クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

年収がいくらあればLUXURY CARDの審査は通過できる?年齢や年収、職業などのラグジュアリーカード審査基準をわかりやすく解説。

f:id:cardmics:20171122085018j:plain

プラスチック製ではなく、金属でできた新しいタイプのクレジットカードであるLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)。

このクレジットカードはMasterCardのブラックカードに値するクレジットカードゆえに、「自分が申し込んでも審査に通過できるものなのだろうか?」と心配になっている方は少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は年齢や年収、職業などのラグジュアリーカード審査基準を徹底解説。

ラグジュアリーカードを作りたいけれども審査に通るか不安という方は是非、参考にしてもらえればなと思います。

ラグジュアリーカード審査基準まとめ:

公式の審査基準が存在しない:

まず、ラグジュアリーカード側が公開している審査基準のようなものがないかどうかを公式サイトにて探してみましたが、こちらはどうやら存在しない模様。

それでもどこかに手がかりがないかを探してみたところ、ラグジュアリーカードの発行を担当している新生銀行のサイト上に下記の記述を見つけたものの、こちらも審査基準と呼べるようなものではない感じでした(引用はこちら*1

  • 20歳未満の方および、学生の方はお申し込みいただけません。
  • クレジットカードのご入会に際しましては、所定の審査がございます。

このようにラグジュアリーカードでは審査基準を一切、公開しないというスタンスを取っている可能性大。

なぜラグジュアリーカードが審査基準を公開していないのか…という理由については、ラグジュアリーカード側にしかわからないことなので推測することしか出来ませんが、日本国内で発行されているブラックカードはそのほとんどが審査基準を公開していないため、LUXURY CARDもそれに見習った可能性が高そうです(ブラックカード=謎が多いほど需要が高まる)。

つまり、これからラグジュアリーカードを申込する方は、審査基準不明のままで申し込むしかない…ということになります。

インターネット上には参考事例あり:

しかしながら、現代にはインターネットという有り難い情報ネットワークが存在するため、公式サイト以外の情報を集めることでラグジュアリーカードの審査基準はぼんやりと見えてくるもの。

そこで当サイト『クレジットカードの読みもの』では様々な審査情報を集め、ラグジュアリーカードの審査基準をざっくりと作り上げてみました。

それが下記の通りです。

  • 年齢:主に30歳以上
  • 年収:少なくとも700万くらいは欲しい

もちろん20代でも作れる場合はあるでしょうし、年収も公務員や団体職員などの安定した職業の方であれば500万円くらいで作れる可能性もあるかも…ですが、確実にラグジュアリーカードが欲しいなら30歳以上&年収700万円は欲しいところ。

それ以下の年収だと審査に落ちる確率がグンとあがってしまうと思うので、年収が不足している方はダメ元で申し込むしかありません(申込はこちらから)。

職業別の審査難易度:

ではどのような職業の方であればラグジュアリーカードの審査に通過することが出来るのか…については、下記の通り。

こちらも当サイトによる推測でしかありませんが、申込前の参考程度になればと思います。

対象者 発行可否 対象者 発行可否
大企業経営者 会社役員
中小企業経営者 公務員
正社員 団体職員
士業 自由業
個人事業主 大学生 ×
派遣社員 × 大学院生 ×
期間工 × アルバイト ×
年金生活者 パート ×
専業主婦 × 家事手伝い ×
高校生 × 無職 ×
正社員でも管理職以上がターゲット:

ご覧いただいたように正社員の方であればラグジュアリーカード作成は可能ですが、年収にして700万円程度はせめてほしいところ…なので、自ずと役職は課長や部長といった管理職クラスの方に限られそうな感じ。

まぁ証券会社や商社等に勤務している方であれば平社員でも相当の年収になるため、年収さえ高ければ役職がなくても申込を躊躇する必要性はありません。

審査落ちを気にせず、いざ申し込むべしです。

個人事業主や自由業はやや難しい:

反面、個人事業主や自由業、そして年金生活者の方はいくら資産に余裕があったとしても審査通過は五分五分といったところ。

収入的に不安定な方がラグジュアリーカードを作ろうと思うなら、所得にして1,000万円程度は欲しいところですね。

  • 正社員や会社役員:年収700万円以上は欲しい
  • 個人事業主や自由業:年収1,000万円以上は欲しい

それ以下だとロクに審査もしてもらえず、ラグジュアリーカード審査に落とされてしまう可能性も高そうです。

年収が高くても信用力が低ければ落とされる:

念のため書いておきますが、クレジットカードの入会審査というのは年収と職業だけで決まるものではありません。

それゆえ、いくら年収1,000万円以上ある方でも他のクレジットカードの返済が滞ってしまっていたり、消費者金融や銀行ローンからの借入がある場合には審査通過は難しいかも。

逆に他のクレジットカード利用歴が良い方の場合には、年収500万円未満であってもラグジュアリーカード審査に通る可能性は充分にありますよ。

  • 信用力が高い人:年収500万円前後でも可能性あり
  • 信用力が低い人:年収1,000万円でも審査落ちする

大事なのは信用力の積み重ねですね。

発行開始された直後の今が狙い目:

f:id:cardmics:20170525225405j:plain

最後に、こんなことを書くとラグジュアリーカードの方に怒られてしまうかも…ですが、実は今がラグジュアリーカード申込にはチャンスな時期

というのも、日本国内でラグジュアリーカード発行が開始されたのは2016年10月の話なので、ラグジュアリーカード側としては兎にも角にも発行枚数を増やさなくてはいけない「事情」があるためです。

こうなると入会審査についても多少の「手心」が加えられる可能性は十分あり。つまり申込なら今が狙い目…というわけです。

  • カード保有者が少ない状況:
    保有者を増やすために審査がゆるくなるかも?
  • カード保有者が目標に到達した後:
    無理に利用者を増やす必要がなくなり審査が厳しくなる?

特に年収がそれほど高くなく、審査に通過できるか不安なくらいの信用力しかない方は是非、このチャンスを逃さないようにしてもらえればなと思います(申込はこちらより)。

以上、年収がいくらあればLUXURY CARDの審査は通過できる?年齢や年収、職業などのラグジュアリーカード審査基準をわかりやすく解説…という話題でした。

参考リンク:

実際にラグジュアリーカードのGOLD CARDを保有している私の、このクレジットカードを利用した感想や評価については下記記事を参考に。

年会費20万円以上を払う価値があるのか作る前は不安でしたが、今では非常に満足しています。

news.cardmics.com

*1:正しくはラグジュアリーカードの発行を担当しているアプラスという会社の親会社、新生グループの銀行である新生銀行の公式サイト上にあったラグジュアリーカードの審査基準です。

PAGE TOP