クレジットカードの読みもの

専門家がクレジットカードや電子マネーをわかりやすく解説していくサイトです。

やっとセブンイレブンがPayPayやLINE Payに対応(2019年7月1日より)!独自バーコード決済である、7pay開始にあわせての導入です。

f:id:cardmics:20171109092530j:plain

今、話題のバーコード決済であるPayPayやLINE Pay。

これらの支払い方法はコンビニ大手のローソンやファミリーマートでは利用できるものの、最大手であるセブンイレブンでは利用できない状況が続いていましたが、2019年7月1日よりついに取扱が開始されるようです。

セブンイレブンが公式リリースにて発表しました。

セブンイレブンでのコード決済導入について:

導入されるコード決済は6つ:

今回、全国各地にあるセブンイレブンに導入されることになるバーコード決済は下記の通り。

  • 7pay(セブンペイ)
  • PayPay(ペイペイ)
  • LINE Pay(ラインペイ)
  • メルペイ
  • アリペイ
  • WeChat Pay

形としてはセブンイレブン独自のバーコード決済である7payの導入にあわせてPayPay、LINE Pay、メルペイを導入…という流れとなります。

株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:永松 文彦)は、セブン&アイ独自のバーコード決済サービスである『7pay(セブンペイ)』の利用を、全国のセブン‐イレブン20,925店(2019年4月末現在)にて7月1日(予定)より開始いたします。

同時に『7pay』に加え『PayPay』、『メルペイ』、『LINE Pay』の国内3社および『アリペイ(Alipay)』、『WeChat Pay(微信支付)』の海外2社を加えた5社のバーコード決済サービスについてもセブン‐イレブン店舗での利用が可能となります。

アリペイやWeChatペイについてはセブンイレブンに来店する外国人観光客向けの導入で、国内利用者向けではありません。

楽天ペイは導入されず:

反面、国内バーコード決済の中で一番利用者が多いと言われている楽天ペイについては導入が見送られた模様。

同様にd払いも除外されたところを見ると、楽天やNTTドコモが競合コンビニであるローソンやファミマとの関係性が強すぎるんじゃないかと、セブンイレブンが判断した可能性もありそうな感じです。

仮にそうであるなら、この先も楽天ペイやd払いが導入されない状況がしばらく続くかもしれませんね。今のまま導入しても、ローソンやファミマで獲得したポイントをセブンイレブンで使われてしまうだけです。

7payはキャンペーン次第か:

ちなみに。

今回の公式リリースの「主役」はセブンイレブンの独自コード決済である7pay(セブンペイ)なわけですが、正直、そのお得度はPayPayやLINE Payに遠く及ばない感じ。

『7pay(セブンペイ)』

セブン&アイ・ホールディングス傘下の(株)セブン・ペイが提供するスマートフォンをツールとしたバーコード決済サービス。

セブン‐イレブンアプリ内から最短 2 タップの画面遷移で登録が完了、支払い時もボタンひとつで「かんたん」にバーコードを表示。7pay へのチャージは、店頭レジをはじめ、セブン銀行 ATM、各種クレジットカード等からいつでもチャージが可能。

期間限定で nanaco ポイント 2 倍キャンペーンを実施予定。(ポイントについては後日付与)

また、上記引用部分にある「nanacoポイント2倍キャンペーン」がたとえ実施されたとしてもポイント還元率はせいぜい1.0~1.5%程度になると思われるので、それだったらセブンイレブンでもそのままPayPayやLINE Payを使ったほうが良いと思われます。

  • 7pay…セブンイレブンでのみお得
  • PayPay…コンビニ全般でかなりお得
  • LINE Pay…コンビニ全般でかなりお得

追加でなんらかのキャンペーンでも実施されない限りは、あえて7payをインストール&利用する必要性なしです。

ファミマも独自のバーコード決済を導入:

セブンイレブンが7payを導入するように、大手コンビニエンスストアのファミマでも「ファミペイ」というコード決済を導入予定。

導入を予定していないのはローソンだけとなりましたが、ファミペイや7payが成功した場合にはローソンも後追いする可能性が高いため、すでに溢れんばかりに存在している○○ペイは、将来的にもっと増えてしまいそうな勢いです(苦笑)

コード決済が普及するかはこれから次第:

f:id:cardmics:20170819194738j:plain

ローソンの店頭で楽天系のバーコード決済である楽天ペイが利用できるようになったのは2017年8月の話(引用はこちら)。

2017年8月から全国のローソン店舗(ローソン・ナチュラルローソン・ローソンストア100を含む13,169店:2017年4月末現在)で「楽天ペイ」が利用できるようになる予定です。

「楽天ペイ」が全国規模の大手チェーン企業の全店舗で採用されるのは、今回が初めてです。

そこから遅れること約2年。

ずいぶんと時間がかかってしまいましたが、コンビニ大手3社でバーコード決済が利用可能になったことでやっと、この支払決済が普及できるかどうかのスタートラインに立った気がします。

  • 今まで:使えるお店が少ないマニア向け支払手段
  • 今後:どこでも使える、万人向けの支払手段に

さてさて、引き続きバーコード決済の利用者&利用額が伸びていくのか、それともやっぱりクレジットカードや電子マネーのほうが便利だと多くの人が気付くのか。

どちらに転ぶかはわかりませんが、引き続き当サイト『クレジットカードの読みもの』ではその動向を追いかけていきたいなと思います。

以上、やっとセブンイレブンがPayPayやLINE Pay等に対応(2019年7月1日より)!独自バーコード決済である、7pay開始にあわせての導入です…という話題でした。

参考リンク:

大手コンビニでは現在、クレジットカードをはじめ、電子マネーやバーコード決済などなど、様々な支払手段が利用できる状況があるわけですが、それでも頑なに現金払いを利用しつづけるお客さんが大多数であると言われています(だいたい70%強の人が現金払いを選択しているとのこと)。

ではなぜコンビニで現金払いを利用するのか?

そのあたりについて興味がある方は下記記事を参考にどうぞ。多くの方がなぜ現金払いを使い続けているのかがわかりますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP