クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

アメックスを海外で使うメリットは、利用店舗の業種まで書いてくれる点。アメックス払いを使えば経費申請や記帳作業がラクになりますよ。

http://www.flickr.com/photos/21450297@N06/4347996555

photo by chrisinplymouth

VISAカードやマスターカードと比べて、海外での使い勝手がやや悪いアメックス。

正直なところアメックス1枚を持って海外旅行や出張に出かけるのはおすすめしませんが、すでにVISAカードやマスターカードを保有している方が、2枚目のカードとしてアメックスを海外に持っていくことには大きなメリットがあると私は思っています。

海外での利用店舗がまるわかり:

その理由として私があげたいのは、アメックスを海外店舗で利用すると、その業種名まできちんと利用明細書に書いてくれるという点です。

これ、JCBカードを含め、VISAカードやマスターカードを海外で利用すると、1か月後くらいに届く利用明細書チェックの時に、『えっと、このVOXT DE PURINTってどんな店舗だっけ?』という状態になるんですよね(苦笑)。

  • VISAやJCBなど:店舗名のみの記載なので、どこで使ったか思い出せない
  • アメックス:店舗名に加えて、業種名が記載されているので思い出しやすい

なにせ当然ながら、海外でクレジットカードを利用した時に記載される店舗名はすべて英語。○○レストランといった名前であれば日本人でもすぐにどんなお店かの判別が可能ですが、それ以外の読んだだけではわかりにくい店名のお店では、1件1件、本当に利用したのかどうかを含めたチェックが必要になってしまうわけです。

反面、アメックスなら店名+業種が利用明細書に記載されるので、「ああ、あのときの支払いか」ということがわかりやすいメリットあり。比較的容易に記憶をたどることが出来ることでしょう。

アメックス払いを使えば経費申請がラクに:

こう書くと「お店の業種がわかって何になるの?」と思われるかもしれませんが、これ、特にビジネスでクレジットカード決済を利用している方であれば、経費申請のために何に利用したのかを確認できるのは大きいんですよね。

実際、私も個人事業主なので、海外では極力アメリカン・エキスプレス・カードを利用し、どこでどんな支払をしたのかの確認に使っているくらい。たったこれだけで経理処理がかなり楽になるので、ほんとうにおすすめですよ(ビジネスでの支払いにアメックスを使うなら下記のビジネス向けアメックスを)。

アメックスは欲しいけど自分にも作れるの?

アメリカン・エキスプレス・カードが海外利用で便利なことはわかったけれども、自分は年収が低くて作れない可能性が高いな…と思っている方、現在ではそんなこともありません。

詳しくは下記記事を参考にしてもらえればなと思いますが、アメリカン・エキスプレス・カードの審査難易度はかなり引き下げられてきているので、正社員として働いている方であれば大抵、作れちゃうと思います。「いつかはアメックス」と思っているならこの機会に是非、作成ください。

日本での利用にも便利:

http://www.flickr.com/photos/37815348@N00/5399559544

photo by The.Comedian

実はこれについては海外利用分だけでなく、日本での利用についても便利。

たとえば楽天市場などの通信販売でアメックスを利用すると、専門店/通信販売/ECという記載が利用明細書上に記録されますが、これがないと稀に見覚えないの店舗記載になってしまい、『もしかして不正利用じゃないか!』と慌てることになります。

通販での購入だと店舗名に馴染みがない場合が多いので、この記載があるかどうかでだいぶ、焦り方が変わってくるものなのですね。おすすめです。

以上、アメックスを海外で使うメリットは、利用店舗の業種まで書いてくれる点。アメックス払いを使えば経費申請や記帳作業がラクになりますよ…という話題でした。個人的にもVISAやJCBといったクレジットカードでも、こういうサービスを早く導入してほしいなと思います。

文末リンク:

海外におけるクレジットカード利用について興味がある方は、下記記事も参考に。日本と同じ感覚でクレジットカードを利用しようとすると、海外では思わぬトラブルに巻き込まれることもありますよ。

PAGE TOP