クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

Suicaチャージで得するクレジットカード(2019年版)!普段からSuicaを使うならオートチャージ対応のクレジットカードを作ろう。

f:id:cardmics:20170519214129j:plain

今回は『もっとお得にSuicaを活用したい!』という方向けに、Suicaチャージでポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介してみたいと思います。

普段からSuicaを現金で入金している…という方はもちろん、ポイントとかそのあたりをまったく考えずに適当なクレジットカードでチャージしてしまっている方も是非、この機会に「どのクレジットカードがSuicaチャージに適しているのか?」を考えてみてください。

  • 現金でチャージ:ポイントが貯まらないので損!
  • 適当なクレジットカードでチャージ:ポイントが貯まらないことも!
  • Suicaチャージ向きカードでチャージ:ポイントがザクザク貯まる!

特に月間1万円以上、Suicaを利用するという方は、Suicaチャージ用にクレジットカードを作るだけでザクザクとポイント獲得が可能になりますよ。おすすめです。

Suicaチャージ用クレジットカード:

早速、Suicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードの中から、おすすめのものを紹介させていただきます。

ビックカメラSuicaカード:

まず、Suicaチャージ用のクレジットカードとして個人的に一番おすすめしたいのが、ビックカメラSuicaカードです。

このクレジットカードは大手家電量販店のビックカメラのクレジットカードではあるんですが、実はビックカメラをまったく使う予定がないという方にもおすすめ

理由としては年会費が実質無料であるということ、そしてオートチャージ用のSuicaとしても使える点などがあげられますね。

  • 年会費:年に1度でも支払いに使えば翌年も無料
  • ポイント還元率:Suicaチャージでポイント3倍(還元率1.5%)
  • オートチャージ:カード単体&Apple Payでも利用OK

もちろんカードタイプやモバイルSuicaを問わず、このカードがあればSuicaチャージでポイントが貯まるようになるので、Suicaの利用頻度が高い方はこのクレジットカード1枚手に入れるだけで年間数千円単位の節約になることでしょう。

ビックカメラSuicaカード:ビューカードビックカメラSuicaカード:ビューカード 

JRE CARD:

ビューカードが2018年より新規発行を開始したJRE CARD(ジェイアールイー・カード)も、Suicaチャージ用のクレジットカードとしておすすめの1枚です。

こちらはJR東日本のショッピング施設であるアトレ、エスパル、ラスカ、ペリエ、フェザンといったところで利用をすると、利用額の3.5%分のポイントが獲得できる点が大きな強み。

残念ながら477円+税の年会費は必要になりますが、それ以上に獲得できるポイント数のほうが多いので駅ナカ&駅チカで買い物する機会が多い方はお得でしょう。

定期券と一緒にしたいならこのカード:

さらにJRE CARDには、JR東日本の定期券をSuicaカードと一体にできる機能あり。

そのため、定期券とSuicaは一緒にしておきたい…とか、財布の中にいれるカードは少ないほうがいい…という方は、ビックカメラSuicaカードよりもこちらを選ぶのがおすすめですね。

1枚でスッキリとまとめられます。

JRE CARD:ビューカードJRE CARD:ビューカード 

ルミネカード:

普段からLUMINE(ルミネ)でよく買い物をする方や、新宿駅南口に新しくできたNEWoMan(ニュウマン)でお得に買い物をしてみたいと思う方は、ルミネカードも選択肢に入ってきます。

こちらであればルミネ関連での買い物が普段は5%引き、特定期間は10%オフになるので馬鹿にできません。

ルミネの利用頻度で決めるべし:

但し、ルミネカードは年会費がしっかりかかるクレジットカードになってくるので、ルミネ等をまったく使う予定がないのであれば、前述のビックカメラSuicaカード等を選んだほうが無難。

逆に年間2万円以上の買い物をルミネでする予定があるなら、年会費を負担したとしてもルミネカードのほうがお得になりますよ(10%オフ期間に使うなら年1万円でもルミネカードのほうがお得)。

ルミネカード:ビューカードルミネカード:ビューカード 

家族カードを使うなら「ビュー・スイカ」カードも:

JRE CARDが新規発行されたことで影が薄くなってしまった「ビュー・スイカ」カードですが、こちらは家族カードを発行したい方にとっては価値ある1枚。

家族みんなでSuicaチャージしたいとか、オートチャージ機能を使いたいという場合には、こちらのカード作成を検討いただければと思います(Suicaチャージ以外の利用額に応じてボーナスポイントも貰える)。

Suicaチャージに関する知識:

f:id:cardmics:20170410092526j:plain

ここまででおすすめのSuicaチャージ用クレジットカードを紹介させていただいたので、それを補足すべく、ここから先はSuicaチャージに関する知識をまとめておこうと思います。

ビューカードがSuicaチャージ用最強?:

今回、紹介させていただいたSuicaチャージ向けクレジットカードはどれでもJR東日本系のクレジットカード会社であるビューカード発行のクレジットカードです。

ではなぜビューカード発行のクレジットカードが良いのかというとその理由は単純で、Suicaチャージでポイントを貯めようと思うのであればこれ以外の選択肢がないため。

要するにJR東日本の電子マネーであるSuicaの入金には、やはりJR東日本のクレジットカードを使うのがお得なのですね。他社カードよりもポイントが溜まりやすい強みがあります。

モバイルSuicaなら他の選択肢もあるけど:

まぁモバイルSuica(Android携帯等で使える携帯版のSuica)やApple Pay上で使うSuicaであれば別の選択肢もないことはないのですが、それでもビューカードのほうがポイント還元率も良く、更にはオートチャージにも対応しているので文句のつけようがありません。

  • ビューカードのポイント:Suicaチャージで3倍(還元率1.5%)
  • オートチャージ:JR東日本や東京メトロ等の駅で自動チャージ

唯一あるデメリットである年会費が有料という点も、ビックカメラSuicaカードやJRE CARDであれば実質負担0円にすることが可能。

それゆえ、普段からSuicaを利用している方であればもう、作らないほうが損なクレジットカードであると言えます。

Suicaチャージで得する金額について:

次に、Suicaチャージ用にビューカードを作るとだいたいどのくらいの節約になるのか…という点については下記表を参考に。

月間チャージ額 獲得ポイント数
3,000円 年間540円
5,000円 年間900円
10,000円 年間1,800円
20,000円 年間3,600円

月間、だいたい1万円くらいSuicaチャージをしている方であれば1年で1,800円分ほどのポイント獲得になるわけですが、正直、『たったそれだけか…』と思われる方も多いかもですね。

確かに節約にはなるけど新規にクレジットカードを作るほどじゃない…と、私でも思うと思います。

3年、5年で考えると凄いことに:

ただこれはあくまで1年単位での話。

これを3年、5年といった長期で考えてみると結構バカに出来ない金額になってきて、月額1万円Suicaチャージする人が5年間、ビューカード系のクレジットカードを使った場合には9,000円もの節約になるわけです。

  • 3年使った場合:5,400円の節約
  • 4年使った場合:7,200円の節約
  • 5年使った場合:9,000円の節約

しかも一度クレジットカードを作ればそれ以降はずっとSuicaチャージでポイントが貯まる。まぁ10年先どうなってるかはわかりませんが、これだけの節約になるのであればクレジットカードを作ってもいいかなと思える方も多いのではないでしょうか?

定期券購入にも強いビューカード:

ついでにいうとビューカードはJR東日本の定期券購入時にもポイントが貯まるクレジットカード。

  • 定期券購入:ポイント還元率1.5%
  • 特急券購入:ポイント還元率1.5%
  • 新幹線切符購入:ポイント還元率1.5%

JR東日本の路線を利用して通勤している方であれば、Suicaチャージ以外でもポイントが貯まるのでお得ですよ(下記記事で解説しているように、1.5%分のポイント還元を受けるためにはJR東日本のみどりの窓口を利用することが前提)。

news.cardmics.com

私は年間1万ポイント以上を獲得中:

電車やバスといった公共交通機関だけでなく、タクシー代の支払いにもSuicaを使う私の場合、年間に獲得可能なポイント数は1万ポイント以上。

そしてそれらの獲得ポイントはJR東日本の駅構内に設置されているATMである『VIEW ALTTE(ビュー・アルッテ)』を利用することでSuica残高に交換することが出来るので、家計的にも非常に助かっていますね。

もはやビューカード様様といった感じです。

よくある質問とその答え:

f:id:cardmics:20170517142114p:plain

さらにSuicaチャージに関する知識をつけてもらうために、よくある質問と答えをQ&A形式で作成しておきました。まだまだ疑問がある方はこちらもどうぞ。

Q.なぜクレジットカードチャージはお得?

現金でSuicaチャージをするよりも、クレジットカードを使ってSuicaチャージをしたほうがお得な理由は単純で、現金でSuicaチャージをしてもポイントが一切貯まらないから。

  • 現金チャージ:ポイント獲得0円
  • クレジットカードチャージ:ポイント獲得アリ

反面、前述のようにJR東日本系のクレジットカードであるビューカードを利用してチャージするだけで、Suicaチャージ額の1.5%分のポイントが貯まるわけですから、その差は歴然ですよね。

支払いが後回しされるのもお得:

また、人によっては嫌がってしまう部分かもしれませんが、クレジットカード払いでSuicaチャージを行うと支払いが後回しになるというメリットも存在。

  • 現金チャージ:瞬間的にお金がなくなる
  • クレジットカードチャージ:支払いは約1ヶ月後

中でも生活費にちょっと困ってしまっている方だと、こういう後払いのメリットは大きいのではないでしょうか?

後払いをうまく利用することでお金のやりくりが出来る場合もあると思われます(下記記事もあわせて参考に)。

news.cardmics.com

Q.オートチャージ対応はビューカードだけ?

Suicaのオートチャージに対応しているクレジットカードをもっと知りたい…という方は多いかもですが、基本的にビューカード系のクレジットカードだけがSuicaのオートチャージに対応中。

正確にいうとイオンカードが発行しているイオンSuicaカードや、JALカードのJALカードSuica等のSuica内蔵カードであってもオートチャージ機能は利用できますが、それ以外のクレジットカードでは利用することが出来ないのでご注意ください(Suicaが内蔵されているかどうかで判別すれば大丈夫)。

  • Suica内蔵カード:オートチャージ対応
  • Suicaが内蔵されてないカード:対応なし

他にも横浜銀行やみずほ銀行などでもSuica内蔵カードは発行してますね。これらのカードでもオートチャージ機能は利用可能です。

Q.アトレも使うし、ルミネも使うんだけど:

『通勤の際にアトレを使うことも多いんだけど、洋服を購入する場合にはルミネで買い物をする機会が多い私は、JRE CARDとルミネカード、どっちを作るべきなの?』

そんな悩みをお持ちの方は、もういっそのこと2枚とも持ってしまうのもひとつの手。

ビューカードは2枚持ち、3枚持ちがOKなクレジットカードなので、年会費負担さえ気にならないようであれば複数枚、使い分けるのも良いアイデアだと思われます。

仕事用、家計用にSuicaを使い分けることも:

加えてビューカードを2枚持ちすれば、仕事用と家庭用でSuicaを使い分けることも可能。

そうすれば『このタクシー移動は仕事関連だから仕事用のSuicaで支払うか!』とか、『このコンビニ利用は私用の支出だから、家庭用のSuicaで支払おう』などなど、事業における経費管理が楽ちんになりますよ。

  • 仕事用Suica:全額経費にする
  • 家庭用Suica:経費には一切しない

個人事業主の方、法人経営者の方などにおすすめです。

news.cardmics.com

なんでもボーナス払いに出来るビューカード:

ビューカードには他のクレジットカードにはない特徴があって、1回払いで購入した代金を金利手数料のかからないボーナス払いや2回払いに切替可能なサービスが備わっています。

これを利用するとたとえSuicaチャージであったとしても支払いを半年以上先延ばしすることが可能…と、手元資金になにかと困っている方だとうまく、お金をやりくすることが出来てしまったりしますよ(やり方は下記記事参照)。

是非、活用ください。

さぁビューカードを作ろう:

f:id:cardmics:20180408180301j:plain

長々と説明してきましたが、これでSuicaチャージ用のクレジットカードについてはバッチリのはず。

1枚作っておけばSuicaチャージでポイントが溜まりやすく、オートチャージ機能も利用できるようになるので、特に東京周辺で仕事をしているビジネスパーソンは改札で捕まって上司や同僚を待たせることがないよう、1枚作っておくようにしてもらえれば…と思います。

以上、Suicaチャージで得するクレジットカード(2019年版)!普段からSuicaを使うならオートチャージ対応のクレジットカードを作ろう…という話題でした。

Suicaの参考リンク:

Suicaチャージ可能なクレジットカードにはイオンカードSuicaもありますが、実はこちらはまったくSuicaチャージには向かないクレジットカード。

ビューカード発行のクレジットカードよりもポイント還元率が圧倒的に悪いので、イオンカードを使ってSuicaチャージしている方はご注意ください。

  • ビューカードでチャージ:ポイント還元率1.5%
  • イオンSuicaカードでチャージ:ポイント還元率0.25%

news.cardmics.com

PAGE TOP