クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

1歩間違えば人生が終わる?クレジットカード初心者がやってしまいがちな、致命的な6つのミスまとめ!決してカードを甘く見てはいけません。

Credit Cards

クレジットカードを初めて持ったという方が、やらかしてしまいがちな致命的なミス6つを、今回は紹介したいと思います。

脅すようではありますが、冗談ではなくこれらのミスは1歩間違えると、人生が終わりかねない致命傷になることもあり得ます。数百万以上もの借金を背負わされることや、結婚できなくなってしまう可能性すらありますので、みなさんは絶対にこれらの行為はしないようにしてください。

尚、『クレジットカードの使い方そのものがわからない!』という初心者の方は、下記記事を読むところからどうぞ。クレジットカードの使い方をわかりやすく解説しています。

初心者がやりがちな6つのミスまとめ:

1.裏面にサインをせずにカードを持ち歩く:

クレジットカードを持って10年以上…というベテランの方でも、結構な比率でやらかしてしまっているのがこれ。クレジットカードの裏面にある署名欄に、自分のサインをしないまま持ち歩くことです。

これ、考えても見てください。

万が一、あなたがそのクレジットカードを落とした場合には、ひろった人が自由にサインをすることが出来ます。なにせ空欄のままなわけですからね、まさに書きたい放題。その後はそのクレジットカードを使って自由に買い物が出来てしまうことになります(店員さんが不正カードだと見抜けない)。

  • サインしてある場合:悪用しようにも筆跡でバレる
  • サイン欄が空欄:適当にサインをして、買い物で使える

f:id:cardmics:20180119091255p:plain

クレジットカードを悪用されまくってしまう:

もうこうなると10万、50万円、さらには100万円といった買い物で悪用されてしまう可能性も。

まぁクレジットカードには利用限度額という『支払いで使える金額の上限』が設定されているものですが、ゴールドカードなどのカードの場合にはその上限も高めに設定されているので、紛失時の損害が数百万単位になってしまうことだってありえます(複数枚、落としてしまう場合も同様)。

ほんと『サインをするのがちょっと面倒だったから…』というだけで、大きな借金を抱えては大損ですよ。今すぐ、裏面にサインをするようにしてください。

サインがあれば盗難保険の補償内:

尚、きちんとサインをしてあった場合には、クレジットカードには盗難補償が付いているので、不正利用による損害を保険でカバーしてもらうことが出来ます(所定の手続きは必要&申請期限アリ)。

  • 裏面にサインがない:盗難保険の対象外になってしまう可能性も。
  • 裏面にサインがある:盗難保険が不正利用からあなたを守ってくれます。

反面、裏面に署名サインをしっかり書いていないと、クレジットカード保有者の落ち度があったとして盗難補償の対象外になってしまうことも。

そういった意味でもクレジットカード裏面には必ず、どんな場合であっても、自筆のサインをしておくことが大切なのですね(盗難補償については下記記事を参照に)。

news.cardmics.com

2.カード代金の支払いをつい忘れる:

2番目は、クレジットカード代金の支払いを、つい忘れてしまうこと。

これについては1度や2度くらいであればそれほど問題ありません。しかし、電気料金やガス代を払っている感覚で、毎月毎月、クレジットカードの支払いを遅らせているととんでもないことになる可能性があります。

  • 電気やガスの支払い:支払いが遅れても少し問題になる程度*1
  • クレジットカード代金の支払い:支払いが遅れるとかなりマズい
支払い遅延ばかりしているとブラックリスト入り:

では、クレジットカード代金の支払いが頻繁に遅れたらどうなるのか…というと、俗にいう『ブラックリストに掲載された状態』になる可能性があります。

理由は単純、あなたのクレジットカードの返済履歴というのはすべてのクレジットカード会社や銀行などで共有されている情報なため。

つまりクレジットカード代金の返済を頻繁に遅れている方は、「貸したお金を期日通りに返してくれない信頼のおけない人」という扱いを受けることになるので、結果としてブラックリスト入りしてしまうのです。

f:id:cardmics:20180119091306p:plain

当然、新規にクレジットカードを申し込んでも発行してもらうことはできなくなります(それどころか、保有しているクレジットカードを没収されてしまう可能性も)。

各種ローンも組めなくなる:

ちなみに、ブラックリスト入りした場合にはクレジットカードが新規発行できなくなることに加え、車や住宅のローンも組めなくなる可能性は高いです。

カードの支払いが常に遅い方の場合:

  • 車をローンで買う:信用力がないのでお金を貸してくれない
  • 住宅をローンで買う:信用力がないので貸してくれない
  • 新規にカードを作る:信用力がないので作れない

この理屈も同様で、あなたが「貸したお金を返してくれない信頼のおけない人」だから。そんな人に住宅ローンなり、車のローンなりで数百万~数千万円を貸してしまったら、銀行としても貸したお金の回収ができなくなってしまうので、ブラックリスト入りした人はローンも組めなくなってしまうのです。

特に地方在住の方にとって車が買えなくなることは死活問題。そうなりたくなければ、兎にも角にもクレジットカードの支払いだけはどんなことがあっても遅れないようにしてくださいね(ブラックリストの招待や、ブラックリスト入りする場合の詳細は下記記事を参照に)。

news.cardmics.com

3.家族や友人にカードを使わせる:

買い物などの際、自分の手が話せない時に『このクレジットカードで払っておいて!』とやったことがある方、多いんじゃないんでしょうか?

実はこれも問題。クレジットカードはカード保有者とカード会社との契約に基づいて使える支払い手段なため、他の人が利用できる契約にはなっていないためです。

  • 問題なし:自分のクレジットカードを自分で使う
  • 問題あり:クレジットカードを家族に使わせる
貸した時に発生した損害は補償されない:

では、家族に自分のクレジットカードを使わせる行為には、どんな危険があるのかというと、これは補償の問題が絡んできます。

たとえば家族や友人にクレジットカードを貸した場合であなたのクレジットカードが悪用されてしまった場合には、その損害はあなたが自腹を切るしかなし。あくまでクレジットカード会社が損失分を補償してくれるのは「あなたが利用していた時のみ」なので、ご丁寧に他人が使った分まで補償してくれることなんてありないからです。

  • 自分が利用していた場合:不正利用されても補償の対象
  • 家族が利用していた場合:不正利用されたら補償の対象外

そのため、家族はもちろんのこと、たとえどんなに信頼できる友人や恋人であっても、カードだけは渡さないようにしてください。

いやいや、どうしても家族にクレジットカードを使わせたい…というなら、下記記事を参考に家族カードの作成を検討をしてくださいね(家族カード=家族でも使えるクレジットカード)。

news.cardmics.com

4.暗証番号を誰かに教える:

クレジットカードの暗証番号というのは、漏れないことを前提に設定されている番号。

仮に暗証番号を入力されて誰かにあなたのカードを悪用されてしまった場合には、その損害は全額、カード保有者の負担になる場合があります。

  • サインを真似されて不正利用された:補償の対象
  • 暗証番号を入力されて不正利用された:カード保有者本人しか知り得ない番号なので、補償の対象外になることも
会員規約にも記述あり:

実際、テレビCMでも有名な三井住友VISAカードの会員規約にも下記の記述あり。

第14条(会員保障制度)

(中略)次の場合は、当社はてん補の責を負いません。

(中略)カードショッピング、キャッシングリボおよび海外キャッシュサービス取引等のうち暗証番号の入力を伴う取引についての損害(ただし、当社に登録されている暗証番号の管理について、会員に故意または過失がないと当社が認めた場合はこの限りではありません。)

そのくらい暗証番号を誰かに教えるという行為は怖いことなので、クレジットカードの暗証番号だけは、絶対に誰にも教えないようにしてください。家族でも当然ダメです。

あと、こちらは説明不要かとは思いますが、カード裏面に暗証番号を記入しておくとか、カードに付箋紙で暗証番号を付けておく…なんてことも論外。

4桁の数字はあなたの心の中だけに留めておくようにしてもらえればなと思います(暗証番号が覚えられない方は下記記事も参考に)。

news.cardmics.com

5.利用明細書をチェックしない:

クレジットカード会社から利用明細書が届いてもそれをチェックしない…という方は多いですが、これも非常に危険な行為。

これは下記図の通り、悪意のある第三者にあなたのクレジットカードを悪用されていた場合でも、利用明細書をチェックしない人にはそれに気付くことが出来ないためです。

f:id:cardmics:20180119091301p:plain

  • 明細書をあまりチェックしない:不正され放題
  • 明細書を頻繁にチェックする:不正がすぐわかる

最近では1万円未満の少額な金額を敢えて悪用し、それに利用者が気付くかどうかをチェックしてから悪用する詐欺団もあるという話も聞きます。

毎月の利用明細書をチェックしていない利用者は、そういった悪意のある方にとってはカモみたいなものなので、くれぐれもご注意ください。

盗難保険の申請も出来なくなる:

こう書くと『どうせクレジットカードには盗難保険が付いているんだから、不正利用されても大丈夫じゃないか』と思われるかもしれません。

確かにおっしゃるようにクレジットカードの盗難保険は、悪意のある不正利用からあなたを守ってくれるありがたい保険。この保険がある限り、あなたは不正利用から守られていることになるわけですが、実はこの保険には約60日程度の申請期限がちゃんと存在します。

  • 補償期限内:不正利用されても補償される
  • 補償期限外:不正利用されたら自己負担になることも

例えば1年分の明細書を見返していたら、半年前に不正利用らしき利用があったとしても、これは後の祭り。

クレジットカード会社ももう、補償期間外として不正申し立てを受け付けてはくれないので、毎月しっかりと利用明細書を確認して、不正利用がないかどうかを確認することが大切なのですね。

6.仕組みを知らずにリボ払いを使うこと:

最後はリボ払いの仕組みを知らずにリボ払いを使うことです。

先日も楽天カード利用者がリボ払いを使っていたら、いつのまにか100万円もの借金にふくれあがっていた…なんて記事(こちら)が話題になっていましたが、リボ払いはそういった可能性がある支払い方法。初心者の方は利用しないに越したことはありません。

リボ払い専用カードのほうがポイント面でお得!なんて情報をバラ撒いている比較サイトもありますが、初心者は絶対に作らないほうが無難です。

どうしても使う場合には仕組みを理解すべし:

どうしてもリボ払いを使わなくてはいけない場合には、その前に下記記事に目を通すようにしてください。こちらではリボ払いを使わなくて済むようにする方法をいくつか紹介しているので、これらの回避策でどうにか出来るならそれに越したことはないためです。

それでもリボ払いを使わなくちゃいけない…というなら、きちんとその仕組みを理解した上で利用するように。リボ払いがあなたにとってメリットになるかデメリットになるかは、利用者側の使い方次第ですよ。

news.cardmics.com

カードの券面画像をネットに公開するのもダメ:

いくらクレジットカードをはじめて入手できたからといっても、その画像をFacebookやTwitterに掲載してしまうのはダメ。

なぜならあなたのその画像には重要な情報である、クレジットカード番号や有効期限が判別できてしまうため、下手すると楽天市場やAmazonで誰かに好き勝手、買い物をされてしまう危険性があるためです。

どんなに嬉しかったとしても、クレジットカードの券面画像だけはネット上に公開しないように気をつけてくださいね(どうしても公開したい場合は、番号のところにモザイクをかけて判別不可能にして公開しましょう)。

この6つだけは絶対にやらないように!

f:id:cardmics:20170619154834j:plain

ここまでクレジットカード初心者がやりがちな、致命的なミスを6つほど紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

クレジットカードはきちんと理解して利用すればとてつもなく便利な支払いツールになります。しかし、よくわからずに利用すると、あなたの人生を狂わせる存在になることもありますので、基本だけはきちんと理解してから利用するようにしてみてくださいね。

以上、1歩間違えば人生が終わる?クレジットカード初心者がやってしまいがちな、致命的な6つのミスまとめ!決してカードを甘く見てはいけません…という話題でした。もし周りにクレジットカードの使い方がよくわかっていない方がいたら、この記事をそっとオススメしてもらえればなと思います。

参考リンク:

その他の参考リンクとして、クレジットカード初心者の方におすすめの情報を紹介しておきます。まだクレジットカードを作ったことがない方はもちろん、カードの使い方がわからない…という初心者の方も是非、参考にしてみてください。

あと、クレジットカードを1枚くらい作ってみようかなという方は下記記事も参考に。はじめての方におすすめのカードを紹介しています。

news.cardmics.com

*1:もちろん電気代やガス代の支払いは遅れてもいいよ…というわけではありません。期日までにしっかり支払うようにすることが、大人としてのマナーですよ。

PAGE TOP