クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

2枚目として持ちたいお得なクレジットカード(2019年版)!特徴的なサービスや優待割引がある、サブカード向きクレカを専門家が厳選。

f:id:cardmics:20170825234455j:plain

今回はメインで使う目的のクレジットカードではなく、2枚目のカード、つまりサブとして使えるサービスや割引のあるカードを敢えてまとめてみたいと思います。

これらのカードは「クレジットカードはすでに1枚持っているけど、そろそろ2枚目が欲しいな…」という方から、「もっと効率よくポイントを貯めたい!」と思っている方にとって面白い選択肢になるものばかり。

是非、クレジットカードを最大限に活用したいと思っている方は、この機会にサブカードの作成を検討してみてくださいね。

おすすめの2枚目カードまとめ:

早速、1枚目のメインカードとしてではなく、2枚目のサブカードとしておすすめのクレジットカードを紹介させていただきます。

ライフカード(誕生日特典):

年会費無料&発行費用無料で持てるライフカードは、2枚目のサブカードとして絶大な人気をほこるカード。

その最大のメリットは、自分が誕生日がある月(誕生月)にこのクレジットカードを利用すると、ポイントが3倍になるという特典が用意されているためです。

つまり誕生月に利用する専用のクレジットカードとして発行をしておけば、生鮮食品や日用雑貨だけでなく、自分への誕生日プレゼントや美味しいレストランでの出費などでポイントがザクザクと貯まることになるためかなりお得。

  • 誕生月以外:利用しなくても
  • 誕生月:とにかくなんでもライフカード払い

前述のように年会費無料で持てるカードなので、誕生月用のカードとして是非、作成を検討してみてくださいね。

ライフカード<年会費無料>|クレジットカードはライフカードライフカード 公式サイト

エポスカード(割引が多い):

丸井デパート系のクレジットカードであるエポスカードですが、実はマルイが近くにないという方にも自信を持っておすすめ出来るサブカードです。

その理由はエポスカード固有の割引サービスがあるため。

たとえばカラオケのビッグエコーやカラオケ館でこのクレジットカードを利用すると室料が30%オフになったり、白木屋や魚民といったモンテローザグループでポイントが5倍になったりするなどの優待割引があるので、エポスカードを持っていることが重要になってくるのです。

全国10,000店舗以上で、おトクなご優待が満載

レストラン、居酒屋、カフェ、美容院、カラオケでの割引や遊園地、水族館の入場料などがご優待価格に!

丸井で10%オフも魅力的:

加えて丸井デパートで年に4回開催される10%オフ企画である「マルコとマルオの7日間」も節約のためには見逃せません。

洋服から靴まで、ファッション関連の出費削減に役立ちますよ(エポスカード保有者のみが割引を受けられる)。

エポスカードエポスカード 公式

majica donpenカード:

ドンキホーテでお得に買い物ができるクレジットカードである、majica donpenカードも2枚目に持ちたいカードのひとつです。

こう書くと『えっ、ドン・キホーテのクレジットカードが2枚目向けってどういうこと?』と思われるかもしれませんが、実はこのクレジットカードには「クラブオフ」といって、国内外20万箇所で割引が受けられる会員サービスに無料で加入できるメリット有り。

「クラブオフ」はmajica donpen cardの皆様を対象とした会員特典サービスです。

国内外約200,000カ所のホテルやツアー、レンタカー、レジャー、グルメ等の様々なサービスが会員特別価格でご利用いただけます。

つまりmajica donpenカードを保有しておくだけでエポスカード同様に、様々な優待&割引を受けることが出来るようになるため、節約効果が抜群なんです。

もちろんmajica donpenカードはドンキホーテでの買い物もお得になるカード。両方をうまく組みわせれば、家計の出費を大幅削減可能ですよ。

majica donpenカード 公式majica donpenカード 公式 

イオンカード(割引がメイン):

メインカードとしても人気の高いイオンカードですが、実はこのカードにも様々な割引が隠されています。

詳しくはこちらの記事を参考にしてもらえればと思いますが、カラオケボックスで30%割引の優待が受けられたり、イオンモール以外の大型店でも割引が受けられるなど、イオンカードには隠れた魅力がたくさんあるのがその特徴。

もちろんイオンモールでは20日30日はお客様感謝デーの5%オフが受けられるので、イオンが近くにある方であれば2枚目のカードとして保有するのはかなり効果的です。

利用額が増えると無料のゴールドカードに:

更にイオンカードを使いこなして年間利用額が増えれば、年会費無料のイオンゴールドカード入手も夢ではない…と良いところばかり(詳細は下記記事参照)。

イオンモールやイオン系スーパーマーケットで買い物をする方はもはや必携です。

イオンカード公式イオンカード公式

オリコカード THE POINT(電子マネー内蔵):

オリエントコーポレーションが発行しているオリコカード THE POINTもサブカードとしておすすめ。

このクレジットカードはAmazonにおける現時点で最高レベルのポイント還元率を受けられるカードとして人気がありますが、個人的にはそのポイント面の強さに加え、みなさんにはiDとQUICPayという2種類の電子マネーが内蔵されている点に注目してほしいなと思っています。

残高管理が不要な電子マネー:

これらの電子マネーはSuicaや楽天Edyとは異なり、事前にチャージをする必要性のないポストペイド型電子マネー。

そのため、コンビニやカラオケボックスなどで残高を気にすることなく使えるのが大きな魅力だと言えます。

  • Suicaや楽天Edy:事前にチャージをした分しか使えない
  • iDやQUICPay:チャージ不要の電子マネー。支払いはカード利用代金と一緒。

特にクレジットカードは支払いが遅いから積極的には使いたくない…と思っている方におすすめしたいカードですね。電子マネー派の方こそどうぞ。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

2枚持ちは普通なのか?

クレジットカードを2枚も3枚も持つこと自体が不安…という方もいるかもしれませんが、2枚持ち、3枚持ちは至って普通の活用術です。

実際、日本国内で発行されているクレジットカード総発行枚数は、日本の人口を大きく超える2億5,000万枚以上。

これは成人人口で考えると1人あたり平均2.5枚程度のクレジットカードを持っている計算になるので、こういった数字からも、多くの方が2枚持ち、3枚持ちしていることがわかりますね(成人人口の中には高齢者や、カードを1枚も持っていない人も含む)。

カードを組み合わせて活用しよう:

f:id:cardmics:20170928132021j:plain

ここまでサブカードとしての強みを持つクレジットカードをいくつか紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

記事中でも書かせていただいたように、クレジットカードというのは1枚のみだとその力を最大限に発揮することが出来ないもの。

とにかく節約をしたい!ポイントを溜めたいと思っている方であれば是非、2枚目、3枚目のクレジットカード作成を検討してみてくださいね。

以上、2枚目として持ちたいお得なクレジットカード(2019年版)!特徴的なサービスや優待割引がある、サブカード向きクレカを専門家が厳選…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードをもっとよく知りたい!という方は、下記記事なども併せてどうぞ。ポイントが貯まりやすいカードから、海外旅行でお得なカードまで、さまざまなカードをまとめていますよ。

あと、選び方についてもっと詳しく勉強したい方は下記記事も参考に。クレジットカードの比較方法についてまとめています。

news.cardmics.com

PAGE TOP