クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

お小遣い制の旦那さん、クレカを使うと嫁に怒られる問題について。小遣い用の銀行口座を作ればクレジットカード利用も問題なしです。

f:id:cardmics:20170622214103j:plain

普段から、家計簿をつけるならクレジットカードの利用を推奨している私。

そうすればいつ、どこで、いくらの支払いをしたかの履歴が残りやすく、且つ家計簿アプリとの連携もカンタンなので、家計管理がラクになるメリットがあるためです。

  • 電子決済:履歴が残るので家計の管理がラク
  • 現金払い:レシートでしか履歴が残らないので管理が面倒

しかし、この世の中というのはそう単純なものではないようで、先日、お小遣い制の旦那さんがクレジットカードを利用すると嫁に怒られる場合があるという話を聞きました*1

Aさん:家族内だと結構辛いです。特に夫婦間でお小遣い制とかだとクレカ使うと結構怒られます。現金主義の妻は管理がしにくくて嫌とのこと。

Bさん:現金よりカードの方が管理しやすくないです? 何に使ったかわかるわけですし。

Aさん:渡した小遣いで完結させてほしいらしいです。クレカでいくら使ったから、渡すねとか小遣いから引いておいてとかが煩わしいとのこと。

その理由はカンタン。

旦那さんが出先でクレジットカードを使ってしまうと、『クレカで7,500円を払っちゃったから現金で戻しておくね』とか、『先月、居酒屋でクレカを使ったので来月のお小遣いは5,000円だけ少なくしておいて!』といった夫婦間でのお金のやりとりが発生することになるので、家計簿を付けている妻側からすると面倒…という理屈のようです。

  • 旦那が現金のみの利用:
    家計簿への影響がない(小遣いという支出を記帳して終わり)
  • 旦那がクレカを利用:
    家計簿への影響がある(小遣い等との調整が別途必要)

まぁ、こんな感じで現金でお小遣いを渡し、その現金の範囲内でこづかいを消費してもらえば、奥さんからするとラクなのは間違いなし。

ただそれだと旦那さんはいつまでたってもクレジットカードや後払い型の電子マネー等が使えないことになってしまうので、家計簿本来の目的である「家計の節約」においてもちょっと勿体ないなぁ…という気がします(旦那がクレカや電子マネーを活用できれば、ポイントや優待等で得する場合も多いため)。

小遣い制でもクレカを使う方法:

では、どうすればお小遣い制の旦那さんでもクレジットカードを使うことができるのか。今回はキャッシュレス決済を推進している立場の人間として、その解決策を考えてみました。

『クレカ払いなら5%オフになるのに!』とか、『部下の前でかっこよくクレジットカードを使いたいんだ!』という、ほんとうはクレカ大好きなのに現金を使わざるをえない旦那さんは是非、参考にしてみてくださいね。

1.こづかい用の銀行口座を作る:

まず、旦那さんが窮屈に感じずに、好きな支払い方法を使うためにやるべきことは、旦那さんのお小遣いを管理する銀行口座を作ればOK。

その後は、『はい、今月のお小遣い3万円ね!』といった感じで手渡しでこづかいを支給するのではなく、こづかい用の銀行口座に対して毎月、定額を振り込むようにしてください。

  • 従来:お小遣いは手渡し
  • 今後:お小遣いは指定口座に振込

こうすれば旦那さんも財布の中に大金を入れておく必要性がなくなるメリットがあるので、好きなタイミングで好きなだけ現金をおろして利用できるようになります(使わないお小遣いを貯めておくことも可能)。

デビットカードが使えると使い勝手良し:

尚、作成する銀行口座はどんな銀行のものでも構わないのですが、ATM出金手数料が無料な銀行や、VISAデビットカードやJCBデビットカード等のブランドデビットが作れる銀行を選ぶのが総合的におすすめ。

例をあげると大手銀行なら三菱UFJ銀行、ネット銀行で問題ないのであれば楽天銀行あたりで作成すると満足度は高いと思いますね。

特にクレジットカードそのものが使いたいわけではなく、単純にポイントを貯めたいだけの方や、人前での支払いに現金をあまり使いたくない方などは無理にクレジットカードを作らずともデビットカードで十分でしょう。

詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

2.新規にクレジットカードを作る:

お小遣い用の銀行口座ができてしまえばあとは簡単です。

その銀行口座を引き落とし口座として設定した上で、クレジットカードを新規発行すれば万事解決。

  • 家計管理用の口座と紐付いたクレカ:
    家族用の口座から引き通しがかかるので、旦那さんの個人的な支出に利用すると奥さんに怒られる
  • こづかい口座と紐付いたクレカ:
    いくら利用しても自分用のこづかい口座から引き落としがかかるだけなので、奥さんに怒られない

これでクレジットカードはもちろんのこと、QUICPayやiDといった後払い型の電子マネー、そして楽天ペイやAmazonペイといったクレジットカード連動型のQRコード決済等も使えるようになるので、今まで現金払いしか使えなかった状況と比べると格段に支払い手段は増えると思います。

分割払いやリボ払いだって使える:

また、自分専用の銀行口座を作成した上でクレカを発行すれば、お小遣い以上にお金を使わなくちゃいけない場合でも柔軟に対応できるメリット有り。

たとえば分割払いやリボ払いといった支払い方法が使えるのは、ゴルフ等の趣味にお金をかけたい男性の方であれば嬉しい面もあるのではないでしょうか?

  • 現金払いのみの場合:お小遣いの範囲内でしか買い物ができない
  • 銀行口座+クレカがある場合:お小遣いの範囲以上に買い物ができる

同様にカード会社からお金を借りるキャッシング等の利用もできるようになるので、海外出張等で現地通貨が必要になった場合にも役立ちます(但し、リボ払いやキャッシングを利用する際には奥さんに事前相談は必須)。

年会費無料のカードを選ぼう:

尚、月に1~5万円程度のお小遣いしか貰っていない…という方の場合は、クレジットカードの年会費を負担しているとお小遣いが目減りしてしまうデメリットがあるので、個人用には年会費無料のクレジットカードで十分なのかなと思いますね。

まぁ今や年会費2,000円程度でゴールドカードを持つことも可能なので、年齢的にゴールドカードじゃないと格好がつかない…という方は、下記記事もあわせてどうぞ。

news.cardmics.com

3.(必要なら)家計簿アプリと連動させる:

最後は必要であれば…というものですが、奥さんが管理している家計簿と、旦那さんのこづかい用に作った銀行口座やクレジットカード等の情報を連携させることです。

これはお金にしっかりしてる方向け…といよりかは、お金にルーズな旦那さんに対して有効な手段。

  • 旦那の金遣いが心配:家計簿と連携を
  • 旦那はしっかりもの:連携しなくてもOK

事前にしっかりと家計簿と連携しておけば、リボ払いや分割払いの残高がどのくらいあるのか、そしてキャッシングを利用していないかどうかを確認することができるようになるので、旦那さんの「暴走」を止められる効果が期待できますよ。

ついでにいうと、旦那さんの浮気防止にも繋がるかも…ですね(苦笑)

news.cardmics.com

携帯料金等も分離して管理できる:

『うちの旦那はいくら言ってもスマホゲームをやめなくて、課金もすごく多くて困っている』という家計にも、お小遣い用の銀行口座はおすすめ。

旦那さん用の銀行口座があればその口座から携帯料金を引き落としてしまえばいいだけの話なので、毎月のお小遣いに「奥さんが思う平均的な携帯料金」を追加して振込すればOKです。

  • 対策前:お小遣いと携帯料金は別
  • 対策後:お小遣いと携帯料金を一緒に

そうすればあとは旦那さんが勝手に自制するようになるはず。仮に課金が減らなければその分だけ自由に使える小遣いが減るだけです。

旦那さんも節約を頑張ろう:

f:id:cardmics:20180512135918j:plain

ここまでお小遣い制の旦那さんが、クレカを使うと奥さんに怒られる問題とその解決策について解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

下記図のようにクレジットカードや電子マネーを有効利用すれば、家計の支出を少しだけではありますが圧縮できる効果有り。

クレジットカードで貯まるポイントは馬鹿にできない

クレジットカードで貯まるポイントは馬鹿にできない

これを小さいと思うか多いと思うかは人それぞれですが、率先してクレジットカードや電子マネーを利用すれば節約できる金額は結構バカに出来ないものなので、是非、この機会にお小遣いの中身を変えてもらえればな…と思います。

下記記事のように、ローソン等での支払いについてはもはや、現金で支払うだけで損をする時代ですよ(クレカがあれば支払額に対して5%程度のポイントが貯まる)。

以上、お小遣い制の旦那さん、クレカを使うと嫁に怒られる問題について。小遣い用の銀行口座を作ればクレジットカード利用も問題なしです…という話題でした。 

参考リンク:

統計データのとり方には若干の疑問はありますが、普段から現金を利用している人よりもキャッシュレス派のほうがお金が溜まりやすい…という統計データについては下記記事を参考に。

なんとなくクレジットカードって無駄遣いしそうで…といったイメージを持ってる方は是非、お読みください。

news.cardmics.com

*1:この記事が話題になると、ツイート主が奥様から怒られてしまう可能性があるので、敢えて引用元を紹介せずに紹介させてもらいます。

PAGE TOP