クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

複数枚のクレジットカードやポイントカードを1枚の電子カードにまとめることができる、ユニバーサルクレジットカードの一覧リスト!

f:id:cardmics:20170717002506j:plain

今回は複数枚のクレジットカードやポイントカードを1枚のカードにすることができる、ユニバーサルクレジットカードの種類をまとめてみたいと思います。

それって何?という方のために簡単にその概要を説明すると、ユニバーサルクレジットカードとはクレジットカードとほとんど同じ大きさの電子製品のこと。この電子カードの中には様々なクレジットカードやポイントカードの番号や有効期限を取り込むことができるので、そのカード1枚を財布の中の入れておけば好きな時に好きなカードを利用することができるようになります(使う前にどのカードを使うかを選択できる)。

  • 現在:クレジットカードやポイントカードを複数枚、持ち歩く必要性がある
  • 将来:1枚のユニバーサルクレジットカードを持ち歩けばOK

ただ、そんな便利なユニバーサルクレジットカードではありますが、この類のサービスはまだ開始されたばかり&利用している方が極端に少ないサービスなので、今後の利用者増に期待…といったところですね。日本国内でのサービス開始や普及もあわせて期待しましょう。

ユニバーサルクレジットカード一覧リスト:

Coin(コイン):

ユニバーサルクレジットカードの元祖とも言える存在がCoin(コイン)。知名度でいえばここが一番なのではないでしょうか?

ただ8枚のカードを1枚にできる…というメリットがある反面、Coinは磁気ストライプによるクレジットカード決済に対応するサービスなので、他のユニバーサルクレジットカードサービスに見劣りしている部分が多いのも事実です。今後の巻き返しに期待ですね。

すでにCoinの開発&販売は中止されてしまったようです。

CoinCoin

Stratos(ストレイトス):

クレジットカードだけでなく、ポイントカードやキャッシュカード、会員カードの機能を1枚にまとめることができるのがStratos(ストレイトス)。

通常のカード決済だけでなく、銀行ATMにだってそのままキャッシュカードとして挿入することができるので、とにかく財布の中のカードを減らしたいという方におすすめ。すでに発売が開始されているので購入希望の方は申し込みをしてみてください。

すでにStratosの開発&販売は中止されてしまったようです。公式サイトも不明です。

StratosStratos

Plastc(プラスティック):

まだ発売開始前ではありますが、複数枚のクレジットカードやポイントカード等を1枚にまとめることができるPlastcも有力。

こちらは磁気ストライプだけでなく、ICチップ決済(暗証番号入力による支払い)にも対応できるようなので、セキュリティ面では他のユニバーサルクレジットカードの上を行きますね。2016年4月の発売に期待しましょう。

すでにPlascはEdgeというカードに買収され、統一されたようです。

Plastc | Bring Intelligence to the Way You PayPlastc

LGのWhiteCard(ホワイトカード):

スマートフォンメーカーとして有名なLGでも、同様のユニバーサルクレジットカードを作成しているというニュースも入ってきています。LGの最新スマホ発売と同時に、このWhite Cardの発行を開始するのではないか?という噂ですね。

こちらもICチップ搭載のオールインワンペイメントカードとなるようなので、今後、IC搭載チップ決済が主流になるクレジットカード利用についても問題なく対応できそうです(詳しくは下記記事など)。

LG might be making a universal credit card | The VergeLG might be making a universal credit card

ユニバーサルクレジットカードのメリットまとめ:

次にユニバーサルクレジットカードを使うメリットやその長所などをまとめてみたいと思います。

1.持ち歩くカード枚数を減らせる:

まずは説明不要かもしれませんが、ユニバーサルクレジットカードを持てば財布の中に入れるカード枚数を減らすことができます。

私のようにクレジットカードを5枚以上、財布の中にいれている人間からすると、これだけでもユニバーサルクレジットカードを持ち歩くメリットがあると言えますね。

  • ユニバーサルクレジットカードなし:財布がパンパン
  • ユニバーサルクレジットカード有り:財布がスッキリ

財布の中がすっきりするというだけでなく、うまく活用すれば長財布を小さな財布に切り替えることもできそうな感じです。

2.セキュリティを強化できる:

複数のクレジットカードやキャッシュカードを1枚のカードに入れることで、紛失リスクが高まりそうな気がするユニバーサルクレジットカードですが、逆にセキュリティ面でも安心&安全な仕組みが採用されています。

スマホとの連携機能や、ユニバーサルクレジットカード本体におけるロック機能など、裸でクレジットカードを持ち歩くよりもユニバーサルクレジットカードは安全なので、たとえ1枚しかその中にクレジットカードを入れない場合でも使う価値があるといえますよ。

3.遠隔操作で使えなくすることもできる:

3つ目は万が一、Coinやストレイトスといったユニバーサルクレジットカードを紛失しまった時でも、遠隔操作でカードそのものを使えなくさせることができるという点。

クレジットカードの場合には各カード会社に電話をして1件1件、停止措置をしなくてはいけないのですが、ユニバーサルクレジットカードであれば紛失した時の対応も楽になります。

  • 複数枚のカードを持ち歩く:それぞれ電話をして停止させる
  • ユニバーサルクレジットカード:遠隔操作で機能停止にすればOK

もちろん、不正利用されなければカードを再発行してもらう必要性も、カード番号を変える必要もないので楽ちんです。

ユニバーサルクレジットカードの時代に?:

f:id:cardmics:20170622214148j:plain

こんな感じで現在、様々な企業やメーカーがユニバーサルクレジットカードを開発中。

すでに発売開始されているCoinやStratosに続けとばかりに、今後は今回紹介した4種類以外にも発行が開始されていくことでしょう。個人的にはシャープやパナソニックといった日本のメーカーにも同様の製品発売を期待したいですね。

追記:続々とユニバーサルクレジットカードが開発中止

追記です。

この記事を冒頭からご覧いただければわかるかと思いますが、CoinにしろStratosにしろ、テレビや新聞等のメディアを賑わせていたユニバーサルクレジットカードのほとんどは、2018年現在、開発停止か販売中止になってしまっています。

これは予測するに、開発に想定以上のお金がかかったこともありますが、一番の原因はApple PayやGoogle Payなどのスマホ型ユニバーサルクレジットカードとも言える決済手段が普及してきてしまったため。

要するにわざわざプラスチック製のカード1枚にまとめなくても、スマホ1台持ち歩けば複数枚のクレジットカードを持ち歩くことが出来てしまっているので、販売もそれほど伸びなかったのではないかと思います。残るユニバーサルクレジットカードに期待しましょう。

以上、複数枚のクレジットカードやポイントカードを1枚の電子カードにまとめることができる、ユニバーサルクレジットカードの一覧リストでした。

参考リンク:

ユニバーサルクレジットカードが普及すると、ゴールドカードやブラックカードであることにはそれほど意味がなくなっていくのかもしれません。なにせ一度、カード内に取り込んでしまえばその後の見た目は全部一緒になるためです(苦笑)。

今後は見た目うんぬんではなく、本当の意味で使う価値のあるカードだけが残る時代になっていくことでしょう。興味がある方は下記の記事などをあわせてご覧ください。

news.cardmics.com

PAGE TOP