クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

大災害の前では、クレジットカードは無力!現金は常に持ち歩くべきだし、否定すべきものではない

http://www.flickr.com/photos/71156563@N00/2221975406

photo by Lnk.Si

時々、『クレジットカードや電子マネーがあるから現金なんて持ち歩かない!なんでもカード払いだぜ!』なんていう、私以上のクレジットカード狂信者がいますが、個人的な意見を言わせていただくと、これってかなり怖い。なぜなら、クレジットカードは大災害の前では無力なためです。

例えば東日本大震災。

この時、被災して電気やガスなどのインフラがすべて寸断されてしまった地域で、食料などを手に入れなくてはいけなくなったとしたら、クレジットカード払いって受け付けてもらえると思いますか?まず無理な話ですよね(汗)。

大災害発生時は、現金払いが一番わかりやすい:

やっぱり、その時って現金を払うのが一番わかりやすいわけです。

惣菜店で100円のパンを買うなら、どんなに強欲な店主がいたとしても1000円札を握られば喜んで売ってくれるはず。でも、『あとでこのゴールドカードを使って1000円払うから、パンをくれたまえ』では、交渉すらもさせてくれないことでしょう(そもそも、クレジットカード払いは電気や電話回線などがないと出来ない)。

同様にSuica楽天Edyなどの電子マネーなんかもそうですよね。シャリーンってするためには、電気が必要なんです。

災害が起こることを想定して現金を持つ:

http://www.flickr.com/photos/11304375@N07/2044855541

photo by Image Editor

災害はいつ、なんどき起こるか全くわかりません。だからこそ、自分の財布の中にはクレジットカードだけでなく、ある程度の現金もしっかりいれておかないと、万が一の時に途方に暮れてしまうことになります。

大地震、富士山の噴火、テロなどなど、インフラが木っ端微塵になってしまうケースというのは、いくらでも考えらます。その時、自分自身はもちろんですが、家族や恋人などの大切な人を自分は守ることが出来るのかどうか…そういうことを想定して、現金の必要性ってやつを、今一度、考えてみてくださいね。

補足:クレジットカードも大災害の前では役立つという話:

ではクレジットカードなんていらないんじゃ?って言われるのもまた違うので、ちょっと補足情報を…。

東日本大震災の時、アメリカン・エキスプレス・カードでは、震災直後にカード会員全員に電話をかけて、安否確認と何が必要かの連絡を入れたそうです*1。被災時、こういう気遣いってほんと、嬉しいものですよね(小学校入学前の子供が居る家庭には、無料でランドセルを送ったという話もあります)。

クレジットカードを決済手段と考えると大震災の前では無力ですが、クレジットカードはサービスであると考えると、きっとそんな時、頼りになる存在になってくれるはず。現金同様、カードも否定すべきものではないのですね。

実際、私自身も震災直後、アメリカン・エキスプレスにはお世話になりました。

文末リンク:

*1:アメックスのプラチナカードといったような上級カード保有者だけでなく、年会費の安いアメックス保有者にも電話を入れたという話です。

PAGE TOP