クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Suicaポイントクラブに対する不正アクセス概要!756人分のアカウントが不正ログインされて、個人情報が閲覧された可能性アリ。

f:id:cardmics:20180126115907j:plain

2014年8月18日付で記事にしたSuicaポイントクラブへの不正アクセスについて、朝日新聞がより詳細な情報を掲載していたので引用させてもらいます。

ICカード「Suica(スイカ)」利用者の会員サイト「Suicaポイントクラブ」(会員約189万人)が15日午前1時半から約4時間、約29万6千回の不正ログインを試みるサイバー攻撃を受けたと発表した。

このうち延べ756人分の個人アカウントが不正にログインされ、会員のIDとパスワード、氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレスなどの情報を閲覧された可能性があるという。

Suicaポイントクラブへの不正アクセスについて:

756人分の個人情報が流出した可能性:

先日の速報記事を書いた際にはどのくらいの不正ログインがあったのかは不明だったのですが、その後の調査で最大756人分の個人アカウントで不正ログインがあったことが判明。

Suicaポイントクラブ全体の会員数(189万人)からするとだいぶ少ない感じなので、普段から該当サイトを利用している方でも情報流出の被害にあわずに済んだのではないでしょうか。

それでも、JR東日本側のセキュリティ対策に不安の残る事件になったのは間違いありません。

サービス一時停止から再開へ:

ちなみにSuicaポイントクラブは事件発覚より、一部サービスを利用停止にしていましたが、本日8月25日より全ての機能&サービスを再開。

予測するにセキュリティ面の対策が終わった…ということなのでしょう(公式にPDF形式でリリースを出しています(すでにリリースは削除済))。

弊社が提供する Suica ポイントクラブ におきましては、これまで一部のサービスの提供を停止いたしておりましたが、このたび別紙の通り全てのサービスを再開いたします。

お客さまには、ご不便、ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした。 引き続き、Suica ポイントクラブをご愛顧くださいますよう宜しくお願いいたします。

まぁこういった情報漏えいや不正アクセスというのは企業のセキュリティ強度をあげる良いキッカケになることも多いので、今回の事件がひとつの改善になればいいなと個人的には思います。

以上、Suicaポイントクラブに対する不正アクセス概要!756人分のアカウントが不正ログインされて、個人情報が閲覧された可能性アリ…という話題でした。Suicaポイントクラブを利用している方は、念のためパスワードの変更等の対策を講じてみてくださいね。

文末リンク:

SuicaポイントクラブはSuica利用者の中でも登録している人は少なく、全体の10%くらいしかいないと想定されています。

しかし、一度登録すればその後はSuicaの利用でザクザクとポイントが貯まるようになるので、絶対にお得ですよ(詳しくは下記記事を参考に)。

news.cardmics.com

PAGE TOP