クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

入会特典目当てのクレジットカード申込は、一度に何枚まで申込して大丈夫?クレジットカード入会でポイントや商品券が欲しい方に。

f:id:cardmics:20180408175523j:plain

入会金や年会費が無料なのに、入手するだけで5,000円以上のポイントや商品券が貰えるクレジットカード。

代表的なのがテレビCMでも話題の楽天カードですが、これらのクレジットカードって一体、同時に何枚まで申し込んでも大丈夫なのか気になりますよね。

そこで今回はポイントや商品券目当てでクレジットカードを作ろうとしている方向けに、同時に申込可能なクレジットカード枚数についてわかりやすく解説してみたいと思います。生活費の足しにポイントを貰おう…と思っている方は是非、参考にどうぞ。

特典目当てのカード同時申込について:

同時申込可能なカード枚数は何枚?

まず、結論から先にいってしまうと、同時に申込可能なクレジットカード枚数はケースバイケース。

人によっては1枚のみしか申込しないほうが良い方もいれば、同時に3枚くらいであれば問題なく申込できてしまう人もいるので、一概に「○枚までであればOK」といった基準をお伝えすることは出来ません。

同時申し込み可能枚数は信用力次第:

ではなぜ人によって同時申し込み可能枚数が異なるのかというと、これは人それぞれ信用力が異なるから。

『えっ、信用力ってどういうこと?』と思われた方のためにカンタンに説明すると、みなさんが過去にクレジットカードを利用した履歴や、クレジットカードの保有枚数というのは、実はクレジットカード会社の間で情報共有されています。

  • クレジットカードの保有枚数
  • リボ払い等の未払い残高
  • 支払い遅延の有無
  • 保有カードの利用限度額
  • クレジットカードの申込履歴

更に共有されているのはクレジットカードの利用履歴だけではありません。

あなたの勤務先や電話番号といった一部の個人情報も共有されているため、仮に『私は現在、○○商事で働いています!』と嘘を言ってクレジットカードを不正入手しようとしても、他社の登録情報からそれがバレてしまう可能性が高いのです(カード会社間による情報共有のイメージは下記図を参照)。

あなたのカード利用歴や一部の個人情報は共有されている

あなたのカード利用歴や一部の個人情報は共有されている
信用力とは過去のカード利用歴:

つまり過去、クレジットカードの返済が滞ってしまった経験がある方や、現時点でリボ払い等を目一杯まで利用してしまっている方の場合には、クレジットカード会社からみて「信用力が低い申込者」として扱われるということ。

こういった場合にはクレジットカードを入手できて1枚が限界なので、どんなに入会特典が魅力的なキャンペーンが実施されていても、複数申込はやめておいたほうがいいでしょう。

審査に落ちる可能性大です。

信用力が高い人であれば複数申込み可能:

反面、保有中のクレジットカードを健全に利用し、支払い遅延等の履歴も一切ないという方は、クレジットカード会社から見て「信用力が高い申込者」。

これらの履歴に加え、正社員や公務員といった安定的な職業に就いている方の場合には、キャンペーン目当てであったとしても2~3枚くらいまでなら申込して問題ないと思われます(複数枚申込しても審査通過できる可能性が高い)。

同じ日に複数枚申し込むのはやや危険:

但し、どんなに信用力が高くても、同日中に複数枚のクレジットカードを申し込むのは要注意。せめて1~2日程度の間を空けてから申し込むのがおすすめです。

これは焦ってクレジットカードを申し込む人というのは、総じて『いきなり金欠になった人』である可能性が高いため。

下記図のように、クレジットカード会社から見ると疑わしき存在になってしまうので、どんなに魅力的な入会特典があったとしても同じ日に申し込むのだけは避けたほうが良いでしょう。

  • お金に困ってる人:焦って複数枚申し込む
  • お金に困ってない人:欲しいカードのみを申し込む

お金に困っている人ほどカードを同時申込しやすい

お金に困っている人ほどカードを同時申込しやすい

1ヶ月以内に申し込むのは3枚程度まで:

まとめます。

いくらクレジットカードの入会特典が魅力的だったとしても、クレジットカード申し込みをするのは月に3枚程度までにするのがおすすめ。

そして信用力が低い方は1度に1枚程度まで、信用力が高い方でも3枚くらいの申し込みに抑えておいたほうが無難ですね。

比較項目 申込可能枚数 解説
信用力が低い人 月1枚程度 過去にクレジットカードの返済遅延を起こしてしまった方や、アルバイトやパート主婦の方は月1枚くらいまでが限界かも。
信用力が普通の人 月2枚程度 過去のクレジットカード利用歴が普通の方で、個人事業主や契約社員などやや不安定な職種の方は月2枚くらいまでが無難。
信用力が高い人 月3枚程度 過去のクレジットカード利用歴が普通の方で、正社員や公務員、経営者などの方なら月3枚くらいまでいける可能性大。

これ以上の申し込みをすると多重申込として扱われ、本来であれば審査に通るはずの方でも審査に落とされてしまうことになりますよ(多重申込状態について詳しくは下記記事にて)。

news.cardmics.com

入手後のクレジットカード即解約は要注意:

いくら入会特典目当ての申込とはいえ、クレジットカードを入手後に即解約するような行為は要注意。

クレジットカード会社もカード発行にはお金がかかっているので、そのような申込&即解約をされた場合には、対象者を社内ブラックリスト入させる場合があるためです。

また、前述のようにクレジットカードの申込履歴や解約日というのは他のクレジットカード会社から見えるもの。

そういった時に入手後、即解約した履歴が大量に残っていると、『この人にクレジットカードを発行しても意味がないな』と判断されてしまうことになるのであわせてご注意ください(せめて半年以上は使ってください)。

お得なキャンペーンは目白押し:

f:id:cardmics:20170613001936j:plain

ここまでを理解できれば、あとはお得なクレジットカードを探して申し込むだけ。

最近だと冒頭の楽天カードだけでなく、Yahoo! JAPANカードなどもお得なキャンペーンを展開しているので、是非、興味があるキャンペーンがあったらこの機会に申し込みをしてもらえればなと思います。

特典目当ての申し込みは大歓迎:

ちなみに。

『そもそもの話、特典目当てでクレジットカードを申し込んじゃって大丈夫なの?』と思われる方もいるかもしれませんが、これはまったく問題なし。

カード会社だって馬鹿ではない&特典目当てでクレジットカード申し込みをされることくらいわかっているので、最近では『入手後のクレジットカード利用で○円』といったような特典付与の仕方をしていますよ(一度使ってもらうことで、自社クレジットカードの魅力を伝えようとしている)。

つまり気にせず申し込みあるのみ…です。

以上、入会特典目当てのクレジットカード申込は、一度に何枚まで申込して大丈夫?クレジットカード入会でポイントや商品券が欲しい方に…という話題でした。

参考リンク:

この他にも入会特典のあるクレジットカードをもっと知りたい…という方は下記記事も参考に。プレゼント目当てのクレジットカード申し込みに関する、注意点についてもまとめていますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP