クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

年金受給者でも作れるおすすめのクレジットカード(2021年版)!なぜ60代や70代の年金生活者はカード審査に通りにくいかなども解説。

f:id:cardmics:20171203131130j:plain

今回は老齢年金を受給して生活している方のために、年金受給者でも作れるおすすめのクレジットカードや、その審査ガイドをまとめていってみたいと思います。

年金受給者はなぜクレジットカードが作りにくいのか?とか、どのカードだったら年金生活してる人間でも作れるのか?といった疑問をお持ちの方は、是非、この記事を通してそのあたりの事情を勉強してみてください。

60代や70代の方にとってのクレジットカード作成がわかるようになりますよ。

年金受給者とクレジットカード審査:

年金受給者はカードが作りにくい:

まず、老齢年金を受給して生活をしている方は、総じてクレジットカードの新規作成がしにくい状況にあります。

この理由は単純で、年金受給者は支出が多く収入が少ない傾向にあるため。

要するにクレジットカードを発行しても利用代金を回収するのが難しいんじゃないか…そうカード会社が疑ってしまうために、どうしても入会審査が厳しくなってしまうのですね。

  • 年金受給者:収入が少ないので返済に困ることが多い
  • 会社員や経営者:安定収入があるので返済に困ることは少ない

当然ながらカード会社も商売ゆえ、カード代金の回収ができなくては意味がありません(カード代金の回収ができない=会社にとって損失となる)。

多めに年金を貰ってても審査は厳しい:

こう書くと、『いやいや、私は厚生年金(共済年金)をしっかり払っていたから、月収で30万以上あるよ』という裕福な方もいらっしゃるとは思いますが、残念ながらクレジットカード会社側からそれを確認できないのが痛いところ。

なにせ国民年金にしか加入していない月収6~7万円の方も厚生年金をしっかり払っていた月収30万円の方も、カード会社としてみればどちらも年金受給者。

たとえ受給額が多かったとしても審査は厳しめになってしまうのです(年収欄に多めの数字を書いても、その裏付けが取れない以上は信憑性が乏しい)。

年齢が高いこともネック:

加えて老齢年金受給者は言うまでもなく、70代や80代などの高齢者が多いのも審査上で不利になる点。

ご存知のようにカード発行会社はみなさんにクレジットカードを使ってもらってその利用代金を回収することで成り立っているビジネスモデルなので、縁起でもありませんが、カード保有者が亡くなられてしまうとお金の回収が難しくなってしまうのです(若年層への発行であればカード保有者が死亡する可能性が低い)。

  • 年齢が若い方:
    カード保有者が亡くなる可能性が低いので、カード会社としては安心して利用させることができる(限度額も自ずと高くなる)
  • ご高齢の方:
    亡くなる可能性が若い方よりは高いため、カード会社としてはいつお金が回収できなくなるのかとヒヤヒヤ(限度額も自ずと低めに設定される)

そのため同じ年収100万円であっても、フリーターやパート勤務の方に発行するほうがカード会社は安心。

逆に年金受給者はいつお金の回収が不能になってしまうかわからない以上、簡単にクレジットカードを持たせるわけにはいかないのですね。

結果、入会審査が厳しくなる…といった具合です。

ライフタイムバリューが低い問題も:

私は仕事柄、よくクレジットカード発行会社の社員と話す機会があるのですが、彼らが狙っている最上位の年齢層は10代や20代です。

これは若いうちに自社発行のクレジットカードを持ってもらえれば、それから30年、40年と長く使ってもらえる可能性が高いから。

マーケティング用語でいうところのライフタイムバリュー(顧客生涯価値)が高い年齢層なので、多少無理にお金をかけてでも集めたいようです。

反面、失礼な話ではありますが、70代や80代といった高齢者に発行をしてもそれから10年、20年とクレジットカードを使ってもらえる可能性が低いので、積極的にカード発行できない事情もあるみたいな感じ。

  • 20代や30代:
    これから長く使ってもらえる(お金の回収が難しそうな申込者でも若ければリスク覚悟で発行する価値がある)
  • 70代や80代:
    長く使ってもらいにくい(お金の回収が難しそうな申込者に無理に発行するメリットが乏しい)

まとめると同じクレジットカード発行でも、20代への発行と70代への発行では価値が違うといったところでしょうか。

なかなか世知辛い世の中です。

年金受給者でも作れるおすすめカード:

f:id:cardmics:20180505152437j:plain

では、年金受給者はクレジットカード入手が無理なのかというとそんなことはありません。

最近では団塊世代の方が60歳以上になったことで年金暮らしな方が急増中。それに伴って受給者の方への審査難易度も緩和されつつあるので、カードの種類によっては年金生活者でも十分にクレジットカードを入手できる可能性が出てきました。

そこで今回は年金受給者でも作れるおすすめのクレジットカードをいくつか紹介。

これらのクレジットカードであれば年金収入しかない方でも作成可能なので、どのカードにするか迷ったらこの中からお好きなカードを選んでもらえればと思います。

楽天カード:

顧客満足度調査で常に1位常連の楽天カードは、公的年金の受給者であっても作れるクレジットカードの1つ。

ネット上の審査結果情報を見ても、かなり多くの年金受給者の方がこのカードを入手できているので、審査難易度としてはそう難しくなさそうな感じです。

資産がある方なら更に審査は通りやすい:

また、国民年金しか受給していない方でも、ある程度の資産があれば審査に通りやすいのも楽天カードのメリット。

仮に収入ゼロでも銀行預金残高や土地などの不動産を持っている方なら作れる可能性がある点は、楽天カードを申し込む安心材料になるものと思われます。

  • 資産なしの年金受給者:作れる可能性あり
  • 資産ありの年金受給者:作れる可能性アップ

退職金がまだ残っている方や、賃貸アパート等をお持ちの方もどうぞ。

クレジットカードのお申し込み|楽天カードクレジットカードのお申し込み|楽天カード 

エポスカード:

マルイ系のクレジットカードであるエポスカードも、年金受給者が作れる年会費無料のクレジットカード。

なにせ公式サイトに記載されている審査基準に年金受給者OKの記述があるくらいなので、年金で生活されている方でも安心して申込が可能です(年金受給者でも入会基準を満たしている証拠)。

カラオケボックス等での割引が魅力的:

そんなエポスカードの保有メリットでおすすめなのが、カラオケボックスや居酒屋の割引&割引がある点。

ビッグエコー、白木屋、月の宴などなどでエポスカードを利用すれば割引やポイント優待が受けられるので、お酒やカラオケが好きな方なら使い勝手は抜群かもですね。

他、クレジットカードに疑問があった時にあれこれ対面で相談できるのもエポスカードならではの魅力。

  • エポスカード:困ったら対面で相談可能
  • 他のカード:困ったら電話で相談可能

カード紛失や不正利用で困ったら即、マルイに行って対処法を相談してもらえればと思います。

クレジットカードはエポスカードクレジットカードはエポスカード 

MUFGカード ゴールド:

年金で生活しているけれども、男ならゴールドカードくらい欲しい…という方は、下記のMUFGカード ゴールドがおすすめ。

こちらのカードは年会費負担わずか2,000円程度で持つことが出来るゴールドカードなために家計への負担が少ないこと、そして年金受給者でも申込資格がある点などが魅力ですね。

それゆえ、今さら年会費無料カードは持てない方は是非、MUFGカード ゴールドの保有を狙ってみてください。

うまくいけば年金受給者でもゴールドカード持ちになれますよ。

MUFGカード ゴールド | ゴールドカード(MasterCard・Visa・JCB)なら三菱UFJニコスMUFGカード ゴールド | 三菱UFJニコス

障害者年金でもクレジットカードは作れる:

今回の記事では国民年金、共済年金、厚生年金といった公的年金受給者でも作れるクレジットカードについて書いていますが、実はこれらのクレジットカードは障害年金の受給者でも作れる可能性があるカードとなっています。

  • 国民年金の受給者:作成OK
  • 共済年金の受給者:作成OK
  • 厚生年金の受給者:作成OK
  • 障害者年金の受給者:作成OK
  • 遺族年金の受給者:作成OK

つまりどんな年金の種類にせよ、安定的に毎月入ってくる収入さえあればクレジットカードが作れる可能性あり。

そのため、障害者年金を受給している方もカード保有を諦めず、申込に挑戦してもらえればな…と思います(年齢を問わず年金受給者なら審査に通る可能性があるってこと)。

よくある質問とその答え:

f:id:cardmics:20170517142114p:plain

ここで念の為、年金受給者がクレジットカードを作る際のよくある質問とその答えをQ&A形式で作っておきました。

まだまだクレジットカードを作る際に不安がある方はこちらをご覧ください。

Q.70代や80代でも作れるの?

ちょっと昔だと『会社を定年退職する前にクレジットカードを作っておかないと、老後には二度とクレジットカードが作れなくなる』なんて言われてた時代もありましたが、現在では70代や80代の方でも新規にクレジットカード作成は可能。

  • 70代:作成可能
  • 80代:作成可能
  • 90代:作成可能

もちろん審査はやや厳しくなることは想定されますが、まったく作れないなんてことはないので、諦めずに今回紹介したクレジットカード等への申込に挑戦してみてください。

過去のクレジットカードや住宅ローン等の利用履歴が悪くなければ、比較的カンタンに作れるものと思います。

カードはあまり選べない:

但し、この記事中でも解説させていただいたように、年金受給者のクレジットカード入手はすこし難しいのが実情。

そのため、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードといったいわゆるステータスカードをいきなり入手するのはなかなか厳しいかもしれません。

年金受給者はステータスカード作成が難しい

年金受給者はステータスカード作成が難しい

それでも尚、『いやいや自分は保有資産も多いからブラックカードがほしいんだよ!』という方は、まずはゴールドカードなど比較的作りやすいクレジットカードから入手をし、その利用実績を積み上げていくことでカード会社の信用を勝ち取るルートがおすすめ。

  • かなり難しい:いきなりブラックカードを申込&入手
  • 可能性あり:ゴールドカードを入手後に利用実績を構築

そうすれば年金受給者であってもブラックカード保有も夢ではありませんよ(ブラックカードについて詳しくは下記記事参照)。

news.cardmics.com

Q.年金受給前の60代無職でも審査に通る?

『今、生活に困っているわけでもないから国民年金&厚生年金の受給開始を遅らせてる状態なんだけど、こういう状況でもクレジットカードって作れるの?いわゆる60代無職になっちゃうんだけど。』

そんな疑問をお持ちの方は多いと思いますが、こちらも資産がしっかりある方であれば作成はまったく問題なし(楽天カードは資産があれば作れる可能性は高い)。

だいたい300万円以上の貯金や金融資産があれば作成できる可能性が高いので、そのまま「資産家」として申し込みに挑戦ください。

それで比較的容易に入手が可能かと思われます。

配当金を得ている人は投資家としても:

あと、上場株や未上場株に関わらず、株式投資によって配当金や売却益を得ている人は「投資家」として申し込みしてみるのもひとつのアイデア。

  • 株式投資で配当金あり:投資家で申し込み
  • 株式投資等をしていない:資産家で申し込み

今回紹介したクレジットカードであれば投資家でも審査に通る可能性は高いため、しっかりとした資産をお持ちであることと、投資で生計を立てている旨をアピールしてもらえればと思います。

他、賃貸向けの不動産をお持ちの方なら不動産収入でカード申請しても大丈夫ですし、副業等で個人事業主登録をしている方なら個人事業主での申請も可能。

とにかくなんらかの収入を得ているのであればそれをアピールあるのみです。

Q.年金受給者の妻でも問題なく作れる?

国民年金などが未納で年金を貰うことができない60代や70代女性でも、クレジットカードが作れるのかどうかというとこちらも全く問題なし。

専業主婦名目で申込をすれば審査に通過できる可能性が高いので、諦めずに申込をしてしまってOKだと思われます。

夫婦そろって収入なしだと厳しいかも:

但し、夫婦そろって年金が受給できていない状況で、貯蓄もほとんどない場合には審査は厳しいものになる可能性も。

特に生活保護を受給している場合にはクレジットカードを作れる可能性は極端に低いので、もう諦めるしかないかもですね。

それでもクレジットカードが欲しいのであれば、息子や娘に頼んで家族カードを発行してもらうなどするしかないありません。詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

Q.年収はいくらって記載すればいいの?

クレジットカード申込時に入手する「年収」欄にはどの金額を金額を記入するのか…というと、これは1年間の年金受給額で問題なし。

それが年金受給者の方にとっての年収に値する金額となるので、国民年金、厚生年金、共済年金、個人年金などなどから受け取る年金の合計金額を記入するようにしてください。

当然、金額が大きければ大きいほど審査上で有利となります。

アルバイトや配当金収入を加味してOK:

また、年金だけでなくアルバイトやパート勤務による収入がある方や、シルバー人材センター経由でお金を貰っている方は、それらの収入を加味した金額を記入してOK。

クレジットカード発行会社が知りたいのは『あなたはどれだけ生活にゆとりがある人か』のほうなので、職業欄が年金受給者であっても金額に厚みをもたせてしまって問題ありませんよ。

仮に電話等で確認が入った場合には副収入がある旨を伝えればそれで問題ありません。

Q.どうしても入会審査に通らない!

年齢のせいか、どのクレジットカードに申込をしても審査に落ちてしまう方は、もしかすると多重申込といって、短期間にクレジットカードを申込しすぎてしまっている可能性あり。

こうなると消費者金融系のクレジットカードに申込をしても審査落ちしてしまうことになるので、クレジットカードが欲しい場合でも焦らずに半年程度、期間空けてから申込をするようにしてください。

  • 多重申込の履歴あり:お金に困っていると勘違いされて審査に落ちる
  • 多重申込の履歴なし:お金に困っていないと判断されて審査に通りやすい

お金に困っているほど多数のカードを申し込むので警戒されやすい

お金に困っているほど多数のカードを申し込むので警戒されやすい

それだけで驚くほどカンタンにクレジットカード審査に通るようになります。

多重申込してない人はスーパーホワイト状態:

『おいおい、私はクレジットカードをたくさん申込してなんかいないぞ!』

そんな方はもしかすると過去にクレジットカードや消費者金融を使ったことがない現金主義の方ではないでしょうか?

こちらはいわゆるスーパーホワイト問題といって、あなたの信用力を客観的に判断する方法がないためにクレジットカード会社が警戒している状態です。

なにせ過去にクレジットカードを使ったことがないということは、あなたが借りたお金をちゃんと返す人間かどうかがわからないってこと。

  • 過去に利用履歴あり:
    今までの利用状況や返済履歴からあなたの信用力を判断してカード発行できる
  • 過去に利用歴がなし:
    判断基準がないのでどうしても警戒することになる(借りたお金をちゃんと返す人かの判断ができない)

ましてや60代、70代の方だとカード会社はどうしても警戒してしまうのです。

クレジットカード利用歴を構築しよう:

ではどうすればスーパーホワイト状態の方がクレジットカードを入手することが出来るのかというと、これはデポジット型のクレジットカードを作って利用するなど、あなたが信用に値する人物である履歴を構築すればOK。

なぜならカード発行会社や消費者金融は個人信用情報機関と呼ばれる情報センターを通してあなたのクレジットカード利用歴を共有&把握しているので、しっかりとした履歴さえ出来てしまえばどのクレジットカード審査にも通りやすくなるためです。

あなたのクレジットカード利用歴は個人信用情報機関という場所で共有&管理される

あなたのクレジットカード利用歴は個人信用情報機関という場所で共有&管理される

詳しくはクレジットカード審査の概要をまとめた下記記事を参考にどうぞ。審査突破のコツがわかるようになります。

news.cardmics.com

Q.それでも審査に通らない場合は?

あれこれ手を尽くしてみたけど、どうやら自分の資産&年金受給額じゃクレジットカード審査に通らないようだ…という場合は、もう子供や兄弟に依頼をして家族カードを作ってもらうしかないかも。

そうすれば自分の信用力ではなく子供や兄弟の信用力を利用してクレジットカードを入手&発行してもらうことが出来るので、それであなただけのクレジットカードが手に入ることになります。

  • 自分で申込:自分の信用力で審査される
  • 家族に家族カード発行を依頼:家族の信用力でクレカを作成可能

当然、家族カードでも楽天市場やAmazon等の通販サイト、スーパーマーケットやコンビニ等で利用可能です。

家族カードはお金のやりとりが面倒:

但し、家族カードの利用代金は自分のところに請求されるのではなく、家族カードの元となる親クレジットカードを保有している人のところに回されることになるので、クレジットカードを利用した金額は家族に対してしっかり払う必要あり。

  • 子供に家族カードを依頼:子供のところに請求が行く
  • 兄弟に家族カードを依頼:兄弟のところに請求が行く

家族カードの利用代金は親カード保有者の元にまわされる

家族カードの利用代金は親カード保有者の元にまわされる

それゆえ、支払いを毎月しっかりしないとクレジットカード会社どころか子供や兄弟等の家族からも信用を損ねてしまう事態になりかねませんよ。

家族カードを発行してもらう場合にはお金のやりとりを確実に行うようにしてもらえればと思います(家族カードの詳細は下記記事参照)。

news.cardmics.com

Q.ETCカードが欲しいだけなんだけど?

老後の人生にクレジットカードなんて必要ないんだけど、高速道路を運転するのに便利なETCカードだけは欲しいんだよね…という方も、今回紹介したクレジットカードがおすすめ。

ご存知のようにETCカードはクレジットカードを保有しないと原則として入手できないカードなので、楽天カードやエポスカードといったクレジットカードを作ることがETCカード入手に繋がります。

それがカンタン且つ、お得な方法で間違いありません。

クレジットカード作成なしの入手は難しい:

では、クレジットカードを作らずにETCカードの入手は可能なのかというと、実はいくつか方法が存在します。

しかしながらこれらの方法だと年会費が別途必要になったり、デポジットと呼ばれるお金を預けないと利用できないカードばかりとなっているので、正直、入手ハードルはどれも高め。

  • 簡単…クレジットカード作成後にETCカード入手
  • 難しい…クレジットカードを作らずETCカード入手

よほどクレジットカード嫌いな方でもなければ、素直にクレジットカードを作ってしまったほうが数倍は楽ちんですよ。

詳しい入手方法が知りたい方は下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

株の配当金や投資信託の分配金も収入:

60代や70代の方だとついつい自分の収入は年金くらいしか無い…と思ってしまうところではありますが、株の配当金や投資信託の分配金、他にも外貨預金の金利収入などだって立派な収入です。

  • 配当金…投資家としての収入
  • 分配金…投資家としての収入

それゆえ、年金受給がまだな方はそういった収入でクレジットカード申込をし、審査してもらうことだって大丈夫。

なにせどんなものでも収入は収入なので、楽天カードやエポスカードといった年会費無料カードであれば審査通過できる可能性があがりますよ。

諦めずに申込あるのみです。

さぁクレジットカードを作ろう:

f:id:cardmics:20180126115347j:plain

ここまで年金受給者のクレジットカード審査とおすすめカードを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

このように今やクレジットカード作成もそう難しいものではないので、年金生活だからといって自己破断をせずに是非、この機会にカード申し込みに挑戦してみてください。

前述のように今や団塊の世代が60代後半から70代前半になっている時代ゆえ、意外とすんなりクレジットカード審査に通る可能性が高いですよ(カード会社も団塊の世代向けにクレジットカード発行に積極的になっている)。

以上、年金受給者でも作れるおすすめのクレジットカード(2021年版)!なぜ60代や70代の年金生活者はカード審査に通りにくいかなども解説…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカード審査について疑問をお持ちの方は、下記記事もあわせてどうぞ。審査の流れを図解で解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP