クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

自分のクレジットカード番号が流出してしまった時はどうすればいい?個人情報流出等で、自分名義のカード情報が漏洩した際の対処法を解説。

f:id:cardmics:20170717002503j:plain

今回は『通販サイトからの個人情報流出で、クレジットカード番号や有効期限が漏れてしまった…』という場合の対処方法をまとめてみたいと思います。

個人情報流出事件が起きると頭が真っ白になってしまうかもしれませんが、落ち着いて対処をすれば怖いことはまったくないので安心してくださいね。

自分のカード番号が流出した時の対処法:

まず、『私のクレジットカード情報が流出してしまった…』という時、一番最初にやるべきことは落ち着くこと。これだけです。

焦ってカード会社に電話をする必要性もありませんし、パニックになって警察に駆け込む必要性もなし。詐欺グループの中にはクレジットカードの暗証番号を聞き出そうと、警察や銀行員のフリをしてあなたに電話をかけてくる場合もあるので、そういった際にも冷静に対処できるようにまずは兎にも角にも落ち着くことが重要であるといえます。

被害が大きくなっちゃうんじゃないの?

『いやいや、そうはいっても落ち着いてなんていたら、その間に私のクレジットカードが不正に利用されて、被害が大きくなっちゃうんじゃないの?』と思われるかもしれませんが、あなたに個人情報の流出が伝わる頃には間違いなくカード会社と警察にも情報が伝達済み。

  • 間違い:通販会社から個人情報流出の連絡があったから、すぐにカード会社に電話をしてその事実を伝える
  • 正解:通販会社から個人情報流出の連絡があっても慌てない

つまりあなたのクレジットカードが不正利用されないようにするための対策はすでに講じてあるので、私達が慌ててなにかをしなくちゃいけないということはありません(カード会社に電話をし、「私のカード番号が漏洩してしまったようなんです!」と伝えたところで、そんなことはカード会社側ですでに認知してるということ)。

落ち着いたら行うべきことは?

では、個人情報流出を知り、一通り状況把握が出来たその後はなにをすればいいのでしょうか?

これは流出の対象となってしまったクレジットカードの利用明細書をチェックすることのみ。仮にその利用明細書の中に「これは私が使った利用じゃないぞ」という怪しい請求が含まれていないのであれば、特にあなたがすべきことはなにもありません。

  • 身に覚えのない請求なし:特にすることなし
  • 身に覚えのない請求があった:カード会社に連絡を!

反面、身に覚えのない請求が利用明細書上にあった場合には、カード会社に電話をする必要性あり。対象となったクレジットカード裏面には必ず、カード会社への連絡先が記載されているので、そちらに電話をすればOKです(各カード会社への連絡先についてはこちら)。

不正請求は保険がカバーしてくれる:

ちなみに。

仮にあなたのクレジットカードが悪用され、不正請求を受けてしまった場合でも、カード会社に連絡をして保険申請の手続きを行えばあなたが負担しなくてはいけない金額は0円。つまり全額、保険が被害を補償してくれます。

これは100万円だろうが1億円だろうが、金額を問わず全額補償の対象となるので安心してください。結果、冒頭でも書いたとおり、個人情報が流出したとしても正しい知識があれば怖いことなんてまったくないのです(詳しくは下記記事を参照に)。

  • 個人情報漏洩で100万円被害:全額保険で補償
  • 個人情報漏洩で1億円被害:全額保険で補償

ほんと慌てる必要性すらありません。

news.cardmics.com

漏洩したカード情報すべてが悪用されるわけではない:

クレジットカード情報が何万件、何十万件といった単位で漏洩した場合でも、そのうち、不正にクレジットカードが使われるのはごくごく一部。なんとなくイメージだと情報漏えい=必ず不正利用されるという感じを持っている方も多いのですが、実際には漏洩したカード情報の1%未満のみが不正に利用される感じです。

とはいえ、不正利用されなかった=安心かというとそんなことはないので、大事なのは継続してクレジットカード明細をチェックし続けること。これを毎月、きちんと行っている方であれば情報漏えいだろうが不正請求だろうが怖いことはありませんよ。

気持ちが悪いならカード番号を変更してもらおう:

f:id:cardmics:20170525225554j:plain

最後に。

『個人情報が流出しても被害はまったく出なかったけど、なんとなく自分のカード番号が誰かに知られてしまっている状況なのは気持ちが悪いなぁ。これじゃ安眠できないよ!』という方は、カード会社に電話をしてカード番号を新しくしてもらうのも手です。

この際、再発行にかかる手数料については個人情報漏洩事件を起こしてしまった企業が負担してくれることが増えてきているので、カード会社から別途請求されることは稀。とにかく漏洩が気持ち悪いなら、不正利用されなかったとしても新しい番号に変更してもらえればなと思います*1

心配な方は再発行手数料がかかるかどうかをカード会社側に相談を。下記はインク通販のサイトから漏洩した際の対応です。

クレジットカードの再発行に関しまして

誠に恐れ入りますが、再発行をご希望の場合、クレジットカード裏面のカード発行会社にお客様から直接、お問い合わせください。漏えいの対象となっているカードと確認できた場合、再発行手数料がお客様のご負担にならないよう、カード会社に依頼しております。

以上、自分のクレジットカード番号が流出してしまった時はどうすればいい?個人情報流出等で、自分名義のカード情報が漏洩した際の対処法を解説…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカード会社は情報漏えいがあろうがなかろうが、発行済クレジットカードに不正利用がないかどうかを常に監視しています。

こういった監視体制に加えて、最近ではAI(人工知能)による監視もはじまっているようなので、今後は今までよりももっと、クレジットカードを安全に使える時代になっていくと思いますよ(AIについては下記記事にて)。

news.cardmics.com

*1:個人的に言わせてもらうと、個人情報の流出事件というのは大なり小なり、毎日どこかしらで起きているものなので、気にしても仕方ないものなのかなとは思ってます。つまり都度都度、カード番号を変えていると大変なので、私は何度、個人情報流出事故が起こったとしてもカード番号はそのままですね(不正利用されたらカード会社に請求するだけなので)。

PAGE TOP