クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

なぜお金は大事だとわかっているのに、お金のことを勉強しない人は多いのか?基礎的な金融知識すら足りていない人が多すぎです。

f:id:cardmics:20190227230714j:plain

『お金さえあれば、世の中、大抵のことはうまくいく』

こう言い切ってしまっても良いんじゃないかな…ってくらい、お金って人生において重要な要素ですよね。

まぁ多少の異論はあるかもしれませんが、無いよりは当然、たくさんあったほうが人生が幸せになるのは間違いなし。

  • お金がある人生:幸せになれる可能性が高くなる
  • お金がない人生:幸せになれる可能性が低くなる

少なくともお金があれば住まい、食事、物欲、仕事、住居、教育、介護、病気などなど、お金で解決できる悩みはすべて解消できます。

お金の勉強をする人はごくわずか:

ではお金について詳しく知ってる?

しかしそれじゃみなさん、そのお金について詳しく知っているかというと、詳しい方なんてほんの一握り。他のことは熱心に勉強しても、お金の勉強をする人って少ない印象なんです。

わかりにくいので例をあげてみますね。

下記の5つの質問に関する内容って1ヶ月のうち、必ず1度くらいは聞いたり見たりするはずなんですが、みなさんはその答えについて明確に説明できますか?

お金の常識テスト:
  1. 日経平均って何でしょうか?
  2. 為替が変動し1ドル100円が1ドル105円になった。円安?円高?
  3. 銀行にお金を預けると、なぜ利息を貰えるの?
  4. 生命保険ってなぜ少ない掛け金で、死んだら大金が貰えるの?
  5. クレカの一括払いは、なぜ手数料不要でポイントが貰える?

たぶん一部の方を除き、ほとんどの方が答えられない質問ばかりでしょう。これじゃ当たり前ですけど、お金なんて貯まるはずもありません。

お金の基本を知らないのは勿体無い:

特に日経平均や円安ドル高は、毎日、NHKや新聞でよく目にする言葉ですよね。

それにも関わらずそれらの言葉を『わからないままに放置する』という行為自体が、お金が貯まらない状況を作り出している可能性大。

  • わからない言葉を放置する:お金に詳しくなれない
  • わからない言葉は調べる:お金に詳しくなっていく

なにせ現在20歳の方であれば7,000日の放置、30歳の方なら1万日以上もわからないまま放置中ってことですから、お金の知識習得には心理的ハードルがあることがわかります。

銀行や保険の仕組みも知らない人が多い:

また、銀行はなぜお金を無料で預かってくれるのか、保険会社はなぜ少ない掛け金で数千万円をくれるのかなど、身近な存在である銀行や保険についてすら詳しく知らないのも大きな問題。

そんな知識レベルじゃお金を増やすなんて夢のまた夢といえることでしょう。

お金に詳しくなるだけでお金は溜まりやすくなる

お金に詳しくなるだけでお金は溜まりやすくなる

お金に関する知識は多岐にわたる:

あと銀行、保険、クレジットカード、株式投資、為替以外にも、お金に関する知識を必要とすることが世の中にはたくさん。

所得税や住民税といった税金に詳しくなれば節税が出来るようになりますし、お金の借り入れに詳しくなれば住宅ローンや自動車ローンを低金利で借りれるメリットがあるなど、お金の知識はあって損することなし。

  • 税金:お金に詳しければ納税額を減らせる
  • 借入:お金に詳しければ好条件で借りられる
  • 相続:詳しければ相続できるお金が増える
  • 不動産:詳しければ安く買い、高く売れる
  • 医療費:お金に詳しければ負担を減らせる

知れば知るほどあなたの人生を豊かにしてくれることでしょう。

お金以外は勉強する方が多い:

『泳げるようになりたいから水泳を習ってみよう!』、『ゴルフがうまくなりたいのでレッスンを受けよう!』、『英語を話せるようになりたいから英会話教室に!』、『字がうまくなりたいから習字を習いに行こう』などなど、お金以外のことだと勉強に積極的な方が多い日本。

でも、経済や金融に関する話題になると、途端に尻込みしてしまう方が多いのは、お金に関する話題をあまり話したがらない日本人の国民性なんでしょうか。

  • スポーツを習う:積極的
  • 語学を習う:積極的
  • 伝統工芸を習う:積極的
  • お金を習う:なぜか消極的?

非常に勿体ないなぁ…と思えてしまう私です。

お金に関するQ&A:

f:id:cardmics:20170517142114p:plain

ここまででお金を勉強する大切さを解説させていただきましたが、たぶん、一定数の方は「いやいや、お金なんて無くても人生を豊かに出来るって!」と思われたはず。

そこでそんな方にもお金の大切さを知ってもらうべく、Q&A形式で想定問答集を作ってみました。まだ信じられない方や、モヤモヤが残っている方はどうぞ。

Q.お金なんてなくても幸せになれるけど?

『お金なんて無くても、気の持ちようや工夫次第で幸せになれるよ!』と考えている方は日本人に多いように思うのですが、たしかにそれはその通り。

幸せとは自分自身がどう感じているかで決まるものなので、お金を無くても幸せな方は幸せなのでしょう。それを否定することはありません。

お金を得ることは選択肢を増やすこと:

ただそれでも尚、お金が必要だと私が言い切れるのは、冒頭でも書かせていただいたようにお金があると「選択肢」を増やすことが出来るから。

わかりやすくお金がある場合と無い場合で比較表を作ってみたので、この表を通してお金の重要性を確認してみてください。お金があるだけで選択肢が広がることがわかってもらえるはずです。

比較項目 お金がない場合 お金がある場合
病気になった時 お金がないと保険治療の範囲内でしか治療を受けることが出来ない。下手するとその治療費すら払えないことも。 お金があれば健康保険が適用されない高額医療も選択肢に入る。加えて痛みや後遺症が少ない治療法が選べるメリットも。
家族への支援 お金がないと家族が困った時に助けてあげることが出来ない。特に老後の介護問題は深刻。自宅介護によって家族全員が疲弊することにつながりやすい。 お金があれば両親や曽祖父をより良い環境で介護してあげることが出来る。また、家族が大病を患ったり、事故にあってしまった時にも対処しやすい。
子供への教育 工夫次第で子供の教育をすることは出来るが、子供が求めてきた習い事や海外留学などは断念させざるを得なくなる。学費の高い私立学校への入学も難しい。 お金があれば子供が求めてきた習い事や海外留学に生かせるなど、教育の自由度がグンとあがる。環境が良い私立学校への入学も可能。
仕事の自由度 お金がないと現在の仕事を辞めることが出来なかったり、仕事上の人間関係で悩むことが増える。現時点の仕事に縛られやすい。 お金があれば仕事をいつやめてもOK。人間関係で悩んだり、やりたい仕事ではないと思ったら即、退職を検討可能となる。

他にも歯が痛くなったら高額なインプラントを選択できますし、ご近所さんに恵まれなかったら即座に引っ越しできるなど、お金があるからこそ選べる選択肢は無限大。

それにも関わらず「お金がなくても人間は幸せになれるもんだよ」という思想を持ち続けては、万が一のトラブル発生時に困ることになってしまうんです。

  • お金がない時:トラブルが発生したら即ピンチ
  • お金がある時:トラブルが発生しても対処可能

つまりお金はあればあるだけ、不幸になる確率を減らしてくれる存在ってこと。これは間違いありません。

Q.お金を持つと不幸になるでしょ!

こう書くと『お金があると選択肢が増えることはわかるんだけど、お金を持ってると周りからの僻みや嫉妬で苦労するよね』と考える方もいるんですが、これはあなた次第。

確かに高級な一軒家を建て、高級外車に乗りながらハイブランドな腕時計をつけて過ごしているとそういう不幸を呼び寄せてしまうかもしれませんが、お金を持ってもお金がなかった時代と同じような生活スタイルを維持すれば危険性は下がるもの。

  • 豪華に暮らす:周りからの僻みやっかみが大変
  • 今まで通り暮らす:今までと変化しない

周りはあなたがお金持ちであることを知らないわけですから、不幸を呼び寄せるわけがありません。

金貸してくれも防げる:

加えてお金に詳しくなった後も生活スタイルを変えなければ、知人&友人からの「金貸してくれ!」を防ぐことも可能。

  • 金持ちっぽい生活をする:怪しい投資話や面倒な人に狙われやすい
  • 金持ちっぽい生活をしない:怪しい人が近寄って来ない

これで今まで通り幸せに暮らしつつ、ピンチになった時だけ選択肢を増やすことが出来ますよ(詳しくは下記記事も参照)。

etc.cardmics.com

Q.お金の勉強ってなんか難しそうで?

お金の勉強が必要なことはわかったけど、お金の勉強っなんか難しそうで…という方は、気軽に読める書籍から挑戦してみるのがおすすめ。

たとえばお金についての知識など持たないまま高齢になってしまった主人公が、お金の知識をすこしずつ得ていく下記のマンガなどは、初心者にもわかりやすい内容になるのでないでしょうか?

入門編として面白いものになるかと思います。

お金の大学はわかりやすいと人気:

また、最近話題の本といえば「本当の自由を手に入れる お金の大学」。

一生お金に困らない「5つの力」をわかりやすく解説!

多くの日本人がお金から自由になれないのは、学校で「お金」について学ぶ機会がなかったからです。

お金に困らない人生を送るためには、「貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う」という5つの力を学び、行動していくしかありません。

本書では、5つの力の身につけ方を徹底してわかりやすく解説しました。

なんと50万部を超えるベストセラーとなるくらいの人気書籍なので、お金の知識をこれから身につけたいと思うならこういった本もおすすめです。

他、当サイト「クレジットカードの読みもの」がおすすめする書籍は下記記事を参考にどうぞ。どれも読みやすく、お金の勉強に適した本ばかりです。

news.cardmics.com

親の相続で揉めることもなくなる:

充分なお金が手元にあれば、親が亡くなった際に発生しがちな争続(争いとなる相続のこと)から距離を置くことも出来ます。

なぜならわざわざ相続でお金をもらわなくても良いから。

反面、手元にお金がないと数十万、数百万単位のお金で仲が良かった兄弟とケンカすることになってしまうので、非常に勿体ないことになりますよ。

  • 充分なお金あり:相続争いから距離を置ける
  • お金がまったくなし:相続争いに加わることに

この辺もお金があることのメリットといえるでしょう。

さぁお金を勉強しましょう:

f:id:cardmics:20180408175932j:plain

こんな感じでお金の流れや仕組みを理解しないままにしておくのは、お金の仕組みを知っている賢い人にあなたのお金をプレゼントしているようなもの

気付かぬうちにどんどん、むしり取られるだけです。

そんなことにならないようにお金をもっと勉強して、あなたも是非、お金に詳しい人になってみてください。

それだけできっと、今よりも人生にゆとりが出来る可能性大です。

当サイトでもお金の情報を発信中:

あと、当サイト「クレジットカードの読みもの」でも日々、お金をテーマにした記事を多数、紹介しているので、お金を勉強しようと思えた方はブクマ等をするなどして是非また読みに来てください。

毎日読み続けるときっと、1年後にはお金に詳しい人間になれると思いますよ。

以上、なぜお金は大事だとわかっているのに、お金のことを勉強しない人は多いのか?基礎的な金融知識すら足りていない人が多すぎです…という話題でした。

参考リンク:

『なんとなく怖いから…』という理由だけでクレジットカードを避けている方は、この機会にクレジットカードについても勉強を。

クレジットカードを使うとなぜお金を払わずに買い物ができるのか、なぜ手数料を払ってもないのにポイントが貰えるのか、年会費無料カードってどうして無料で発行してもらえるのかなどなど、これらの理由を理解すれば世の中のお金の縮図がわかるようになりますよ。

詳しくは下記ページを参考にどうぞ。初心者の方にもやさしく解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP