クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

Tポイントが二重取りできる、おすすめのクレジットカード(2020年版)。お得にTポイントを貯めるなら、これらのカードを活用しよう。

f:id:cardmics:20170409111234j:plain

今回は普段からTポイントを貯めている…という方向けに、Tポイント獲得に強みのあるおすすめクレジットカードを紹介していこうと思います。

これらのクレジットカードを利用すればTポイントカード提示でポイント獲得ができるだけでなく、クレジットカード払いでもポイント獲得が可能。

  • 通常のTポイントカード:
    ポイントカードの提示でしかポイントが貯まらない
  • Tポイント機能内蔵クレジットカード:
    提示だけでなく、支払いでもTポイントが貯まる

言わばポイントが二重に獲得ができるので、大げさでもなんでもなく、2倍、3倍のペースでTポイント獲得ができるようになりますよ。

私同様、1円分でも多くのTポイントを貯めたい…という方は、この記事を参考にしてもらえればなと思います。

Tポイントが貯まるクレジットカードまとめ:

Yahoo! JAPANカード:

Tポイントが貯まりやすいクレジットカード、筆頭はやはりYahoo! JAPANカード(通称:ヤフーカード)。

電気代やガス代などの固定費からコンビニやスーパーでの支払いに至るまで、100円の支払いあたり1円分のTポイントが貯まっていくので、いつでもどこでもこのカードで支払いをするだけでTポイントをザクザクと貯めていくことが出来ます。

Tポイント機能内蔵なのでポイントを貯めやすい

Tポイント機能内蔵なのでポイントを貯めやすい
PayPayとの親和性が高いのも魅力:

また、Yahoo! JAPANカードは話題のQRコード決済である「PayPay(ペイペイ)」との親和性が抜群。

それゆえ、キャッシュレス決済を極めていきたいと思うのであれば、手元に1枚あると便利ですよ。入会金&年会費無料で作成可能です。

Yahoo! JAPANカードYahoo! JAPANカード 

Tカードプラス(TSUTAYA発行):

普段からTSUTAYAでレンタルをしている…という方にとってお得なのがTカードプラス(TSUTAYA発行)。

こちらはTSUTAYAのレンタル更新費用が無料になるだけでなく、毎年の会員更新手続きが簡略化されるというメリットもあるので、TSUTAYA愛用者なら地味に嬉しいクレジットカードになるのではないでしょうか?

TSUTAYAのレンタル更新費用が無料&手続き不要になる

TSUTAYAのレンタル更新費用が無料&手続き不要になる
ヤフーカードと比べると還元率は低い:

反面、前述のYahoo! JAPANカードと比べるとポイント還元率が悪いのがデメリット。

  • Yahoo! JAPANカード:100円あたり1ポイント
  • Tカードプラス(TSUTAYA発行):200円あたり1ポイント

そのため、TSUTAYA以外でもしっかりTポイントを貯めていきたい…という方には、やや不向きなクレジットカードかもしれませんね。

Yahoo! JAPANカードと比較した上での申込をどうぞ。

TSUTAYAの最強カード!! |Tカード プラス(TSUTAYA発行)Tカード プラス(TSUTAYA発行) 

ファミマTカード:

Tポイントが二重に獲得できるクレジットカード、おすすめの最後はファミマTカードです。

こちらはご存知のようにファミリーマートでの支払いがお得になるクレジットカードなので、自宅や勤務先の最寄りコンビニがファミマなら検討の余地アリ…といったところでしょうか。

リボ払い専用なのがデメリット:

では、ファミマTカードのデメリットはどんなところかというと、それはいわゆる「リボ払い専用クレジットカード」であるという点。

返済を定期的に行っていかないと、金利手数料の負担が必要になってくるので、このカードを活用するなら毎月の支払い金額を大きめに設定しておくか、逐一、返済を忘れないようにしてもらえればと思います。

毎日がおトク!ファミマTカード毎日がおトク!ファミマTカード 

TSUTAYAの会員証としても利用可能:

TSUTAYAの会員証として利用可能なのはTカードプラス(TSUTAYA発行)だけ…と思われるかもしれませんが、実際にはYahoo! JAPANカードもファミマTカードも会員証として登録は可能。

つまりクレジットカードとは別に、TSUTAYAの会員証を持ち歩く必要性はないので、1枚のカードだけで全てを済ませることができます。

但し、残念ながら会員登録等の手数料は別途必要な点には注意。

TSUTAYA関連の費用を完全無料にしたいなら、やはりそれらの費用がタダなTカードプラスに強みがあると言えそうです。

よくある質問とその答え:

f:id:cardmics:20170517142114p:plain

もっとTポイントを貯めたい…という方のために、よくある質問とその答えをQ&A形式でまとめてみました。

知識を深めればさらにTポイントが獲得しやすくなりますよ。

Q.いわゆるTカードって何?

Tポイントカード、Tカード、Tカードプラス、Tポイント内蔵クレジットカードなどなど、世の中には様々なTポイント関連の言葉がありますが、その中でも非常にわかりにくいのがTカード。

なぜならひとことにTカードと言っても、人によってはTポイントカードのことを指している場合もあれば、Tポイント機能内蔵のクレジットカードを指している人もいるため。

  • AさんにとってのTカード:Tポイントカードのこと
  • BさんにとってのTカード:Tポイント内蔵クレカのこと(Tカードプラスのこと)

要はどっちなのかは話の流れで判断するしかないのですね。

店員が言うTカードはだいたいポイントカード:

とはいえ、店員さんがお店で聞いてくる『Tカードはお持ちですか?』はだいたいポイントカードとしてのTカードを指す言葉。

そのため、そう聞かれたらお手持ちのTポイントカードかTポイント機能内蔵のクレジットカードを店員に渡し、レジで読み取ってもらえばそれでOKですよ。

それでTポイントが貯まります。

Q.TポイントとTマネーの違いは?

『この前、ファミマの店頭でTマネーをおすすめされたんだけど、TポイントカードやTポイント内蔵のクレジットカードとなにが違うの?』

そんな疑問をお持ちの方にTマネーを説明すると、TマネーとはSuicaや楽天Edyなどと同じような電子マネーのこと(Tマネー公式より引用)。

「Tマネー」は、Tカードにチャージして利用できる電子マネーです。

基本的に現金でTマネーを購入すれば、その後はTマネーが使えるお店で購入した金額分が利用できるだけのものなので、特に興味がないのであれば購入する必要はありません(ファミマ等ではTマネー購入がお得になるキャンペーンが実施されている)。

Tマネー利用にはメリットが少ない:

加えてTマネーは世間的な認知度が低く、使えるお店もファミリーマートが中心となる電子マネーゆえ、あまり積極的に使うメリットがないのがネック。

さらにいうとVisa付きのYahoo! JAPANカードやTカードプラスでは利用することが出来ないサービスなので、よほどお得な購入キャンペーンでも実施されていなければ利用をおすすめできないですね(苦笑)

Visa付きのTポイント機能付きクレジットカードでは使えない

Visa付きのTポイント機能付きクレジットカードでは使えない

そういうサービスがあるくらいに覚えておけばOKです。

news.cardmics.com

Q.年間どのくらいのTポイントが貯まるの?

『今回紹介してくれたクレジットカードを使えばTポイントが貯まることはわかったけど、わざわざクレジットカードを新規に作ってまで貯める価値ってあるの?』

そんな疑問をお持ちの方のために、年間どのくらいのTポイントが貯まるのかを試算した表が下記の通り(Yahoo! JAPANカードを使った場合のTポイント獲得数)。

わかりやすく月間の利用金額を元に年間のポイント獲得数を試算しているので、毎月、どのくらいクレジットカードを使うとTポイントが獲得できるのかを確認ください。

月間の利用金額 還元率 年間の獲得ポイント
月間1万円 1% 年間1,200ポイント
月間3万円 年間3,600ポイント
月間5万円 年間6,000ポイント
月間10万円 年間1万2,000ポイント
月間20万円 年間2万4,000ポイント
月間30万円 年間3万6,000ポイント
月間3万円以上使うならカード作成を:

このポイント数を見て『意外と多くのポイントが稼げるんだなぁ…』と思った方もいれば、逆に少ないなぁ…と感じた方もいるはず。

しかしこの金額はあくまで1年間に獲得可能なポイント数でしかないため、3年、5年、10年と長期で考ればこの数倍のポイントを獲得可能になる計算。

  • 短期で考える:少なく思える
  • 長期で考える:さらに獲得ポイントが増える

こうなるとバカに出来る金額ではなくなるので、家計の節約に貢献するものと思いますよ。必要なのは日々のクレジットカード利用、それだけです。

他のカードからポイント移行でTポイント獲得も:

Tポイントが貯まらないクレジットカードを利用してポイントを貯め、そのポイントをTポイントに移行することで間接的にTポイントを獲得するのもひとつの手。

代表的なカードとして人気があるのがオリエントコーポレーション発行のオリコカードTHE POINTですね。

こちらはポイント還元率が高いだけでなく、iDとQUICPayという2つの電子マネーを内蔵しているクレジットカードなので、コンビニや薬局等のお店でスムーズに支払いが出来るのが大きな強み。

いつでもどこでもポイントを貯めたいなら、こういった選択肢も検討ください。

迷ったらヤフーカードでOK:

f:id:cardmics:20180408175643j:plain

ここまであれこれ解説をさせていただきましたが、Tポイントが貯まるお得なクレジットカードが欲しいなら、やはりおすすめはYahoo! JAPANカードで間違いなし。

そのくらい他のクレジットカードよりもポイント還元率が高い状況があるので、迷ったらとりあえずこのカードを選んでおけば問題ないでしょう。

入会金&年会費が無料なのも大きな魅力ですよ。

以上、Tポイントが二重取りできる、おすすめのクレジットカード(2020年版)。お得にTポイントを貯めるなら、これらのカードを活用しよう…という話題でした。

参考リンク:

『いやいや、自分はTポイントを貯めるためにクレジットカードなんて作りたくない。単純にTポイントカードが欲しいんだよ。』という方は、クレジット機能なしのTポイントカードを入手するための方法をまとめた下記記事も参考にどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP