クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

SuicaやWAONといった、プリペイド式の電子マネーまとめ(2019年版)!どの電子マネーを作るべきか、比較したい方におすすめです。

f:id:cardmics:20170519214010j:plain

今回はSuicaやWAONといった、日本国内で流通している主要なプリペイド式の電子マネーをまとめてみました。

これから電子マネーを作りたいと思うのだけれども、どの電子マネーが自分にとってお得かわからない…という方に、役立つコンテンツになれば幸いです。

電子マネーの基礎知識:

主要な電子マネーとは?:

まず、日本国内で2019年現在、日本国内で使っている方が多い主要プリペイド式電子マネーは下記の通り。

  1. Suica(スイカ)
  2. WAON(ワオン)
  3. 楽天Edy(エディ)
  4. nanaco(ナナコ)

この他にもPASMO、ICOCA、PiTaPa、Tマネー、au Wallet、おさいふPonta、ウェブマネー、Vプリカなどなど多種多様な電子マネーが存在しますが、主なものでいえば上記4つを抑えておけば問題ないでしょう(主要電子マネーの発行数はこちらの記事も参照)。

プリペイド式の電子マネーって?

次に、プリペイド式の電子マネーというのは、事前にお金を入れておかないと使えないタイプの電子マネーのこと。

SuicaにしろWAONにしろ楽天Edyにしろnanacoにしろ、どれも利用する前にお金を入れておかないと支払いに使うことは出来ないため、プリ(Pre=事前)ペイド(Paid=入金済)の電子マネーと呼ばれています。

前払式があるなら後払式もある:

また、プリペイドタイプの電子マネーがあるなら、あとで支払うタイプのポストペイ式の電子マネーも存在。

こちらはクレジットカードなどと紐付ける形で使える電子マネーで、iD(アイディー)やQUICPay(クイックペイ)などが有名です。

  • プリペイド:事前に入金してから使うタイプ
  • ポストペイ:使った分をあとでまとめて支払うタイプ

これらの電子マネーについては今回の記事では紹介していませんので、興味がある方は下記記事などを参考に。

最近ではApple PayやGoogle Payといった、スマホ組み込み型の決済において必要な電子マネーになりました(Apple Payの解説についてはこちらを参照)。

news.cardmics.com

広義の電子マネーには様々なものを含む:

電子マネーという言葉は広く捉えると、デジタルなお金すべてを指す言葉になってしまうため、新聞やテレビの報道内容次第だとよくわからない表現になってしまうこともしばしば。

  • 広義な電子マネー:デジタルなお金をすべて含む
  • 実際の電子マネー:Suicaやnanacoなどの電子マネーを指すことがほとんど

たとえば一昔前に話題になった、エル・アンド・ジーという詐欺会社が普及させた「円天」という疑似通貨についても、電子マネー扱いになってしまうほど。

これに加え、最近では架空請求詐欺に電子マネー(実際にはAmazonギフト券やVプリカといったプリペイドカード)が悪用されてしまうことも多いので、この先、電子マネーの印象は悪くなる一方なのかもしれません。

ほんと業界として別の呼称を作らないとダメな時期に来ているなぁ…と、私は思います。

Suica(スイカ):

プリペイドタイプの電子マネーの中で、今、一番使い勝手が良く、使える場所も増えているのがJR東日本の電子マネーであるSuicaです。

電車やバスに活用可能な電子マネーSuica

電車やバスに活用可能な電子マネーSuica

このSuicaが1枚あれば、JR各社の電車、私鉄、バス、モノレールなどなど、大概の公共交通機関は支払いに困ることなし。

また、セブンイレブンやローソンなどの大手コンビニ、JR駅構内(エキナカ)にある店舗での支払い、一部のレストランや喫茶店、そしてショッピングモールでの支払いにも利用可能なので、公共交通機関を使わない車社会に住んでいる方にも使える電子マネーだと言えます。

Suicaのお得な使い方:

Suicaをお得に使いこなしたい…という場合には、JR東日本系のクレジットカードである「ビューカード」が必須。

このクレジットカードがればSuicaチャージでポイントが1.5%分貯まるだけでなく、オートチャージ(自動入金)にも対応することができます。

JRE POINT WEBサイトへの登録も忘れずに:

あとはSuicaを持ったなら、JRE POINT WEBサイトへの登録も忘れてはいけません。

こちらに登録しておけばSuica利用で自動的にJR東日本のポイントである「JREポイント」が貯まるようになるのでかなりお得。

逆にいえばJRE POINT WEBサイトに未登録な方は、下記記事でも書いている通り、JREポイントをまるごと捨ててしまっていることになるのでご注意ください。

news.cardmics.com

Suicaのデメリット:

東京や神奈川など、JR東日本圏内にお住まいの方であればSuicaにはデメリットらしいデメリットはありません。しいて言うならオートチャージ機能を使うためにビューカードが必要になることくらいでしょうか(モバイルSuicaを使える方は不要)。

反面、JR東日本圏外にお住まいの方にとっては、オートチャージが出来ないなどのデメリットが少なからず存在する電子マネー。

Suicaが良いか、それともそれぞれの地域の交通系ICカード(ICOCAやTOICA、Kitacaなど)のほうが良いかについては判断が難しいところなので、是非、みなさん自身で比較をしてもらえればなと思います*1

Suica公式サイト:

www.jreast.co.jp

WAON(ワオン):

WAONはイオンが発行している電子マネー。

主にイオンモールでの利用に限られますが、最近ではローソンやファミリーマートといったコンビニでも使えるようにはなってきました(セブンイレブンでは未だに使えない状況)。

イオン系で人気の電子マネーWAON

イオン系で人気の電子マネーWAON

また、吉野家やかっぱ寿司といった飲食店での利用もだいぶ増えてきた印象。今後はより多くのお店で使えるようになっていくことでしょう。

WAONのお得な使い方:

WAONをお得に使いこなすにはJALカードが必須です。

JALカードとJMB(JALマイレージバンク)提携のWAONカードを組み合わせればWAONチャージで100円あたり1マイル獲得が可能。

これにWAON利用時には別途、200円あたり1マイルも貰えるので、併せると100円あたり1.5マイルを得ることができます。

そのため、JALマイルを貯めて無料で飛行機旅行に行きたい…という方なら、WAONを主力電子マネーとして使うのがおすすめですね。

WAONのデメリット:

WAONのデメリットは、Suicaや楽天Edyなどと比べて町中で使える店舗が少なめであるということ。

特にセブンイレブンで使えないのは、主要な電子マネーとして使う上では致命的なデメリットだと言えます(イオンとセブン&アイは競合なため)。

反面、近くにイオンモールがあるような地方都市にお住まいの方であれば、WAONのみでも不便さは感じないかもしれません。

  • イオンが近くにある方:おすすめの電子マネー
  • イオンが近くにない方:作る価値はあまりない

セブンイレブンではクレジットカード払いをするなどして代用しましょう。

WAON公式サイト:

www.waon.net

楽天Edy(らくてんえでぃ):

プリペイド式電子マネーの元祖ともいうべき電子マネーが楽天Edy。

保有者も主要電子マネーの中では一番多く、加盟店の数も他の電子マネーよりも一歩、抜きん出ている感があります。

発行枚数がダントツ多い電子マネー「楽天Edy」

発行枚数がダントツ多い電子マネー「楽天Edy」

但し、電車やバスの支払いに使えるSuicaや、イオン系のWAON等に押され、最近では存在感がかなり薄れてきているのも事実。どこでも使えるけれども魅力が乏しい電子マネーになってしまっているのかもしれません。

楽天Edyのお得な使い方:

楽天Edyをお得に使うのに必要なのはリクルートカードです。

このカードを使って楽天Edyをチャージすれば、それだけでチャージ金額の1.2%分のポイント獲得が可能。

さらに楽天Edyは利用すると利用金額の0.5%分の楽天ポイント獲得可能、そしてローソンやファミマなどのポイントカード提示でポイント獲得ができるコンビニだと、追加で1%分のポイント獲得もできるために非常にお得です。

合算で2.2~2.7%分のポイント獲得が夢じゃありません。

楽天Edyのデメリット:

楽天Edyのデメリットはほとんどありませんが、ひとつだけ注意してほしいのは、楽天Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードはごくごく少数であるという点ですね。

今や楽天カードやANAダイナースカード、エポスカードといった少ないクレジットカードしかその対象になっていないので、ポイント付与対象外のクレジットカードでチャージをし、ポイント分をまるまる損しないようにしてもらればなと思います。

詳しくはこちらも後日、記事にまとめる予定です。

楽天Edy 公式サイト:

edy.rakuten.co.jp

nanaco(ナナコ):

nanacoはセブン&アイホールディングスが発行&管理しているプリペイド式の電子マネー。

セブンイレブンでお得な電子マネー「nanaco」

セブンイレブンでお得な電子マネー「nanaco」

主にセブンイレブンやイトーヨーカドー、デニーズといったセブン&アイホールディングス系列の店舗や商業施設で使うことが出来るわけですが、主要コンビニエンスストアではセブンイレブンで利用可能なのみで、ローソンやファミリーマートといった他のコンビニで使うことはできません。

そのため、自宅や会社近くにセブンイレブンがある人向けの電子マネー…と思っておくのが無難ですね。

nanacoのお得な使い方:

nanacoをお得に使いたいなら、nanacoチャージでしっかりクレジットカードポイントが貯まるクレジットカードを作っておくことが必須。

今やこういったクレジットカードはかなり少なくなってしまっているので、下記記事などを参考に対象カードを把握しておくと良いでしょう。

あとは収納代行(コンビニ払い)の利用ですね。こちらはまだ記事にできていないので、作成次第、この欄に追記をしておきます。

nanacoのデメリット:

nanacoのデメリットとしてはやはり、nanacoが使える場所がセブン&アイホールディングス関連店舗に偏ってしまっている点があげられますね。

他の主要電子マネーであるSuicaや楽天Edyと比べると使える場所が限られてしまっているため、主要な電子マネーとして使うには不十分な感じがします。

そのため、仮にnanacoを使うつもりなのであれば、公共交通機関でも使えるSuicaや加盟店の多い楽天Edyとの併用が無難ですよ。

nanaco公式サイト:

www.nanaco-net.jp

さぁ、電子マネーを作ろう:

f:id:cardmics:20170409111232j:plain

ここまで4種類のプリペイド型電子マネーを紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

基本的にはこの4種類に加え、2種類のポストペイ型電子マネーを加えた6種類が現時点における「主要電子マネー」。

これから電子マネーを作る方は、これらの中から自分に適したものを選んでもらえればなと思います。

以上、SuicaやWAONといった、プリペイド式の電子マネーまとめ(2019年版)!どの電子マネーを作るべきか、比較したい方におすすめです…という記事でした。

この記事の関連リンク:

電子マネーだけでなく、お得なポイントカードについても知りたい…という方は、下記のまとめ記事もあわせてご覧ください。

電子マネージャンルとは異なり、共通ポイントカードについては現在、新規参入のものが増えてゴチャゴチャになりつつありますよ。

news.cardmics.com

*1:iPhone版のおサイフケータイ機能であるApple Payが開始されたことにより、JR東日本圏内にお住いの方でなくてもSuicaチャージが楽に出来るようになったのは朗報かも。しかし、ビューカードで貯めたポイントをSuicaに再チャージしようとする場合には手間が必要になるので、やはりJR東日本圏内にお住いの方以外は他の交通系ICカードと比較したほうが良いですね。

PAGE TOP