クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

長期の海外旅行保険代をガツンと安くする方法!ワーキングホリデーや留学で海外に行くなら、この方法で旅行保険費用を抑えよう。

f:id:cardmics:20171006224904j:plain

海外に3ヶ月以上、留学やら出張やらで渡航をする予定がある…という方にとって、負担になりがちなのが海外旅行傷害保険(通称:海外旅行保険)。

実際、長期で海外旅行保険に加入する場合には年間20~40万円程度の費用が必要になるため、『いくら安心のためとはいえ、こんなにも多額の費用を払えないよ…』という方も多いのではないでしょうか。

長期の海外旅行保険を節約する方法:

短期であれば安くする方法があるけど:

そんな時に役に立つのがクレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険…ですが、これらの旅行保険はすべて3ヶ月以内という短期限定。

3ヶ月を超える出張や留学では3ヶ月目までを補償してはくれるものの、それ以降は無保険の状態になってしまうリスクがあります。

3ヶ月目から加入すれば良いのでは?

こう書くと『それじゃ最初の3ヶ月はクレジットカードの付帯保険で海外旅行保険に加入し、3ヶ月と1日目から損害保険会社提供の海外旅行保険に加入すればいいのでは?』と思われる方もいるかも…ですが、大手損害保険会社のひとつであるAIG損保にはこのようなQ&Aが存在。

Q.クレジットカードに付帯されている保険が3か月間あるので、3か月後からの申込みを出発前に行うことはできますか?

A.いいえ。海外旅行保険は、海外旅行の目的をもって住居をご出発される日を保険期間の開始日としてご契約いただきます。

カードの保険が終了した後の期間からのご契約はできません。海外旅行の目的をもって住居をご出発される日からのご契約をお願いします。

残念ながら行程の途中で海外旅行保険に加入することは出来ないとのことなので、3ヶ月を超える出国の場合には、高い旅行保険代を払って1日目から加入するしかありません。

海外旅行保険プラスなら安くできる:

では、その他に長期の海外旅行保険代を安くする方法がないのか…というと、実はひとつだけとっておきの方法があります。

それが三井住友トラストクラブ発行のクレジットカードで利用可能な「海外旅行保険プラス」と呼ばれるサービスを使う方法(ダイナースクラブ公式より引用)。

カード付帯保険にプラスして、海外旅行保険の補償をさらに充実させたい場合や、補償期間の延長、ご家族の補償をご希望の会員様のために有料の「海外旅行保険 プラス」をご用意しています。

こちらを利用すれば長期の海外旅行保険代を最大で3ヶ月分、安くすることが可能なので、4ヶ月の旅行&出張なら実質1ヶ月分の旅行保険を負担すればOKという形となります。

  • 通常の旅行保険:旅行行程の1日目から加入する必要性あり
  • 海外旅行保険プラス:3ヶ月を超えた部分のみ加入すればOK

3ヶ月を過ぎた部分のみ旅行保険代を負担すればOK

3ヶ月を過ぎた部分のみ旅行保険代を負担すればOK
ベースは東京海上日動の海外旅行保険:

しかも「海外旅行保険プラス」のベースとなっているのは、東京海上日動の海外旅行保険。

ここは数多くある海外旅行保険の中でも割安な料金設定をしてくれている良心的な損害保険会社であること、そして大手損害保険会社ゆえのサービスの手厚さも魅力なので、そういった意味でも海外旅行保険プラスは安心して使えるサービスになるものと思われます。

  • 延長分の旅行保険代が安め:長期でも安心して加入できる
  • 海外での提携病院数が多い:キャッシュレスで受診可能
  • 現地で言葉が通じない:通訳サービスを利用可能
  • 困ったことがある:365日24時間対応の緊急ダイヤルがある

安かろう悪かろうではありません。

海外旅行保険プラスの使い方:

そんな「海外旅行保険プラス」はどうしたら利用できるのかというと、前述のように三井住友トラストクラブが発行しているクレジットカードを持つことがその前提条件。

どちらも残念ながら年会費が必要なクレジットカードですが、海外旅行保険代をガツンと安くできるメリットを考えると決して重たい負担にならないものと思います(これらのカードを保有していれば海外旅行保険プラスが利用可能になる)。

おすすめはダイナースクラブカード:

尚、ダイナースクラブカードとSuMi TRUST CLUBカードの2種類を比較してみると、年会費が数千円のみで保有できるSuMi TRUST CLUBカードのほうがお得だと思われるかもしれませんが、後者にはひとつ大きなデメリットが存在。

それはSuMi TRUST CLUBカードに付帯している海外旅行保険は3ヶ月間ではなく2ヶ月間有効なものなので、海外旅行保険プラスを利用する際には2ヶ月と1日目から加入する必要性があるんです。

それゆえ、海外旅行保険代を安く抑えたいならダイナースクラブカード一択

年会費が高く感じるかもですが、それでも1ヶ月分の海外旅行保険代を負担するよりかは休いので、こちらを作るのがおすすめですね。海外主要空港にある空港ラウンジが無料で使えるメリットなども見逃せません。

海外旅行保険プラスは海外にいても加入できる:

三井住友トラストクラブ系クレジットカードで加入可能な海外旅行保険プラスは、海外に滞在している時にも加入可能。

さすがに無保険状態になってしまっている状況下から加入をすることは出来ませんが、クレジットカード付帯の旅行保険が適用されている状況下であればその保険期間に延長させる形で加入できるので、想定よりも海外旅行や出張が長くなってしまった場合にも便利です。

  • いずれも旅行保険に加入できていない場合:加入は無理
  • なんらかの旅行保険に加入状態:海外からでも加入可能

期限を決めずにアジアを放浪して回りたいとか、仕事で駐在するんだけどいつまでになるかわからない時にどうぞ(事前にSuMi TRUST CLUBカードやダイナースクラブカード等を日本で発行しておく必要性はあり)。

海外旅行保険プラスのQ&A:

f:id:cardmics:20170517142114p:plain

ここまでで三井住友トラストクラブ系クレジットカードを利用すると、海外旅行保険プラスという旅行保険代を安くできるサービスに加入できることはおわかりいただけたものと思いますが、正直、海外旅行保険の仕組みは複雑なもの。

そこでさらに理解を深めてもらうために、海外旅行保険プラスに関するQ&Aを作ってみました。使うかどうか決めかねている…という方は、こちらも参考にしてもらえればなと思います。

Q.夫婦で利用することも可能?

ひとりで海外赴任をするのではなく、夫婦で海外に行く予定だ…という方にとって心配なのが、妻のための海外旅行保険も海外旅行保険プラスで割引になるのかどうかだと思いますが、こちらはもちろん可能。

ダイナースクラブカードにしろSuMi TRUST CLUBカードにしろ、家族カードを発行することで配偶者(妻や夫)を海外旅行保険に加入させることが出来るので、この無料期間を使えば海外旅行保険プラスを通すことで3ヶ月分の旅行保険割引につなげることができます。

  • 自分:そのまま海外旅行保険プラスを利用
  • 家族:家族カードを発行することで利用可能
18歳未満の子供は残念ながら加入させられない:

但し、18歳未満の子供に対しては一部の例外を除き家族カードを発行することが出来ないので、海外旅行保険プラスを利用したとしても割引はなし。

そのままファミリープランとして海外旅行保険に加入させることになるのでご了承ください(家族カードの活用方法について詳しくは下記記事を参照)。

news.cardmics.com

Q.大学生でも利用したいんだけど?

『自分は今、大学生なんだけど、私でも海外旅行保険プラスって利用できるの?』という方は、両親に頼んで家族カードを発行してもらう他なし。

残念ながら三井住友トラストクラブ発行のカードは満22歳以上でなければ作れないクレジットカードのみなので、18~21歳の大学生は自分クレジットカードを作成して海外旅行保険プラスを使うことは出来ません。

入会の目安:22歳以上 年収200万円以上

ほんとこの辺、もう少し学生にも優しいクレジットカードになってくれると良いんですけどね(苦笑)。

どうしても海外留学やワーキングホリデー用の旅行保険代を抑えたいなら、両親に家族カードの発行を相談あるのみです。

Q.ダイナースクラブの年会費は高すぎる:

『海外旅行保険プラスを活用したいと思ってるけど、さすがにダイナースクラブカードの年会費は高すぎるよ…』という方は、自己責任での話になってしまいますが、SuMi TRUST CLUBカードと他の旅行保険付きクレジットカードを利用して無理やり旅行保険代を安くする方法は有り。

用意するのは下記記事で紹介している海外旅行保険付きクレジットカード。

これらのカードとSuMi TRUST CLUBカード系のクレジットカードを1枚を持ち、海外に渡航し、出国から3ヶ月経過するタイミングでSuMi TRUST CLUBカードで飛行機代や電車代を払うことで、海外旅行保険の補償期間を最大5ヶ月に伸ばすことが出来ます。

利用付帯の特性を使えば延長可能:

これはSuMi TRUST CLUBカードに付帯している海外旅行傷害保険が利用付帯と呼ばれる仕組みのため。

SuMi TRUST CLUBカードの海外旅行傷害保険は出国したタイミングで自動的に加入状態になるのではなく、海外旅行の行程中に電車、バス、飛行機などの公共交通機関を支払ったタイミングから加入状態になる特性があるので、この特性を利用すれば他のクレジットカードで3ヶ月間の補償、SuMi TRUST CLUBカードで追加2ヶ月分の合計5ヶ月分の旅行保険に加入することが出来るんです(プラチナカードやデルタ提携のものを除く)。

ご注意

海外旅行保険の適用される責任期間は、以下のとおりです(SuMi TRUST CLUB プラチナカード、デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB プラチナVISAカードは特別サイトをご確認ください)。

  1. 出国前に利用条件を満たした場合:海外旅行の目的をもって住居を出発してから住居に帰着するまでの旅行期間中(2ヵ月を限度)。
  2. 出国後に利用条件を満たした場合:海外旅行の目的をもって住居を出発し、初めて利用条件を満たす料金を支払ったときから住居に帰着するまでの旅行期間中(2ヵ月を限度)。

※1.2.とも会員資格が有効な期間中に上記料金を支払った場合かつ、会員資格が有効な期間中に日本を出国した場合に限ります。

※1.2.が重複した場合には、1.が優先して適用されます。

まぁ読んでもよくわからない…という方は挑戦しないほうが身のため。

下手すると旅行保険に加入している状況だと思っていたら無保険状態になってしまっている…なんてこともありえるので、くれぐれもご注意ください。

ただうまく活用すれば海外旅行保険を最大5ヶ月間無料にできる&海外旅行保険プラスも5ヶ月+1日目から利用できるので、どうしてもダイナースクラブカードは作りたくないとか、旅行保険代を1円でも多く節約したい…という方はどうぞ。

  • メリット:保険代を節約できる&ダイナースクラブ作成不要
  • デメリット:仕組みを熟知していない方だと無保険状態になってしまう

くどいようですが、くれぐれも自己責任でお願いしますね。

Q.補償期間の延長って可能?

『来月に帰国予定だったんだけど、仕事の都合でもう3ヶ月間、滞在することになった。こうなると海外旅行保険切れが心配…。』という方も海外旅行保険プラスなら問題なし。

海外から電話で補償期間の延長が出来るので、急遽、帰国ができなくなってしまった場合でも柔軟に対応をすることが出来ます。

現地からお電話で補償期間の変更も承りますので、長期の旅行や出張、留学時の補償としてもおすすめです。

急な帰国にも対応可能:

また、海外旅行保険プラスなら補償期間の短縮にも対応可能。

縁起でもありませんが親族が病気になってしまったり、会社がいきなり倒産してしまったといったケースでも対応ができるので、そういった面でも安心なサービスだなと思います。

半年に1度、留学から帰国する場合にはもっと安い:

よほど忙しい仕事やワーキングホリデーであれば別ですが、海外留学をしている学生などはだいたい、半年から1年に1度は日本に帰国するもの。

そういう時にも三井住友トラストクラブの海外旅行保険プラスは最適で、帰国の度に加入を繰り返せばその回数分だけ海外旅行保険代を割引してもらえるメリットがあります。

  • 2年間帰国せずに留学:
    海外旅行保険プラスなら3ヶ月分の旅行保険代が無料になるものの、1年9ヶ月分の旅行保険代の負担は必要
  • 2年間の留学中に2度帰国:
    帰国の度に海外旅行保険プラスに加入すれば都度、3ヶ月分の旅行保険代が無料になるため合計9ヶ月分が無料に(合計3回の渡航になるため)。実質負担は1年3ヶ月分のみでOKとなる。

場合によっては航空券を購入する金額よりも海外旅行保険代の割引効果のほうが高い場合もありえるので、時間に余裕があるなら旅行保険代を安くするためにも頻繁に帰国してみてはいかがでしょうか?

ホームシックにもなりにくいと一石二鳥です。

さぁ海外旅行保険代を格安にしよう:

f:id:cardmics:20170531185941j:plain

ここまで長期の海外旅行保険代を格安にする方法を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

使い方次第では年間にかかる海外旅行保険代を10万円以上安くすることが出来る方法だと思うので、頻繁に日本と海外を行き来している方は是非、活用ください。

利用方法は単純に、ダイナースクラブかSuMi TRUST CLUBカードを作るだけですよ。

以上、長期の海外旅行保険代をガツンと安くする方法!ワーキングホリデーや留学で海外に行くなら、この方法で旅行保険費用を抑えよう…という話題でした。

参考リンク:

短期の海外旅行や語学留学なら、下記記事で紹介しているクレジットカードを利用すれば問題なし。

これじゃ補償内容が不十分だよ…という方は、複数枚保有することで補償を強化してもらえればなと思います。

news.cardmics.com

PAGE TOP