クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

未来を先取りすれば、大きな集客効果アリ!記事化が早いとオリジナル記事として評価され、SEO対策としても効果的と言われてます。

f:id:cardmics:20170914212040j:plain

『未来に話題になるであろう内容を、予め記事にしておく』。

個人的にこれってサイト運営の基本だと私は思っているのですが、実践されている方が少ないので記事にしておこうと思います。

先取りして記事にしておくメリットについて:

話題を先取りして記事化する:

例えばこの記事を書いている2014年9月5日現在で考えると、近々、話題になりそうなのは9月9日(日本時間では9月10日)のiPhone6リリースでしょう。

本当にiPhone6という名称になるのか、そしてiPhone6にはどんな新しい機能が加えられるのか?これらの情報を予めまとめておけば、9月9日にはものすごくアクセス数を得ることが出来るはずです。

反面、9月9日になって記事にしていたのでは、リリースと同時にやってくるであろう大量の訪問者を逃してしまうことに。

  • 記事化してた場合:発表当日には大きなアクセスに
  • 記事にしてなかった場合:アクセスはゼロ

つまり大事なのはリリースよりも前に記事にすることなんですね(新聞社なども1秒でも早く記事にしようと、いくつかの文章サンプルを用意しておくと言います)。

実際に先取して記事にしてた例:

実際、当サイト『クレジットカードの読みもの』では、iPhone6とクレジットカードの関係に注目し、すでにいくつか記事にしています。

iPhone6の関連記事:

これらの記事に対するアクセスは、9月9日はとんでもないことになる可能性大。それぞれライバル記事が少ないので、検索エンジンにおける表示順位も自ずと高くなります。

Rポイントカードについても記事化:

次にクレジットカード業界で話題になりそうなのは、2014年10月1日の楽天Rポイントカードの開始(楽天がTポイントカードに対抗してはじめるポイントカード)。

これについてもすでに記事にしているので、10月に入ってからは継続的なアクセスが期待できると思います。

関連記事

SEO対策でも先に記事にしておくと強い:

f:id:cardmics:20171119233610j:plain

こういった話題を先取りして記事にしておくのは、SEO対策の観点からいってもメリットがあります。それはGoogle検索エンジンは、オリジナル記事を評価するアルゴリズム(検索順位が確立される仕組み)が採用されているため。

なにせ他の方が書いていない情報を先に記事にするということ=オリジナル記事、オリジナルコンテンツですからね。

こういった記事を多く公開しているサイトへの評価は高くなると言われています*1

やり過ぎはもちろんダメ:

…とはいえ、あまりにも先を見越しすぎてデマばかりを配信するサイトになっても意味はないので、ある程度の加減は必要。

稀に「先に公開したら良いのか!」といって過度にやらかしてしまう方がいるので、念のため釘を差しておきます(苦笑)*2

以上、未来を先取りすれば、大きな集客効果アリ!記事化が早いとオリジナル記事として評価され、SEO対策としても効果的と言われてます…という話題でした。引き続き当サイト『クレジットカードの読みもの』では、これからやって話題になるであろう情報を先取りして、記事にしていきますね!

参考リンク:

この他にもブログ運営術をもっと知りたい…という方は下記記事も参考に。

当サイト『クレジットカードの読みもの』が過去にまとめたブログ運営のテクニックや収益化方法をまとめています。

news.cardmics.com 

*1:先に情報を公開したサイトのほうが、あとでその内容を公開したサイトよりも検索順位が上に来やすい傾向も。言うなれば先行者利益のようなものですね、きっと。

*2:ウェブサイトをたくさん作ったほうがアフィリエイト収入が増えるというセミナー情報を真に受けて、1年に1万~2万といったサイトを量産する方などもいるくらいですからね。世の中、適度に…というのはなかなか出来るものではないのかもしれません。

PAGE TOP