クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

iPhone6ならアメリカへの国際電話が無料に!ソフトバンクが米スプリント回線を利用した『アメリカ放題』を9月19日から開始。

f:id:cardmics:20170924142357j:plain

SoftBankはアメリカの大手携帯電話会社であるスプリント回線を利用した、『アメリカ放題』というサービスを2014年9月19日より開始すると発表しました。

ソフトバンクは、一定の条件を満たしたこの端末の契約者を対象に、アメリカから日本に電話した際などの料金を当面、無料にすると発表しました。

発表によりますと、ソフトバンクは、今月19日に発売する「iPhone6」を購入して一定の条件で契約した人が、アメリカに出かけて日本に電話をしたり、アメリカ国内でデータ通信を行ったりした際の料金を当面、無料にするということです。

ソフトバンクのアメリカ放題について:

日本からアメリカへの国際電話も0円:

NHKニュースによると、ソフトバンクのアメリカ割はアメリカから日本に国際電話をかけた場合や、アメリカ国内でデータ通信をした場合のみが適用になるといった印象を持ちますが、アスキーの記事によると、日本からアメリカに国際電話をかける場合についても無料になるとのこと。

ソフトバンクはiPhone6に関する発表会を開催。iPhone6、6 Plusユーザー、またスプリントネットワーク対応スマートフォン向けに、9月19日から米国への電話が0円かけ放題になる『アメリカ放題』プランを提供すると発表しました。(中略)

『アメリカ放題』は、月額980円のところ、サービス開始記念キャンペーン(終了時期未定)として、iPhone6、6 Plusユーザーへ無料(申し込み不要)で提供を開始。キャンペーン終了後も、スマ放題データ定額パック(5GB以上)については、無料(別途申し込み不要)で提供される予定です。

SoftBankとしてもどのくらいの需要があるかわからないので、とりあえずアメリカ放題は当面無料…という形を取るようです。

つまりこの先、利用者が増えていった場合には有料に切り替えられる可能性もありますが、当面は無料でアメリカに国際電話がかけ放題…という認識でOKみたいです(たぶん米スプリントで契約をしている携帯電話に対して無料…という認識だとは思います)。

特にハワイでは有効活用できそう:

特にこのアメリカ放題は、日本人が大好きなアメリカの観光地であるハワイで役立ちそうな機能。

うまくSoftBankの戦略が当たれば、ハワイ旅行にいくならSoftBank携帯を持とう!といった流れになっていくのかもしれません。

海外旅行に行く際、高額請求を防ぐため、これまでデータローミング機能を必ずOFFにするといった対策をとる必要がありましたが、アメリカ、ハワイでは日本で使っている設定のまま、気にせず利用しても問題ないとのことです。これはなかなか嬉しい機能ですね。

対応機種は当面、iPhone6のみ:

f:id:cardmics:20181113165123j:plain

尚、アメリカ放題に対応する携帯電話端末は、当面、iPhone6とiPhone6プラスに限られる模様。

SoftBank側によるとiPhone5などで導入できなかったのは技術的な問題らしいのですが、アメリカ放題がiPhone6の発売日である9月19日から開始されることなどを考慮すると、実際には新型iPhoneの販促に繋げる意図があるようにも思います。

アメリカへの渡航が多い方に:

まぁなんにせよ、アメリカ出張が多いという方や、ハワイやグアムに毎年行くのが好き…という海外旅行好きな方の場合には、アメリカ割は最高に使えるサービスになる可能性大。

そういった方は是非、この機会にSoftBankのiPhone6への機種変更を検討してみてくださいね。それだけでかなりの通信料や通話料の節約に繋げられるはずですよ(詳しくはSoftBankのiPhone情報ページへ)。

以上、iPhone6ならアメリカへの国際電話が無料に!ソフトバンクが米スプリント回線を利用した『アメリカ放題』を9月19日から開始…という国内ニュースでした。さすがSoftBank、話題を作るのがうまいなーという感じです。

参考リンク:

飛行機チケットやホテル宿泊費など、アメリカへの渡航代を安くしたい…という方は下記記事も参考に。海外での出費を減らせるアイデアを多数紹介しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP