クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

JRE CARDと「ビュー・スイカ」カードは、どちらを作るほうがお得なのか?2枚のビューカードをわかりやすく比較してみた。

f:id:cardmics:20180916115440j:plain

JR東日本系のクレジットカード会社であるビューカードが、2018年より発行を開始したJRE CARD(ジェイアールイー・カード)。

このJRE CARDと「ビュー・スイカ」カードのどちらを作るべきか迷っている方のために、今回は2種類のビューカードを比較した記事を書いてみたいと思います。

せっかくならお得なほうを作りたい…と思ってる方は是非、参考にどうぞ。

JRE CARDと「ビュー・スイカ」カード比較:

アトレやフェザン等を使うならJRE CARD:

まず、JR東日本の駅ナカ&駅チカの商業施設である、アトレ、フェザン、ラスカ、エスパル、グランデュオなどを利用する機会があるという方は、2枚を比較するまでもなくJRE CARDを選択すれば問題なし。

JRE CARDで支払いをするだけで支払額の3.5%分ものポイント獲得が出来るので、あえて「ビュー・スイカ」カードを使うメリットがありません(「ビュー・スイカ」カードだと1.5%還元のみ)。

赤い印の商業施設で3.5%分のポイントが貯まる

赤い印の商業施設で3.5%分のポイントが貯まる
JRE POINT加盟店で使うなら同一:

反面、JR東日本の商業施設でも、上記画像の青いマークの商業施設であるビーンズやシャポー、CoCoLoといった施設を利用するだけでなら「ビュー・スイカ」カードとJRE CARDのお得さは同一。

また、駅ナカや駅ビルで買い物をすることは少ないという方であれば、2枚のビューカードのお得さに違いはありません。

年会費等の条件はほぼ一緒だけど:

次に、JRE CARDと「ビュー・スイカ」カードの基本スペックですが、こちらはほぼほぼ一緒。しかし、細かくみてみると若干の違いがあるにはあるんですよね。

たとえば1年目の年会費。

JRE CARDでは1年目の年会費が無料に設定されているものの、「ビュー・スイカ」カードでは1年目から477円+税の年会費が必要になるなど、約500円ほどJRE CARDのほうが負担の少ない条件となっています。

2年目以降はどちらも477円+税の負担なので一緒です。

Suicaを内蔵させないことも出来る:

あと、すでに定期券付きのSuicaを持ってる方など、追加でSuicaカードを財布の中に入れたくない…という方にとってはJRE CARDのほうが優位性あり。

JRE CARDではSuica機能なしを選択できるのに対し、「ビュー・スイカ」カードではSuicaが強制的に内蔵されてしまうので、財布の中で2枚のSuicaがケンカしてしまうこともあるかもしれません。

尚、Suicaを内蔵させない場合には、MastercardやJCBといった国際ブランドが選択できない点はやや注意。VISAブランドのみの選択になるのでご了承ください。

「ビュー・スイカ」カードが優れてる点は2つ:

それでは、JRE CARDよりも「ビュー・スイカ」カードのほうが優れている点にはどのようなものがあるのか…というと、これは主に2つ。

1つ目は家族カードが発行できる点で、「ビュー・スイカ」カードなら両親や配偶者、子供でも家族カードをもたせることでSuicaチャージ&オートチャージ機能が利用できます。

家族カード お申込み可能!

さまざまな優待や保険など、充実したサービスを本人会員さまと同様(一部特典を除く)に受けられる「家族カード」をお申込みいただけます(最大9枚まで)。

家族カードのご利用で貯まったJRE POINTは本人会員さまの獲得分と合算され、ご家族で貯めることができます。

ボーナスポイントが貰える:

加えて「ビュー・スイカ」カードにはボーナスポイントといって、年間のクレジットカード利用額に応じて貰える上乗せポイントが存在。

  • 年間30万円達成:250ポイント
  • 年間70万円達成:1,000ポイント
  • 年間100万円達成:1,500ポイント
  • 年間150万円達成:2,500ポイント

「ビュー・スイカ」カードのボーナスポイント

「ビュー・スイカ」カードのボーナスポイント

このボーナスポイント制度はJRE CARDには存在しないので、ビューカードをメインカードとして利用する予定がある方であれば「ビュー・スイカ」カードのほうがお得になります(アトレ等の駅ナカ&駅チカ施設を使わない場合)。

実はそれでも魅力は少ない:

但し、「ビュー・スイカ」カードの家族カードは年会費有料のカード。

それゆえ、別に「ビュー・スイカ」カードで家族カードを作らなくても、家族別々にJRE CARDを作れば問題がないんですよね(苦笑)

加えて「ビュー・スイカ」カードのボーナスポイントについては、Suicaチャージや新幹線切符の購入等、ポイントが3倍になる「VIEWプラス」利用分はポイント付与の対象外。

  • Suicaチャージで年30万円以上:ボーナス無し
  • VIEWプラス以外で30万円以上:ボーナス有り

つまりSuicaチャージやオートチャージ用にビューカードを作ろうと思っている方にとっては、どんなにチャージで「ビュー・スイカ」カードを利用してもボーナスポイントが貰えることはないので、Suicaチャージ用に作るのであればJRE CARDでも「ビュー・スイカ」カードでもお得度は一緒です。

ボーナスポイントを貰っても還元率はいまいち:

「ビュー・スイカ」カードをショッピング等で利用すると大量のボーナスポイントが貰えるように見えますが、一番還元率が高くなる年間150万円利用時のポイント還元率でも約0.85%程度。

100円利用につき1ポイント貯まる、還元率1.0%の楽天ポイントやJCB CARD W等にはポイント還元率では敵いのも「ビュー・スイカ」カードの残念なところ(おすすめの高還元率カードは下記記事参照)。

どうしてもクレジットカードは1枚しか持ちたくない…という方以外は、目指せるなら年間150万円の利用を目指そう…という程度で大丈夫です。

総合的にJRE CARDのほうがお得:

f:id:cardmics:20180916115154j:plain

ここまで解説させていただいたように、JRE CARDと「ビュー・スイカ」カードは細かく比較してみてもJRE CARDのほうが魅力的なクレジットカード。

唯一、家族カードが作れることと、ボーナスポイントが貰えることくらいが「ビュー・スイカ」カードの強みなので、家族みんなでJRE POINTを貯めたいとか、家族の誰かが無職でクレジットカードを作ることが出来ない…といった場合以外は、JRE CARDを選べば問題ありません。

そのくらい、JRE CARDの圧勝なんじゃないかなと私は思います。

2種類の違いをまとめた表を作成:

最後に念のため、2枚の違いを表にまとめておいたので、こちらも活用ください。

比較項目 JRE CARD 「ビュー・スイカ」カード
1年目の年会費 無料(2年目から年会費発生) 477円+税(1年目から年会費発生)
定期券を内蔵 VISAブランドでのみ可能 VISA、Mastercard、JCBの3ブランドで可能
アトレ、エスパス、フェザン、ラスカ等での利用 ポイント還元率3.5% ポイント還元率1.5%
Suica内蔵 内蔵させないことも出来る 強制的にSuica内蔵
家族カード 発行できない 発行できる
ボーナスポイント なし ボーナスポイントはあるが、Suicaチャージ等の金額は対象外
公式サイト 公式サイト 公式サイト

以上、JRE CARDと「ビュー・スイカ」カードは、どちらを作るほうがお得なのか?2枚のビューカードをわかりやすく比較してみた…という話題でした。

参考リンク:

Suicaチャージ用にクレジットカードについてもっと詳しく知りたい…という方は下記記事も参考に。JALカードSuicaやイオンSuicaカード等も含めた上でのおすすめカードを紹介しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP