クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

半径100メートル範囲の人が持っているクレジットカード情報を、自動で抜き取るスキミング装置が日本上陸…という、週刊SPAの記事。

f:id:cardmics:20180505151807j:plain

日刊SPAの記事を読んでいたら、とんでもない記事があったので引用させてもらいます。

現在、半径100m以内のデータを抜き取れる最凶最悪のスキミングマシンがマカオで開発され、すでに3台ほど日本に入ってきているという。

この記事によると、半径100メートルの範囲にいる人が持っているクレジットカード情報を、自動で抜き取れるスキミング機械がマカオで開発され、日本にも3台ほど入ってきたとのこと。

その仕組みとしては下記のようなものらしいのです。

「中華系のセレブを狙うために作られたもので、見た目はポケットWi-Fiのよう。スイッチを押すと100件ほどのデータがバババッて入ってくるのを見ました」

なるほど、これが事実だとしたらとんでもないことですよね。

クレジットカードを財布の中に持ち歩くだけで勝手にスキミングされてしまうわけですから、もう自己防衛のしようがありません(電波を通さない物質で出来た財布を持ち歩くしかない?)。

カード情報を抜き取るトンデモ機械について:

どうやってるかかなり疑問:

しかし、そんなスキミング装置が実在するのか…というと、個人的にはかなり眉唾ですね。

なにせクレジットカード情報というのはクレジットカードの磁気ストライプかICチップの中に格納されているもの。

理論上はなんらかの方法でICチップに電流を流すことさえ出来れば読み取れないこともないのでしょうけれども、それを遠くから行うのはまず無理だと思います。

  • 空間全体に電流を流せる場合:可能といえば可能

少なくともポケットWi-Fiのような小さな機械にそれが出来るとは思えません(部屋全体を通電可能な外壁で囲い、強力な磁場を発生させることができればあるいは…)。

磁気情報を遠くから読み取るのも難しい:

また、磁気ストライプからクレジットカード情報を抜き取るというのであれば、なんらかの方法で磁力を感じる必要性があるんですがこちらも難しそう。

なにせ身の回りには電磁波をはじめとした様々な磁力が飛び交っているので、クレジットカードが発しているごくごくわずかな磁力を遠くから読み取るのはほぼほぼ不可能なためです。

これがクレジットカードだけが発する磁力でもあれば別なんでしょうけど、現状だとクレジットカードもキャッシュカードもプリペイドカードも同じなのでまず無理でしょう(半径100メートルだと尚更、無理)。

仮に可能ならSuicaをタッチせずに使える:

f:id:cardmics:20171014124335j:plain

加えてこんな遠隔のスキミングが可能なら、SuicaなどのICカードをタッチせずに使うことだって出来るようになっているはず…詐欺師の技術力がどのくらいかはわかりませんが、さすがに大企業以上にハイテク化が進んでいるとは思えません。

  • そんな技術があった場合:Suicaを持っているだけで使えるように
  • そんな技術がない場合:Suicaはタッチしないと使えない

…というのが私の見解なんですが、みなさんはどう思われますか?とりあえず事実であるなら怖すぎる話題なので、記事にしてみました。

以上、半径100メートル範囲の人が持っているクレジットカード情報を、自動で抜き取る装置が日本上陸…という話題でした。

参考リンク:

仮にクレジットカード情報がスキミング装置によって盗まれたとしても、クレジットカードには盗難保険が備わっているので損失を自己負担することはありません(所定の保険申請手続きを行った場合)。

詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP