クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

あまり広まると規制されるかも?お金に困った時に作るべきは消費者金融のカードではなく、JR東日本のビューカードで間違いない話。

f:id:cardmics:20180408175224j:plain

あんまり広めすぎると規制されちゃうかも…という話題ではありますが、今回は「お金に困った時、借金をせずに乗り切る方法」をひとつ、紹介してみたいと思います。

あくまで一時的なお金不足を乗り切る方法に過ぎませんが、この方法なら金利を1円も発生させることなく金欠を乗り切れるはず。

特にリボ払い、分割払い、消費者金融からのキャッシングなどでピンチを乗り切ろうとしていた方は是非、参考にしてみてください。

見事なまでに金利発生を抑えられますよ。

金利を負担せずに金欠を乗り切る方法:

金欠時=ビューカード最強説:

お金に困ったな…ちょっと銀行口座残高が不足気味だな…という時に作るべきなのは、JR東日本が発行しているクレジットカード「ビューカード」です。

このビューカードではなんと、1回払いの支払いをあとから2回払いやボーナス払いに切り替え可能。まぁこう書いてもあんまりその凄さは伝わらないかもしれませんが、これってほんと凄いことなんですよ。

わかりやすく例をあげてみますね。

1回払いしか使えない店舗でも活用可能:

たとえばクレジットカード払いはOKだけれども、1回払いしか受け付けてくれないユニクロ。このお店でクレジットカード払いをした場合には、通常、翌月にしっかりとその金額を請求されることになります。

『いやいや、後からリボに設定すれば支払いを先延ばしできるけど?』と思った方は詳しい方ですね。しかしご存知のようにリボ払いに切り替えた場合には金利手数料が別途、発生してしまうもの。

確かに支払いを先延ばしに出来ますが、金利負担も重いのであまりお得な先延ばしとは言えません。

ビューカードなら手数料不要で先延ばし:

反面、ビューカードの場合には1回払いでした支払いも後から「2回払い」や「ボーナス1回払い」に変更可能。

これらの支払い方法は金利0円で支払いを先延ばしできる方法なので、完全無料で支払いだけを先送りすることが出来ます(支払い方法と金利についてはこちらの記事を参照)。

  • 他のカード:
    後からリボに変更することで支払いの先送りは可能だが、別途、金利手数料が発生してしまう。
  • ビューカード:
    後からボーナス払いに切り替えられるので、金利負担なしで支払いを先延ばしできる。

つまり『今、ちょっと手元にお金が足りないな…』と思ったら、ビューカードを入手して支払いをどんどん先送りしちゃえばOKってこと。

一時的な金欠ならば、これだけで借金をせずに金欠を乗り切ることが出来ます(慢性的な金欠でも金利負担を減らせるメリット有り)。

ボーナス払い不可の店でも使える:

『ビューカードのサービス内容はわかったけど、それって別に最初からボーナス払いを指定して支払えばいいんじゃない?』と思われるかもしれません。

しかし、ここが重要なポイントで、ビューカードはボーナス払いを受け付けてくれないお店でも、後日、支払いをボーナス払いに切り替える可能なのが大きな強み。

  • 他のカード:
    ボーナス払いOKの店でしかボーナス払いが使えない
  • ビューカード:
    ボーナス払い不可のお店でもボーナス払いが使える

要するに店頭で「うちはボーナス払いダメだよ!」と断られても、こっそり後からボーナス払いに変更可能ってことです。

ビューカードが自腹で負担してる?:

ではなぜ、ビューカードでのみ、こういったあとからボーナス払いやあとから分割2回払いが使えるのか?

この加盟店との契約の仕組みについてはビューカードの内部の方のみ知るもの…ですが、予測するに加盟店と個別にそういった契約を結んでいるのではなく、ビューカード側がそのデメリットを全部引き受けることでこの支払い方法変更サービスを提供している可能性大*1

カンタンに言えばビューカード側が自腹で提供してるサービスってことですね(苦笑)

結果、冒頭でも触れたように、このビューカードの強みが知れ渡って利用者が増えてしまうと規制されてしまうこともありそうな感じ。

まぁ支払い切り替えサービス自体はもう10年も前から提供されているもののため、すぐにどうこうなるものではありませんが、多くの方がこのサービス目当てでビューカードを作るようだと問題になる日が来るかもしれません。

Suicaチャージすら先延ばしできる:

f:id:cardmics:20190712205424j:plain

ちなみに。

ビューカードを使って支払いを先延ばしできるのはなにも店頭での支払いだけではありません。なんとSuicaチャージについても余裕で先延ばしできます(苦笑)

実際、下記画像を見てもらえればわかる通り、2016年11月16日に渋谷駅でオートチャージした分が「ショッピングボーナス一括払い」に切り替えられているのが見て取れるはずです。

ビューカードはSuicaチャージすらボーナス払いに出来る

ビューカードはSuicaチャージすらボーナス払いに出来る

但し、残念ながらボーナス払いへの切替は1万円以上の支払いのみ可能なので、Suicaチャージを先延ばししたい方は、チャージ金額を大きめにした上でご利用ください。

これでコンビニで使う100円や200円の支払いから電車やバスでの交通費まで、すべて実質的にボーナス時期へ先送りできます(少額決済をSuicaで支払うことで、支払いを先延ばしする)。

2回払いは5,000円以上:

また、同様にSuicaチャージを2回払いに切り替えるのも試してみました。「ショッピング2回払い」という文字が確認できると思います。

Suicaチャージを2回払いに変更可能

Suicaチャージを2回払いに変更可能

こちらは5,000円以上の支払いなら2回払いに切り替えられるので、「今月はちょっとお金がピンチだけど、来月の給与が入れば支払えそう…」といった場合に活用ください。

ボーナス払い同様、2回払いの支払い手数料も0円なため、完全無料で支払いを先送りできますよ。

以上、あまり広まると規制されるかも?お金に困った時に作るべきは消費者金融のカードではなく、JR東日本のビューカードで間違いない話でした。

参考リンク:

今回のこの支払先送り方法はビューカード発行のJRE CARD等でも利用可能。

そのため、「ビュー・スイカ」カードとJRE CARDのどちらが良いか迷う場合は、下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

*1:通常、お店のお客さんがボーナス払いを利用した場合、お店側はボーナス払い時期まで入金が先延ばしされるか、高い手数料負担をもって早めにカード代金回収をするもの。そのため、「ボーナス払い不可のお店」なのに勝手にボーナス払いを使わせちゃえば、お店からの苦情に繋がりかねないので、その負担はビューカード側が負っていると考えるのが自然です。

PAGE TOP