クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

ブラックリストに載ってしまう6つのケースと、掲載されない4つのケースまとめ!延滞や債務整理などのブラックリスト入りする条件はこれだ。

f:id:cardmics:20191126121519j:plain

今回はブラックリストに載るケースには、どんなものがあるのか?ということについて詳しくまとめていってみたいと思います。

一体どんなことをすればブラックリストに載り、逆にどんなことであれば掲載されないのか…といったことに興味がある方は、是非、この記事を参考にしてみてください。

これらをしっかり把握しておけば、貸金業(クレジットカードや消費者金融など)の業界におけるタブーな行動がわかるようになりますよ。

尚、念のため書いておきますが、実際にはブラックリストという名称の一覧リストや名簿のようなものは存在しません(詳しくは下記記事などにて)。

まるでブラックリストに載ったかのようにクレジットカードやカードローン、住宅ローンなどが契約できない状態のことを一般的に「ブラックリストに載る」と呼んでいるだけなので、勘違いしないようにしてくださいね。

ブラックリストに載ってしまう条件:

まずはブラックリストに載ってしまうケースから。

総じて言えるのは借りたお金を返さない(返せない)とブラックリスト入りすることになります。

1.カードや消費者金の支払いをしない

クレジットカードを利用した金額や、キャッシングなどで借りたお金を期日までに返さず、その後も返済できない状態が続いた場合には「延滞(えんたい)」したという記録が個人信用情報機関に残ります。

だいたい2ヶ月以上に渡り、借りたお金を返せない状況が続いたらほぼアウトだと思ってください。

仮に返済金額が用意できなそうになったら出来る限り早くカード会社に電話をし、返済計画のリスケジュールをするのがおすすめです(支払えなくなった方は下記記事を参考に)。

news.cardmics.com

2.自己破産や任意整理などの債務整理を行う

借りたお金はもう返済できないから…と自己破産をした場合や、借りたお金の返済を減額して…という交渉をする任意整理などを行った場合にはブラックリスト入り決定。

  • 自己破産:ブラックリスト入り
  • 任意整理:ブラックリスト入り
  • 代理弁済:ブラックリスト入り

借りた側である私達からすれば自己破産は立派な権利ではあるものの、お金を貸した側からすれば貸したお金がある日突然、0円にされてしまうわけですから、『もう二度とこいつにはお金を貸すもんか!』と思われても仕方ないところですね。

但し、後述するように過払い金返還請求だけは例外。

こちらは返還請求したとしてもブラックリスト入りすることはなくなりましたので、過払い金がある方は安心して請求してもらえればと思います。

3.多重申込をした場合

クレジットカードや消費者金融、銀行のカードローンなどを手当たり次第に申し込む行為も、短期間ではありますがブラックリスト入りすることになります(約6ヶ月間)。

どこの審査にも通らないからたくさん申し込みをしたくなる気持ちはわかりますが、お金を貸す側からしてみれば「手当たり次第にクレジットカードやキャッシングを申し込んでいる人=お金を貸したくない人」です。

短期間にたくさん申し込むとカード審査に通らなくなる

短期間にたくさん申し込むとカード審査に通らなくなる

そのため、どんなに審査が通らなかったとしても、闇雲に申し込んでしまえばブラックリスト入りして通る審査も通らなくなりますので注意。

目安としては月に4種類以上のクレジットカードや消費者金融に申し込むようなら危ないです(クレジットカード会社によっては3回の申込でも問題視するところもある)。

4.クレジットカード現金化などを利用する

クレジットカード現金化、もしくはショッピング枠の現金化を行う行為もブラックリスト入りしやすい行為です(詳しくは下記記事なども)。

もしクレジットカード会社側に現金化ビジネスを利用したことがバレれば利用規約違反により強制解約させられることになるため、その記録が個人信用情報機関に残ってしまうのですね。

これで見事、ブラックリスト入りです。

JICCにはしっかり記録される:

ちなみに。

CICには強制退会や利用停止については記録する場所がないのですが、JICCにはしっかりとその記録が残る箇所があるので、「CICには掲載されないから大丈夫」なんていう現金化業者にだまされないようにしてください(こちらの表を参照)。

また、そもそも現金化ビジネスを使わなくちゃいけないくらい切羽詰っている状況だと、強制退会→未払金の一括返還を求められる際に支払いができず、結局、延滞の記録がついてしまうので一緒かも*1

どんな場合も現金化業者など使わないのがベストです。

5.携帯電話の支払いが滞っている場合

最近よくあるブラックリスト掲載の事例が、「携帯電話料金の滞納」。

これがなぜブラックリスト入りに繋がるのかというと、携帯電話の新規契約&機種変契約の際に、携帯電話本体の分割購入契約をしているためです。

この分割購入契約の返済がきちんと行われない=信用できる人間に値しない…と判断されて、ブラックリスト入りするケースが増加中。

こちらも長期間に渡る滞納や、毎月毎月、督促状が届いてから支払いをしているという場合には信用情報が著しく傷ついてしまっている可能性が高いのでご注意ください。

奨学金の滞納も同じ:

同じく大学や専門学校の学費として借りた奨学金の滞納についても一緒。

こちらも個人信用情報機関にしっかりと延滞記録が残ってしまうので、返済を滞納がちな方の場合にはこれでもブラックリスト掲載されることになります。

6.同姓同名の方との勘違い

最後はごくごく稀に発生する事例ですが、同じ生年月日の同姓同名の方と混同され、言われのないブラックリスト入りをしてしまうというものです。

『自分と同姓同名の人がたくさんいる』という、ごくごくありふれた苗字&名前の方で、なぜブラックリスト入りしているのかわからないという方は、このあたりを念のため疑ってみると良いでしょう。

CICやJICCなどで確認してみれば即、わかりますよ。

news.cardmics.com

なぜブラックリストが作られたのか?

なぜブラックリストとも言える個人信用情報が作成&共有されるようになったのかというと、これはお金を貸す側の立場になればカンタンですね。

表向き上はお金を貸しすぎて人生を狂わせてしまわないように…とか、借金で苦しむ人を減らしたい…が理由になるかとは思いますが、実際のところは「お金を貸したにも関わらず返してくれない要注意人物」を業界として共有しておくと、借金を踏み倒される確率が下がるというだけのことでしょう。

  • 表向き上:返済能力を超えた貸付をしないため
  • 実際のところ:お金を返さない要注意人物情報を共有するため

ちなみに、信用情報機関が存在しなかった時代は、本人確認用の提出させた健康保険証に小さくメモをしたり、穴あけパンチでこっそり穴を空けたりして、消費者金融同士で情報共有をしてたそう。

確かにそんな状況では借金漬けの人が「俺はどこからも金を借りてない!30万円ばかし貸してくれ!」を嘘を付くのは容易だったと思われるので、それを考えると信用情報機関の必要性がわかりますね。

ブラックリストに載らないケース:

f:id:cardmics:20191113223958j:plain

ここまではブラックリストに掲載されるケースを紹介させていただきましたが、では逆にブラックリストに載らないケースにはどのようなものがあるのでしょうか?

こちらもわかりやすくまとめておきます。

1.電気代やガス代の支払い遅延

電気代やガス代、NHK料金などはいくら滞納したとしてもブラックリスト掲載に繋がることはありません。

理由は単純で、それらの支払履歴は個人信用情報機関には登録されないためです。

但し、クレジットカード払いで電気代やガス代を払っている…という場合には、そのクレジットカード自体を滞納してしまえば同じ(電気代やガス代の滞納ではなくクレジットカード代金の滞納として捉えられてしまう)。

  • 電気代をコンビニ払い:滞納してもブラックリスト入りしない
  • 電気代を銀行口座振替:滞納してもブラックリスト入りしない
  • 電気代をカード払い:滞納すればブラックリスト入りの可能性大

あくまで現金払いやコンビニ払いで公共料金の支払いをしているという方のみ、ブラックリストには載らないと思っておいてください。

2.過払い金返還請求をした場合

「過払い金返還請求」をカード会社や消費者金融会社にした場合でも、現在ではブラックリスト入りしません。昔はこれでも「契約見直し」が付いてしまっていたんですが、今ではそれもありません。

ただこちらも例外があって、現在、債務がまだ残っているケースで利息制限法による引き直しをしたとしても債務が残ってしまう場合には「債務整理」として記録が付いてしまうことや、過払い金返還請求が完了するまで一時的に債務整理が記録されてしまうケースなどもあるようです。

事故情報がついてしまうかどうか心配な方は、過払い金返還請求をする前に弁護士事務所や司法書士事務所に問い合わせをしてみてください(相談はこちらから)。

過払い金返還請求をした会社も難しい:

尚、過払い金返還請求そのものでブラックリスト入りはしませんが、過払い金返還請求をした相手(クレジットカード会社や消費者金融)の社内では問題視される可能性大。

  • 個人信用情報機関への記載:残らない
  • 各カード会社の社内履歴:記録として残る

つまりそれらのクレジットカードはもう二度と、作れなくなってしまうのでこちらは覚悟の上、過払い金請求をしてもらえればなと思います。

3.ちょっとした延滞

銀行口座にうっかりお金を振り込むのを忘れてしまった…という程度の、ちょっとした延滞であればブラックリスト入りすることはまずありません。

だいたい年に1回程度の支払い遅れで且つ、支払いに遅れてしまったとしても2~3日程度で入金をしているであれば、軽度の延滞として問題にされないことでしょう。

反面、年に2回も3回も延滞を引き起こしている場合だと、「この人はお金に余裕がない人なのかも?」という扱いを受ける可能性あり。

  • 年1回程度の支払い遅れ&即座に入金:問題にされない可能性大
  • 年に2回以上の支払い遅延:問題にされる可能性大

下手すると個人信用情報機関に支払い遅れを記録されてしまうこともあるのでご注意いただければと思います(詳しくは下記記事なども参考に)。

news.cardmics.com

4.家族や配偶者がブラックリスト

ネット上でもよく勘違いしている方が多いのですが、たとえ家族や配偶者(夫や妻)がブラックリストに掲載されていたとしても、自分も一緒にブラックリストに掲載されることはありません。

この理由は単純で、いくらクレジットカード会社や消費者金融といっても、個人信用情報機関では申込者本人の信用情報しか確認ができないので家族がブラックリストに掲載されているかどうかまで判別がつかないためです(勝手に家族分まで見たら閲覧履歴が残っちゃいます)。

詳しくは下記記事にて解説していますが、「家族がブラックだから…」「旦那がブラックだから…」という方は、それ以外の理由で審査落ちしている場合のほうが多いと思いますよ。

高めるべきは自分の信用力ですね。

news.cardmics.com

5.友人とのお金の貸し借り

友人・知人にお金を借りたり、家族から工面したお金については、いくら返済をしなかったとしてもブラックリストに掲載させることはありません。

これはたとえあなたに対して憤慨をした人が「こいつは貸した金を返さない極悪人だ!」と裁判を起こしたとしても、ブラックリストを管理している個人信用情報機関にその情報が掲載されることはないといえます(個人には信用情報機関に情報を登録する権限がない)。

  • 信用情報機関の加盟会員からお金を借りた場合:
    取り決められた日までにお金を返さないとブラックリストに掲載される可能性が高い
  • 信用情報機関に加盟していない人から借りた場合:
    取り決められた日までにお金を返せなくてもブラックリストには掲載されることはない

同様に勤務先の企業からお金を貸してもらったり、社長から給与を前借りした場合などもブラックリストに載ることはなし。

基本的には信用情報機関に加盟しているクレジットカード会社や消費者金融などからお金を借りた場合のみ、ブラックリストに掲載される可能性があると思っておけば問題ないでしょう。

ブラックリストがあるおかげで金利が下がってる?

過去にお金を返せなかったことがある方にとっては迷惑な存在ともいえるブラックリストですが、そうじゃない方にとってみればブラックリストは非常にありがたい存在。

なぜならブラックリストがあることで、お金を貸す側である消費者金融や銀行は「お金を貸しても問題ない人」にのみお金を貸せるようになるため、業界全体の金利低下につながっていると思われるからです。

反面、ブラックリストが存在せず、返済能力がない人がそこら中から借金できる世の中では、企業側は金利を引き上げることでその対策をするほかなし。

  • ブラックリスト有り:
    貸したお金を返済してもらいやすいので低金利で貸せる
  • ブラックリスト無し:
    貸したお金が踏み倒されやすくなるので金利が高くなる

なにせお金を貸しても踏み倒される可能性が高いわけですから、金利を高くしなきゃやってられないことになります。

ブラックリストから削除するには?:

f:id:cardmics:20170613001507j:plain

最後に、借りたお金をすべて返せばブラックリストから掲載削除してもらえる…と思っている方は多いのですが、これは間違いです。

長期間にわたる支払い遅延や契約解除、そして自己破産などの債務整理を行った場合にはどんなに短くても5年間、長い場合には7年程度もブラックリストに掲載されることになるので注意してください。

そして前述のように、この期間の間にはクレジットカードは新規に作れないわ、住宅ローンや自動車ローンも組めないわ…といったように、不自由な生活を強いられることにもなります。

そのため、やはり大切なのはブラックリストにどうすれば載るのかをしっかり把握し、掲載されないことが一番。

無駄にブラックリストに載ってしまわないように金融知識をしっかり身につけ、信用される人間を目指してもらえればと思います。

以上、ブラックリストに載ってしまう6つのケースと、掲載されない4つのケースまとめ!延滞や債務整理等、ブラックリスト入りする条件はこれだ…という話題でした。

参考リンク:

ブラックリストに載らないようにしたいなら、お金に関する知識をしっかりつけておくことが重要。

下記記事にて初心者の方にもやさしい本をまとめているので、「この機会にお金の知識をつけておくか…」と思われた方はそちらを是非、ご覧ください。

news.cardmics.com

*1:まぁ現金化を使ったこと自体がバレなければどうにかなるのかもしれませんが、今や100%規約違反にあたる行為なのでおすすめしません。下手すると詐欺罪で刑事告訴されることだってありえます。

PAGE TOP