クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Suica利用件数が前年比で約40%増加(2014年5月の統計データ)!nanacoやWAON等の電子マネー利用数も20%以上の伸びを記録。

f:id:cardmics:20180916115150j:plain

主要電子マネーのひとつであるSuicaの利用件数が、前年比で40%近くも増加したことがわかりました(2014年5月の統計データ)。日経新聞による報道です。

日本経済新聞社が各社に聞き取り調査した。最も伸び率が高かったのは東日本旅客鉄道(JR東日本)が発行する「Suica(スイカ)」で、39.9%増の1億740万件。 

電子マネーの利用件数増について:

電子マネーはまだまだ右肩上がりの市場:

わずか1年で約40%も決済件数が伸びたことを考えると、電子マネーの市場はそろそろ頭打ちどころか、まだまだ増加中なようですね。

しかもこれは2014年5月の統計ですから、消費税増税による駆け込み需要がない状況下での数値(2014年4月に消費税は5%から8%に増額された)。

仮にこの調子で市場全体が拡大していったら、日本国内での電子マネー需要は凄いことになりそうな感じです。

WAONやnanacoも絶好中:

また、増加率が高いのはSuicaだけではありません。

日経新聞の記事によると、nanacoもWAONも絶好調な模様で、それぞれ2013年比で20%以上の利用件数増が記録されています。

  • nanaco:前年比21.1%増
  • WAON:前年比20%増(こちらは発行枚数)

決済件数が最多のセブン&アイ・ホールディングスの「nanaco(ナナコ)」は、前年同月比21.1%増の1億1500万件だった。ポイントを増やすなど増税後のキャンペーンなどの効果で発行枚数は前年同月比27.1%増の3108万枚だった。

イオンの「WAON(ワオン)」も20%増の4140万枚に伸ばした。 

楽天Edyは伸び悩み?

ちなみに、主要電子マネーの中で唯一、記事中での言及がなかったのは楽天系の電子マネーである楽天Edy。

この先、日経工業新聞あたりでまた電子マネー利用状況についての詳細データが出てくるのだとは思いますが、それを確認せずとも楽天Edyだけが利用件数が伸び悩んでいることは容易に想像できますね(苦笑)

個人的にはEdyと楽天が提携した時点でもっと伸びると思っていただけに、これはちょっと予想外な結果。勢いのあるSuicaやWAON、nanacoの影に隠れてしまうのは、現状としては仕方ないことなのかもしれませんね。

以上、Suica利用件数が前年比で約40%増加(2014年5月の統計データ)!nanacoやWAON等の電子マネー利用数も20%以上の伸びを記録…という話題でした。引き続き電子マネー市場の拡大に期待していきましょう!

参考リンク:

日本国内で流通している主要な電子マネーについては下記記事を参考に。楽天Edy、nanaco、Suica等の特徴をわかりやすく解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP