クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

佐川急便やクロネコヤマトの代引きってクレジットカード払いできる?代引商品が届いた時に、VISAカードやJCBカードが使えるか解説。

f:id:cardmics:20171121204449j:plain

通販サイトでの支払いをクロネコヤマトや佐川急便の代引き(代金引換払い)に設定した場合、玄関口でクレジットカードで支払うことができるのかどうか。

この点について調べている方が多そうだったので、今回は代引きにVISAやJCBといったクレジットカード払いが使えるのかどうかについて記事を書いてみたいと思います。

ネット上でクレジットカード番号は入力したくないから、できれば配送時にカード払いをしたい…という方は参考にどうぞ。

代引きでクレジットカードが使えるか解説:

代引きでクレジットカード払いは使える:

まず、結論から先に行ってしまうと、クロネコヤマトでも佐川急便でも、代引きで商品を届けてもらう際にクレジットカード払いで支払いをすることは可能です。

  • クロネコヤマトの代引き:カード決済OK
  • 佐川急便の代引き:カード決済OK

どうしてもネット上で自分のカード番号や有効期限を入力したくないという方は、代引きでクレジットカード払いができる通販サイトを選んで買い物をすればOK。

そうすればヤマト運輸や佐川急便の配達員を前にしてクレジットカードを使うことが出来ます。

代引きでカード払いが使えないお店も多い:

ただ、ここからがちょっとわかりにくいところなんですが、代引時にクレジットカード決済できるのは「出荷人がクレジットカード払いOK」に設定していた場合のみ

  • 出荷人がカード払いOKと設定:代引きでカード払いOK
  • 出荷人がカード払い不可と設定:代引きでカード払いは使えない

要するに商品を出荷する側である企業や人が、「代引き時には現金払いのみだよ」と設定していたらクレジットカード払いを使うことは出来ません。

この場合は諦めて、現金で支払いをするしかないのです。

公式サイトにも記載あり:

実際、佐川急便のe-コレクト(代引き)の公式ページにも下記の記述あり(こちらより引用)。

代引金額のお支払い方法は、現金・クレジットカード・電子マネー・デビットカードよりお選びいただけます。

あらかじめ、荷送人さまにお支払い方法をご指定(現金のみ/カード決済)いただくことも可能です。荷受人さまへ配達前に連絡をとり、荷送人さまが指定された決済方法をお伝えします。

さらに疑い深い方のために、クロネコヤマトの公式サイトからも引用しておくとこんな感じ(引用元)。

ご注文からお支払までの流れ

  1. ご利用の通販サイト/カタログでお届け時クレジットカード払い(宅急便コレクト)を選択
  2. ご指定日時の前に配達員より連絡を受け、商品金額などのご確認
  3. お支払と同時に商品をお受取り

こちらは少しわかりにくいですが、通販サイトで購入時に「お届け時クレジットカード払い(宅急便コレクト)」を選択しないとクレジットカード払いが使えないことがわかります。

  • 代金引換(宅急便コレクト)を選択:現金払いのみ
  • お届け時クレジットカード払い(宅急便コレクト)を選択:カード払いも使える

要するにただの「代金引換」ではクレジットカード払いは使えないのですね。

使えるクレジットカードについて:

では、商品を出荷する側であるお店・通販サイトが『代引きでクレジットカード払いOKだよ!』となった場合にはどのようなクレジットカードを支払いに使うことが出来るのでしょうか?

これについては日本国内で発行されているクレジットカードの99.9%が使えると思って問題なし(下記はクロネコヤマトのお届け時クレジットカード払いで使えるカードブランド)。

f:id:cardmics:20180608145909g:plain

ヤマトではほとんどのクレジットカードが使える

ご覧のようにVISAカード、JCBカード、MasterCard、ダイナースクラブカード、アメリカン・エキスプレス・カードといったクレジットカードが使えるので、むしろ使えないクレジットカードを探すほうが大変でしょう。

楽天カードやイオンカードも使える:

こう書くと、『いやいや、私が保有しているのは楽天カードやイオンカードだから、やっぱりクロネコヤマトや佐川急便の代引きでは使えないの?』みたいな心配をされる方も多いのですが、そういったクレジットカードの表面には下記5つのブランドのどれかが刻印されていませんか?

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
  • American Express
  • Diners Club

仮にそれらのロゴがしっかり入っているならどちらの配送業者でも利用可能。わざわざ使えるかどうかをヤマトや佐川の営業所に電話をして確認する必要性はありません。

この辺がよくわかっていない方は、国際ブランドについてまとめたこちらの記事も参考にどうぞ。お手持ちのクレジットカードが使えるかどうかがわかるようになります。

nanacoやWAONも使える:

また、ヤマト運輸の場合には電子マネー決済もほとんど対応済み。

利用するためには事前に「お届け時電子マネー払い」を選択する必要性がありますが、代引き料金をnanacoやWAONで払いたい…という方にとっては嬉しいサービスになるのではないでしょうか?

クロネコヤマトで使える電子マネー

クロネコヤマトで使える電子マネー

反面、佐川急便では現状、QUICPay決済のみに対応しているだけなので、佐川のeコレクトを使う場合には素直にクレジットカードで支払ってしまったほうが良いかもしれません。

QUICPayカードまたはQUICPayモバイルをカード決済端末機にかざすだけで、決済されます。(サインは不要です)

こちらは2万円までの利用に限るなど、条件もいくつかあるので使い勝手も少し悪いですね。入手方法等については下記記事を参考にしてください。

news.cardmics.com

リボ払いや分割払いも使える:

あと、気になる方も多いであろう、商品代引き時に使えるクレジットカードの支払い方法ですが、こちらは下記表の通り。

比較項目 クロネコヤマト 佐川急便
1回払い 利用可 利用可
分割払い 利用可 利用可
リボ払い 利用可 利用可
ボーナス払い 不可 利用可

公式サイトによるとクロネコヤマト、佐川急便ともにクレジットカードの分割払いやリボ払いを使うことが出来ますが、ボーナス払いについては佐川急便のみ対応となっているようです。

『ちょっとお金に困ってしまっているから分割払いが使えると助かる…』という方はご利用ください。

下記記事はクロネコヤマトでもボーナス払いが使える方法をまとめた記事です。どうしてもボーナス払いを使いたい場合にどうぞ。

news.cardmics.com

ネット通販から情報漏えいしても補償がある:

商品代引でクレジットカード払いを使いたい方のほとんどが、商品を実際に確かめてから支払いをしたい方か、クレジットカードの不正利用が怖いかのどちらか…ですよね。

仮にその理由が前者である場合にはそのまま代引きを使わざるをえませんが、後者の場合には過度に心配する必要性はなし。

なぜなら日本国内で発行されているクレジットカードには盗難補償が備わっているために、運悪く不正利用されてしまったとしても補償される可能性が高いからです(詳細は下記記事参照)。

加えて楽天市場やAmazonは自社通販モール経由での情報漏えいに対して常に目を光らせているので、情報漏えいが発生した場合の発覚は早いですよ。そういった意味でもご安心ください。

なぜカードが使えない代引きがあるのか?

f:id:cardmics:20170924142847j:plain

最後に。

『私はいつでもどこでもクレジットカード払いを使いたいのに、なぜ商品代引でクレジットカードが使えないことがあるんだ!けしからん!』と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この理由は単純で、みなさんがクレジットカードや電子マネーを使うとその分だけ販売元のお店が負担する手数料が増えるため。

  • 代引きで現金払いのみ:
    出荷側は代引き手数料のみを負担すればいい
  • 代引きでカード払いOK:
    出荷側は代引き手数料に加え、カード決済手数料も負担しなくてはいけない

そのため、荷物を送る側からすると、代引きでクレジットカード払いを使われたら更に手数料負担が増えてしまうので、「現金のみ」の代引きしか提供していないお店が多い状況があるんです。

今後もカード払い禁止の代引きは増えそう:

そして今後も残念ですが、通販サイト同士の競争が激しくなっていく可能性が高いために、代引きでクレジットカードが使えるお店が減ることはあっても、増えることはなさそうな感じ。

  • 現在:代引きでカード払いできる通販サイトは少ない
  • 将来:代引きでカード払いはもっと難しくなる

どうしてもカード払いしたい方は、ネット通販サイトに直接カード番号を打ち込むしか他はなさそうです(ネットショッピングにカード番号を打ち込む安全性についてはこちらの記事を参照)。

以上、佐川急便やクロネコヤマトの代引きってクレジットカード払いできる?代引商品が届いた時に、VISAカードやJCBカードが使えるか解説…という話題でした。

参考リンク:

この機会にクレジットカードの仕組みをしっかり勉強しておきたい…という方は下記ページも参考に。ポイントが貯まりやすい、お得な使い方なども紹介していますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP