クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

拾ったクレジットカードの写真をアップし、それを使って買い物をした写真がTwitterに投稿される!さすがに窃盗罪で逮捕される流れです。

f:id:cardmics:20170804191821j:plain

拾ったクレジットカードの写真をツイートし、それを利用して買い物をした写真がTwitterに投稿される…という話題がありました(ツイートされた画像には、拾ったカードの番号や名義、有効期限などが明確に表示されています)。

画像は下記の秒刊SUNDAYを参照ください。

落ちているクレジットカードを拾って使ったとして自慢しているユーザがツイッター上で炎上している。

実際にその後商品を購入したと言う書き込みもあり、更なる物議をかもしているようだが、カードはSuicaの機能もありある程度のキャッシュがチャージされている模様。

拾ったカードの不正利用について:

結果、警察にも通報される:

今回のツイートについてはTwitterやFacebook等のSNS上でだいぶ拡散されたようで、最終的には不正利用をした本人の氏名や住所などが特定され、警察からも連絡がいっているようです。

見事に探偵ファイル案件にもなってしまいました。

カード会社に尋ねたところ、多くの人々から連絡を受け、当該カードを停止したという。カードの持ち主にも連絡がつき、事情を説明して対応を取ったとのこと。

カードを拾ったという人物の過去のツイート内容には、個人を特定し得る要素が満載だった。その結果、当人の漢字表記の氏名、家族構成、通学先、住所や電話番号も判明した。

拾ったカードでも、それを利用したら犯罪:

まぁ、これはもう言うまでもない話なんですが、拾ったクレジットカードを不正に利用してしまったら、それはもう詐欺罪(Suica部分だけなら窃盗罪?)という立派な犯罪そのもの。

過去、拾ったクレジットカードをちょっとした出来心なのか、コンビニのATMに差してお金をキャッシングしようとした方が実名報道されてしまった…というケースもあるので、安易に…というか、もう絶対そういう行動はやめてください。

やって得することは一切ありません。

不正利用の裁判記録も存在:

ちなみに。

拾ったクレジットカードを使ってしまったために逮捕された方の、裁判記録なんかもありました。この場合はこれ以外にも前科がある方のようですが、ちょっとした出来心が家族を壊すことにもつながりますよ。

繰り返しになりますが、魔が差したとしても他人のクレジットカードは絶対に使ってはいけません。

クレジットカードは不正利用されても安心:

f:id:cardmics:20180512135643j:plain

こんな感じでクレジットカードって、たとえ落としてしまったとしても利用店舗や日時が残ってしまう決済手段のため、よほど犯罪慣れしている方に盗まれた場合以外では、ほぼ悪用されることはありません。

  • 現金を落とした場合:誰かにそのまま使われてしまう可能性大
  • カードを落とした場合:誰も怖くて悪用できないので警察に届けられる

そういった意味では、現金を落とすよりもクレジットカードを落としたほうが安全。

それにクレジットカードには盗難補償として、万が一、第三者に不正利用されてしまった時の補償もしっかり備わっているので、仮に100万円を不正利用されてしまったとしても被害額を0円にすることが出来ますよ。

そういった意味でも現金払いより安全だなぁ…と、ポジショントークかもしれませんがそう思う私です。

以上、拾ったクレジットカードの写真をアップし、それを使って買い物をした写真がTwitterに投稿される!さすがに窃盗罪で逮捕される流れです…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードを落としてしまって、そのカードが悪い人に悪用されてしまったらどうなるの?と心配な方は下記記事を参考に。クレジットカードが不正利用された場合の補償についてまとめています。

news.cardmics.com

PAGE TOP