クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

1枚しかクレカを作れないとしたら、VISA、Mastercard、JCBのどれを選ぶ?総計3,620人に国際ブランドの優先順位を質問してみた。

f:id:cardmics:20171119233411j:plain

『もし1枚しかクレジットカードを作れないとしたら、VISAカード、Mastercard、JCBカードのうち、どれを選びますか?』

今回は個人的にもすごく興味があったので、Twitterのアンケート機能を利用して国際ブランドの優先順位を調査してみました(調査ページはこちら)。

質問です。

クレジットカードを1枚だけしか持てないとしたら、VISA、Mastercard、JCBのどの国際ブランドを選択しますか?

教えてください。

あくまで周りがどう思っているか…という統計結果でしかありませんが、どの国際ブランドを選択するかで迷っている方は是非、参考にしてもらえればなと思います

VISAやMastercard等の国際ブランドについての知識がない方は下記記事から先にお読みください。国際ブランドとはなにかがわかります。

news.cardmics.com

国際ブランドの優先順位について:

やはりVISAカードが圧倒的1位:

早速、気になるその結果は…というと、やはりVISAカードが圧倒的1位という結果に(数値は未回答の人を除いて再調整)。

  • VISAカード:70.7%
  • Mastercard:21.3%
  • JCBカード:8.0%

VISAカードが圧倒的人気

VISAカードが圧倒的人気

実に回答者の7割以上がVISAカードを支持したことを考えると、クレジットカードの国際ブランド選びで迷ったらVISAカードを選択しておけば問題ないことがわかります。

VISAカードの決済シェアは断トツ:

ではなぜVISAカードを支持した人がこれほどまでに多かったのか…というと、これは説明するまでもなく、VISAカードが世界で一番決済シェアの高い国際ブランドだからというのが大きいでしょう(三井住友カードより引用)。

Visaカードは世界200以上の国と地域で利用可能!

クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが58%にのぼり、世界No.1。海外旅行や留学にもおススメです。もちろん、日本国内でも便利に使えます。

最新のNILSON REPORTによる調査でも、VISAブランドはMastercardや銀聯カードを抑えて堂々の1位を獲得。

NILSON REPORTによる国際ブランド決済シェア

NILSON REPORTによる国際ブランド決済シェア

海外だけでなく日本国内でも、今やVISAは一番使いやすい国際ブランドで間違いありません(おすすめのVISAカードは下記記事参照)。

news.cardmics.com

JCBカードの地位低下が心配:

ここまでVISAブランドの圧倒的シェアを紹介させていただきましたが、これはこれで予想の範囲内。

それよりも心配なのが、日本の国際ブランドであるJCBカードを選ぶ日本人が少ないことのほうですよね(JCBは日本国内に本社を持つ国際ブランド)。

  • VISA:アメリカの企業
  • Mastercard:アメリカの企業
  • JCB:日本の企業

株式会社ジェーシービー(英語: JCB Co., Ltd.)は、日本のクレジットカード会社である。(中略)

日本のクレジットカードのパイオニア的存在で、日本発唯一の国際カードブランドでもある。

これはたとえるなら海外企業であるAppleやAmazonが、SONYや楽天市場のシェアを奪ってしまった状況に近いものがありそうな感じ。

事実、日本国内ではいつの間にかJCBカードよりも、VISAカードやMastercardを利用する人のほうが増えてしまった状況です。過去の勢いは見る影もありません。

海外へ渡航予定がある人だと選びにくい:

それじゃなぜJCBカードは1枚だけしかクレジットカードを作れない状況下だと選ばれないのか…というと、世界が小さくなってきたことと関係があるかもですね。

過去、海外旅行はよほどの富裕層でなければ行けない憧れの存在でしたが、現在では2~3万円の低予算でも海外へ旅行に行けてしまう時代。

そんな時代にも関わらず、海外で使いにくさの残るJCBカードの1枚持ちでは不安に思う方が増えたのでしょう。

  • 過去:海外で使いにくさがあっても問題にならなかった
  • 現在:海外が近くなったため、使いにくさが問題に

この辺はVISAカードやMastercardに勝てません。

JCBが使えないお店もじわり増加中:

海外が近くなってきたことに加え、JCBカードが日本国内で使いにくくなってきた状況もJCBがシェアを落とした一因のひとつ。

特に飲食店では『うちはVISAカードとMastercardのみで、JCBカードは利用できません』というお店がじわりじわりと増加中なので、この辺の使いにくさがJCB離れを起こしてしまってる可能性もありそうです。

  • 過去:JCBはどこでもで使えた
  • 現在:JCBが使えないお店がじわり増加中

もはや国内でも、JCB1枚あれば充分だという状況ではなくなりつつあるのですね。

クレカ選びで迷ったらVISAブランド:

f:id:cardmics:20190918142043j:plain

このように1枚しかクレジットカードを作ることが出来ない状況下では、VISAカードを選ぶ人が圧倒的多数。

もちろんMastercardやJCBカードにもそれぞれの魅力はありますが、VISA、Mastercard、JCBのどれを選ぶかで迷ったら、最初はVISAを選択しておけば大丈夫でしょう。

MastercardやJCBは、2枚目、3枚目のカードとして活用ください(各国際ブランドの詳しいメリット&デメリットについては下記記事参照)。

以上、1枚しかクレカを作れないとしたら、VISA、Mastercard、JCBのどれを選ぶ?総計3,620人に国際ブランドの優先順位を質問してみた…という話題でした。アンケート調査に協力していただいた方、ほんとうにありがとうございました。

参考リンク:

選ぶべき国際ブランドがわかったら、あとはお得なクレジットカードを選ぶだけ。

当サイト『クレジットカードの読みもの』がおすすめするクレジットカードは下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP