クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

ローソンで一番得するポイントカードと支払い方法(2021年版)!Pontaポイントとdポイント、どっちを貯めるか迷ってる方に。

f:id:cardmics:20170616215910j:plain

今回はコンビニエンスストア大手のローソン(LAWSON)で少しでもお得に支払いをしたい…という方向けに、どの支払い方法&ポイントカード提示が一番お得なのかという点について詳しく調べてみました。

自宅近くや勤務先にローソンがあってよく利用している…という方は是非、参考にしてみてくださいね。

ローソンで利用可能な支払い方法について:

まずはローソンで使える、主な支払手段についてわかりやすくまとめていきます*1

普段から現金でしか支払ったことがない…という方は、この機会に別のお得な支払手段に切替を検討してみてください。

クレジットカード:

Visaカードやマスターカード、JCBカードやアメリカン・エキスプレスといったクレジットカードもローソンでの支払いに使うことが出来ます。

ローソンでは各種クレジットカードが使える

ローソンでは各種クレジットカードが使える

ここに記載されているクレジットカードブランド以外にも、イオンカードやYahoo! JAPANカード、エポスカードといったクレジットカードの利用可能。

基本的に日本国内で発行されているほぼすべてのクレジットカードがローソンでの支払いに利用可能なので、『私の保有しているクレジットカードは使えるのだろうか?』と心配しなくて大丈夫です。

1万円未満の支払いならサインレス:

しかもローソンの場合にはサインレス決済といって、クレジットカードを使った支払いであっても暗証番号の入力やレシートへの署名サインは不要(1万円未満の会計の場合)。

  • 1万円未満の会計:署名サインや暗証番号入力は不要
  • 1万円以上の会計:署名サインや暗証番号入力が必要

そのため、『コンビニでクレジットカード払いなんて使ったら、遅くて後ろのお客さんに迷惑をかけちゃうよ』と思ってる方も、気兼ねなくクレジットカードを支払いに使えますよ。詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

電子マネー:

ローソンではSuicaや楽天Edyといった主要電子マネーも利用可能。レジ横にある読み取り機にかざすことで、瞬間的に支払いを完了させることが出来ます。

ローソンで使える電子マネー一覧

ローソンで使える電子マネー一覧
アップルペイやGoogle Payにも対応:

また、iDやQUICPayに対応しているということは、iPhone版のおサイフケータイ機能であるApple Pay(アップルペイ)での支払いにも対応済。

同様にGoogle Pay(グーグル・ペイ)が使えるスマートフォン決済にも対応しているので、スマホでピッと支払いをしたい方にもローソンは便利です。

反面、ローソンでの支払いに使えない主要電子マネーといえば、ライバル企業であるセブンイレブン系のnanacoくらいでしょうか。

こちらはローソンがセブンイレブンと合併でもしない限りは、今後も対応する可能性は低いと思われます。

プリペイドカード:

au PAYプリペイドカード、ANA JCBプリペイドカード、おさいふPontaといった各種プリペイドカードもローソンでは利用可能。

他にも下記のようなプリペイドカードが使えます。

ローソンで使えるプリペイドカード一覧

ローソンで使えるプリペイドカード一覧

他にもソフトバンクカードやココカラファインカードなども利用可能。

とりあえずJCB、Visa、マスターカード等の国際ブランドと提携しているプリペイドカードなら、問題なくローソンでの支払いに使えると思って間違いありません。

JCBプレモカードにも対応:

あと、いわゆるブランドプリペイドとは異なる、JCBプレモカードについても利用可能。

これは特にJCBカードW等の、JCB系のクレジットカードを利用してOki Dokiポイントを貯めている方にとっては朗報なのではないでしょうか?

ポイントをどんどんJCBプレモカードに入金して、ローソンで使ってしまってください。

QRコード決済:

ローソンで使える決済手段、最後はLINE Payや楽天ペイといったQRコード決済です。

ローソンで使えるQRコード決済一覧

ローソンで使えるQRコード決済一覧

こちらは最近になって使われだした支払手段なので、ご存知ない…という場合でも問題なし。iPhone等のスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、レジにてQRコードを提示するだけで支払いをすることが出来ます。

QRコード決済に関する詳細は下記記事にまとめてあるので、そちらも併せてご覧ください。使い方や活用方法などを紹介しています。

news.cardmics.com

クオカードも支払いで使える:

ローソン公式サイトにある「利用できるお支払方法」の中にはQUOカードの記載がないのですが、QUOカードもローソンで使える支払手段のひとつ(効果的な活用法は下記記事を参照)。

友人・知人などからプレゼントとして貰った…という方は、レジにて堂々とQUOカードを出し、「これで支払いをお願いします!」と言ってみてください。

ローソンでは店頭でQUOカードの販売もしているほどなので、このカードが使いやすいお店のひとつですよ。

ローソンで提示すると貯まるポイント制度:

次にローソンが提携をしている共通ポイントサービスについてもまとめておきます。

どのポイントカードを提示したらローソンではポイントが貯まるの?と疑問な方はご覧ください。

Pontaポイント:

Pontaポイント

ローソンで貯まるポイントといえばPonta(ポンタ)…というくらいに、今やPontaポイントは有名ですね。

ローソンの場合にはカード提示で200円(税抜)あたり1~2円分のPontaポイントが貯まります。

  • 0:00~15:59  ⇒ 200円(税抜き)ごとに1ポイント
  • 16:00~23:59 ⇒ 200円(税抜き)ごとに2ポイント

つまりポイント還元率は約0.5~1%ということ。1,000円利用なら5~10円分、1万円利用なら50~100円分のPontaポイント獲得です。

来店ポイントは終了済み:

尚、ローソンにおけるPontaポイントといえば、会計ごとにもらえる1円分の来店ポイントがありましたが、こちらは2014年8月31日付けで終了済み(引用はこちら)。

ローソン 来店ポイント加算終了のお知らせ

株式会社ローソンは、2014年8月31日(日)をもちまして、来店に対するポイント加算(レジ精算ごとに1ポイント)を行うお取組みを終了させていただくことになりました。

今後は支払いで獲得可能なPontaポイントが基本となるので、あえて会計を繰り返してPontaポイントを多くもらうことは不可能になりました(過去には来店ポイントと合算で最大2円分のPontaポイントが貰えた)。

同様に来店ポイントが廃止になったことで、ハガキや切手といったPontaポイント対象外の商品購入時に得られるポイントも0円に変更。

今後も来店ポイントの復活は期待薄でしょう。

dポイント:

NTTドコモ系のdポイント

ローソンではNTTドコモ系のdポイントも貯めることが出来ます。

こちらもPontaポイント同様、200円(税抜)あたり1~2円分のポイント獲得が可能なので、ポイント還元率としてはPontaとまったく同じです。

Pontaポイントとdポイント、どちらを貯めても貯まるポイント数には差はありません。

ポイントカードの併用はできない:

尚、『ローソンがPontaとdポイントの両方に対応しているなら、会計の際に両方のポイントカードを提示しちゃっていいってこと?』と思われる方もいるかもですが、残念ながら両方のポイントを付けてもらうことは出来ません。

  • Pontaのみ獲得:可能
  • dポイントのみ獲得:可能
  • Pontaとdポイント両方獲得:不可能

そのため、Pontaポイントを貯めるべきか、それともdポイントを貯めるべきかで迷ったら、後述するそれぞれのメリットを考慮の上で判断してみてください。

どちらの共通ポイント制度にも独自のメリットがありますよ。

楽天ペイを使えば楽天ポイントも使える:

ローソンが直接的に提携をしているのはPontaポイントとdポイントのみですが、実は楽天ペイを利用すればローソンで楽天ポイント払いをすることも可能。

特に失効してしまうことの多い期間限定の楽天ポイントなどは、楽天ペイのアプリを活用してローソンでどんどん消費してしまいましょう!

せっかく貯めたポイントを失効させてしまっては元も子もありませんよ。

ローソンでお得な支払い方法について:

f:id:cardmics:20180408180156j:plain

ここまでローソンで使える支払い方法とポイントカードについて解説をさせていただきましたが、ここから先は肝心の内容である、ローソンではどの支払い方法を使うのが一番お得なのか…という点について解説をしていってみたいと思います。

現時点で一番お得なのは三井住友カード:

早速、結論から先に言ってしまうと、ローソンで一番お得な支払い方法は三井住友カード(NL)を利用した支払い方法です。

三井住友カード(NL)は2021年に新規発行が開始されたクレジットカードではありますが、すでに三井住友カードを保有している方は無料で切り替え可能。

しかも年会費負担が0円の年会費無料クレジットカードなので、三井住友カードの年会費負担を煩わしく思っている方にもおすすめ出来ます。

ポイント還元率は5.0%:

ここで気になるのがそのポイント還元率…ですが、三井住友カード(NL)のタッチ決済機能なら5.0%還元にもなる計算。

タッチ決済機能を使うとポイント還元率は5.0%に上昇

タッチ決済機能を使うとポイント還元率は5.0%に上昇

仮に月間1万円をローソンで使う方ならこれだけで年間6,000円分もの節約に繋がります。

1日の平均利用額 月間の利用額 年間の節約金額
100円 3,000円 1,800円
300円 9,000円 5,400円
500円 1万5,000円 9,000円
1,000円 3万円 1万8,000円
2,000円 6万円 3万6,000円

しかも三井住友カード(NL)がすごいのは対象がローソンだけでなく、ファミリーマートやセブンイレブンなどのコンビニを含んでしまう点。

要はすべての大手コンビニでお得なクレジットカードが三井住友カード(NL)なんです。

全国のセブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド店頭での
ご利用が対象となります。

大手コンビニ+マクドナルドでお得

大手コンビニ+マクドナルドでお得
三井住友カード(NL)は年会費無料:

更に嬉しいことに三井住友カード(NL)は年会費無料のクレジットカード、つまりローソンでの支払い用に三井住友カード(NL)を作ってもまったく損はしないということです。

入会金も年会費も0円、1回払いのみなら金利手数料も0円なので、割引してもらえる分だけまるっとお得になります。

まぁクレジットカードを作ることに抵抗があるという方の場合には難しいかもしれませんが、買物金額が多い方ならこれだけでガッツリと家計の節約が出来るのでおすすめですよ(クレジットカードが怖い方は下記記事も参考に)。

news.cardmics.com

キャンペーン経由のほうがお得なことも:

それでは、ローソンでは常に三井住友カード(NL)を使って支払いをすれば一番お得のか…というと、実はそうではない場合も。

たとえば楽天とローソンが提携したキャンペーンが実施されていたり、PayPayがコンビニを中心にキャンペーンを展開することもあるので、ご注意ください。

しかし、キャンペーンの内容や実施期間、上限付与ポイント数等を気にせず支払いに使えるのは三井住友カード(NL)の魅力でもあるので、全部をひっくるめて調べるのが面倒…という方は、いつでもどこでも三井住友カード(NL)払いでOK。

  • キャンペーン特典:実施期間や付与条件を調べる必要性あり
  • 三井住友カード(NL)払い:気にせず支払いで使うだけでOK

これで最低でも5%分のポイント獲得&割引が受けられるわけですから、充分といえば充分です。

dポイントとPontaポイントはどっちを貯めるべき?

あと、多くの方が気になっているであろうdポイントとPontaポイント、どちらをローソンでは貯めるべきなのか…という回答は、現時点だとどちらでもほんと構いません。

少し前だとPontaポイントカード保有者じゃないと貯まらないポイントがあったり、ロッピーを操作してもらえる「お試し引換券」ではPontaポイントしか使えない…なんて頃がありましたが、今ではどちらのポイント制度でも違いはなし。

異なるのはローソン以外でのポイント加盟店が異なる点だけなので、Pontaポイントにしろdポイントにしろ、ローソンですべてのポイントを消化してしまう方であればもはや違いなど存在しないのかもしれません。

  • ポイントはローソン以外で使う:使いやすいほうを貯める
  • 貯めたポイントはローソンで使う:どちらでもOK

『うーん、それじゃ優柔不断な私には選べないよ』というなら、ローソン以外で使える場所の多いdポイントのほうがいいと思いますよ。

ゴールドカードが欲しいなら上位カードの検討を:

もうひとつ、三井住友カード(NL)には上位カードとしてのゴールドカードが存在するんですが、こちらもローソンやセブンイレブンでお得な1枚。

ポイント還元率は三井住友カード(NL)とまったく一緒なんですが、他の利用分を含めて年間100万円を使うと追加で1万円分のポイントが貰えるので、より効率よくポイントを稼ぎたい方はゴールドカード入手も検討ください。

ゴールドカードでも最大5%還元となる

ゴールドカードでも最大5%還元となる

年間100万円を利用すると年会費無料になるなどのメリットも多いですよ。

よくある質問とその答え:

f:id:cardmics:20170517142114p:plain

とにかく1円でもお得に買い物をしたい…という方向けに、ローソンでの支払いやポイント制度に関するよくある質問とその答えをQ&A形式でまとめておきます。

まだまだ深いところまで知りたいという方はこちらもお読みください。

Q.三井住友カード(NL)の5%還元は期間限定なの?

『ローソンで三井住友カード(NL)のタッチ決済で支払うとお得なことはわかったけれども、それもどうせ期間限定キャンペーンかなにかなんじゃないの?』と心配をされる方も多いかと思いますが、こちらは一応、期間や終わりなどの区切りのない特典のひとつ。

もちろん、企業の提携関係や方針というのは経済の変化によって変わっていくものなため、将来的にはもしかするとポイント還元率が変更になってしまう可能性もゼロではありませんが、そうなる場合でも半年前くらいに告知がされてからの終了となるはずなので、しばらくは大丈夫だと思いますよ。

節約を考えているなら、三井住友カード(NL)の作成あるのみです。

Q.ローソンストア100やナチュラルローソンは対象?

ローソンストア100やナチュラルローソンでも三井住友カード(NL)はお得なのか…というと、これは問題なくお得。

ローソンのみだけでなく、ナチュラルローソン、ローソンストア100、ローソン・スリーエフでも対象となるのでご安心ください。

ローソンについては、ナチュラルローソン・ローソンストア100・ローソンスリーエフも対象です。

一部店舗は対象外となる:

但し、百貨店や地下鉄内にある店舗の場合、ポイント加算の対象とならない場合もあるとのこと。

対象店舗が、百貨店や駅ビル、ショッピングセンターなどの施設の中にある場合、ガソリンスタンド併設店舗、その他一部の店舗ではポイント加算の対象とならない場合がございます。

ただそういった対象外店舗はごく一部なので、自宅近くやオフィスビル内にあるコンビニなら大抵は問題なくポイント獲得ができるものと思いますよ。

Q.お試し引換券にdポイントだと交換できないんじゃ?

Pontaとdポイントを比較した場合、dポイントだとローソンの「お試し引換券」に交換できないんじゃないの?と思われる方、その情報は今だともう古いです。

現在ではdポイントでもPontaポイントでもどちらでもお試し引換券に交換可能なので悩む必要性はなし。

お試し引換券

お試し引換券は店頭のLoppiでPontaポイントまたはdポイントと対象商品を交換できます。

お試し商品との引き換えに必要なポイント数についても差はない状況なので、前述のようにPontaポイントとdポイントにはもはや価値の違いはありません(ローソン公式でも下記のように2つのポイント制度が併記されている)。

dポイントとPontaが併記されている

dポイントとPontaが併記されている
ドリンク購入等で貯まるボーナスポイントも一緒:

同様にローソン内で時々実施されている、『○○商品を購入するとPonta30ポイントプレゼント!』みたいなボーナスポイントについても一緒。

ボーナスポイント

対象の商品を買うと、通常のお買上げポイントに加えて、ボーナスポイントがたまります。レジでご精算の際にPontaカードまたはdポイントカードをご提示ください。自動的にボーナスポイントが加算されます。

現在ではPontaポイントかdポイントのどちらかが貯まる状況なので、昔のように2つのポイントサービスを比較した時にPonta有利な状況はありません。

Q.どこでキャンペーン情報は入手すべき?

ローソンでの支払いで得するキャンペーン情報って、どこをチェックすると確認できるの?というと、これはもう常にアンテナを張っていおく以外なし。

残念ながらローソン公式サイトには支払い方法に関するキャンペーン情報が告知されていないので、自分で調べるしかない状況です。

当サイトのTwitterフォローを:

尚、当サイト『クレジットカードの読みもの』では逐一、おすすめのキャンペーン情報があればTwitterで情報を流しているので、自分で調べるのが面倒な方はフォローください。

ローソン関連だけでなく、他にもクレジットカードや電子マネーに関するお得な情報を告知していますよ。

Q.クオカードで節約する手段はないの?

コンビニでの節約方法といえばQUOカード…という情報を知っている方は節約マニアの方ですね。

確かにローソンでもセブンイレブンで購入したQUOカードを利用して節約する方法は可能なんですが、nanacoチャージ向けクレジットカード+QUOカード+Ponta or dポイントカード提示で得られるポイントは最大でも4%程度。

そんな面倒な手段を使うよりも、三井住友カード(NL)を入手してそのまま支払いをしてしまうほうが数倍は楽&ポイント還元率が高いのでおすすめです。

  • QUOカード節約術:最大でも4%の割引
  • 三井住友カード(NL)での支払い:最大5%の節約&楽チン

それでもクレジットカードだと使いすぎが心配なんだ…という方は下記記事を参考にどうぞ。使いすぎの防止策がわかります。

news.cardmics.com

ローソンは新しい支払手段導入が好き:

コンビニ大手のローソンは、一昔前だとセブンイレブンに次いで業界2位の地位にありましたが、現在ではファミリーマートに大きく抜かれて業界3位に転落。正直、成長性があるコンビニかというと微妙な位置付けになってしまいました。

そのせいか、新しい支払手段の導入には積極的。

セブンイレブン等よりも先にLINE Payや楽天ペイを導入したのは、ローソンならではの企業文化な感じがします。

ローソンで賢く買い物をしよう:

f:id:cardmics:20170804192004j:plain

ここまでローソンで使える支払手段から貯まるポイント制度、そしてどの支払い方法を使うのが一番お得なのか…といった情報について詳しく解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

これだけの知識が入ればもうローソンでは損をすることはなし。人気のブランパンや低糖質のグリーンスムージーなど、ローソンやナチュラルローソンでしか手に入らないものをお得に購入してみてくださいね。

以上、ローソンで一番得するポイントカードと支払い方法(2021年版)!Pontaポイントとdポイント、どっちを貯めるか迷ってる方に…という話題でした。

参考リンク:

この機会にポイントが貯まりやすいクレジットカードを作りたい…という方は下記記事も参考に。ローソン以外でもザクザクとポイントを貯めて、家計を楽にしましょう。

news.cardmics.com

*1:クレジットカード等の画像はすべてローソン公式より転載。

PAGE TOP