クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

クレジットカード番号が正しいかどうかを、一発で判断できる方法!これでネオフライン環境下でも、不正カード番号の判別が可能です。

f:id:cardmics:20170525225545j:plain

現在、Visaカード、マスターカード、JCBカードのクレジットカード番号は4桁×4つで合計16桁。

これはみなさんご存知かもしれませんが、今回はその16桁番号が正しい番号かどうかを判別する方法を紹介してみたいと思います

これを理解すれば今後、ネット認証や電話確認できないオフライン状態でもカード番号の真贋を確認可能。いらぬ不正利用被害を受けないためにも、経営者の方は是非、そのやり方を覚えてみてくださいね。

カード番号が正しいかどうかの確認方法:

掛け算と足し算でわかるカード番号:

クレジットカード番号が正しいかどうかの確認方法は、ちょっとした掛け算と足し算をしてもらえればすぐにわかります。

  1. まずは1桁目、3桁目、5桁目…といった奇数の桁数を2倍にする
  2. この時、2倍にした数字が10を超える場合にはマイナス9する(奇数桁が6であれば6×2をしたあとに9を引いて3とする)。
  3. 全ての数字を足し算する。
  4. 合計の数字が10の倍数であれば正しいカード番号(10、20、30、40、50、60、70といった数字であればOK)。そうでなければ不正な番号。

正誤を確認した計算例:

わかりやすく画像も作ってみましたので確認してみてください。

カード番号が正しいかどうかを判別できる計算方法

カード番号が正しいかどうかを判別できる計算方法

たったこれだけ。

慣れないと数分程度の時間はかかってしまいますが、慣れれば即座に計算できることでしょう。肝心なのは1桁目が0かどうか、ただこれだけです。

不正カード対策に活用ください:

f:id:cardmics:20170717002503j:plain

まぁ、これですべての不正利用を防げるのか…といえば、そんなことはありませんが、『ちょっとこのお客さん…怪しいな』と思った時などに活用できるはず。

  • 怪しいお客さん:カード番号が正しいか確認を
  • 普通のお客さん:そのまま決済処理してOK

少なくともテキトーに作ったカード番号や、本当のカード番号をちょっとだけズラした数字は見破れるものと思いますよ。

是非、活用ください。

以上、クレジットカード番号が正しいかどうかを、一発で判断できる方法!これでオフライン環境下でも、不正カード番号の判別が可能です…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカード決済は加盟店手数料が高いからあんまり使ってほしくないんだよなぁ…と感じてる経営者の方は下記記事を参考に。

加盟店手数料を引き下げるためのアイデアをまとめています。

news.cardmics.com

PAGE TOP