クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードのサインを、馬鹿正直に漢字のフルネームサインにしてませんか?簡単なものに変更するだけで時間短縮に。

Signature

クレジットカードのサインって、多くの方が、漢字のフルネームか、英語の筆記体のサインのどちらかに設定していますよね。たぶん、90%以上の方がどちらかに当てはまるはず。

しかしそのサインの仕方って正解であって実は不正解。

なぜならクレジットカードのサインは、何も英語か漢字で書くべし…という決まりがあるわけではないためです。そうではなく、あくまで『このサインは私が買い物をした証拠として書くものですよ』ということが証明できるサインであれば、原則はなんでも良いのです。

  • 間違い:カードの署名サインは漢字か筆記体じゃないとダメ
  • 正解:自分が書いたものだとわかればなんでもOK

サインはどんな言語でもOKです:

そう、クレジットカードのサインはどんなものでもOKだということ。

わざわざ漢字を使わなくたって、日本人に馴染みの深いひらがなやカタカナのサインだって、全く問題はないのです(そもそも、本名がひらがなやカタカナの方だっていますしね)。

  • サインは漢字や英語の筆記体だけでなく、平仮名やカタカナでもOK

また、極論を言ってしまえば、英語でのサインが認められているわけですから、他言語のサインだってOKです。韓国語やタイ語、アラビア語やスワヒリ語のサインだって、使いたいのであれば使っても良いことになります。

そして更にフルネームである必要性だって無い:

そして更にですが、クレジットカードのサインはなにもフルネームである必要性はありません。山田太郎さんであれば、下記のようなサインでも認めてもらえます。

  • 山田
  • 太郎
  • やまだ
  • たろう

実際、アメリカ人などの外国人の中にも、クレジットカードのサインをイニシャルでする方もいます。山田太郎さんであれば、T.Y.かY.T.といったところですね。こういったサインでも、自分を証明することができるのであれば使っても構いません。

これなら買い物をする度に、長い名前を書くストレスからも解放されるはず。特に難しい名字や名前の方は、バカ正直にフルネームで署名をする必要などないのです。

サインする上では注意点も:

但し、サインをする上では注意点もあります。それは多くの方にとって『サインは漢字か英語でするもの』というのが常識であるということ。

つまり、いくら自由なサインが認められているからといって、お店でサインをするときにスワヒリ語のぐにゃぐにゃなサインをしたら、お店の人から怪しまれることになってしまう可能性もありえます。

  • 漢字か英語のサイン:一般的なので問題が起きない
  • 他言語のサイン:問題になる可能性あり

そのため、店舗でいらぬ問題を起こさないようにしたいなら、クレジットカードサインは漢字か英語にしておくのが無難でしょう。

友人がへのへのもへじを書いていた:

昔、私のとある友人が「へのへのもへじ」をクレジットカードの署名欄に記載していたことがあります(苦笑)。

これ、たしかに正式な署名サインとして認めてもらえる可能性大ですが、サインをするたびに店員から怪訝な顔をされてしまっていたことを考えると、あんまりおすすめ出来る行為ではありません。

せめて多くの方に「これはクレジットカードのサインだな」と思われるようなサインにしておくのが無難ですね。遊び心もほどほどにどうぞ。

さぁクレジットカードのサインを変えよう:

Signatures

ここまでクレジットカードの署名サインは漢字や筆記体でなくてもOK…ということを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

画数の多い苗字や名前で、サインをする度に面倒だと思っていたそこのあなた!是非、今度からクレジットカードのサインを変えてみてください。きっと、買い物をする度に時間を大幅に節約できるようになるため、クレジットカードを使った買い物でストレスを感じることもなくなると思います。

また、『私は漢字のサインじゃなくて英語でしたいんだよ!』という英語でサインをしたい方も、イニシャルでのサインへの変更を検討してみてください。これなら2文字のアルファベットを書くだけなのでおすすめですよ(イニシャルサインを書く場合には、大きめにクセのある字で書くのがベスト)。

  • 複雑な漢字の方:平仮名やカタカナ、もしくは苗字のみにする
  • 英語でサインしたい方:イニシャルだけの記入に変更する

尚、クレジットカードのサインはクレジットカード裏面に書かれているサインと同一である必要性があります。そのため、すでに使用中のクレジットカードのサインについては、すぐには変更することが出来ません(今すぐにサインを変えたい場合には、カード会社にカード再発行のお願いするしかない)。

この点はくれぐれもご注意ください。

追記:セキュリティ対策のために漢字にすべき?

追記です。当記事に対していただいたコメントを読ませていただきました。

セキュリティ対策のために漢字のフルネームサインにしている…という方が多いのですが、それでは英語の筆記体サインにしている方の場合は、セキュリティが弱いのか?といえばそんなことはありません。仮にそうなると英語圏の方全員が、セキュリティの低いサインしか書けないことになってしまいます。

また、加えて安心して欲しいのはサインが漢字でも英語でも、不正利用された場合には、クレジットカードについている盗難保険適用の対象となるという点(詳しくは下記記事にて)。まぁ保険申請の手続き等が面倒というデメリットはありますが、不正利用されたとしても被害者である私達の負担は0円で済みますので、あわせて安心してもらえればなと思います。

このようにクレジットカードの署名サインにおいて重要なのは、いかにそのサインが自分が利用したことの証明になるか。みなさんも自分が簡単に書けて、そして真似されにくいサインを作ってもらえれば幸いです(私のサインはすでに象形文字レベルに崩れてます)。

以上、クレジットカードのサインを、馬鹿正直に漢字のフルネームサインにしてませんか?簡単なものに変更するだけで時間短縮に…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードの基礎をもっと学びたい…という方は、下記記事などもあわせてどうぞ。クレジットカードがどのような仕組みによって成り立っているかがわかりますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP