クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカード番号が正しいかどうかを、一発で判断できる方法!これでオフライン環境下でも、不正なカード番号かどうか判別可能です。

f:id:cardmics:20170525225545j:plain

VISAカード、マスターカード、JCBカードであればクレジットカードは16桁(4桁の固まりが4つ)。これはみなさんご存知かもしれませんが、今回はその16桁の番号が正しい番号なのかどうかを一発で判断できる方法を紹介してみたいと思います。

これを理解すれば今後、ネット認証や電話確認が出来ないオフライン状態でも、お客さんが言ってきたカード番号が正しいかどうかの判別が出来るようになりますよ。

カード番号が正しいかどうかの確認方法:

掛け算と足し算でわかるカード番号:

クレジットカード番号が正しいかどうかの確認方法は、ちょっとした掛け算と計算をしてもらえればすぐにわかります。

  1. まずは1桁目、3桁目、5桁目…といった奇数の桁数を2倍にする
  2. この時、2倍にした数字が10を超える場合にはマイナス9する(奇数桁が6であれば6×2をしたあとに9を引いて3とする)。
  3. 全ての数字を足し算する。
  4. 合計の数字が10の倍数であれば正しいカード番号(10、20、30、40、50といった数字であればOK)。そうでなければ不正な番号。

正誤を確認した計算例:

わかりやすく画像も作ってみましたので確認してみてください。

 

f:id:cardmics:20140605162616g:plain

 

以上、たったこれだけ。

慣れないと数分程度の時間はかかってしまいますが、慣れれば即座に計算できるようになります(肝心なのは1桁目が0であること)。

不正カード対策に活用ください:

f:id:cardmics:20170717002503j:plain

まぁ、これですべての不正利用を防げるのか…といえば、そんなことはありませんが、『ちょっとこのお客さん…怪しいな』と思った時などに活用できるはず…。

  • 怪しいお客さん:カード番号が正しいか確認を
  • 普通のお客さん:そのまま決済処理してOK

少なくともテキトーに作ったカード番号や、本当のカード番号をちょっとだけズラした数字などは見破れることでしょう。是非、活用してもらえればなと思います。

以上、クレジットカード番号が正しいかどうかを、一発で判断できる方法!これでオフラインでも、不正なカード番号かどうかを判別できます…という話題でした。

参考リンク:

仕事でクレジットカードを取り扱うことが多いという方は、下記記事も参考に。加盟店手数料の下げ方から、社員にクレジットカードを持たせるメリットまで、ビジネスにおけるクレジットカードの活用方法を紹介していますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP