クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

コンシェルジュが使えるおすすめクレジットカード(2020年版)!併せてコンシェルジュの基礎知識や、お得で便利な活用方法も紹介。

f:id:cardmics:20170525225247j:plain

今回は富裕層向けのクレジットカードに付いてくることが多い、コンシェルジュサービスについての解説&おすすめカードを1記事にまとめてみたいと思います。

自分の代わりにアレコレと探しものをしてくれたり、手配をしてくれるような秘書や執事が欲しいという方は是非、この記事で紹介しているクレジットカードの作成を検討ください。

コンシェルジュサービスを使いこなすことが出来れば、仕事や私生活がグンと充実するようになりますよ。

コンシェルジュサービスの基礎知識:

コンシェルジュサービスとは:

まず、コンシェルジュサービスとはどんなものか…というと、あなたの依頼をなんでも聞いてくれる秘書サービスのことです(引用はこちら)。

  • コンシェルジュ:和訳すると「執事(秘書)」や「案内人」のこと
  • コンシェルジュサービス:執事サービスのこと
  • コンシェルジュデスク:コンシェルジュの依頼先のこと

現代のコンシェルジュには、「利用者が満足できるサービスを提供するプロフェッショナル」という意味を持つ。そのため、様々な分野のコンシェルジュが存在する。

例えば、ホテルやマンションにいるコンシェルジュである。

ホテルで働くコンシェルジュは宿泊客の要望に応え、観光地案内やツアーなどのチケットの手配などを行う宿泊客のお世話役になる。マンションコンシェルジュは住居者のお見送りやお出迎え、訪問客の対応や宅配や郵便の受け取りや手配などをする。

たとえばコンシェルジュサービスが使えるクレジットカード保有者は、『5月21日に大阪出張にいく予定があるので、朝7時台の新幹線切符を手配して自宅まで送っておいてくれ』とか、『6月3日に家族で誕生日会をする予定があるので、六本木周辺で4人で使える個室&パーティープランがあるところを探してくれ』といった依頼をコンシェルジュに対してお願いすることが可能。

コンシェルジュには様々な依頼をお願いすることが可能

コンシェルジュには様々な依頼をお願いすることが可能

依頼すればあとは勝手に調査&予約してくれるので、コンシェルジュは自分の時間を有効活用したい方におすすめなんです。

コンシェルジュにお願いできる内容:

次にコンシェルジュサービスにはどのようなお願いをすることが可能なのでしょうか?

これはクレジットカードによって引き受けてもらえる内容に差はありますが、概ね、「クレジットカード決済可能なもの」であれば大抵は融通を利かせてもらうこと可能。

  • ホテルの空室探し
  • 新幹線や飛行機チケットの取得
  • 旅行プランの作成
  • 誰かへのプレゼント
  • 演劇鑑賞チケットの手配…など

特に自分で探すのが面倒なもの、下調べしていると時間がかかってしまうものを依頼するとその効果は抜群ですね。

まるまるコンシェルジュに調べてもらうことが出来ます。

無理難題にもコンシェルジュは対応してくれる:

他にもこんな無理難題だって、コンシェルジュサービスは嫌な顔ひとつせずに調査してくれます。

  • ルイヴィトンのお店で見つけたバッグが可愛かったのだけれども、品切れということ。海外の店舗を含め、他の店舗でも売っていないか調査してほしい。
  • 渋谷で30人規模の飲み会を開く予定なのだけれども、店探しが大変。代わりに団体で予約できる居酒屋がないか調査してほしい。予算は1人3,500円で!
  • スポーツや音楽のイベントでどこのホテルも満室。近場の駅を含めて、どうにか空室があるホテルを探して欲しい。

どれも自分で調べていたら3~4時間かかるものを代行してもらえるのですから、前述のように忙しいビジネスパーソンには喉から手が出るほどに欲しいサービスになるはず。

私も過去にどれだけお世話になったかわかりません。

カードと関係のないものは調べてくれない:

反面、『新潟県でスノーボーダーの数が少ないスキー場を探してくれ』とか、『旅行先で見つけた、この黄色い花はなんていうの?』とか、そういうクレジットカードでの支払いが行われないようなものの依頼は受付不可能。

これは単純にクレジットカードのコンシェルジュサービスはクレジットカード発行会社が提供しているサービスでしかないので、カード会社として少しでも利益にならないものは調査しない…という立場なのでしょう。

  • カード払いされるものを探す:儲かる
  • カード払いされないものを探す:儲からない

まぁJCBのコンシェルジュの対応のようにクレジットカード決済ができないものでも調べてくれるケースもありますが、多くの場合は「とにかくカード払いできるかどうか」がコンシェルジュ利用可能かどうかの判断材料になります。

コンシェルジュサービスの利用料は無料:

これだけいろいろと調べてものをしてくれるコンシェルジュサービスですが、その利用料金はというと原則無料です。

  • チケット手配料:無料
  • レストラン予約代行:無料
  • ホテル予約:無料
  • 旅行プランの作成:無料

まぁクレジットカードの年会費にその費用が含まれている…とも言えるわけですが、コンシェルジュサービス利用可能なクレジットカードを持てばいつでもどこでも無料であなたのワガママを聞いてくれるのは大きなメリット。

私も自分で調べるのが面倒な時は、いつもコンシェルジュサービスに丸投げしてます。

コンシェルジュとコンシェルジェの違いとは?

今回紹介させていただいているコンシェルジュサービスですが、人によっては「コンシェルジュじゃなくてコンシェルジェなんじゃないの?」と思われる方もいるはず。

この回答は明快で、英語風に呼ぶかフランス語風に呼ぶかの違いでしかありません。

  • 英語:コンシェルジュ
  • フランス語:コンシェルジェ

要するにどちらが正しいとか間違っているとかという話ではないので、お好きな方を利用してもらえればなと思います(一応、一般的にはコンシェルジュのほうが優勢の模様)。

コンシェルジュデスク利用可能なカード:

f:id:cardmics:20190227230538j:plain

前置きが長くなりましたが、ここでやっと、コンシェルジュデスクが無料で利用できるおすすめカードまとめです。

(参考)と付いていないクレジットカードであればどれも、直接申込ができるクレジットカードなので、入会審査さえ突破してしまえば3日~2週間後くらいにはコンシェルジュサービスが使えるようになりますよ。

三井住友カード プラチナ:

三井住友カードの最高峰プラチナカードである『三井住友カード プラチナ』にもコンシェルジュサービスが付帯しています。

コンシェルジュサービス

必要な情報のご提供やご旅行のサポートなどをお届けするコンシェルジュサービスをご用意しております。

個人的な嗜好や要求に合う旅行を選ぶお手伝いや航空券・ホテル・レストランなどの予約案内を24時間・年中無休で対応いたします。

海外でも安心して使えるクレジットカードで且つ、コンシェルジュサービス付きのVISAカードが欲しいという方は、こちらがおすすめ。

ただコンシェルジュデスクの質に関しては他社とくらべてやや見劣りがするので、手厚いサービスを求めるなら他のカードのほうが良いでしょう。

三井住友カード プラチナ三井住友カード プラチナ

MUFGプラチナアメックス:

日本最大規模のクレジットカード会社である、三菱UFJニコスのMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードもコンシェルジュサービス付き。

プラチナ・コンシェルジュサービス

国内・海外でのレストランのご予約、海外のミュージカル等のチケット手配、さらに海外でのトラブルや急な病気などの緊急時のご支援まで、専任のスタッフが24時間365日、プラチナ会員様のご相談やご要望にお応えするコンシェルジュ・サービスをご用意しております。

私が知りうる限り、コンシェルジュサービス付きのクレジットカードの中では年会費が最安カードなので、会費負担を少なくコンシェルジュサービスを使ってみたい方におすすめの1枚。

海外旅行傷害保険付帯、空港ラウンジ利用可能、航空機遅延保険付きなど、MUFGプラチナアメックスはサービス&優待も非常に豊富です。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスR・カード プラチナカードなら三菱UFJニコスMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスR・カード

セゾン・ビジネス・プラチナ:

個人事業主や中小企業経営者向けに主に発行されているセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにもコンシェルジュサービス付帯。

出張や会食の手配など専用コールセンターがお手伝い

出張時のホテルのご紹介やお手配、接待・会食の際のレストランのご紹介・お手配、フラワーギフトのお手配など、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード会員様専用のコールセンターにお気軽にご相談ください。

24時間365日、専任のスタッフが誠心誠意お応えいたします。

仕事にとにかく集中したいという方は、こういったビジネスサポートが付いたクレジットカードを持っておくと、なにかと時間を有効活用できるようになると思います。

またコナミスポーツを法人会員として利用可能&JALマイルへの交換効率がいい…など、ビジネス以外にも役立つ便利なサービスが多いのも特徴ですよ。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード (セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス|SAISON PLATINUM BUSINESS AMEX)セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス|SAISON PLATINUM BUSINESS AMEX

JCBプラチナカード:

JCBが発行しているプラチナカード「JCBプラチナカード」もコンシェルジュサービス付きカードの1枚。

24時間365日利用可能なプラチナ・コンシェルジュデスク

JCBプラチナ会員の皆様専用デスクとして、24時間365日利用できます。

旅の手配・予約、ゴルフ場・チケット・レストランのご案内、その他さまざまなご相談などを、専任スタッフが可能な限り承ります。

個人的にこのJCBのコンシェルジュサービスが一番高品質で使いやすいと思っているので、とにかく手厚いサービスを受けたいという方はこちらがおすすめですよ。

JCBカードが使える場所でなくてもしっかり調べて回答をいただけます。

プラチナカード | クレジットカードなら、JCBカードプラチナカード | JCBカード 

(参考)ダイナースクラブ プレミアムカード:

ダイナースクラブカードのブラックカードである、ダイナースクラブ プレミアムカードでもコンシェルジュは利用可能。

『いつかはブラックカード』と思っている方は、すぐにコンシェルジュサービスを使うことはできませんが、まずはダイナースクラブカード作成からはじめてもらえればと思います。

こちらも利用履歴を磨けばそのうち、ダイナースクラブ側よりブラックカードの案内が送られてくることでしょう(入手方法はこちら)。入手難易度としてはそこまで高くはありません。

ダイナースクラブカード|日本で最初のクレジットカードダイナースクラブカード

年会費負担に余裕があるならLUXURY CARDも:

年会費が10万円+税と非常に高めですが、金属製クレジットカードとして人気が出てきているLUXURY CARDのBLACK CARDも、コンシェルジュ用に作成すると面白いクレジットカードのひとつ。

こちらは事前登録をしておくとコンシェルジュ直通のメールアドレスを入手することが出来るので、電車や飛行機の中でも気軽にコンシェルジュに依頼を投げられるメリットがあります。

移動が多い方はご検討ください。

私のコンシェルジュ体験談:

f:id:cardmics:20180404115626j:plain

参考までに私自身が過去に体験した、ちょっと驚きのコンシェルジュサービスの利用談を紹介します。

コンシェルジュが使えるようになるとこういった使い方が出来るんだなぁ…ということを是非、ご覧ください。

大晦日に1年を締めくくる食事を手配:

レストランや割烹が大晦日に営業をしているかどうか…って、食べログやRettyを見ても掲載されていないことがほとんど。

  • 通常の休業日:記載あり
  • 年末年始の休業日:ほぼ記載なし

それゆえ、営業しているかどうかを調べる場合には1件1件に電話をかけ、『大晦日の夜はやってますか?』と聞いてまわることになってしまうわけですが、コンシェルジュデスクが利用可能な人であればこの作業をまるまると丸投げしてしまうことが出来ます。

大晦日の店探しを依頼している私:

実際、大晦日の夜に予約可能なお店をコンシェルジュに探してもらうことが多い私。

一昨年はJCBのコンシェルジュにお店探しを依頼したところ、ものの1時間で高級割烹やレストラン等を探してもらうことが出来ました。

その中から自宅に近く、好みに合う和食のレストランを選択。

あとはコンシェルジュサービスに『そちらを予約しておいてください』といえば勝手に予約を入れておいてくれるので、そういった意味でもコンシェルジュに飲食店探しを依頼してよかったなと思いましたね(これでレストランの予約完了)。

念のため、流れとしてはこんな感じになります。

  1. コンシェルジュに相談
  2. コンシェルジュがカード保有者に代わって調査
  3. 候補が提示される
  4. カード保有者は好きなお店を選ぶ
  5. コンシェルジュが代行で予約

これを自分でやったら…と思うと助かる限り。おかげで毎年、『1年頑張りました!』という自分へのご褒美をあげることが出来ています。

ロッキンジャパンのホテル探しを依頼:

毎年、茨城県のひたちなか臨海公園で開催される音楽フェス『ロッキンジャパン』。

この音楽フェスが開催される期間中は東京都内をはじめ、全国各地から10万人以上の人が茨城県のひたちなか市周辺に押し寄せるわけ…ですが、当然ながら周辺の主要駅である水戸駅や勝田駅にその人数を収容できるホテルや旅館が存在するはずもなく、例年、宿泊先を見つけるのに苦労する人が続出(引用はこちらから)。

Q.ROCK IN JAPAN FESTIVAL参加の宿泊施設について。いまさら予約はもう無理でしょうか?

A.茨城県はもともと宿泊施設が多くありません。

ひたちなか市内のホテルはもちろん小さな民宿までこの時期になると満室になってしまいます。

ひたちなか市周辺の東海村や水戸市内、那珂市なども難しいと思います。県南や県北地域に空室があっても、移動時間がかかったり、車がなければ移動ができなかったりと問題が出てきます。

とにかく手当たり次第に問合わせてみてください。

結果、多くの人は1件1件と宿泊施設や旅行代理店に電話をかけ、『ロッキンジャパン開催期間中の宿泊は可能ですか?』と聞いて回るしかない状況です。

コンシェルジュなら代行してもらえる:

こんな時にもクレジットカードで利用可能なコンシェルジュは大活躍。実際に私は、下記2つを満たすホテル探しをコンシェルジュに依頼してみました。

  • JR勝田駅かJR水戸駅周辺のホテル
  • 1泊1万円前後のリーズナブルに泊まれるホテル

すると依頼から4時間後にコンシェルジュ側より着信。

聞いてみるとどうやら旅行会社を何件かあたって貰ったみたいで、2件の候補を見つけてくれました。

幸い、どちらも1万円前後の料金で泊まることが出来る、条件に見合うホテルだったので水戸駅に近いほうのビジネスホテルを確保。

仮に自分で探していたら丸1日どころか2~3日たっても1件も見つかっていなかったかもしれません。そう思うとコンシェルジュ様様です。

安室奈美恵の引退コンサートを入手:

2018年に話題になった安室奈美恵さんの引退コンサート。

このコンサートチケットは当然のようにプレミアチケット化し、入手が超困難な状況にあったのですが、LUXURY CARDのコンシェルジュデスクで取得できたという方が私の知り合いに存在します。

しかもプレミア価格での取得ではなく、定価でのチケット確保だったというからもっと驚き。

どうやらLUXURY CARDと提携関係にあるチケット会社経由で1枚余っていたというオチらしいんですけど、それでもコネがまったくない個人では取得できないチケットだったと思うので、この辺もコンシェルジュデスクならではのメリットなのかもしれません。

どうしても取りたいコンサートや観劇のチケットがある場合にはコンシェルジュデスクに相談あるのみです。

よくある質問とその答え:

f:id:cardmics:20170517142114p:plain

念の為、コンシェルジュサービスに関するよくある質問とその答えをQ&A形式で作っておきます。まだまだコンシェルジュについて疑問があるぞ…という方はこちらをご覧ください。

Q.一番おすすめのコンシェルジュデスクは?

年会費負担が5万円以下のクレジットカードの中から、一番おすすめのコンシェルジュデスクを選べ…と言われたら、私はJCBのコンシェルジュデスクを選択しますね。

理由はとにかく丁寧でなんでも依頼を受け付けてくれる点。

他のコンシェルジュサービスだと『その依頼はクレジットカード決済ができないので…』と断られてしまうような内容でも、JCBコンシェルジュなら柔軟に対応してもらえるメリットがあります。

離島の宿泊先探しをしてもらった:

たとえば過去に沖縄県の離島を観光しようとした際、アメックスのコンシェルジュに宿泊施設を探してもらえないかという依頼をしたら、「その島にはクレジットカード決済できる宿泊施設がないので探せません」と断られた経験がある私。

しかし、挫けずJCBのコンシェルジュに依頼したところ、「こちらの民宿ではクレジットカード払いはできませんが、予約しておきました」と快く対応をしてくれたのはすごく好印象でしたね。

このようにコンシェルジュサービスにはそのそれぞれの特徴あるわけですが、カード払いができるできないに関わらずに対応してくれる柔軟さがある分だけ、JCBのコンシェルジュがおすすめだと言えそうです(他にもJCBのコンシェルジュは電話がすぐに繋がる強みがある)。

Q.コンシェルジュを使う上でのデメリットは?

コンシェルジュサービスを使う上でのデメリットは、電話等で要望を伝えると面倒な場面も多い点。

一番それが顕著なのが新幹線チケットの取得ですね。下記の項目をすべてコンシェルジュデスク側に伝えないと新幹線チケットの取得ができないので、こんな面倒なことをするくらいなら自分で取得したほうがラク…という場合も多いかもしれません。

  • 乗車日時と時刻
  • 乗車人数
  • 乗車駅と降車駅
  • 希望の座席クラス
  • 席の場所
  • 喫煙か禁煙か
取引先などに送付する場合には便利:

反面、新幹線チケットの手配でも、両親を東京に呼び寄せるためのチケットを手配するとか、取引先にチケットを送っておく…という場合には便利な場合も。

  • 自分で取得:取得したチケットを送付する必要性あり
  • コンシェルジュに依頼:取得したチケットを送ってもらえる

こんな風にコンシェルジュサービスについてはほんと使い方次第なところは大きいので、あれこれ試験的に依頼してみて、自分にとってラクになる使い方を探してもらえればなと思います。

Q.海外からでも利用できるの?

海外からでもコンシェルジュデスクを利用できるかどうかというと、これはもちろんYES。

ハワイ滞在中にレストランの予約を代行してもらうとか、モスクワ滞在中にバレエ観劇チケットを確保してもらうなどなど、どこの国にいてもコンシェルジュデスクは利用できると思って間違いありません。

通訳をしてくれるコンシェルジュも:

また、海外のホテルでトラブルが発生してしまった時など、現地の人と英語であれこれと会話をしなくちゃいけなくなった時もコンシェルジュデスクは活躍。

すべてのコンシェルジュデスクが対応してくれるわけではないようですが、電話越しに現地の人と会話をしてくれる場合もあるので、海外で困ったことがあればコンシェルジュデスクに相談をしてみてください。

英語や中国語などの通訳に対応してもらえるものと思います。

ミシュラン三つ星店の予約に使うことも:

私が最近、コンシェルジュデスクをよく使う場面は、ミシュラン三つ星店などの電話がなかなかつながらないレストランの予約をする場合。

こういったお店に電話をすると何日も電話がつながらずに苦労することになるのですが、コンシェルジュであれば挫けずに電話をかけ続けてくれるのですごく助かっていますよ(鮨さいとうもLUXURY CARDで予約が取れました)。

とにかく予約に困ったらコンシェルジュです。

コンシェルジュデスクを活用しよう:

f:id:cardmics:20171006224738j:plain

ここまでコンシェルジュサービスの基礎知識から、コンシェルジュを利用可能なおすすめカードまでを幅広く紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

コンシェルジュは使い方次第であなたの手足となって動いてくれる有り難い存在なので、是非、上手に活用してもらえればなと思います。

以上、コンシェルジュが使えるおすすめクレジットカード(2020年版)!併せてコンシェルジュの基礎知識や、お得で便利な活用方法も紹介…という話題でした。

参考リンク:

コンシェルジュサービスと並んで、ハイステータスなクレジットカードに付いているサービスとして有名なものに「プライオリティパス」というものがあります。

このプライオリティパスがあれば海外空港のビジネスラウンジを無料利用することができるようになるので、海外出張が多い方におすすめですよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP