クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

まだ夏も来てないのに、クレジットカードでは冬のボーナス払いが利用可能な時期に!メリットばかりなボーナス払いの特徴まとめ。

f:id:cardmics:20171119233758j:plain

まだ夏本番はやってきていないこの時期ですが、クレジットカードの世界ではそろそろ冬のボーナス払いが利用可能な時期になってきました。

たとえば三井住友VISAカードをお持ちの方の場合には、7月16日から冬のボーナス払いの利用が可能(毎月26日払いに設定されている方の場合)。

仮に7月16日にボーナス払いを利用したとすると、支払いまでの流れは下記のような感じとなります。

  1. 7月16日に冬のボーナス払いを利用。
  2. 支払いは1月26日なので、それまではお金の支払い不要。
  3. 来年1月26日に銀行口座より引き落としされる。

なんと約6ヶ月間も支払いを先に伸ばせるメリットが、ボーナス払いにはあるのですね。

クレカのボーナス払いについて:

冬のボーナス払いは手数料不要:

ここで多くの方がご存知ないのが、冬のボーナス払いって手数料が別途、必要になるんじゃないかと思っている点。

いやいや実はそうではなく、リボ払い専用クレジットカードといったごくごく一部の特殊なクレジットカードを除けば、冬のボーナス払いで金利手数料が発生することはありません

また、ボーナス払いっていう大層な名前がついているために数千円程度の支払いでは使えない印象があるかもしれませんが、別に生鮮食料品の買い物でボーナス払いを使ってもOK(お店が受理してくれる場合)。

用途に関しては特に定められていないので、ユニクロや居酒屋でボーナス払いを使っても大丈夫です。

メリットばかりの冬のボーナス払い:

つまり、冬のボーナス払いってメリットばかり。まとめると下記のような長所があります。

  1. 金利手数料不要
  2. 支払いを最大半年程度、先延ばしできる
  3. ポイントも一括払い同様、しっかり貯まる
  4. 普段の買い物でも利用可能

これらは今、お金に困っているという方には嬉しいメリットですよね。

キャッシングなどでお金を借りるくらいなら、冬のボーナス払いを利用して支払いを先延ばししたほうが賢い利用法だと言えます。

デメリットは少ない:

では、ボーナス払いにはどんなデメリットがあるのか…というと、こんなくらいでしょう。

  1. 支払いが先すぎて、すっかり忘れてしまう。
  2. ボーナス払いを使いすぎると支払い金額が高額になる。
  3. 利用可能枠が潰されてしまう(冬のボーナス払いの未払い分だけ、カード利用可能額が少なくなる)。

与信枠を潰してしまう点だけ注意すれば問題ないと思います。

お金に余裕がある方も使える:

f:id:cardmics:20171119233507j:plain

最後にですが、お金に余裕があるという方にも冬のボーナス払いは非常にお得。

なにせ冬のボーナス払いを利用した金額は来年の支払い時期まで手元に残るため、生活に余裕があるならそれをネットバンクなどの定期預金などに入れちゃえば良いからです。

まぁ、今や金利なんてほとんど付かない時代ですけれども、半年で0.1~0.2%くらいの利息収入は得られると思うので、投資好きな方は実践してみてください。

ちりも積もれば…ですね。

以上、まだ夏も来てないのに、クレジットカードでは冬のボーナス払いが利用可能な時期に!メリットばかりなボーナス払いの特徴まとめ…という話題でした。

参考リンク:

お金に困っている…という方は、ボーナス払いとリボ払いを活用するのも手。この方法を利用すると発生するリボ払い金利を最低限に抑えられますよ(詳しくは下記記事を参照)。

news.cardmics.com

PAGE TOP