クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

『ブラックリストに載る』というのは、どのような状態のこと?いわゆるブラックリストとは何かを、初心者向けにわかりやすく解説。

f:id:cardmics:20191126121539j:plain

『自分はブラックリストに載っているからクレジットカードが作れない…』とか、『消費者金融からお金を借りられなかったから、たぶんブラックリストに載ってるのかもなぁ…』などなど、お金の話をすると高い頻度で出てくるブラックリストという言葉。

しかし、それじゃブラックリストってどんなリストなのかっていうと、ほとんどの方がよくわかっていない状況があるんですよね。

なんとなく掲載されると良くないもの…というイメージはあっても、その実態までは詳しく知らない方のほうが多いのではないでしょうか?

そこで今回はブラックリストとはどんなリストなのかをわかりやすく解説。これを読んでいただければきっと、今までの疑問がすっきりと解決するはずですよ。

ブラックリストに載ることについて:

ブラックリストとは何?

まず、ブラックリストに掲載されるとは何か…というと、あなたが過去にクレジットカードやキャッシングなどで、支払いを踏み倒したりした履歴がある状態のこと。

ではなぜそれがブラックリストと呼ばれるのか?

これはクレジットカード発行会社や消費者金融などは利用者の履歴を持ち寄って1つのデータ(個人信用情報と呼びます)にし、共有しあっているため。

カード会社や消費者金融は利用履歴を持ち寄って共有してる

カード会社や消費者金融は利用履歴を持ち寄って共有してる

要はよくないクレジットカードの使い方をすると、その情報がまたたく間にカード会社や消費者金融に共有されてしまうのですね。

悪い利用履歴が共有される事例:

これだけだとちょっと難しいと思うので、わかりやすく事例をあげてみるとこんな感じ。

  • あなたが利用しているクレジットカード利用歴は、あなたが利用していないカード発行会社からでも確認可能。何枚クレジットカードを持っていて、どのくらいカードを利用してるのかもバレバレです。
  • あなたが消費者金融を利用しているのであれば、その利用歴は他のカード会社からも確認可能です。現在、どのくらい借金残高があるのかまで丸わかりです。

つまりそのデータ上に悪い利用履歴が掲載されてしまうと、まるでブラックリストに載ったかのようにクレジットカードを作ることも、お金を借りることも出来なくなくなるというわけ。

これを世間一般にブラックリストに掲載されると呼んでいるだけに過ぎないので、現実にブラックリストと呼ばれる書籍や一覧リストが存在するわけではありません(下記はカード会社や銀行が共有している私のクレジットカード利用履歴例)。

カード会社や消費者金融が共有している私の信用情報

カード会社や消費者金融が共有している私の信用情報

信用できない人にはお金を貸したくない:

次に、なぜブラックリストに載るとお金を借りることや、クレジットカードを作ることも出来なくなってしまうのか。

それはクレジットカード発行会社や消費者金融の立場になってみればわかりますが、きちんと返済しない履歴が残っている方には1円だってお金を貸したくないため。

たとえるならお金にルーズな友人が『すぐ返すからちょっと金を貸してくれよ…』と頼んできても貸さないのと一緒です(仮に自分がその被害にあっていなくても、そういう話を聞いたことがある友人にはお金を貸したくないはずです)。

  • 貸した金を返してくれない友人:貸したくない
  • そこら中からお金を借りまくってる友人:貸したくない
  • 年収以上に借金が膨らんでる友人:貸したくない

結果、1回でも悪い履歴が記録されてしまうと、そこから長期間にわたってお金を借りたり、クレジットカードを作ることがほぼ出来なくなります。

いわばブラックリスト掲載は「あなたは信用のおけない人間ですよ」といったレッテルを貼られてしまうことを意味するので、ブラックリストに掲載されてしまわぬようご注意ください。

有料でも削除してもらうことは出来ない:

時々、お金を払えばブラックリストは削除できるとか、弁護士に依頼すれば代行して削除してもらえると思ってる方がいるのですが、これは基本的には無理な話。

前述のようにブラックリストと言う名前のリストが存在しているわけではないので、誰にお金を払ったとしても削除や除外してもらうことは出来ません。

  • お金を払って削除:できない
  • 弁護士に頼んで削除:できない

ワラをも掴む気持ちで悪意あるサギに騙されぬよう、よろしくお願いします(同姓同名な別人と間違われて掲載されてしまっている場合には、間違いを指摘することで削除してもらうことは出来る)。

個人信用情報は古い履歴から消えていく:

f:id:cardmics:20191113223958j:plain

最後に。

一度ブラックリストに掲載されてしまったとしても、この先、何十年にも渡り掲載が残っていくわけではありません。

早い場合には3年ほど、自己破産など長い場合でも5年を経過したあたりで履歴が消去されるため、ブラックリストに載ってしまうような信用のない行動を取ってしまったことがある方は、5年ほどじっくりとクレジットカードのない生活をしてもらえればと思います(一部、5年で抹消されないものも存在)。

さらに詳しい情報は、ブラックリストに掲載される事例をまとめた下記記事を参考にどうぞ。どういった場合に信用力が落ちてしまうかがわかるようになりますよ。

以上、『ブラックリストに載る』というのは、どのような状態のこと?いわゆるブラックリストとは何かを、初心者向けにわかりやすく解説…という話題でした。

参考リンク:

自分がブラックリストに掲載されているかどうかを調べる方法については下記記事を参考に。有料にはなりますが、自分から情報を取り寄せることで信用力の確認が可能です。

news.cardmics.com

PAGE TOP