クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

ウォルマートカードが3月から、西友で優待3%引きキャンペーンを実施!これは間違いなく4月から変更になる消費税を意識している?

f:id:cardmics:20170613001502j:plain

西友で割引が受けられるクレジットカードとして人気のウォルマートカード。

このクレジットカードで2014年3月1日から3ヶ月間、通常1%の割引率を3%に引き上げるキャンペーンを実施するようです(引用はこちら)。

合同会社西友は、「ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(以下 ウォルマートカード)」の使用による毎日の割引率を、3月1日(土)より3か月間、通常の1%から3%へ引き上げます。

ウォルマートカードの優待3%引きについて:

消費税増税を見据えたキャンペーン?

まぁ…なんていうんでしょうか、これは間違いなく消費税の、あの~その~…還元が…目的の…うん、大人なので、これ以上書くのはやめておきますが、4月からではなくわざわざ3月からこの3%優待をスタートするあたり、流石、西友といった感じ。

日本政府としては下記引用文の通り、消費税還元セールは禁止しているので、それに先手を打って導入してきた印象がありますね。

例1:「消費税は当店が負担しています!」

「取引の相手方に消費税を転嫁していない旨の表示」をしてはいけないことになっています。

例2:「消費税率上昇分値引きします!」

取引の相手方が負担すべき消費税を対価の額から減ずる旨の表示であって、消費税との関連を明示しているものは、禁止されています。

例3:「消費税相当分、ポイントを付与します!」

消費税に関連して取引の相手方に経済上の利益を提供する旨の表示であって、②の表示に準ずるものとして内閣府令で定めるものも、禁止されています。

消費税増税後の買い控え対策:

実際、この4月に消費税が5%から8%になった時には、スーパーマーケットを中心に買い控えが間違いなく起こるはず。そういった対策に、ポイント還元率が1%なのか3%なのかでは売上が段違いなので、うまいキャンペーンだなぁと感嘆するばかりです。

併せて3月からキャンペーン開始することで、消費税増税前の駆け込み需要も取り込めるメリットもあるため、今回のウォルマートカードのキャンペーンは、一石二鳥の非常に良いキャンペーンなるのではないでしょうか。

  • 増税前の駆け込み需要:呼び寄せることが可能
  • 増税後の消費の落ち込み:底上げ効果あり

普段から西友を利用している方は大きなチャンスです。

イトーヨーカドーやイオンの対応も要チェック:

f:id:cardmics:20180505152448j:plain

尚、今のところ動きは見られませんが、今後、イトーヨーカドーやイオンなどの大手スーパーマーケットでも、たぶん似たようなキャンペーンが展開される可能性大。

どこの会社も上手に『消費税を増税したから還元セールをするんじゃないよ!』ということをアピールしたセールになるとは思いますけど、私たち消費者からすればどんな形にせよ、生鮮食品が安くなればなんでもいいので、この動きは大歓迎ですね(イオンカードやセブンカードに注目!)。

以上、ウォルマートカードが3月から、西友で優待3%引きキャンペーンを実施!これは間違いなく4月から変更になる消費税を意識している?…という話題でした。

参考リンク:

専業主婦を含め、主婦の方におすすめのクレジットカードを紹介した下記記事もあわせてどうぞ。主婦はどうしてクレジットカードが作りにくいのか…といった審査に関する知識なども詳しく解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP