえばコンビニやホームセンターで割引が受けられたり、大手百貨店での商品券がもらえるなどなど、アメックスならではの優待がこの楽天カードでも受けられるため、そういったもの目当てにアメックスが欲しい方には良い選択肢になるかもしれません。

ご検討ください(申込時にアメックスを選択すれば、アメックス付きの楽天カードになる)。

楽天カードにアメリカン・エキスプレス(Amex)が登場。|楽天カード楽天カードにアメリカン・エキスプレス(Amex)が登場。|楽天カード 

アメックスプラチナは金属になった:

アメックスが自社で発行しているほうのアメックスプラチナは、2018年に金属製のメタルカードにバージョンアップ。

誰がみてもド派手なカードになったので、アメックスを持って周りから一目置かれたい…という方は、こちらのプラチナカード入手を目指してみてください(取得方法は下記記事を参照)。

年会費は10万円以上ととんでもなく高いですが、それ相応のステータスを手に入れられるはずですよ。

アメックスの基礎知識:

f:id:cardmics:20180617211736j:plain

おすすめのアメックスを紹介したところで、次はアメリカン・エキスプレス・カードの基礎知識や審査基準についても解説していこうと思います。

どのアメックスを選んで良いかまだ迷っている…という方はこちらも参考にどうぞ。

現在のアメックスの審査基準について:

これからアメックスを申し込もうと思っている方にとって心配な点といえば、その審査基準ですよね。

なにせアメックスといえば富裕層が持つクレジットカードの代表格。

事実、1990年ごろのバブル当時だと年収1,000万円以上のエリートしか持つことが許されなかったので、今もその印象が強い方であればあるほど『アメックス保有なんて自分には無理だろう…』と思ってしまうことでしょう。

審査基準はだいぶ緩和されてきている:

しかしご安心ください。

2019年現在の審査基準だとアメックスグリーンやアメックスゴールドは、ごくごく庶民でも発行できるクレジットカードに変化済み。

必要年収も1,000万円なんてまったく必要なくて、年収300万円もあれば作れてしまう可能性が高い状況なんです。

  • バブル当時:年収1,000万円以上が必要だった
  • 現在:年収300万円でも作成可能

また、作成に必要な年齢にも変化が生じていて、現在だと20代であれば問題なく作成可能。27歳や28歳といった20代後半の方は当然のこと、21歳や22歳といった20代前半の方でも作成できるため、年齢でアメックス作成をあきらめる必要性はありません。

20代の正社員なら作成できる可能性大:

まとめると、バブル当時、憧れの的だったアメックスゴールドは現在、年収300万円程度の20代でも作成可能なゴールドカードに変化。

  • 大学を卒業したばかりの22歳:審査対象
  • 20歳になったばかりの社会人:審査対象

別にお金持ちではなくても作れてしまうゴールドカードとなっているので、『自分にはアメックスゴールド入手は無理なんじゃないか?』と思わず、申込に挑戦してみてください。

きっと驚くほどあっさりと審査に通過できてしまうものと思いますよ(さらに詳しい審査基準については下記記事参照)。

news.cardmics.com

世間的な評判はすごく良い:

前述のようにアメックスはもはや、審査が厳しいクレジットカードではありません。

しかし、これを読んでいるみなさんがご存じなかったように、多くの方にとってのアメックスは未だにハイステータスなクレジットカード。

仲間うちや異性の前で利用すれば『へぇ、アメックスを持ってるんだ!』と驚かれることも少なくないと思います(審査基準が緩和されたことを知ってるのは一部の情報通のみ)。

  • 実際の審査基準:20代でも持てる普通のカード
  • 世間の印象や評判:憧れのクレジットカード
女性人気が高いアメックス:

中でも女性からの評判が高いのが、アメックスの大きな魅力のひとつ。

下記記事のようにアメックスを持っているというだけでキャーキャー言われることもあるので、周りにステータス性をアピールしたい男性の方にはコスパの良いカードになるのではないでしょうか(苦笑)

良し悪しは別として、そういう使い方が出来るのもアメックスならでは…です。

news.cardmics.com

支払いに使えるお店は大幅増加:

あと、アメックスといえば、使えるお店が少なくて使い勝手が悪い…っていう評判が過去にはありましたが、こちらはすでに解消済。

クレジットカード大手のJCBと提携をしたことにより、現在ではJCBカードが使えるお店でもアメックスが使えるようになっているため、利用できるお店探しで苦労することはほとんどありません。

これを難しい言葉でいうと、加盟店の相互開放といいます。

海外ではやや使いにくい:

ただ使い勝手が良いのは日本国内での話。

海外でアメックスが使える国や地域はそこまで多くないので、高級ホテルやレストランといった場所でもない限りは、やや使いにくさを感じてしまう可能性は高いですね。

  • 日本国内での利用:使いにくさはない
  • 海外での利用:使える場所は少ない

海外旅行や出張の際には、アメックス以外にもVISAカードやMastercardを一緒に持っていってもらえればなと思います。

news.cardmics.com

アメックス提携の楽天カードならフリーターでも作れる:

アメックス本家発行のアメックスグリーンやアメックスゴールドよりも、審査基準が低く抑えられているのが楽天カード発行の楽天カード・アメリカン・エキスプレス・カード。

こちらであればフリーターやパート主婦であっても問題なく審査対象となっているので、年収や職業に不安な方はこちらを検討ください(詳細は下記記事参照)。

ステータス性はまったくありませんが、一応、アメックス保有者の仲間入りは出来るものと思います。

よくある質問とその答え:

f:id:cardmics:20170517142114p:plain

さらにアメックスへの理解を深めてもらうため、Q&A形式でよくある質問とその答えを作っておきます。まだまだ疑問がある方はこちらで解決ください。

Q.本当にアメックスゴールドは審査通過できるの?

『アメックスゴールドの昔の審査基準を知ってるから、今の審査がそんなに緩和されたなんて信じられないなぁ』と思う40代、50代の方は多いかもしれませんが、これは間違いのない情報です。

実際、25歳になったばかりの私の友人もアメックスゴールドを保有中ですし、取引先の社員もアメックスゴールドの審査を突破。

どちらもお世辞にも年収が高い方ではないので、年収にして300万円もあれば作成できる可能性は十分に高いと思われます。

アメックスグリーンも同様の審査難易度:

これはノーマルなアメックスグリーンの審査も一緒。

審査難易度としてはアメックスグリーンもゴールドも同じくらいであると想定されるので、『私にはアメックスゴールドの審査突破は無理だろうから、グリーンを作ろうかな』と思う必要性はありませんよ。

欲しいほうを申込あるのみです。

Q.本家とか提携とかよくわからないんだけど?

『記事中にかかれている、本家アメックス発行とか、セゾンカード等と提携して発行とかって説明がよくわからなかったんだけど?』という方は下記図を参考に。

アメックスはカード会社と提携して発行もしている

アメックスはカード会社と提携して発行もしている

ご覧のようにアメリカン・エキスプレス社が自社で発行しているアメックスが「本家アメックス」、セゾンカードや楽天カード等のカード会社とアメックスと提携して発行しているのが「提携アメックス」という形になります。

提携アメックスにも2種類ある:

尚、提携アメックスにも実は2種類あって、アメックスがカード会社と提携して発行している「ライセンス提携カード」以外にも、アメックスそのものが全日空やデルタ航空等と発行しているカードも存在。

  • 他のカード会社と発行:ライセンス提携カード
  • 航空会社等と提携して発行:自社発行だが提携カードでもある

しかしこちらの提携カードはアメリカン・エキスプレス本体が発行している本家アメックスの一種でもあるため、当サイトでは「本家アメックス」として紹介させていただいております。

予めご了承ください。

Q.年会費を払う価値があるの?

アメックスゴールドやSPGアメックスは年会費が数万円以上するクレジットカード。

それゆえ、『欲しいなとは思うけれども、ほんとうにそんな年会費を払う価値があるのか?』と疑問に思う方は多いのではないでしょうか。

確かに数万円の負担は一般家計において大きな出費ですよね。

アメックスゴールドで試すのがおすすめ:

だからこそ当サイト『クレジットカードの読みもの』では、アメックスゴールドの初年度年会費無料キャンペーンを推奨中(1年分の年会費が無料になるキャンペーンのこと)。

前述のようにこのキャンペーンを利用すれば、自分にとってほんとうにアメックスが必要なのかどうかを1年かけてじっくりと試すことが出来るので、そこで年会費を払う価値があるかどうかを検討すれば良いのです。

さてさて、その結果はいかに…ですが、アメックスはサービスさえ活用すれば年会費以上にお得なクレジットカード。

是非、サービス内容をしっかり把握して、年会費が安く感じるくらいに使い倒してもらえればなと思います(アメックスゴールドの活用方法は下記記事を参照)。

news.cardmics.com

Q.限度額はどのくらいもらえるの?

アメックス作成でもらえる利用限度額についてはまさにピンきり。

ステータス性が高いと思われているアメックスゴールドであっても利用限度額にして20~30万円くらいしかもらえないこともあれば、年会費無料のアメックス付き楽天カードで100万円の利用限度額がもらえる場合なんてのもあるので、あなたの信用力次第なところが大きいと思われます。

利用し続ければ100万円以上は余裕:

ただそういった低めの利用限度額というのは、アメックスを入手した直後だけの話。

その後、継続してアメックスを利用していけば限度額は徐々に高まっていき、数年後には100~300万円くらい余裕で利用できるようになります。

  • 入手直後の限度額:かなり低め
  • 継続利用後の限度額:かなり高くなる

加えて本家アメックスには利用限度額以上に支払いで使える、デポジット制度も存在。

こちらを利用すると1億円の支払いにだってアメックスを利用できるようになるので、多額の限度額を必要とする株式会社や合同会社などの法人経営者はうまく活用してみてください。

詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

Q.センチュリオンカード入手は出来るの?

日本国内で発行されている最高峰のクレジットカードといえばアメックスのセンチュリオンカード。

このセンチュリオンカード欲しさにアメックスを作ろうと思っている方も多いかと思いますが、センチュリオンカードだけはガチで入手が難しいクレジットカードなので、年収数千万円以下の生半可な金持ちでは目指さないほうが良いかもです(苦笑)

  • 年収3,000万円未満の方:目指すだけ無駄かも
  • 年収3000万円以上の方:目指せばあるいは…

しかも年間利用額にして最低でも数千万円はクレジットカードを使わないと招待状入手は無理…と、審査難易度についてもすべてのクレジットカードの中でトップクラスであると思われます。

発行は細々と行われている:

そんな審査ハードルが高い中でも、センチュリオンカードの新規発行は現在でも細々と継続中。

私の知人もつい先日、センチュリオンカードの招待状を入手したばかりなので、利用金額が多い方であればいつかは招待状を手に入れることが出来るかもしれません。

どうしても欲しい…という方は挑戦あるのみです。

news.cardmics.com

Q.ダイナースクラブとどっちが良い?

アメックスと並ぶステータスカードといえばダイナースクラブカードがありますが、どちらのクレジットカードのほうがおすすめかというと、これはもうみなさん次第。

ダイナースクラブカードは食事系サービスに強みがあるものの、本家アメックスが得意としている旅行サポートにはそこまで強いわけではないので、食事重視なのか旅行重視なのかでどちらを選ぶかを決めてもらえればなと思います。

審査はダイナースクラブのほうが難しい:

但し、サービスそのものには類似性があったとしても、審査難易度についてはアメックスよりもダイナースクラブのほうが難易度高。

20代前半の新社会人では作成はまず無理なので、審査上で少し不安がある方などはアメックス一択かもしれませんね(審査基準は下記記事参照)。

比較時にはご注意ください。

センチュリオンカード入手は果てしなく難しい:

私も過去5年以上にわたり、アメックスのセンチュリオンカード入手に奔走してきた人間ですが、現時点で入手は実現せず。

当然、入手に向けてあれやこれやと試行錯誤はしてますが、年に1,000万円前後の中途半端な利用では小金持ちとして扱われてるだけなのかもしれませんね(苦笑)

引き続き精進するしかないのかな…と思います。

さぁアメックスを作ろう:

f:id:cardmics:20180408175706j:plain

ここまでアメックスの基礎知識や審査基準や、おすすめのカードについて解説をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

ご覧のようにアメックスはもはや入手難易度の高いクレジットカードではないので、もし興味のある1枚があれば是非、この機会に作成を検討してみてください。

特にアメックスゴールドについては1年間、お試し感覚で利用できるキャンペーン期間中なので、持つべきか迷っている方に最適な1枚になるものと思いますよ。

使い続けるかどうかは、入手後に考えればOKです。

以上、専門家おすすめのアメックスはこれだ(2019年版)!どのアメリカン・エキスプレス・カードがお得かをわかりやすく解説します…という話題でした。

参考リンク:

いつかはブラックカードを持ちたい…と思ってる方は下記記事もあわせてどうぞ。

すでに3枚のブラックカードを保有中の私が、ブラックカードの保有メリットや魅力などを解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP