クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

エポスカード完全ガイド(2018年版)!ポイント還元率や優待割引など、エポスカードの保有メリット&デメリットを徹底解説。

f:id:cardmics:20180208142623j:plain

丸井デパートでお得に使える年会費無料クレジットカードであるエポスカード。

今回はこのカードの保有メリットやポイント制度などを、初心者の方にもわかりやすく解説してみたいと思います。

これからエポスカードを申し込もうと思う方はもちろん、エポスカードという名前すらもよく知らないという方も是非、この記事を通してエポスカードの強みと弱みを知ってくださいね。

使い方次第では非常にお得なクレジットカードに化けますよ。

エポスカードの基本情報:

エポスカードはマルイ系のクレジットカード:

まず、エポスカードはマルイ、マルイシティ、マルイメンズなどで有名な、丸井デパート系のクレジットカード会社。

そのため、これらのショッピング施設で買い物をする機会が多いという方でにはもはや必携のクレジットカード。作らない理由はありません。

  • 丸井でよく買い物をする方であれば必携のカード
マルイ以外でもかなりお得:

こう書くと、『うちの近くにはマルイがないから、私には不要かも?』と思われる方も多いかもしれませんが、実はエポスカードは丸井以外でもお得なクレジットカード

詳しくは後述していきますが、少なくともマルイを使わない=不要とだけは思わないようにしてください。むしろマルイ以外でのほうがお得なくらいです。

エポスカードは年会費無料:

そんなエポスカードですが、保有するためにはどのような手数料や会費が必要になるのでしょうか?わかりやすく表にまとめてみました。

手数料費用 費用 解説
入会金 無料 エポスカード入会には特にお金は必要ありません。
発行費 無料 発行に関してもお金はかかりません。但し、おしゃれなデザインカードを選択した場合には別途500円程度の負担が必要です。
事務手続き 無料 事務手続きなどの費用も無料です。
年会費 無料 1年間、保有するためにかかるお金は0円です。
解約手数料 無料 解約にかかるお金も不要です。

ご覧いただければわかるように、エポスカードは完全無料で発行&利用することが出来るクレジットカード。

『クレジットカードを作るのって手数料がかかっちゃうんじゃないかな?』とか『年会費がどうせかかるんでしょ?』と不安な方にも、安心しておすすめできる1枚だと言えます。

1回払いのみなら手数料もかかわらない:

また同様にクレジットカード利用手数料についても1回払いのみを使うのであれば、エポスカードでは手数料がかかることもありません。

とはいえ、いくら発行や年会費にかかるお金が0円でも、分割払いやリボ払いといった金利手数料が発生する支払い方法をエポスカードで選択した場合には手数料は必要(詳しくは下記図を参照)。

f:id:cardmics:20171028151151p:plain

同様にキャッシングなどエポスカード側からお金を借りる場合にも同様に手数料が発生しますが、逆にいえばそういったカード会社からお金を借りるような使い方をしない限りは手数料は発生しないということ。

1回払いや2回払いのみであれば金利などを請求されることはないので、金利なんて払いたくないという場合には常に1回払いのみを利用してもらえればなと思います(手数料が発生する支払い方法についてはこちらを参考に)。

  • 1回払いのみ利用:手数料が発生することはない
  • リボ払いや分割払いを利用:金利が発生するので注意

尚、このあたりのクレジットカードの仕組みについては下記の記事でも図解で解説させてもらっているので、そちらを見てもらえるとなぜエポスカードが無料で使うことが出来るクレジットカードなのかの理由がわかると思いますよ。

news.cardmics.com

誰が申込できるの?(エポスカードの審査基準)

次にエポスカードはどんな方であれば申込可能なのかどうかを解説していきます。公式サイトに記述の情報は下記の通り。

  • お申し込みは18歳以上の方(高校生を除く)とさせていただきます。
  • 当社規定によりご入会いただけない場合や、ご希望のカードを発行できない場合がございます。
  • 未成年のかたは、カード発行に際し、親権者さまのご了解が必要になります。

ざっくりと審査基準をまとめると、18歳以上の方であれば誰でも申し込めるのがエポスカードということが出来るのではないでしょうか?

安定収入があることが入会審査では重要:

しかし、実際のところはというと、無職や家事手伝いといった、誰かからの収入がない方はエポスカードを申し込むのは難しい状況あり。

あくまでアルバイトでもパートでも個人事業主であっても、月に数万円でも構わないのでお金の収入がある方が作れるカードだと思っておいたほうが無難かもしれません。

  • なんらかの収入がある人:作成できる可能性が高い
  • なにも収入がない人:作成できる可能性は低い(専業主婦を除く)

これらの誰が作れて誰がエポスカードを作れないのかについては、当サイト『クレジットカードの読みもの』が独自にまとめた審査表を作るとすると、こんな感じになります(あくまで当サイトによる推測)。

対象者 発行可否 対象者 発行可否
大企業経営者 会社役員
中小企業経営者 公務員
正社員 団体職員
士業 自由業
個人事業主 大学生
派遣社員 大学院生
期間工 アルバイト
年金生活者 パート
専業主婦 家事手伝い ×
高校生 × 無職 ×

ご覧いただいたようにエポスカードの場合にはもう、18歳以下の高校生か、無職の方以外であれば作れる可能性大。審査基準としてはそのくらい、幅広い方に門戸を広げてくれているのですね。

無職や家事手伝いは絶対に作れないのか?

では、エポスカードは無職や家事手伝いだと絶対に作れないクレジットカードなのか…というと、実はそうでもありません。

無職であってもなんらかの収入、たとえば株の配当金や保険手当などがあれば審査に通ることも少なからずあるようです。

実際、エポスカードの申し込み画面には「家事手伝いなど」という項目が存在。

エポスカードの申込画面には家事手伝いの項目あり

エポスカードの申込画面には家事手伝いの項目あり

仮に無職や家事手伝いが100%審査落ちするのであれば、この項目をクリックした時点で「お客様は申し訳ございませんがエポスカードを申し込むことが出来ません」という表記が出るだけのはずですからね。

項目がある=入会審査に通る可能性はあるように思います(おつとめ先の名前には「無職」と入力すればOK)。

無職や家事手伝いでも審査通過できた口コミあり:

また、インターネット上には、無職や家事手伝いでエポスカードを作れたという口コミもちらほら。

まぁ審査に通る可能性は決して高くはないと思いますが、資産を持っているとか、株の配当金があるぞ…っていう方であれば職業欄に無職と記載の上、エポスカード審査に挑戦してもらえればと思います(年収を0円ではなく、実際の収入で申告することが重要)。

クレジットカード審査に関する知識が乏しいという方は、下記の図解記事も参考に。エポスカードの入会審査では、あなたのどのような情報が確認&審査されているのかがわかるようになります。

news.cardmics.com

最短、即日発行できるのが魅力:

エポスカードは即日発行できるのも大きな魅力。

即日発行とは簡単にいうと、クレジットカードを申し込んだその日のうちに入手できるサービスのこと。エポスカードの場合にはインターネット上で申込をして無事に審査通過できた場合、丸井のエポスカウンターでカードを即日、受け取ることが出来ます。

  • 一般的なカード:受け取るまでには少なくとも1週間程度はかかる
  • エポスカード:申込をしたその日のうちに入手できる

最短即日発行できる!

「マルイ店頭でのお受け取り」をご選択いただくと、最短当日にカードをお受け取りいただけます!

つまり今日この瞬間にエポスカードの申し込みをすれば、本日中にエポスカード入手することだって可能。とにかく急ぎでクレジットカードが欲しい方や、諸事情あってキャッシングの利用をしたいという方に最適です。

土曜日や日曜日、祝日でも作れる:

『エポスカードは即日発行できるといっても、土曜日や日曜日、祝日の作成はさすがに無理でしょ?』と思われるかもしれませんが、土日や連休中でもエポスカードは即日発行可能なクレジットカード。

  • 土曜日の即日発行:可能
  • 日曜日の即日発行:可能
  • 祝日の即時発行:可能

即日発行に対応できないのは大晦日や元旦、1月2日くらいなものかもしれません。

ではどうしてエポスカードが土日祝でも即日発行できるのかというと、これはエポスカードがマルイ系のクレジットカードであるという点が大きいですね。

そういったお休みの日でもマルイ店舗はオープンしているので、クレジットカードの即日発行にも対応してもらえる…というワケです。

ネット申込をしてから受取に行こう:

ちなみに。

エポスカードが欲しい場合には直接、丸井デパートに行って申込することも可能なんですが、この場合には残念ながら審査に通過できる保証はありません。

場合によってはせっかく丸井まで行ったのにエポスカードの審査に落ちてしまって入手できなかった…という無駄足になってしまう可能性もありますので、くれぐれもご注意ください。

そうではなく理想的なのは、パソコンやスマートフォンから予めエポスカードを申し込んでおき、審査通過できたかどうかの通知が届いてから受け取りに行くの手順のほう。

  • PCやスマホから申込:審査に通過した場合のみ、受取にいけばOK
  • 直接マルイに行って申込:審査に落ちた場合にはムダ足に

ネットから申込をすれば審査落ちしても無駄足にならない

ネットから申込をすれば審査落ちしても無駄足にならない

これなら審査に落ちても無駄足を踏まずに済みますよ(事前ネット申込はこちらより可能)。

エポスカードは盗難保険付き:

あと、『エポスカードを作ってみたいんだけれども、クレジットカードって不正利用とかされたら怖い…』という印象を持っている方、まだまだ多いのではないでしょうか?

そんな場合もエポスカードなら安心。

このカードには盗難補償と呼ばれる保険が付いているので、万が一、あなたがエポスカードを落としてしまったり、盗まれてしまったとしても、そこから発生した損害は保険会社やカード会社がカバーしてくれるためです(所定の保険申請手続きをした場合)。

エポスカードの紛失・盗難にお気づきになりましたら、すぐにエポスカード紛失受付センターへご連絡ください。お届け日を含め61日前にさかのぼり、それ以降の不正使用による損害を全額補償いたします。

しかも不正使用による損害を一部ではなく、『全額補償』と書かれている点は安心が持てますね。これなら100万円だろうが1億円だろうが、不正利用されても安心です。

カード番号が情報漏洩しても大丈夫:

また、ネット通販でエポスカードを使ったら、個人情報の漏洩が起きて不正利用された…といった場合でも大丈夫。エポスカードの盗難補償は個人情報漏洩にもしっかり対応しているためです。

  • 通販サイトから情報漏えい:不正利用されても補償の対象
  • 自宅パソコンがハッキングされた:不正利用されても補償対象

エポスカードは不正利用にも盗難にも強い

エポスカードは不正利用にも盗難にも強い

このように盗難保険はとにかくクレジットカードの不正利用からあなたを守ってくれる仕組みなので、クレジットカードは不正が怖い…という方も安心してエポスカードを申し込んでみてくださいね(盗難保険についての詳細は下記記事を参照)。

news.cardmics.com

エポスカード作成に必要なものは?

エポスカードを作りたい…と思った時に必要なものについては主に下記の通り。

  1. カード代金引き落とし用の銀行口座
  2. 銀行印
  3. 運転免許証などの身分証明書

これ以外には特に必要がないので、はじめてクレジットカードを作るつもりだ…という方も安心して申し込みをしてみてください。最初は緊張するかもしれませんが、保有できた場合のメリットは多いですよ。詳しくはこちらの記事もあわせてどうぞ。

エポスカードの保有メリット:

f:id:cardmics:20170525225345j:plain

ここまでエポスカードの基礎知識を解説させていただいたので、今度はエポスカードを保有していると受けることが出来る割引サービスや、エポスカードのポイント制度などをまとめてみたいと思います。

これらの保有メリットを魅力的に思うのであれば是非、このカードの作成を検討してみてくださいね。

丸井系デパートで10%割引がある:

エポスカードといえば丸井での割引…というくらいに、マルイ、マルイシティ、マルイファミリー、マルイヤング…といったファッション系に強いデパートで割引が受けられることが一番大きな魅力ですよね。

また、マルイ系列のショッピング施設だけでなく、FIELDやin the Roomなどのマルイ系の専門店でも割引が受けられるので、ファッションだけでなく家具やインテリアの購入でもかなりお得です(マルイ内にあるFrancfrancMUJIでも割引が受けられます)。

割引になるのは年4回:

但し、通年でエポスカードがお得かといえばそうではなく、実は年に4回開催される『マルコとマルオの7日間』という期間でのみ、10%オフの割引特典が受けられます。

f:id:cardmics:20150524163617g:plain

これ以外の日に関しては、利用金額に対して0.5%分のエポスポイントしか貯まらないので、正直、まったくお得ではありません。

たとえエポスカードを持っていたとしても、ポイントが貯まりやすい他のカードで支払いをしてもOKでしょう(ポイントが貯まりやすいカード一覧はこちら)。

  • マルコとマルオの7日間:10%割引が受けられる
  • それ以外の日:利用金額に対して0.5%分のポイント
年4回7日開催は少ない?多い?:

尚、マルイで年に4回しか10%オフにならないなら、エポスカードを作る価値はないなぁ…と思われた方、この10%オフ特典を侮るなかれ。

年に4回、7日間が10%オフになるということは、4×7日間で年28日間も10%オフになるということ。言い換えるとマルイで12ヶ月のうち1ヶ月まるまるが10%オフになるみたいなものなので、これは結構凄いことだなぁ…と私は思います。

  • 少ないように感じる:7日間開催が年4回
  • 多いように感じる:年28日間、10%オフ
10%割引は節約に大きく役立つ:

また、10%という割引率も結構デカい。

例えば3万円のコートを購入した場合にはそれだけで3,000円オフになることになりますし、10万円前後する高級バッグを購入した場合には1万円の割引ですからね。

買い物金額 マルコとマルオ開催中 割引額
1万円 9,000円 1,000円
3万円 2万7,000円 3,000円
5万円 4万5,000円 5,000円
10万円 9万円 1万円
30万円 27万円 3万円

年会費無料&発行費用無料のエポスカードで受けられる特典としては、申し分のない割引になるのではないでしょうか?

割引を受けるために必要な「元手」は0円です。

マルイの通販サイト利用時にお得:

エポスカード利用で10%オフになるのはマルイ系のショッピング施設だけではありません。

実店舗における販売だけでなく、ネット通販サイトである「マルイウェブチャネル」においてもマルコとマルオの開催期間中には10%オフになるので、『うちは近くにマルイの店舗がないからなぁ…』という方にもエポスカードはお得。

  • マルイウェブチャネルでも年4回、10%割引の特典が受けられる

洋服や靴、バッグなど、流行のファッションアイテムを割引価格で入手してもらえればなと思います。

期間中は送料無料になる特典も:

あと、マルコとマルオの7日間開催期間中は、マルイウェブチャネルで全品送料無料が実施されている点も要チェック。

f:id:cardmics:20180124223941g:plain

数千円で購入できるTシャツ1枚とか、通常時は送料が必要になりがちな子供服を買うなら、このタイミングにうまく狙いを定めて10%オフ優待&送料無料で洋服を配送してもらってください。

送料分が0円になるだけでも馬鹿にできません。

カード初心者に嬉しいカードセンター:

エポスカードの隠れたメリットとしては、マルイのショッピング施設内にエポスカード会員専用の相談デスク(エポスカードセンター)が用意されている点。

これのなにが利点なのかというと、たとえばみなさんがクレジットカードの使い方がわからないとか、今月の返済金額はいくらなのかわからない場合には、通常、クレジットカード会社が運営するコールセンターに電話をして相談をするしかありません。

しかし、エポスカードの場合には対面で相談できるカードセンタースタッフがいるために、電話越しではなく、資料を手元に置きながら説明してもらえるメリットがあるんです。

  • 他のクレジットカード:電話でのみ相談可能
  • エポスカード:スタッフに直接相談可能

特にクレジットカードの使い方に対して不安のある、カード初心者にはこれ以上ないくらいに安心なサービスになるのではないでしょうか?

返済計画や借り入れの相談なども:

加えてエポスカードのカードセンターでは、『返済にちょっと困っちゃって…』とか、『リボ払いの金利負担が重たいのでどうにかしたい』といった、返済計画に関する相談も可能。

電話だとなかなか相談しにくい内容でも、対面でなら相談しやすいものもあると思うので、返済に行き詰まりそうになったらエポスカードセンターにまで足を運んで相談してもらえればなと思います。

カラオケボックスの利用に強い:

個人的に一番お世話になっているエポスカードの保有メリットは、大手カラオケボックスでの割引制度。

たとえばビッグエコーやSHIDAXといったカラオケでエポスカードを利用すると30%オフの割引が受けられるので、カラオケに頻繁に行くという方の場合にはかなり大きな節約に繋がります。

  • SHIDAX:室料30%オフ
  • ビッグエコー:室料30%オフ
  • カラオケ館:室料30%オフ
  • ジャンカラ:ルーム代金から10~20%オフ
  • カラオケレインボー:室料30%オフ
SHIDAXは会員価格から30%オフ:

しかもSHIDAXの場合には会員価格から30%オフと、会員制度とエポスカードを併用することで従来よりもグンと室料を節約することが可能。

普段からSHIDAX派というカラオケファンの方であれば、これだけでエポスカードを持つ価値があるくらいです。

反面、ビッグエコーでは一般料金から30%オフになってしまいますが、それでも会員価格よりも10%近く割安で利用できるのでエポスカードがあるとお得。

  • 会員価格:一般価格からだいたい20%オフ
  • エポスカード会員:一般価格から30%オフ

詳しくは下記のカラオケ関連記事にてまとめてありますので、カラオケ好きな方は参考にどうぞ。

news.cardmics.com

レストランでも割引有り:

エポスカードの優待はカラオケボックスだけではなく、レストランや居酒屋での優待もかなり豊富。

下記に主な優待内容をまとめましたので、自分がよく行くお店があれば是非、エポスカードを活用してみてください*1

店舗名 優待内容 解説
ロイヤルホスト 5%オフ 大手ファミレスのロイホで飲食代が割引に
kawara cafe ドリンク1杯無料 ランチタイム、ドリンク1杯無料、夜は10%オフ
白木屋、月の宴 ポイント5倍 モンテローザグループの居酒屋でポイント5倍
楽蔵、びすとろ家 10%オフ 第一興商系の居酒屋で10%オフ
カウボーイ家族 10%オフ カウボーイ家族でも飲食代が割引に
はらドーナツ 1個プレゼント はらドーナツで2個以上購入でドーナツ1個無料
サーティワン アイス割引 サンデーやバラエティパックが割引

特にロイヤルホストでの5%オフは大きいですね。他のクーポン類ではこれらの割引は受けられないので、ロイホで昼食を取ることが多いという方におすすめです。

この他にも提携している飲食店は多いので、エポスカードを優待クーポン代わりに持ち歩く…というのは有りだと個人的には思います。

年会費無料のゴールドカードが狙える:

エポスカードにはエポスゴールドカードという年会費が5,000円かかるゴールドカードが用意されているんですが、エポスカード保有者は条件を満たすとこのゴールドカードを無料で使える権利が貰える場合があります。

  • エポスゴールドカードを直接申込:年会費5,000円
  • エポスカード保有からゴールドカードに切替:年会費0円

ただ残念ながらエポスカード保有者なら誰でもエポスゴールドカードを無料にすることは出来ません。

あくまでエポスカードの年間利用額が多いとか、丸井のショッピング施設における買い物金額多いなどなど、エポスカード側から『この人にはゴールドカードを無料で渡しても良い』と思ってもらわないと無料入手は出来ないので、興味がある方は下記記事を参考にしてみてください。

うまくいけば入会金も年会費も無料のゴールドカード入手が可能ですよ。

news.cardmics.com

エポスカードの発行枚数は約600万枚:

エポスカードの総発行枚数は約600万枚程度。日本人の成人人口は約1億人程度なので、だいたい15~16人に1人はエポスカードを持っている計算になります。

また、エポスカードは20代や30代といった若年層に人気のクレジットカードなので、若い世代の保有率はもっと高い可能性あり。

特に20代女性や30代女性に不動の人気があるので、その世代の保有率はもしかすると6~7人に1人くらいになるかもしれません。

使う上での注意点や落とし穴:

f:id:cardmics:20170531185758j:plain

エポスカードを使う上での注意点をまとめてみました。基本的には癖が少ない素晴らしいカードであると思いますが、小さな落とし穴はいくつかあるのでご注意いただければと思います。

普段使いにはやや向かないポイント還元率:

エポスカードは様々な割引サービス&ポイントアップ加盟店が多いのが魅力ですが、それ以外の店舗におけるポイント還元率はあまり良いとはいえません。

  • 提携しているお店での利用:エポスカード利用がかなりお得
  • 提携していないVISA加盟店:あまりお得ではない

詳細な数値でいうとこれは『200円=1エポスポイント』。1エポスポイントの価値は1円相当なので、200円で1円分のポイントしか貯まらないことになります(このリンク先にあるポイントが貯まりやすいクレジットカードと比較すると見劣りします)。

ポイント還元率にすると0.5%です。

エポスカードは優待狙いで保有を:

そのため、エポスカードは普段使い用のクレジットカードとして使うのではなく、要所要所で活用するために保有するのがおすすめ。

  • エポスカード提示でお得なお店:エポスカード払い
  • ポイント倍率アップ中のお店:エポスカード払い
  • マルコとマルオ7日間開催中:エポスカード払い
  • それ以外のお店:他のクレジットカード払い

この割引効果だけでも充分に、エポスカードを持つ理由にはなると思いますよ(ポイントが貯まりやすい他のカードとの2枚持ちがおすすめ)。

郵送で利用明細を送ってもらうのが有料:

エポスカードのデメリット、2つ目としては郵送で利用明細書を送ってもらうと1回あたり80円+税の費用が必要になる点。

つまり毎月エポスカードを使う予定がある…という方なら、これだけで80円×12ヶ月+税で、年間だいたい1,000円程度の費用負担が必要になります。

ネット明細のみを使えば無料:

とはいえ、これはあくまで郵送で利用明細を送ってもらう場合の話。

ネット明細サービスである「EPOS NET(エポス・ネット)」を利用して利用明細書を確認したり、自宅でプリントアウトしたりする分には費用がかからないので、郵送代を負担したくない…という方はネット明細の活用をすればOK。

  • 郵送で利用明細書を送付:有料
  • ネットで利用明細書は確認:無料

個人的にはたとえ有料であったとしても利用明細書は郵送してもらうほうが安心と思う部分はありますが、とにかく完全無料でエポスカードを使いたい方はネット明細を活用いただければなと思います(私が紙の明細書を送ってもらってる理由は下記記事を参考に)。

news.cardmics.com

店頭受取で入会キャンペーン格下げ:

エポスカードの3つ目のデメリットは、エポスカードを即日発行しようとすると、入会キャンペーンの特典内容がインターネット特典から店舗特典に変更になってしまう点。

マルイでの店舗受取をご選択の場合、入会特典はマルイでのお買い物にご利用いただけるクーポンのプレゼントになります。

例えば2018年3月現在だと下記のような入会キャンペーンが用意されているわけですが、ご覧いただければわかる通り、店舗特典のほうが圧倒的に価値が低いものになってしまっています。

  • ネット申込:
    入会+利用+登録等で最大8,000円分のポイント(最大6,000ポイントのキャンペーンが実施されてることも多い)
  • 即日店頭受取:
    マルイ店舗でしか使えない2,000円のクーポン
極力、郵送で送ってもらおう:

つまり、どうしてもすぐにエポスカードを発行しなくちゃいけないんだ…という方以外は、自宅に郵送でエポスカードを届けてもらうほうがおすすめだということ。

その差4,000~6,000円はかなり大きいので、是非、時間に余裕がある方は魅力的なインターネット特典のほうを選択してもらえればな…と思います(現在実施中のネット申込キャンペーンはこちら)。

家族カードの発行がない:

エポスカードの隠れたデメリットとしては、家族カード(家族用のアカウント)を作ることが出来ないという点。

実際、公式サイトにも下記のように記載がある通り、エポスカードでは家族カードそのものの用意がないので、家族にクレジットカードをもたせてやりたい…という場合には不向きなクレジットカードと言えそうです。

Q.家族カードや法人カードはありますか?

A.申し訳ございませんが、ご用意いたしておりませんので、ご本人様名義でのお申し込みをお願いいたします。

年会費無料なので個別に作ればOK:

しかし、エポスカードはそもそもの話、発行無料&年会費無料で作れるクレジットカード。

ブラック属性や無職などのように、理由あってクレジットカードが作れない…という家族の方でもなければ、家族カードを発行せずに家族にも自分でエポスカードを申し込ませてしまえばそれで問題ありません。

  • 出来ない:家族カードを発行する
  • 出来る:家族にエポスカードを申込させる

いやいや、それでもうちの家族は自分でクレジットカードを作れないんだよ…という場合には、家族カード発行可能な他のクレジットカードを活用してみてくださいね(家族カードの活用法については下記記事を参照)。

news.cardmics.com

台湾、ハワイ、韓国などにもあるエポスの特約店:

あまり知られていませんが、エポスカードの特約店は日本国内だけでなく、台湾、ハワイ、韓国、タイなどの国にも多数存在。

たとえば台湾だと、有名なビルである台北101の展望台チケットが10%OFFになるなど、結構馬鹿に出来ない割引や優待特典が揃っているので、これらの国に旅行や出張で行く際には資料を取り寄せた上で行ってみてください。

私も先日、台湾の新東陽という有名なお土産屋さんで買い物をした時に、エポスカードのおかげで5%引きになりましたよ。

よくある質問とその答え:

f:id:cardmics:20170517142114p:plain

これでもまだ、エポスカードの申し込みに抵抗がある…という方のために、エポスカードに関するよくある質問とその答えを作ってみました。

まだまだ疑問がたくさんあるぞ…という方はこちらもじっくりと読みください。

Q.専業主婦だけれどもエポスカードは作れるの?

専業主婦やパート主婦でもエポスカードは作れるのかというと、これは問題なく作成可能。

特にエポスカードは女性に人気のマルイデパート系のクレジットカードですから、むしろ男性の方よりも女性の方のほうが審査に通りやすいのではないか?とすら思いますね*2

家事見習いだと作成できない可能性大:

但し、未婚&家事見習いの女性の方は、ちょっと作成がむずかしい可能性もあり。

とにかくパートでもアルバイトでも親の会社勤務でもなんでも良いので、収入がある人にしかエポスカードは発行してもらえないので、その点を理解した上で申込をするようにしてください(専業主婦は配偶者に収入があるのでOK)。

  • パート主婦:作成OK
  • 専業主婦:作成OK
  • 正社員の既婚女性:作成OK
  • 家事見習い:作成が難しい場合も

それ以外だと大学生や短大生、専門学校生といった学生でもない限り作れませんよ。無職で簡単に作れるタイプのクレジットカードではありません。

Q.無職でもエポスカードの審査は通る?

無職だけどエポスカードを手に入れたい…という方も同様ですね。エポスカードは安定収入ゼロの方でも作れるクレジットカードではないので、審査通過ができる可能性はゼロではありませんが、望みはそれほど高くない状況があります。

しかし、エポスカードの審査基準には下記のような記載がある通り、無職を完全に排除しているわけではないという点は要注目(安定収入のあるなしを審査基準に含めていない)。

Q.エポスカードは誰でも申し込めますか?

A.日本国内在住の、満18歳以上の方(高校生を除く)はお申し込みいただけます。未成年のかたは、カード発行に際し、親権者さまのご了承が必要になります。

もちろん簡単に審査通過できるとは思いませんが、無職でもうほかのクレジットカードを作れるあてがない方なら、ダメ元で申し込むのも手かもしれませんよ(申込はこちらから)。

資産持ちの無職なら楽天カードも:

尚、無職は無職だけど、銀行預金や不動産などの資産を持ってる…という方は、楽天カードもあわせて検討を。

こちらは資産のある無職に対して柔軟に審査をしてくれることで有名なので、他のクレジットカード審査に落ちてしまった方も挑戦してもらえればなと思います。

詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

Q.マルコとマルオの7日間はいつ開催されるの?

エポスカードが本領発揮をするマルコとマルオの7日間はいつ開催されるのかというと、これは実は非公開です。

マルイ側が開催を決めた際にウェブサイトや店頭で告知をすることが一般的なので、インターネット上のどこの情報を探したとしても、次回いつ、マルコとマルオの7日間が開催されるのか?という情報は出ていません(近日実施予定の場合は告知アリ)。

そのため、買いたい服があるぞ!という方は定期的にマルイのウェブサイトを見て情報収集をするか、エポスカードの利用明細書をチェックするなどして確認するしかなし。

  • まだ次回開催が決まっていない場合:告知は特に無し
  • 次回開催の日程が決まっている場合:店頭やウェブサイト、エポスカードの明細書などに告知アリ

ほんとは1年を通して、いつ開催されるか事前にわかっているといいんですけどね。改善に期待したいところです。

過去の開催日時はこちら:

尚、マルコとマルオの7日間の開催日時はわからなくても、だいたいいつ頃に開催されるのか…というのは過去のセール日を見ればなんとなくわかるもの。

参考までに2016年と2017年の開催日時を紹介させていただくとこんな感じです。

  • 2016年3月24日~3月30日
  • 2016年5月25日~5月31日
  • 2016年9月17日~9月23日
  • 2016年11月23日~11月29日
  • 2017年3月24日~3月30日
  • 2017年5月24日~5月30日
  • 2017年9月22日~9月28日
  • 2017年11月23日~11月29日

これを見る限りだと、毎年3月、5月、9月、11月に開催される可能性が高いことが判明。

つまりマルイ関連施設では春と秋に2回ずつマルコとマルオの7日間が開催されるようなので、夏や冬のシーズンにはいくら公式サイトをチェックしてもムダなのかもしれませんね*3

Q.マルイカードや赤いカードとの違いは?

丸井デパートといえばマルイカードや赤いカード…というくらいに、40~50代以上の方の間ではそれらのカードに対する知名度が浸透してるように思いますが、ではそれらのカードとエポスカードとの違いって何なんでしょうか?

f:id:cardmics:20180405130929j:plain

これは丸井デパート以外での買い物に使えるかどうか…が一番大きな違い。

  • マルイカード:丸井でのみ使えるカード
  • 赤いカード:丸井でのみ使えるカード
  • エポスカード:丸井をはじめ、丸井の外でも使えるカード

正確にいうとエポスカードはクレジットカードで、マルイカードや赤いカードはハウスカードという位置付けになるのですが、あまり難しいことを考えずに「丸井の外でも支払いに使えるのがエポスカード」とおぼえておけば間違いありません。

ちなみにマルイカードと赤いカードは名称が異なるだけでまったく同じカード(マルイカードが改名され、赤いカードになった)。そして赤いカードは現時点で会員募集を行っていないようなので、新規に入手することは出来ません。

Q.エポスカードはどこで利用できるの?

『エポスカードって丸井のクレジットカードだから、高島屋や大丸といったライバルの百貨店では使えないの?』と思われる方も多いかもしれませんが、こちらについては全く問題なし。

伊勢丹だろうが阪神百貨店だろうが、更にはパルコやルミネであってもエポスカードを支払いに利用可能です。

これはエポスカードが世界的な国際ブランドであるVISAと提携したクレジットカードであるため。下記図解のようにVISAマークが掲示されているお店すべてでエポスカード払いが使えるので、『どのお店ならエポスカードが使えるの?』と悩む必要性はありません。

エポスカードはVISA提携のクレジットカードなので、VISA加盟店で使える

エポスカードはVISA提携のクレジットカードなので、VISA加盟店で使える
海外でも問題なく使える:

また、エポスカードは韓国やインド、フィリピンといったアジア諸国から、アメリカ、カナダ、ブラジルといった南北アメリカ大陸の国、そしてイタリアにドイツ、イギリスといったヨーロッパでも利用OK。

日本同様に海外でエポスカードを提示して、「クレジットカード払いで!」と現地の言葉で言えばそのまま支払いに使うことが可能です。

VISA提携なので海外でも支払いに使える

VISA提携なので海外でも支払いに使える

この辺について詳しくは下記記事にてまとめてあるので、海外でもエポスカードを使いたい方はそちらを参考にどうぞ(楽天カードの記事ですが、エポスカードに置き換えて読んでみてください)。

news.cardmics.com

Q.ルミネカードとどちらがお得?

丸井系のショッピング施設でお得なエポスカードと、ルミネ系のショッピング施設でお得なルミネカードのどちらを作るべきか迷っている方も多いかもしれませんが、この答えはやはり「どちらを使う機会が多いのか?」という点。

ただ残念ながらエポスカードの場合は、マルコとマルオの7日間開催期間中以外はそれほどお得なクレジットカードではないので、1年を通して洋服や靴などのファッションアイテムを購入したいという方は5%オフになるルミネカードのほうがお得である可能性は高いです。

優待メリットを考えるとエポスカードも有り:

それじゃエポスカードには保有メリットがないのかというと、もちろんそうではありません。

エポスカードはルミネカードと異なり入会金&年会費無料で持つことが出来るクレジットカードであること、そしてカラオケボックスや居酒屋などの優待店舗が多い点などに強みがあるので、持つべきクレジットカードであることには変わりなし。

その点、ルミネカードについては「ちゃんとルミネで買い物をしないと損なカード」に仕上がっているため、どれだけ買い物をするかで比較&検討をしてもらえればなと思います。詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

さぁ、エポスカードを作ろう:

f:id:cardmics:20180208142623j:plain

ここまでエポスカードとはどのようなクレジットカードなのか…といった基礎知識から、エポスカードのお得な優待内容までを幅広く紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

かなり長文になりましたが、これでエポスカードというカードがどんなクレジットカードなのかということは充分すぎるほどわかってもらえたはず。

丸井デパートを利用している方はもちろん、ビッグエコーやロイヤルホストなどの愛用者においては作らないほうが損なカードだと言えるので、是非、家計の節約に活用してもらえればなと思います(現在実施中の入会キャンペーン等は、下記公式サイトにて)。

以上、エポスカード完全ガイド(2018年版)!ポイント還元率や優待割引など、エポスカードの保有メリット&デメリットを徹底解説…という話題でした。

参考リンク:

エポスカードが自分にとってはじめてのクレジットカードになる…という場合には、先に下記の初心者向けのまとめ記事にも目を通しておいてもらえると安心ができるはず。時間を見つけてじっくりと、読んでもらえれば幸いです。

news.cardmics.com

*1:エポスカードの優待については頻繁に加盟店が変更&優待内容が変更になる&全店舗で実施していない可能性があるので、利用される際にはエポトクプラザで確認をした上でご利用ください。

*2:男性よりも女性のほうが審査に通りやすいかも?という情報に関してはクレジットカード業界に長年、携わってきた私の予想に過ぎません。審査基準はカード各社、公表していない情報なので私たち消費者からすれば推測するしかないため、曖昧な予測しかできないことにご理解をいただければと思います。

*3:これは推測するに、ショッピング施設として売上が落ちてしまいがちな春と秋の売上を伸ばす目的のためにマルコとマルオの7日間が開催されていると考えるのが自然ですね。暑い暑い夏や、寒さの厳しい冬は、ほっておいてもファッションアイテムの売上が確保できるのだと思われます。

PAGE TOP