クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

大災害の前では、クレジットカードは無力!停電時にはカード決済を使うことは出来ないので、現金の存在意義を否定することは出来ません。

f:id:cardmics:20180126115737j:plain

時々、『クレジットカードや電子マネーがあるから現金なんて持ち歩かない!なんでもカード払いだぜ!』なんていう、私以上のクレジットカード狂信者がいますが、これって実はかなり怖い行為。

ではなぜ怖いのか?今回は参考までに、クレジットカードや電子マネーといった電子決済最大の弱点について記事を書いてみたいと思います。

つねにキャッシュレスで現金を持ち歩いていないという方は是非、参考にしてみてくださいね。

電子決済の弱点について:

自然災害発生時にクレジットカードは弱い:

クレジットカードや電子マネーだけでは怖い理由、それは大震災の前で電子決済は無力だからです。

一番わかりやすい例でいうと2011年に発生した東日本大震災。

この時はみなさんもご存知の通り、津波や火災によって電気やガス等のインフラがすべて寸断されてしまいましたが、そういった地域で食料などを手に入れなくてはいけなくなった時にクレジットカードは使えたでしょうか?

まぁ、言うまでもなく無理な話ですよね。

大災害発生時は、現金払いが一番わかりやすい:

その点、インフラが寸断された時というのは現金を使うのが一番わかりやすい。

たとえば惣菜店で100円のパンを買うなら、どんなに強欲な店主がいたとしても1,000円札を握らせれば喜んで売ってくれるはず。

それに対してゴールドカードを片手に『あとでこのゴールドカードを使って1,000円払うから、パンを1個くれたまえ』では、パンを売ってくれない店主も多いと思われます(そもそも、クレジットカード払いは電気や電話回線などがないと出来ない)。

  • 現金払い:災害時でも支払い使える
  • カード払い:停電してしまうと使えない

場合によっては惣菜パン1個に1万円払うといっても、クレジットカード払いじゃ交渉成立しないことだってありえることでしょう。

電子マネーも災害時は使えない:

同様にSuicaや楽天Edyなどの電子マネーだってそう。

  • Suica:災害時は使えない
  • 楽天Edy:災害時は使えない
  • nanaco:災害時は使えない
  • WAON:災害時は使えない

ピッとか、シャリーンってするためには電気&通信回線が必要なので、災害時には無力です。

災害が起こることを想定して現金を持つ:

こんな感じで災害はいつ、なんどき起こるか全くわかりません。

実際、大地震、富士山の噴火、テロ、大停電などなど、インフラが木っ端微塵になってしまうケースというのはいくらでも存在するので、その時に自分自身はもちろんですが、家族や恋人などの大切な人を自分は守ることが出来るのかどうか。

そういうことを想定して、現金を持ち歩く必要性ってやつを、今一度、考えてもらえればと思います。

  • 現金を持ち歩かない:災害発生時に困る
  • 現金を持ち歩く:災害発生時でも多少は安心

万が一の時の安心感が異なりますよ。

最悪レベルの災害発生時は現金すらも無効:

現金さえあれば災害発生時にも大丈夫かといえば、ほぼほぼ大丈夫なのも事実ですが、厳密にいうと過去最悪レベルの災害が発生した場合には現金すらも使えなくなってしまう可能性はあります。

  • 通常の大災害:現金があると安心
  • 破滅的な大災害:現金すらも紙切れに

まぁ宇宙人が攻めてきて霞が関や永田町が木っ端微塵に吹き飛んでしまったとか、日本列島が地下空間のガス爆発で沈没してしまったとかでもない限りは大丈夫だとは思いますけど、そういう可能性もあるってことは肝に銘じておくと良いかもしれません。

現金保有=絶対に安心ではないのです。

補足:クレジットカードが活躍する例も

f:id:cardmics:20170619154343j:plain

ではクレジットカードなんていらないんじゃ?って言われるのもまた違うので、いくつか補足情報を紹介。経営者なら逆転の発想も面白いと思われます。

経営者向け:カード払いOKにすると売上アップ

最近ではキャッシュレス決済が広く浸透してきたせいか、現金をあまり持ち歩かない人が増えてきたのはみなさんもご存知のところ。

そのため、その状況を逆手に取り、災害時でもクレジットカードや電子マネー決済を受け付ける状況を作ることができれば、お店の大幅な売上アップは確実です。

  • 現金払いのみのお店:現金を持ってる人しか使えない
  • カード払いOKのお店:現金を持ってない人でも使える

まぁ倫理的にはどうかと思われる問題はありますが、カード払いOKならすこし割高に販売してもお客さんが離れることはありません。

モバイル決済やQRコード決済なら可能:

ではどうすれば災害時でもキャッシュレス決済を受け付けることが出来るのかというと、携帯電波を利用したモバイル決済を導入するのが一つの案。

これなら携帯電波さえ復旧してしまえばクレジットカード決済や電子マネー決済を受け付けることが出来るので、携帯の充電に気を使うだけで被災直後の状況を乗り切ることが可能です。

下記画像のように、モバイル決済ならSuica決済だって携帯電話ひとつで受付できます(詳しくはSquare公式サイト参照)。

携帯電話でカード決済ができるSquare

携帯電話でカード決済ができるSquare
PayPayやLINE Payだって受付可能:

他にもここのところ利用者が増えつつあるPayPayやLINE PayといったQRコード決済も、被災時に受付可能なキャッシュレス決済のひとつ。

こちらはお店独自のQRコード決済を店頭に置いておくだけで支払いを受け付けることが出来るため、停電中でだって受け付けることが出来ますよ(PayPayの加盟店になる方法はこちら)。

QRコードを貼り出すだけでキャッシュレス決済受付ができる

QRコードを貼り出すだけでキャッシュレス決済受付ができる

必要なのは携帯電話の電波と、お客さんの携帯充電のみとなります。

アメックス保有者は被災時にサービスを受けられた:

東日本大震災の時、アメリカン・エキスプレス・カードでは震災直後にカード会員全員にひとりひとり電話をかけ、安否確認と何が必要かの連絡を入れたそうです。

そして実際にアメリカン・エキスプレス・カードでは小学校入学前の子供に対してランドセルを送ったり、停電が続いている地域に住んでいる会員に対してランタンを送るなどのサービスを無料で行ったとのこと。

ほんと被災して気持ちが滅入ってる時、こういうホスピタリティ溢れるサービスって嬉しいものですよね。保有者はきっと、『クレジットカードを持っていて良かったなぁ』と心底思えたことでしょう。

以上、大災害の前では、クレジットカードは無力!停電時にはカード決済を使うことは出来ないので、現金の存在意義を否定することは出来ません…という話題でした。

参考リンク:

アメリカン・エキスプレス・カードを持ってみたい…という方は、その審査難易度をまとめた下記記事も参考に。最近では正社員として働いている方であれば作れるクレジットカードになってきましたよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP