クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

エポスゴールドカードの審査基準(2018年版)。どのくらいエポスカードを使えば、エポスゴールドカードのインビテーションが届く?

f:id:cardmics:20170110195544j:plain

一定の条件を満たすことで、年会費無料で持つことが出来るエポスゴールドカード。

このゴールドカードを入手するためにはどうすれば良いのか…そんな情報を調べている方のために、今回はエポスゴールドカードの入手条件について詳しくまとめてみたいと思います。

『年会費無料のゴールドカードが欲しい!』と思っている方は是非、参考にしてみてくださいね。

エポスゴールドカードの入手条件まとめ:

直接申し込めるけど、申し込んではダメ:

まず、単純にエポスゴールドカードが欲しいというだけの方であれば、下記サイトより申込をし、エポスカード側の審査に通過すればエポスゴールドカードの入手は可能です。

しかし、エポスゴールドカードを直接申し込んだ場合には、残念ながら年会費無料ではなく有料のゴールドカードの出来上がり。

みなさんが希望しているような『年会費無料のゴールドカード』にはならないのでご注意ください*1

無料のエポスカードから作成する:

ではどうすれば年会費無料のエポスゴールドカードを入手することが出来るのかというと、それは年会費無料で作ることができる一般カード『エポスカード』を作るところから始める必要があります。

というのも株式会社エポスカードでは、一定の条件を満たしたエポスカード保有者に対して、招待状(別名:インビテーション)を送ることでエポスゴールドカードへの切替を促しているため。

そう、この招待状を入手できた方のみが、年会費無料のエポスゴールドカードを入手出来るのですね。前述のように直接、エポスゴールドカードを申し込んだのでは年会費を無料にすることは出来ません。

  • エポスゴールドカードを直接申込:年会費有料
  • エポスカード作成後に招待状入手:年会費無料

年会費について

通常年会費:5,000円

  • 年間ご利用金額50万以上で翌年以降永年無料
  • 当社からのインビテーションにてゴールドカードを発行されたお客様は、年会費永年無料です。

イオンカードのゴールドカードも狙い目:

エポスゴールドカードほどはお得ではありませんが、年会費無料のイオンカードを利用することでインビテーションが届く可能性のあるイオンゴールドカードも、年会費無料ゴールドカードとして人気のカードです。

普段からマルイよりもイオンモールで買い物をすることが多いという方なら、最初からこちらのゴールドカードを狙ったほうが効率がいいかもしれませんね。併せておすすめですよ。

エポスゴールドカード招待状入手の条件:

f:id:cardmics:20171119234439j:plain

前置きが長くなりましたが、引き続き、エポスゴールドカードの招待状入手のためにはどうすれば良いのか?についてまとめていきたいと思います。

招待状の入手基準は公開されていない:

早速、気になるエポスゴールドカードを無料化できるインビテーションの入手条件ですが、これは残念ながら公表されていません(下記はエポスゴールドカードを直接申し込みした際に適応される審査基準)。

お申し込み条件

原則として20歳以上でご本人に安定継続収入のある方(学生をのぞく)

※当社規定により、ご入会いただけない場合がございます。

つまり20歳以上でなければいけない…ということのみで、その他にはエポスカード社内の人間でもなければエポスゴールドカードの正確な入手条件はわからない…というのが実情と言えそうです。

保有1年以上、年間50万円利用が入手条件:

しかし、時代はIT社会、インターネット上で探せばそのヒントは見えてくるもの。

あくまでエポスカード側の公式情報ではありませんが、下記の条件を満たすとエポスゴールドカードの招待状が届く可能性が高いと言われているので、このカードが欲しいなら兎にも角にも年間50万円以上の利用を目指してみてください。

  1. エポスカード作成後1年が経過していること
  2. エポスカードを年間50万円以上利用していること

そうすれば高い確率で、エポスゴールドカードの招待状が自宅に届けられることでしょう。

年間50万円利用は目安でしかない:

但し、この条件を満たしていても招待状が届かなかった…という方もいるようですし、逆にこの条件を満たす前に招待状が届いた…という方もいる模様なので、100%これが正しいというわけではありません。

また、いくら入会基準を満たしていたとしても、毎月のカード代金引き落としに遅れがちだったり、キャッシング枠を上限まで活用してしまっている…という場合には、招待状が届かない場合もありえます(カード会社にとって優良顧客だと思われなかったということ)。

正確には5つの審査基準をクリアする必要性あり:

つまり正確には前述の条件だけでなく、下記5つの条件を満たす必要性があると言えるので、エポスゴールドカードを年会費無料にしたいなら利用額だけを気にせずに、その他の点にも注意してもらえればな…と思います。

  1. エポスカード作成後1年が経過していること
  2. エポスカードを年間50万円以上利用していること*2
  3. 毎月の支払いを期日通りに行っていること
  4. リボ払いやキャッシングを上限まで使っていないこと
  5. エポスカードにとって優良顧客だと思われること*3

とにかくエポスカードを作るところから:

f:id:cardmics:20171119234540j:plain

このように年会費無料のエポスゴールドカードがほしいなら、まずは年会費無料の一般カードであるエポスカードを作るところから。

その後、マルイで買い物をしたり、コンビニやスーパーマーケットでエポスカードを利用しまくると、だいたい1年程度でエポスゴールドカードの招待状が届く可能性が高いので、是非、会費0円のゴールドカード入手に挑戦してみてください。

きっと入手後は、使い勝手がよく、ポイントが溜まりやすいゴールドカードとして重宝するものと思いますよ。

以上、エポスゴールドカードの審査基準(2018年版)。どのくらいエポスカードを使えば、エポスゴールドカードのインビテーションが届く?…という話題でした。

参考リンク:

エポスカードを持っていると受けられる割引サービスや特典、そして審査基準などについては下記記事を参考にどうぞ。

私自身も保有していますが、エポスカードは持っているだけで様々な割引が受けられるお得なカードですよ。おすすめです。

news.cardmics.com

*1:実際にはエポスゴールドカード入手後に、年間50万円以上のカード決済をすると翌年から年会費無料にすることは可能ですが、その場合には1年目の年会費が別途必要になります(完全無料ではないということ)。

*2:年間50万円…というのは、エポスカード作成後1年間の話です。例えばエポスカード作成後、半年が経過した後に25万円を利用し、更に半年後に25万円を利用する場合だと、エポスカード側では年間25万円しか使っていないと判断することでしょう(1年経過後でエポスカードの利用額はクリアされてしまうということ)。

*3:例えば家電量販店で50万円のパソコンを1台購入して1年経過させても、招待状が届くことは稀でしょう。他にも所得税や法人税の支払いを1度しただけで放置する…なんていうのも同じ。クレジットカードを発行している側からすれば、年に1度、大金を使う利用者よりも、毎月、コツコツと支払いに使ってくれるほうが有り難いものです(更に税金や広告費支払いというのはカード会社側の儲けが少ないというのもある)。

PAGE TOP