クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

Visaデビットカードの危険すぎる落とし穴。100万円以上の預金残高があるなら、Visaデビットカードは作らないほうが無難かも。

f:id:cardmics:20170804194311j:plain

お店で支払いしたその瞬間に、銀行口座からお金が引き落とされることが人気のVisaデビットカード。

そんなVisaデビットカードを調べていたら、『これはさすがにマズいだろう…』と思える落とし穴を見つけてしまったので、今回は注意喚起を含めて記事にしておこうと思います。

特に銀行口座に多くのお金を入れている方は要注意です。

Visaデビットカードのデメリットについて:

預金残高が100万円以上なら要注意:

まず、三菱UFJ銀行が発行しているVisaデビットカードには、下記のような補償制度が存在します(こちらより引用)。

不正利用補償

最大:年間100万円

※偽造・盗難カード等が第三者によって不正利用された場合、当行が連絡を受けた日から60日前まで遡り、その日以降に発生した損害について補償します。

ざっくり言えば、Visaデビットカードが不正利用されても銀行で補償しますよ…という有り難い補償なわけですが、問題なのはこの補償に年間100万円の限度額が設定されていることなんですよね*1

要は100万円までの不正利用は補償してくれるけど、それ以上は補償しません…そう読み取ることも出来るわけです。

100万円以上の不正利用は自腹:

実際、銀行口座残高が300万円ある方が、Visaデビットカードを不正利用されて300万円まるごと使われてしまったら補償対象となるのは100万円のみ。

残念ながら残りの200万円は自腹となります。

300万円不正利用された場合:

  • 銀行側が補償:100万円
  • 自腹で負担:200万円

もちろん自分に過失があった場合には自己責任と納得もできますが、通販サイトの情報漏えいや財布の盗難など、自分に過失がない場合でも補償上限があるのはちょっと心もとない感じ。

仮に銀行口座に1,000万円、2,000万円といった大金を預けている方は、Visaデビットカードの紛失で資産すべてを失ってしまう可能性もゼロではありません。

クレジットカードでは補償上限なし:

では、VisaデビットカードではなくクレジットカードのVisaカードではどうなのか…というと、こちらは補償上限なしで不正利用の被害額を負担してくれる契約。

  • Visaデビットカード:補償に上限がある場合も
  • Visaクレジットカード:基本的に補償に上限がない

たとえ300万円不正利用されても1億円不正利用されても上限は設定されていないので、自己負担は0円で済みますよ。詳しくは下記記事も参考にどうぞ。

news.cardmics.com

Visaデビットカードも不正利用される:

ちなみに。

『Visaデビットカードの盗難補償に上限があることはわかったけど、Visaデビットカードを通販サイトで使ったりしなければ情報漏えいもないし大丈夫なんじゃない?』

そう思われる方もいるかも…ですが、VisaデビットカードはVisaカード同様、様々なルートで不正利用される可能性あり。

たとえば店頭で利用した時に店員が番号を盗み見てしまったり、カード番号等をまるごと盗めるスキミング装置によってカード情報が漏洩してしまうこともありえます。

運悪く不正利用されることも:

また、クレジットマスターと呼ばれるカード番号を自動作成するプログラムが使われてしまうと、一度も持ち歩いたことがない&使ったことがないVisaデビットカードであっても不正利用されることも(詳しくはこちら)。

要するにどんなに防衛しても不正利用される可能性をゼロにすることは出来ないのです。

それにも関わらず、不正補償の上限が100万円ってかなりハイリスク。

口座残高が100万円未満の方なら安心かもですが、それ以上の方にとっては危険性を含む支払手段となってしまいそうです。

1日の利用金額上限を設定する:

f:id:cardmics:20170929183245j:plain

…とここまで解説をしてきましたが、ひとつだけ安心してほしいのは、日本国内で発行されているVisaデビットカードは大抵、1日あたりに利用可能な上限金額を設定できることです。

前述の三菱UFJ銀行のVisaデビットカードだと、初期設定で1日50万円までしか利用できないことになっているので、よほどのことがない不正被害の補償上限である100万円に到達することは稀。

Visaデビットカードは1日の利用上限が決まっている

Visaデビットカードは1日の利用上限が決まっている

ただ毎日、Visaデビットカードが不正利用されていないかをチェックするのはなかなか難しいですし、海外旅行や海外出張と不正利用が重なってでもしまえば被害が青天井になることもありえるのが怖いところです。

自己防衛そのものが面倒:

加えてこういった「自己防衛」をしなくちゃいけないのは面倒なことでもあるので、そこまでしてVisaデビットカードを持とうと私は思えません。

それにも関わらず銀行口座開設とともにVisaデビットカードの作成が必要となるなら、利用可能金額を0円に設定するなどの無効化を検討ください。

  • Visaデビットカード拒否:不正利用を心配せずに済む
  • Visaデビットカード付帯:不正利用対策が必須

それで不正利用による損害を避けられることでしょう。

以上、Visaデビットカードの危険すぎる落とし穴。100万円以上の預金残高があるなら、Visaデビットカードは作らないほうが無難かも…という話題でした。

参考リンク:

この機会に詳しくクレジットカードを学んでみたい方は、初歩の初歩をまとめた下記ページをどうぞ。

クレジットカードを過剰に恐れている方は多いですが、基本がしっかりわかっていれば怖いことなどまったくない支払手段ですよ。

記事中でも書いた通り、上限設定のない盗難補償があなたを守ってくれます。

news.cardmics.com

*1:PayPay銀行は不正補償を1口座あたり500万円までとするなど、Visaデビットカードによって補償内容はバラバラです。詳しくは各公式サイトにてご確認ください。

PAGE TOP