クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

クレジットカード現金化を絶対に使ってはいけない理由!手数料が高い、業者が怪しい、カード規約違反とデメリットしかありません。

f:id:cardmics:20181113164604j:plain

2019年までに、利用してしまったという方も多いのではないかと思われるクレジットカード現金化(ショッピング枠の現金化)。

クレジットカードの現金化とはカンタンにいうと、クレジットカードの買い物機能を使って現金を作るサービスのこと。

業者側に手数料を払うことで、たとえば10万円する商品をクレジットカードで購入し、それを即、その業者に8万円程度で買い取ってもらうことで現金を手にする…というお金に困った方向けのサービスなのですね。

  1. 業者指定の商品をカード払いで購入する
  2. それを即、その業者に買い取ってもらう
  3. 手元に現金が残る

ただこの現金化ビジネスはもうキッパリと断言しちゃいますが、情弱、つまり情報に疎い人しか使わないサービスであると私は思っています。理由は後述していきますが、たとえどんなにお金が必要だった場合でも、絶対に使ってはいけません。

そこで今回はなぜクレジットカード現金化は使ってはいけないのかという理由を、初心者の方向けにわかりやすく徹底解説。

これを読んでいただければきっと、もう二度と現金化サービスを使おうとなんて思わないはずですよ。

クレジットカード現金化のデメリットについて:

カード現金化は手数料が異常に高い:

まずクレジットカードの現金化を使ってはいけない最大の理由は、クレジットカード現金化は手数料がとんでもなく高いということ。

ネットでは15%しか手数料を取りませんよ~なんてやってるところもあるようですけれども、だいたいが20~30%は余裕で取る。

業者によっては98.8%還元とか99.2%還元といった見た目の数値を低くしておいて利用者を集めつつ、なんだかんだで事務手数料やらサービス料やらの諸費用を上乗せして結局50%近くになる…なんてところもあります。

  • 見た目の手数料が低い業者:別途手数料がかかることも
  • ネットを主体にした現金化業者:持ち逃げされることも

これだけで私なら使いません。

ヤミ金の金利のほうが低いくらい:

それに考えてもみてください。

ヤ◯ザさんの金貸しであるヤミ金だってトイチです。トイチとはご存知の方も多いと思いますが、10日たったら利息が10%かかるという仕組みのことで、だいたい10万円のお金を借りようとすると、その場で1万円が抜かれて9万円貸してくれることが多いそうです(返済は10万円返す)。

それがクレジットカードの現金化ってなんですか。

10万円の買い物をその場でさせられて、手元に戻してもらえるのが7~8万円程度。トイチのヤ◯ザさんより数倍、手数料をもっていかれるとかボッタクリ以外のなにものでもないです。

リボ払いの金利も追加される:

さらにクレジットカード現金化を利用する場合は支払いを分割払いやリボ払いにすることが多いため、その金利を負担することもお忘れなく。

  • 現金化ビジネス:即日、手数料が15~30%は抜かれる+リボ払い金利負担
  • ヤ◯ザ運営のヤミ金:トイチなら10日で10%の手数料

これらを合算すると、だいたい50%近くの手数料が必要になると思っておいたほうが無難です(汗)

消費者金融は現金化と比較すると超良心的:

ちなみに。

テレビCM等を行っている大手消費者金融からお金を借りた場合にはどうなのか…というと、こちらの手数料は1ヶ月借りたとしても1.5%程度。

15%じゃありませんよ、1.5%です。しかもそれが最大値なので、賢くお金を借りれば月に1%も手数料がかからない場合だってあります。

  • 現金化ビジネス:即日、手数料が15~30%は抜かれる
  • 大手消費者金融:1ヶ月借りても1.5%の手数料、1年でも最大18%程度

法律を守っている消費者金融はこれ以上高い金利で貸出できない

法律を守っている消費者金融はこれ以上高い金利で貸出できない

そう考えると現金化と消費者金融、どっちを利用すべきかなんてもう明白。

仮に私がお金に困ったら、間違いなくアコムやアイフルといった即日融資をしてくれる消費者金融からお金を借りますよ。そのほうが安心で負担も少ないです(大手消費者金融をまとめた記事は下記参照)。

news.cardmics.com

もう借りられないから現金化を使う場合は?

中には『そうはいってもこれ以上、消費者金融や銀行からお金を借りることが出来ないから現金化業者を利用するんだよ』って人もいるかも…ですが、それでも後述する理由などを踏まえると現金化業者を使うことはおすすめしません。

だったら最終手段とも言える自己破産等の債務整理を選択したほうがまだ身の安全が確保されるので、周りに迷惑をかけることなく健全に、人生のやり直しをすることが出来ますよ(詳しくは下記記事参照)。

闇金や現金化業者に手を付けてからはではもう手遅れです。

そもそも現金化自体が違法:

f:id:cardmics:20170519214124j:plain

次にそもそもクレジットカード現金化って手法自体が、クレジットカード会社の規約違反だということも忘れてはいけません。

実際、現在では業界団体が中心となって、現金化業者を撲滅しようと動いているほどです(下記抜粋)。

クレジットカード会社は、換金を目的とするクレジットカードの利用を認めていません。

このことは、クレジットカード会社とカード会員との約束事である「クレジットカード会員規約」に記載されています。

このようなことは、規約違反として、「残金の一括請求」、「カードの利用停止」、「カードの強制退会」等のペナルティを受けることにもなります。

つまり仮に現金化を利用した場合には、利用規約違反になってあなたのクレジットカードを取り上げられてしまう可能性大

結果、リボ払いなどで支払いを先延ばしに出来るなんて思っていたら、一括返済を求められることになってしまった!という事態も、覚悟しておいたほうが良いと言えます(一括返済とは、クレジットカードの未払い残高を一度に支払うように求められること)。

業者も怪しいところが多い:

また、クレジットカード現金化業者は怪しい業者がとにかく多い。

2007年の改正貸金業法という法律が施行された影響で、お金を貸す商売が出来なくなった街金業者が、今、現金化業者に姿を変えている…という話もあるくらい。

まぁ中にはまっとう(?)なところもあるのかもしれませんが、ほぼすべてがアンダーグラウンドな違法業者だと思って間違いありません(三重県消費者センターなどの公的なサイトでも、ヤミ金と同列でクレジットカード現金化業者を扱っている)。

3.クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者に提供したカード番号や個人情報等が悪用されてしまうことがあります。

4.場合によっては、利用者本人が犯罪に問われることやトラブルに巻き込まれることもあります。 

論より証拠、2011年に下記の現金化業者が初摘発されて以来、全国各地で逮捕者が続出している状況です(2011年時点でのニュース)。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法で事実上のヤミ金融を営んだとして、警視庁生活経済課は5日、東京都台東区の貴金属販売会社「インフィニティ」の元代表で飲食店経営を出資法違反(高金利、脱法行為)の疑いで逮捕した。

カードの現金化業者を同法違反で逮捕するのは全国初。

違法業者はあなたの個人情報も悪用する:

加えて現金化業者を利用した場合には、現金化の申請時に記入した個人情報が悪用されるリスクもお忘れなく。

  • 申込時に住所氏名を記入:他の業者に横流し
  • 配偶者に内緒で利用:揺すりのネタにされることも
  • 運転免許証を提出:あなた名義で勝手に借金なども

現金化サービス利用後に「お金を貸します!」みたいな電話がかかったら、間違いなく不正に個人情報が流用されてる可能性大です(相手は不法業者なので一般常識は通用しません)。

95%以上の還元はありえない:

あまりご存知ないかもしれませんが、みなさんがクレジットカードをお店で利用すると「加盟店手数料」という費用がお店側にはかかります(わかりやすい仕組みの解説は下記記事参照)。

この費用はクレジットカード現金化業者でも一緒。

つまりみなさんが現金化のお店でクレジットカード払いをするとそのお店は3~5%程度の手数料を負担することになるため、95%以上の現金をみなさんに返すことは理論上不可能なんです。

それにも関わらずインターネット上には98.8%還元や99.2%還元の文字が踊っている状況…。常識的に考えれば実現不可能なこの還元率に、みなさんは決して騙されないようにしてくださいね*1

ショッピング枠の現金化はメリットなし:

f:id:cardmics:20170519214126j:plain

ここまで読んでも尚、クレジットカード現金化を利用したいですか?

一般的に消費者金融の利用に対する抵抗感は強いため、『消費者金融を使うくらいなら、現金化のほうが…』と思われる方の気持ちもわかります。なんか消費者金融って怖いですもんね。

しかし安心していただきたいのは、プロミスやアコムといった大手消費者金融であれば、金融庁管轄の合法的な大企業。

みなさんがイメージしているような怖いパンチパーマのおじさんが取り立てにくることもなければ、朝から晩まで携帯電話が鳴りっぱなしになることもありませんよ(消費者金融とヤミ金の違いはこちらの記事参照)。

  • 大手消費者金融…法律を守ってる業者
  • ヤミ金…法律を無視してる違法業者

怖いのはヤミ金であって消費者金融ではない

怖いのはヤミ金であって消費者金融ではない

反面、現金化業者はご覧いただいたように違法性も強く、業者自体が逮捕されてしまうこともあるくらいなアンダーグラウンドの世界。

ヤミ金からお金を借りるのと同じくらい、現金化を利用することは怖い行為なので、どんな場合も絶対に利用しないようにしてください。違法業者はあなただけでなく、あなたに関係している人間にも取り立てを行うため、あなたの家族&友人の身を護ることにも繋がります。

現金化業者を使うなら自分自身で:

その上で最後にもうひとつ。

どうしてもお金に困って現金化業者を使わなくちゃいけないくらいなら、業者の手を借りず、自分の手でショッピング枠を現金化をしたほうがよほどマシ。

やり方については詳しく書きませんが、この記事に辿り着けた方であればきっと見つけられると思いますよ。怪しい業者とは繋がらないのが一番です。

以上、クレジットカード現金化を絶対に使ってはいけない理由!手数料が高い、業者が怪しい、カード規約違反とデメリットしかありません…という話題でした。

こういった記事を通してクレジットカード現金化の実情が1人でも多くの人に伝わりますように!みなさんの家族や知人友人にも、是非、教えてあげてくださいね。

参考リンク:

消費者金融についてもっと詳しく知りたいという方は、下記記事なども併せてご覧ください。大手消費者金融であればまったくと言っていいほど、恐れる存在ではありませんよ 

news.cardmics.com

*1:厳密にいうと手数料がキャンペーンで無料になっているQRコード決済をかませることでこの還元率を実現することは可能といえば可能…なんですが、記事中でも記載の通り、現金化ビジネスは逮捕のリスクのあるビジネスモデル。10万円換金して800円しか儲けが出ないとしたら誰がやるんだ…ってくらいの仕事なので、実際に98.8%や99.2%といった還元率には「裏」があると思って間違いないです。

PAGE TOP