クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

ヤマダ電機のヤマダポイントをお得に使う方法を調査!ヤマダポイントはそのまま店頭で使うと、損するポイント制度です。

f:id:cardmics:20170929183107j:plain

ヤマダ電機で買い物をすると貯めることが出来るポイント制度『ヤマダポイント』。

このヤマダポイントは1ポイント=1円としてヤマダ電機で使えるわけですが、実はヤマダポイントをそのまま店頭で利用するのは損ってこと、みなさんご存知でしたでしょうか?

そこで今回はお得なヤマダポイントの使い方を徹底解説。効果的にヤマダポイントを使い切りたいという方は是非、参考にしてもらえればなと思います。

ヤマダポイントのお得な使い方について:

ポイント利用分にはポイントがつかない:

まず、ヤマダポイントをヤマダ電機店頭で利用するとなぜ損をするのか。その理由は非常に単純で、ポイント利用分にはヤマダポイント付与がされないからです。

わかりやすくヤマダポイントが10%付く商品を1万円購入した場合で比較してみると、こんな感じ。

支払手段 特定商品の還元率 ポイント獲得数
現金払い 0% 1,000ポイント
クレジットカード払い 0% 800ポイント
電子マネー払い 0% 800ポイント
ポイント払い 0% なし

つまりヤマダ電機でポイント払いしてしまうと、貰えるはずのポイントが1ポイントも貰えないために損というわけ。

  • 通常支払い:8~10%分のポイント獲得
  • ポイント払い:ポイント獲得ゼロ

これって考え方次第だと、実質、1割くらい高く商品を購入させられる感じに近いです。だったらポイント払いなんてせずに現金やクレジットカード払い等で購入したほうがよほどお得でしょう。

ポイント交換してもヤマダポイントは損:

それじゃどうやってヤマダポイントを消化するのがお得なのかというと、これがちょっと難しい。

というのも、他のポイント制度なら楽天ポイントやTポイントに等価で交換が出来たりするんですが、ヤマダポイントの場合には通販カタログのベルメゾンへの交換ルートが存在する程度だからです(ベルメゾンのポイントとは等価交換)。

まぁ普段からベルメゾンを利用している方や、通販で洋服を買ってもいいぞ…と思ってる方なら問題ありません。

しかし、『いやいや、ベルメゾンなんて使わないよ』という方だと、ベルメゾンのポイントに交換して利用するよりもヤマダ電機でそのまま使ってしまったほうが価値がある状況です。

ANAマイルへの交換レートは非常に悪い:

また、ヤマダポイントの交換先にはANAマイルへの交換ルートが存在はするんですが、こちらの交換レートは4,000ポイントあたり1,000マイル。

ANAマイルへの交換レートは非常に悪い

ANAマイルへの交換レートは非常に悪い

こちらもあえてANAマイルに交換するよりも、そのままヤマダ電機でポイントを消費してしまったほうがお得なんですよね(1マイル4円換算になるため交換レートが悪い)。

損してまでマイルに交換する価値なしです。

ヤマダポイント活用の狙い目は2つ:

では、ヤマダ電機のヤマダポイントはどう消化するのが良いのか。私がいろいろと調べた上で行き着いた「狙い目」は主に2つです。

1.ヤマダ電機内のApple製品等を狙う

ヤマダポイントのお得な使いみち、1つ目はヤマダ電機の店舗内にあるApple製品や特価品などの、ポイントが付かない家電やパソコンを購入する方法です。

こちらは現金やクレジットカード払いで購入しても、ポイント払いで購入しても基本0ポイント。

それゆえ、ここぞとばかりにポイントを大量消費しても損せずにポイントを使い切ってしまうことが出来ます。

支払手段 特定商品のポイント還元率 ポイント獲得数
現金払い 0% 0ポイント
クレジットカード払い
電子マネー払い
ポイント払い

中でもApple製品は非常に狙い目。

  • 一般的な商品:ポイントで払うと獲得ポイント分を損する
  • 特売品など:現金で払ってもポイント獲得ゼロなので一緒

iPadやiPhone、MacBook Airなどはポイントが付いても1%程度となっているため、ヤマダポイントの消化先としてはうってつけの商品だと言えますよ。

2.ヤマダ電機のウェブサイトで使う

ヤマダポイントのおすすめ利用先、2つ目はヤマダ電機の通販サイトであるヤマダウェブコムやヤマダモール等で使い切ってしまう方法です。

これらの通販サイトでもポイント還元率が10%程度な商品が存在するものの、多くの特売品のポイント還元率が0~1%に設定されていることが多い状況…。

つまりポイント払いをしてもポイントを無駄なく消費できることを意味するので、Apple製品等の店頭購入に興味がない方に最適なんです。

加えてヤマダウェブコムやヤマダモールは、ヤマダ電機店頭よりも設定価格が安いのも魅力のひとつ。

買い慣れている商品であればむしろ店頭で購入するのが馬鹿らしくなってしまうほどなので、是非、店頭と通販サイトの価格差を確認してみてくださいね。

店頭での価格交渉にも使えるヤマダウェブコム:

ヤマダ電機の店頭に行くと、『他店価格に徹底対抗!』や『ウェブ価格を調査済み!』といった張り紙がされていることが多いのですが、実際の実売価格でいうとネット通販よりかはかなり高め。

その点、通販サイトであるヤマダウェブコムの価格設定は他の通販サイトに対抗した価格が付けられていることが多いので、ヤマダ店頭で購入したい商品を見つけたらヤマダウェブコムを確認し、『御社のネット通販でこの価格なんですけど?』と交渉してみてください。

大抵、ヤマダウェブコムの価格に合わせて販売してもらえるものと思います。

ヤマダポイントは早めに消化を:

f:id:cardmics:20180731131143j:plain

ここまでヤマダポイントのお得な使い方を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

100ポイントや200ポイント単位でしかポイントが溜まっていない方であればここまで気をつけて利用する必要性はありませんが、洗濯機やテレビの購入でヤマダポイントが10万ポイント以上も溜まってしまっている方は、今回紹介した方法でムダなく消化してください。

前述のように、そのまま利用すると10%割高で商品を購入するのと一緒ですよ。

以上、ヤマダ電機のヤマダポイントをお得に使う方法を調査!ヤマダポイントはそのまま店頭で使うと、損するポイント制度です…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカード払いでもっとポイントを貯めたい…という方は、ポイントの貯まりやすいクレジットカードを1枚作っておくとなにかとお得。

専門家おすすめの高還元率カードについては下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP