クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

PayPayの利用履歴はパソコンから閲覧できない問題!さらに会計ソフトとの連携や、利用明細をダウンロードして印刷も出来ません。

f:id:cardmics:20190712205541j:plain

レストランや小売店で支払いに使うことが出来るスマホ決済『PayPay(ペイペイ)』。

今や多くのお店で利用可能になったこのPayPayですが、どうやら利用履歴をパソコンから閲覧できないようなので、今回はその愚痴を記事にしてみたいと思います。

私同様、PayPayを経費の支払いに使っている方はくれぐれもご注意ください。

PayPayの利用明細出力について:

パソコンから利用履歴の確認が出来ない:

早速、PayPayを利用した履歴の出力についてまとめるとこんな感じ。

  • アプリから閲覧:可能
  • パソコンから閲覧:出来ない
  • CSVファイルの出力:出来ない
  • PDFで出力:出来ない

わかりやすく言うと、スマホやタブレット端末上のアプリからしか利用履歴の確認は出来ないということ。パソコン上では確認すらさせてくれません。

MFクラウド等の会計ソフトとの連携もなし:

加えてPayPayはMFクラウド会計やマネーフォワード等のサービスと連携も不可能。

  • マネーフォワード:連携できない
  • MFクラウド会計:連携できない
  • freee:連携できない
  • マネーツリー:連携できない

基本的にすべての家計簿&会計ソフト系サービスと連携や同期が出来ないと思って問題なさそうな感じです。

公式でもアプリから確認せよとの記述:

こう書くと、

『いやいや、さすがに今の時代、利用履歴をパソコンから確認くらいは出来るだろうし、CSVファイルでダウンロードだって出来るでしょ?そうじゃないと確定申告の時とかに不便じゃん』

そんな風に思われるかもしれませんが、PayPay公式にも下記の記述あり(引用元)。

利用明細を確認したい

利用明細は、PayPayアプリトップの[取引履歴]から確認できます。

PC経由で確認する方法については一切、言及がありません。

PayPay残高だけは確認可能:

また、PayPayをYahoo! JAPANのIDと連携をさせると保有中のPayPay残高を確認することが出来るのですが、そちらでも利用明細については確認不可。

これらを考えると、どうやってもパソコン上でPayPayの利用履歴を確認することはできないようです(下記がその証拠画像)

PayPayの残高は確認できても取引明細は確認できない

PayPayの残高は確認できても取引明細は確認できない

ほんと、なんじゃそりゃ…って感じですよね。早めに改善をお願いしたいです。

au PAYやLINE Payは会計ソフトと連携できる:

PayPayの競合サービスであるau PAYやLINE Payについては、家計簿ソフトや会計ソフトとの連携が可能。

  • au PAY:連携可能
  • LINE Pay:連携可能

どうやら不自由なく利用履歴を取り込むことが出来るようなので、家計簿ソフト or 会計ソフトで利用履歴を管理したいと思う方はこれらのスマホ決済を使ったほうが良いかもですね。

それでも尚、PayPayを使いたいなら、Yahoo! JAPANカードとPayPayを連携させて利用するのがおすすめ。

そうすればPayPayで支払い=Yahoo! JAPANカードで支払いとなるので、会計ソフトをYahoo! JAPANカードと連携させれば履歴の取り込みがOKとなります。

経費の支払いに使うなら領収書が必須:

f:id:cardmics:20190918143910j:plain

このようにPayPayは利用履歴を印刷して保管することが出来ないため、経費の支払いにPayPayを使う予定がある方はその都度、お店からレシートや領収書をもらうのが必須。

そうじゃないとPayPayの利用履歴を表示させたスマホ画面のキャプチャを取るとか、出金伝票で支出を証明することくらいしか対策が取れなくなるので、会計処理の際に困ることになりますよ(税務調査の際に否認されやすくなる)。

くれぐれもご注意ください。

以上、PayPayの利用履歴はパソコンから閲覧できない問題!さらに会計ソフトとの連携や、利用明細をダウンロードして印刷も出来ません…という話題でした。

参考リンク:

今回紹介した問題を考えると、PayPayやメルペイといったスマホ決済にはまだまだ問題点が残されていそうな感じ。

やはりクレジットカードの利便性に敵う支払手段は今のところないので、経費の支払いをスムーズにしたいならクレジットカード一択なのかもしれません。

詳しくは下記記事も参考に。法人向けカードを使えば事業の合理化にも繋がりますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP