クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

アメリカン・エキスプレスのチタンカードに関する情報まとめ!チタン製のセンチュリオンカードは使いにくい、ただのサブカードです。

AMEX Black Card

世界最高峰のブラックカードであるアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード。

このセンチュリオンカード保有者であれば、あこがれのチタン製クレジットカードを保有することが出来るわけですが、ネット上の情報には少し間違って広まってしまっている箇所あるのも事実です。

そこで今回はアメックスのチタンカードについての雑学を記事にしておきたいと思います。いつかは憧れのセンチュリオンカードを…と思っている方は是非、参考にしてみてくださいね。

AMEXのチタンカードに関する知識:

センチュリオンカードはチタン製ではない:

まずチタンカードは、アメリカン・エキスプレスのセンチュリオンカード保有者であれば作れるサブカードなだけであって、センチュリオンカード=チタンカードではありません。

稀に『チタンじゃないから偽物のセンチュリオンカードだ!』なんて騒いでいる方がネット上にいますが、センチュリオンカードホルダーであってもメインは硬化塩化ビニール素材(プラスチック)で出来たカードを利用しています。

  • 不正解:センチュリオンカード=チタン製
  • 正解:センチュリオンカード保有者はチタンカードも作れる

実際にチタン製のセンチュリオンカードが届いた方のブログもありました。そちらにはしっかりと2枚持ちである旨が書かれています(こちらから引用)。

先日、アメックスから時ならぬ配達証明の郵便物。開けてみたら、チタンでできたクレジットカードが入っていました。

センチュリオンカード、ドイツやアメリカではプラスチックじゃなくてチタンでできたカードを発行しているという話は聞いていましたが、日本でも始めたようです。

チタンカードにはチタン製ゆえの問題あり:

ではなぜ、アメリカン・エキスプレス・カードではプラスチック製のカードとチタン製カードの2種類を発行しているのでしょうか?

これはチタンカードだけだと使い勝手が著しく悪いため。

たとえばチタンカードは銀行ATMやクレジットカードを吸い込むタイプの決済機には通すことは出来ません。なにせプラスチックではなくチタンで出来ていますからね、場合によっては中で止まって出てこなくなってしまう危険性があるようです(下手すりゃ高額な機械を壊してしまったとして、弁償させられるケースも!?)。

駐車場などの機械に入らないことも:

また、駐車場などに設置されているクレジットカード決済機には、プラスチック製カードのみに対応しているものも多く、チタン製カードを差し込んでも途中までしか入らない…なんて弊害も。

そういった意味ではチタンカードって実用性があるカードというよりかは、センチュリオンカード保有者がそのステータスを誇示するためだけに持ち歩くカード。

実際、私の友人もセンチュリオンカードを保有していますが、普段使いしているのはプラスチック製のセンチュリオンカードのほうだけでしたよ。

チタンカードは1枚1枚、手作りらしい:

f:id:cardmics:20180715140747j:plain

もうひとつ、これも実際にセンチュリオンカード保有者に聞いた話なのですが、チタンカードは1枚1枚、職人がカード番号や保有者名を打刻して作っているそうです。

確かに実物のチタンカードを見てみると、カード番号やアルファベットに少し歪みがみられましたので、このあたりは確かな情報で間違いなし。世界最高峰のブラックカードらしい、オンリーワンサービスだと言えますね。

以上、アメリカン・エキスプレスのチタンカードに関する情報まとめ!チタン製のセンチュリオンカードは使いにくい、ただのサブカードです…という話題でした。

私もいつかはお金持ちになって、あこがれのチタンカードを持てたらいいなと思います。運よく入手できましたら、当サイト『クレジットカードの読みもの』内でしっかりと報告&自慢させてもらう予定です。

関連リンク:

アメックスのセンチュリオンカードを入手するためには、まず、アメックスのプラチナカードを作る必要性有り(詳しくは下記記事を参照)。

『いやいや、自分はアメックスのセンチュリオンカードじゃなくていいからブラックカードが欲しいんだ!』という方は、下記記事も参考に他のブラックカードを入手してもらえればなと思います。

news.cardmics.com

PAGE TOP