クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

飲み会の時、お金を集めてクレジットカード払いする幹事役ってズルい?会計担当のポイント総取りは責められるべきなのかを書いてみた。

f:id:cardmics:20170914210355j:plain

『会社の打ち上げ、合コン、交流会などの会計時には、積極的に会計担当になってクレジットカード払いをしましょう!まとめ払いが出来るのでポイントがザクザクと貯まりますよ。』

クレジットカードポイントの効果的な貯め方…といった類の記事を読むと、上記のテクニックが必ずといっていいほど紹介されています。

その仕組みは非常に単純で、みんなから現金で会費を集め、その総額をクレジットカード払いすれば全員分のカードポイントが貰えるってだけの話。

つまり1人で飲み食いした料金だけでなく、5人なら5人分、10人なら10人分のポイントが貰えるので、積極的に会計役を担当してポイントを貰おう…という発想ですね。

  • 5人の飲み会で会計担当:5人分のポイントが貰える
  • 10人の飲み会で会計担当:10人分のポイントが貰える

まさに飲み会でしか使えない、ポイント獲得術だと言えます。

飲み会の費用をカード払いすることについて:

独り占めはズルい…という批判も多い:

しかし、この手法、人によってはズルいと感じる方もいるみたいなんですよね。

同じくクレジットカードポイントを貯めたいと思っている方からすれば『なぜあのひとだけポイントをタダ取りするのか?』とケチを付けたくなるようで、実際に私が参加した飲み会の席でも、下記のような主張をしてる方を見たことがあります。

  • ○○さん、ズルい!私もクレジットカード払いしたいのに!
  • ○○さん、ポイント分だけみんなに還元してくださいよ!

嘘のようでほんとうの話です。

自分の飲み代を理論上0円にすることも:

まぁ仮に…ですが、会社の飲み会などで50人規模のものがあったとしたら、幹事役はクレジットカード払いするだけで自分の飲み代を0円近くにすることも可能ですし、JALマイルやANAマイルなどの、クレジットカード払いじゃないと貯めることが出来ないポイントを集めている方からすれば、『自分も自分も!』と言いたくなる気持ちはわからなくもない話。

  • 50人の飲み会で会計役:ポイント獲得だけで自分の分が無料になることも

ただそうはいっても1%や2%の世界なので、そこまで目くじらを立てることもないと思うんですけどね。

心の中だけでなく、声にまで出しちゃう人の気持ちはよくわかりません(苦笑)

みんなクレジットカードを持ってるのに:

こういった経験をみんなしているからかはわかりませんが、6人前後でやる大人の飲み会の場合、参加者から現金を集めるだけ集めてそのまま現金払いしちゃうケースも多いように思います。

もちろんみんなクレジットカード保有者ばかりの飲み会なので、心の中ではクレジットカード払いしたいという希望があるはずなんですが、ズルいとかそんなふうに思われるくらいなら集めた現金でそのまま払ってしまおう…という考えが働いている可能性が高そうな感じ。

なんだかもったいないなと思うものの、大人だからこその余裕と考えればこれもひとつのマナー&作法なのかもしれませんね。

私がいつもやってる支払い手法:

f:id:cardmics:20170804193828j:plain

では、どうすればそんな『ズルい』という目線を向けられることがなくなるのか?どこまで参考になるかはわかりませんが、私がやっている方法を紹介したいと思います。

割り勘するにしても融通する:

まず、会計役を積極的に名乗り出てクレジットカード払いするところまでは一緒。

違うのは割り勘金額に端数が出てしまった時に『あっ、カード払いさせてもらうんで、ちょっと少ない金額でいいですよ』といったり、あまり飲み食いしていなかったような方に対してポイントで浮いた分のお金を渡すようにしている部分です。

  • 通常の割り勘:
    均等割した現金を集めた上でクレジットカード払いする
  • 私の方法:
    クレジットカード払いで恩恵を受ける代わりに、会計金額の端数を負担したり、割高になっている方にポイント獲得分を渡したりする

これならあいつだけズルい…と言われることもまずありませんし、みんなが不平不満を訴えずに飲み会を終わらせることが出来るので、なにかと良い手法だなと自分では思ってます。

なにせ飲み会ってどうしても飲む量、食べる量が多い方のほうが得する会計になりがちですからね、こういう配慮はほんと重要です(気が使える人間として、あなたの評価も高まります)。

ポイント獲得がなくてもメリットはある:

『それじゃ会計役になるメリットが何もないじゃないか?』と思われるかもしれませんが、ある程度、割り勘の金額を調整したとしても手元にポイントって残るものなんですよね。

加えてクレジットカードの利用履歴を磨けること、そしてクラウド会計ソフトに対して記帳しやすくなることなどのメリットも存在。

こういったメリットがあるからこそ、私はポイント獲得数が0円であったとしてもクレジットカードを使っていますよ。

以上、飲み会の時、お金を集めてクレジットカード払いする幹事役ってズルい?会計担当のポイント総取りは責められるべきなのかを書いてみた…という雑談でした。

参考リンク:

ポイントが貯まりやすいクレジットカードは下記記事を参考にどうぞ。専門家おすすめの高還元率カードを紹介しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP